硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季新人戦 決勝 対慶大 5年ぶりの栄冠は10得点の圧巻V!! 天皇杯奪還へ大きな一歩

東京六大学野球秋季新人戦 決勝 対慶大
2016年11月3日(火)
神宮球場

5年ぶりの栄冠を手にした。初回に川口の適時打で先制すると、3回には中山の適時打を含む打者一巡の猛攻で5点を追加し、前回準優勝の慶大を圧倒。先発内沢が中1日ながら7回1失点9奪三振の好投。終盤は上條、河野の無失点リレーで優勝を決めた。4年生の引退後、初めての公式戦。V奪還の鍵を握る若き法大ナインが攻守に活躍し、秋季を笑顔で締めくくった。

win02
5年ぶりの歓喜に笑顔をみせる選手達

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 2
法 大 1 0 5 0 0 4 0 0 0 10 14 0

(慶大)●伊藤佑、前田、太田、原田、岡野、土井-植田将、小田
(法大)○内沢、上條、河野-中村浩、鎌倉
 

 

打撃成績

打順位置選手123345678
1 (3)59 向山 5 2 0 二ゴロ   右前安 中飛     左線二 空三振  
2 (9)8 大西千 4 2 0 遊内安   四球 空三振     右前安 投ゴロ  
3 (4)6 川口 4 2 1 中前安①   一犠打   中飛   中飛   中前安
4 (7) 中山 3 1 1 投失   中前安①   見三振        
  H 佐藤 1 0 0             見三振     
  7 毛利 1 1 0                 左前安
5 (5) 原田 3 1 1 捕飛   左前安①   三邪飛        
  H35 吉岡 1 1 0             四球   中前安
6 (8) 舩曵 3 2 2 一ゴロ   死球     中前安 中前安②    
  H 岡本 1 0 0                 投併殺打 
  3 橋口 0 0 0                  
7 (6) 相馬優 3 0 0   遊ゴロ 三失     二ゴロ      
  H 福田光 1 1 2             左越え二②    
  R4 斎藤卓 0 0 0                  
8 (2) 中村浩 3 1 0   二ゴロ 四球①     二直 中前安    
  2 鎌倉 0 0 0                  
9 (1) 内沢 3 0 1   遊ゴロ 投野選①     空三振      
  H 宮下 1 0 0               右飛  
  1 上條 0 0 0                  
  1 河野 0 0 0                  
    37 14 8                  

 

投手成績

  球数 打者
内沢 7 104 26 4 9 1 1
上條 1 15  3 0 2 0 0
河野 1 12  3 1 0 0 0
9 131  32 5 11 1 1

 

ベンチ入りメンバー

11 森脇(経2=掛川西) 2 川口(人2=横浜) 33 岡本(営2=池田)
14 新井悠(営1=折尾愛真) 3 原田(法2=春日部共栄) 35 安本(営1=静岡)
15 髙氏(文1=立命館慶祥) 5 福田光(人1=大阪桐蔭) 1 大西千(営2=阪南大)
18 内沢(キャ1=八戸工大一) 6 向山(営2=法政二) 8 舩曳(キャ1=天理)
19 河野(文2=法政二) 7 吉岡(営2=智辯学園) 37 中山(人2=履正社)
21 上條(キャ2=市立川越) 23  橋口(人2=高鍋) 38 宮下(社2=法政二)
20 鎌倉(法2=日本文理) 24 斎藤卓(社2=大宮西) 39 毛利(法1=愛工大名電)
27 中村浩(営2=多良木) 25 佐藤(営2=法政)    
32 小川(人2=明誠学院) 26 相馬優(営1=健大高崎)    

  

