硬式野球

【硬式野球】春季リーグ開幕直前特集 第3回 ~有終の美を狙う4年生編~


2017年3月14日(火)
法政大学野球部合宿所

逆襲の春の訪れだ。長らく遠ざかる王座奪還へ闘志を燃やす法大ナイン。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第3回は大崎拓也、熊谷拓也、駒場嵩弘、町田大輔の4人。4年生として集大成の年を迎える彼らに、今季の意気込みを語っていただいた。

kumagai800 R
今年こそエースとしての活躍を期待される熊谷

選手インタビュー

 大崎拓也 内野手

-最終学年となりました
入った頃はどうなるかわからなかったですけど、今まであっという間でした。自分としては充実していたと思いますけど、優勝してないので、そこだけが足りないと思っています。なので最後の学年で優勝して、悔いのない大学野球生活にしたいです。

-新主将に森(龍馬,キャ4)選手が就任しました
まっすぐな男なので、やってくれるって感じしかしないので、僕らはあいつを支えてついて行くだけです。いいキャプテンになると思います。

-4年生として意識していることは
今までは先輩がいたので、ついて行こうという気持ちだったのですが、最終学年なんで後輩達を見ながら引っ張っていかないとと思っています。また、ポジションもショートなので内野陣をしっかりと引っ張っていこうという気持ちが強いです。

-今年から内野責任者になりました
シートノックの前に内野陣で集まって、意識することを指示してます。毎日違うことをやってしっかりと意識付けするようにしています。

-具体的にどのような指示を
今日はショートバウンドでもいいから高いボールは無しで低い球を投げようとかですね。

-昨季を振り返って
打撃の部分ではいい結果を残せたんですけど、ずっとレギュラーで出れるような信頼感を得られてない部分があったので、4年生ではずっとレギュラーで試合に出て活躍したいです。

-信頼を得るために必要だと思うことは
どんなコンディションでも自分の役割を全うできるような選手になることです。

-この冬取り組んだことは
足、守備、打撃全ての部分で足りてないと思っています。その中で下半身が全てに繋がると思うので、そこを意識しました。

-成果は出てますか
守備でもしっかりと下半身が使えてると思います。

-二塁手と遊撃手は色々な選手がオープン戦で起用されています
下級生も多くて、彼らが次の法政を強くするので育てないといけないとも思ってます。でも、やっぱり自分もそれ以上に練習して彼らの上をいかないといけないです。いい選手が多いので、1秒も気を抜けないくらいみんな実力が高くて、努力してても結果が出なければ監督も使ってくれないと思うので、結果も意識しながらやってます。塁でたら盗塁するなど、足を活用してアピールしていきたいです。

-開幕まで1ヶ月を切りましたが、今の調子は
あんまり良くはないですけど、リーグ戦にいい調子に持っていくには今良くてもダメなので、ここからどんどん上げていきたいです。

-今のチームの状態は
みんなでまとまって、冬にやってきたことをしっかりと出せてると思います。でも、まだまだ細かいところでスキがあると思うので、オープン戦で培っていってスキのないチームにできれば優勝出来ると思っています。なので、あとは自分たちの目標に向かって頑張るだけです。

-今年の個人の目標は
不動のレギュラーとして試合に出て、3割以上打ってチームに貢献したいです。

-チームとしての目標は
優勝です!

(取材:川北一輝)

oosaki R

大崎拓也(おおさき・たくや)
法学部4年 1995年7月17日生まれ
大阪府出身・智弁学園
181cm78kg 右投げ左打ち
走攻守バランスのとれた内野手。昨季は打率4割超の成績を残したものの、規定打席未到達に終わった。最高学年となる今年は厳しい争いを勝ち抜き、不動のレギュラー奪取、そしてチームの優勝を目指す。

熊谷拓也 投手

 ―オープン戦始まりましたが、実際に実戦を行ってみて
段階を踏んでいってみてという感じで。自分の課題も 実戦の中で見えてきている部分もあるので、そういう面では、今までで2試合投げましたけど、良いオープン戦を出来ているなと思います。

―昨秋よりも良くなっているという声を