戦評

 優勝をかけて対戦するのは慶大。先発は1回戦で好投した内沢航太(キャ1)だ。
 初回先頭から鋭いライナーが三遊間を襲うも原田寛樹(法2)が横っ飛びで好捕。その後ランナーを許したものの、この回をしっかり抑えた。その裏2番大西千洋(営2)が安打と盗塁でチャンスをつかむと3番川口凌(人2)が中前適時打を放ち、今日も難なく先制した。
好調の打線は3回にも追加点を挙げる。1死二、三塁の好機で4番中山翔太(人2),原田の連続適時打で3点を挙げた。さらに相手のミスなどでさらに加点し、この回5点を奪う猛攻を見せた。
 その後も内沢は安定感抜群の投球を続ける。2回から5回までを完全に抑える投球。直球と変化球を織り交ぜ、相手に的を絞らせない投球を見せる。しかし、6回にアクシデントが起きる。1死二塁の場面で5番内田蓮を空振り三振に打ち取るも、そのバットが捕手の中村浩人(営2)に直撃。一旦ベンチに引き下がることとなった。治療の後、気迫のこもった表情でグラウンドに戻ってきた中村に球場全体から声援が送られた。しかし、次打者に適時打を浴び1点を返されてしまう。
するとその直後の回、2死満塁で舩曳海(キャ1)の2点適時打と代打福田光輝(人1)の2点左越え適時二塁打で4点を奪い勝負あり。ダメ押し点を与えた。
 内沢は7回1失点でマウンドを後にした。続くイニングも上条将希(キャ2)が三者凡退で締めた。9回のマウンドには河野太一朗(文2)が登場。ランナーを許したもの最後の打者を6-4-3の併殺打でゲームセット。念願の優勝となった。その瞬間ベンチから選手達が飛びだし、喜びを分かち合った。  
 
試合後に、主将を務めた川口が優勝杯を受け取った。そして胴上げだ。新人戦で指揮をとった学生コーチ達が宙を舞った。喜びを爆発させる選手たちの表情は達成感で満ちあふれていた。

「絶対に優勝する」多くの選手が口を揃えてそう語った今回の新人戦。法大はリーグ戦経験者も多く、戦力は充実していた。しかし優勝することは難しい。10季ぶり歓喜を手にした彼らは今後、法大を文字通り引っ張っていく選手だ。チーム一丸で目標を達成したこの3日間を大きな糧に、厳しい冬を乗り越え春にはより強く、よりたくましくなって神宮に帰ってきてほしい。もう二度と「優勝を知らない世代」を生まないために。12年秋以来となるリーグ戦優勝はもうすぐだ。来季は神宮にオレンジ旋風を巻き起こしてくれ。(石川大悟)

 

クローズアップ

川口凌 (V打は主将の一撃 秋の悔しさを力に変えて)

何が何でも優勝したい。5年振りの新人戦優勝がかかった大一番で、先制点をもぎ取ったのは川口凌(人2)の適時打だった。

 巧打と高い守備力を買われ、1年次からリーグ戦に出場している川口。しかし、秋季リーグを終えて出た言葉は「悔しいシーズンでした」。思うように結果が出ず、リーグ戦初失策もあった。悔しさともどかしさだけが残ったシーズン。だからこそ誓った。「新人戦は絶対に優勝する」。

 迎えた新人戦では、全ての試合に「3番・二塁」として出場。器用に小技を決めれば、持ち前の堅守でも勝利に貢献した。そして決勝では、自らのバットで先制打を放ち法大に流れを引き寄せた。「絶対に自分が打ってやろうと思って打席に入った」。努力が報われた瞬間だった。

また、今大会では主将も務めた川口。「川口が主将になることは誰も言わなくても分かる、当たり前のこと」(赤木コーチ)。限られた期間の中、誰もが認めるそのキャプテンシーで見事にチームをまとめ上げた。

 一球一打を大切に練習し、来春にはチャンスに強いバッター、球際に強い選手になりたいと宣言。リーグ戦での悔しさを原動力にチームを優勝に導いた川口に期待せずにはいられない。法大野球部黄金期への扉は今、開かれた。(下河辺果歩)

kawaguti R

監督・選手コメント

 赤木良輔 コーチ

ー優勝を成し遂げました  
周りから散々優勝して当たり前と言われていて、それがプレッシャーになっていたのでほっとしましたね。

ー胴上げされましたが
 本当に最高でしたね。4年間優勝してなかったので。最後新人戦優勝という形で終われて良かったです。

ー今日の試合の総括を
 今日はいつも通り内沢がしっかり投げてくれて、機動力を使った攻撃ができたので、そこで上手く大量得点に結びついたのでそれは良かったと思います。

ー内沢投手は中1日での登板でした
 朝本人に聞いてみて最後までいけると言っていたので、6回まで持ってくれればと思っていましたけど、いい投球だったので、7回まで伸ばしました。

ー中村浩選手もアクシデントがありながらも7回の最後まで出場しました
 あれは本人の意思で、自分に任してくれと言っていたのでその回だけ任して、次からは鎌倉に交代させました。

ー新人戦の先発オーダーについて
 新人練習の時に、紅白戦でかなり試行錯誤していろんなことを試しましたけど、このオーダーがしっくりきました。1番向山で千洋をあえて2番にすることでバントしなくても併殺になるおそれがないので。そこの1、2番がかなり機能してくれたと思います。

ー主将に川口選手を指名した理由は
 川口は1年生からキャプテンシーがかなりあったので、川口が主将になることは誰も言わなくても分かるし当たり前のことだと思います。

ー立大戦では舩曳選手の3ランが大きかったと思います
 2アウトで、追加点がほしい状況で舩曳は長打力もあるから6番に置いていたので、良かったです。

ー明大戦では河野投手の好投が光りました
 河野自身もリーグ戦で悪いイメージが自分の中ではあったと思う中で、あそこで思い切って投げてくれました。逞ましくなりましたね(笑)。

ー今回の新人チームについて
 今回は川口を中心にまとまりのあるチームなんで、かなり層は厚いんですけど、ベンチ外の選手も含めて新人戦に対する意気込みがどの大学よりも強かったんだなと。選手の執念が強かったと思います。

ー優秀の美を飾ることができました
 悔いなく卒業できます。

ー最後にチームに向けてメッセージをお願いします
 個人の能力はどの劣らないぐらいあると思うので、あとはチームで勝つところが大事だと思います。しっかり全員でまとまっていつも通りやれば優勝はできると思うので、強い法政を目指して練習取り組んでほしいと思います。

川口凌 内野手

ー優勝おめでとうございます
今の率直なお気持ちは  もう、めっちゃ嬉しいです。自分はリーグ戦でも結果出てなかったんで。新人戦は絶対優勝しようと思っていて、ほんとに優勝できて嬉しいです。

ーチーム全体として、強い優勝へのこだわりが感じられました
 メンバーもメンバーだったので当たり前のように優勝できなくちゃいけないと思いますし、その当たり前っていうプレッシャーがかかった中で優勝できたのは個人すごく自信になったと思うので、すごくいい新人戦だったかなと思います。

ー改めて今日の試合を振り返って
初回に相手のピンチを抑えて、こっちがしっかり先制できたっていうのはすごく大きかったと思います。そのあとも中盤、終盤で点を取れてよかったです。

ー初回には先制打もありました
 あの場面は絶対に自分が打ってやろうと思って打席に入ったので、しっかりタイムリー打ててよかったなと思います。

ー新人戦を振り返って
昨日、一昨日も終盤に追いつかれそうな場面があったんですけど、そこをしっかり粘って勝ちきれたっていうのはすごい大きな自信になりました。今日の試合もしっかり自分たちの野球をして勝ちきれたのでこれを自信にして、また来季優勝したいと思います。

ー新人戦では主将を務めましたが、いつ頃任命されたのですか
日頃から1、2年生は自分がまとめていたので、自分がキャプテンやるんだろうなと思ってずっと生活はしていました。

ー新人戦のチームの雰囲気は
新人戦なので楽しくやらなきゃいけないと思ったので、久しぶりに野球の楽しさであったり興奮したりという部分も味わえたのですごいよかったです。

ー秋季リーグ戦で悔しい思いをした分、新人戦にかける思いは強かったのでは
自分はリーグ戦で結果が出せなかったので、新人戦だけでもましてやキャプテンだったのでそういう部分でチームをしっかりいい方向に導けたらなと思ってずっと練習をやっていました。

ー冬の練習で特に力を入れたいこと  
チャンスに強いバッターになりたいと思っているので、しっかり手を抜くことなく1スイングを大事にして、守備でも一球を大切にしたいと思います。ゴロを受けて球際に強い選手、いぶし銀みたいなそういう選手になりたいなと思います。

ー来季に向けての意気込みを
来年は、僕たち2年生からの底上げという部分と3年生に引っ張っていただけるという部分があると思いますけど、やっぱり自分たちが活躍しないと勝てないと思うので、冬にしっかり追い込んで練習して活躍したいと思います。

大西千洋 外野手

ー今日の試合を振り返って
今日は優勝しか考えていなかったので、とにかく優勝できてよかったです。
ー優勝の瞬間のお気持ちは
 めちゃくちゃ嬉しかったです。
ー優勝できた要因は
 みんなが1つになれて、練習からしっかりと試合に入っていけたのがよかったと思います。
ー今大会のMVPは
 やっぱり内沢ですね。1戦目も今日もしっかり投げてくれたので。
ー新人戦を振り返って
昨日、一昨日は初回に点を取って中盤から後半にかけて追加点が取れなくて厳しい展開になってきたので、今後は後半にしっかり追加点が取れるようにしていきたいです。
ーご自身の打撃について
 リーグ戦は全然調子が良くなかったので、初球から振りにいこうと思っていましたでけど自分の形でしっかりと振れたのでよかったと思います。
ーリーグ戦からどのように改善してきたか
下半身をもっとうまく使えるように、今は下半身の使い方だけ意識しています。
ー今年1年間を振り返って
今年はずっと試合ばっかで実際しんどかったというのが1番なんですけど、その分いろんないい経験もさせてもらいました。リーグ戦もいいときばっかりじゃないと思うので、この経験を今後に生かしていけたらと思ってます。
ー新人戦はライトでの出場となりましたが、センターの守備と異なる点は
打球の切れ方であったり、神宮はセンターが結構まぶしいんですけどライトはだんだんまぶしくなってくるので、そういうところが違いました。
ーどの選手も優勝を強く意識していました
自分たちはリーグ戦経験者がいっぱいいるので、勝って当たり前というか勝たなければいけないなというのはあったと思います。
ー後半にはリーグ戦の経験がない選手も多く出場しました
自分らの代ってほんとに野球が好きな人が多くて、室内練習場で練習しているところなどをいつも見ているので今日は嬉しかったです。
ー川口主将はどのようにチームをまとめていましたか
雰囲気よくやってくれたと思います。
ー土曜日にはヤクルトとの試合も控えています
 やっぱりプロの選手を間近で見られるし、また六大学選抜のチームにもすごい選手がたくさんいるのでいろんな人と喋って勉強したいと思います。
ー来季への意気込みを
今年1年のよかった点も悪かった点もしっかり反省して、とにかく練習するしかないと思うのでこの冬はしっかりバットを振り込んで頑張っていきたいと思います。

上條将希 投手

―優勝されて、今の気持ちは
最高の気分です。
―久々の神宮での登板だったと思います
少し緊張しましたけど、初球の入りが良かったので、そのままいけてテンポも良く投げられたので良かったです。
―春に比べて投球フォームが変わりました
 そうですね。自分は結構力んで投げていたので、なるべく力みなく投げられるようにを意識してやってきて、今日はそれで良かったので結果的に良かったです。
―投球フォームの修正はいつ頃おこなったんですか
 リーグ戦でもそうなんですが、常に意識はしていて。それが春には出来なかったですけど、今回は長い時間自分のフォームを見直せたので、それが結果的に良かったと思います。
―三振を2つ奪いました
思ったより球がいっていたので、2ストライクに追い込んだときは三振狙って投げていました。
―これから来春までに修正したいことは
今日も結果的には3人で終わって良かったんですけど、ばらつきがあったので。そこを修正するのと、あと良いカウントで投げられるように、自分を優位にもっていけるように入りをしっかりしていきたいです。
―具体的には
今日はファールとかにはなってますけどそのボールが逆球だったり、高めに浮いたボールだったり。運良くファールになりましたけど、上手く構えたところに投げられるようになると、もっとピッチングの幅も広がると思うので、そこですね。
―今後に向けて
新人戦優勝して来季に繋げられるように。1番最高の終わり方が出来たので、その喜びを次のリーグ戦で出来るように、またしっかり練習して頑張っていきたいです。

河野太一朗 投手

ー今日の試合を振り返って
優勝できてよかったです。
ー優勝の瞬間のお気持ちは
優勝を狙って自分たちはやっていたので、ホッとしました。
ー優勝の要因は
 チームみんなで優勝、優勝と言い合ってきて、誰1人それることなくみんなで優勝を狙ってきたことだと思います。
ー今大会のMVPは
自分の中では、向山かなと思います。
ー新人戦を振り返って
5年ぶりに優勝できて、勝ちの嬉しさっていうのがみんな分かったと思うので来季につなげていきたいと思います。
ー最終回はどんな気持ちでマウンドに向かいましたか
点差は結構あったので、とりあえずアウトを1個ずつ取っていこうと考えていました。
ーご自身の投球を振り返って
先頭にヒットを打たれたんですけど、そんなに焦ることなく1人ずついこうと思った結果、3つアウトをとれたので焦ることなく投げられてよかったです。
ー今季はどんなシーズンでしたか
秋のリーグ戦で初めて登板できて、最初にいい投球ができたんですけど立教戦で自分のせいで負けてしまった試合があって、そのあとの新人戦で優勝すると決めていたので反省を潰せたシーズンでした。
ー来季への意気込み
新人戦の勢いに乗って来季も必ず優勝します。

中山翔太 外野手

―優勝されての率直な気持ちは
嬉しいです!
―優勝にこだわっての優勝でした
 チーム一丸となって出来たので良かったです。
―リーグ戦にも出たメンバーでの新人戦でした
 そうですね、絶対に負けられなかったので、ガチでやりました。
―今日の試合を振り返ってみてはどうですか
序盤に大量点が入って、これまでは中押しがなくて4回からもうちょっと点をとっていこうという話を皆でしていたので、それが出来て良かったです。
―中山選手も打点をあげました
 まぐれです(笑)。
―狙っていたわけではないんですか
 はい、もうまぐれです(笑)。
―今季新人戦も含めて振り返ってみてどうですか
一通り色々経験できたので、反省する部分と自信をもてる部分とあったので、来年にいかしたいと思います。
―反省する部分とは
打撃の面での波が激しかったので、そういうのをなくしていくことです。
―今後に向けて
毎シーズンホームランを打っていきます!

原田寛樹 内野手

―優勝されての率直なお気持ちは
大学に入って初めての優勝だったので、素直に嬉しいです。
―今日は守備の面でも打撃の面でも活躍されたように思います
 バッティングは思うようなバッティングが出来なかったんですけど、守備は捕れるボールはアウトにして確実に出来たので、良かったかなと思います。
―初回のサードライナー好捕はどんな気持ちで
先頭打者を切らないと法政に流れはこないと思っていたので、絶対に先頭打者は切る、という思いでいった結果がああなりました。
―内沢選手に積極的な声かけをしている姿が印象的でした
 まだ1年生なんで、まわりが声をかけてあげることで、のびのびなげられるかなと思ったので。
―リーグ戦出場は今季少なかったですが、新人戦3試合スタメンでした
学生コーチの赤木さんを始め、宮下さんもしっかり使ってくださって評価してくださったので、それはありがたいことだと思いますしリーグ戦で出ないと意味がないと思っているので、来年からはこの冬で大きくなって、来春はスタメンで出たいと思います。
―冬の間はどのようなことに取り組んでいきたいですか
冬は底上げというか、野球選手としてもう一回り大きくなれるように、守備とバッティングをもう一度見直して今はバッティング重視で偏っているので守備の部分も見つめ直してバランスのとれた選手になりたいと思います。
―今日はけがをされているようですが
昨日の明治戦の初回にデッドボールが当たってくるぶしがはれてしまって、今日試合に出られるか分からなかったんですけど強行で出ました。
―今後に向けて
 レギュラー争いとかありますけど、まずは自分の課題を潰して自分が納得のいくプレーを出来るように、チームのために自分が要る感じで、常にチームのことを考えながら、自分の個人のレベルアップをしていきたいです。

向山基生 内野手

ー今日の試合を振り返って
優勝目指してやってきたので、優勝できて嬉しかったです。
ー改めて今のお気持ちは
 この短期決戦でみんなが一丸になれたのは、キャプテンの川口のおかげなのでよかったと思います。
ー優勝の要因は
 リーグ戦の経験者がたくさんいたので、勝って当たり前という雰囲気の中でもプレッシャーを負うことなくできたのでよかったです。
ー新人戦のMVPは
内沢とか舩曳、相馬などの1年生がよく頑張ってくれたと思います。
ーご自身にとってはどんな新人戦になりましたか
 いつもは打たないような打順だったんですけど、その中でいろいろ1番の仕事が今日はできたと思うのでよかったです。
ー今日は多くのポジションを守りました
 いろんなポジションをやって、来年の新チームになってからも試合に多く出られるように、レギュラーを取れるようにしたいと思います。
ー今シーズンを振り返って
今シーズンはリーグ戦で半分くらい試合に出させてもらって、打撃は結果が出たのでこれから春に向けては全試合出られるような選手になりたいと思います。
ー同じ高校出身の河野選手が活躍しました
「河野と頑張れ」とよく高校のときからいろんな人にも言われて、お互いいい刺激を与えあってます。
ー新人戦では盗塁も決めました
 もともと指導者の方には走れと言われているので、今回の新人戦をきっかけにこれからもどんどん走っていきたいと思います。
ー来季への意気込みを
新人戦で勝ったことを無駄にしないように、春も優勝できるようにしたいです。

内沢航大 投手

―優勝してのお気持ちは
ずっと優勝って言っていて、実際に優勝出来たので、すごく嬉しいです。

―新人戦ではチーム全体で優勝にこだわっていました
まず、リーグ戦で5位という結果で負け続けていたので、新人戦は本当に勝ちに行こうという話をしていたのと、もう1つは、4年生が4年間1度も優勝がないということだったので、学生コーチの方だけでも優勝の気持ちを、という風に言っていて。それで、優勝にこだわっていました。

―今日の試合を振り返ってみてはどうですか
初回にピンチだったんですけど、その後しっかりテンポ良く抑えられたので、そこは良かったと思います。

1失点でしたが、調子は良かったのですか
そうですね。結構思ったところに投げられて、余裕をもって投げられたので、調子は良かったと思います。

―3回には打点もあげました
すごく嬉しかったです。

―打線も10得点と大量得点でしたが
新人戦全部通して先制してくれていたので、ピッチャーとしてもすごく投げやすく、良い気持ちで投げられました。

―中1日での登板でしたが調整などは
ずっと1戦目と決勝と言われていたので、気持ちの準備は前々から出来ていたので、大丈夫でした。

―新人戦も含め今季を振り返って
結構出番が多いシーズンで、良かったり悪かったりあったんですけど、充実したシーズンだったな、と思います。

―これからに向けて
今のこの現状に満足せずに、もっともっと上を目指して勝てるピッチャーになりたいです。

フォトギャラリー

  • win02優勝カップを手にこの笑顔
  • win01チームを攻守でけん引した川口主将を胴上げ
  • utisawa R先発内沢は中1日ながら7回1失点の好投をみせた
  • nakayama R決勝の舞台で4番中山にも適時打がうまれた
  • mukoyama R3回の大量得点は先頭向山の安打から
  • tihiro R攻撃的2番として活躍した大西千
  • hunabiki R舩曳は来季レギュラー定着が期待される
  • kamizyo R久々の神宮での登板となった上條
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み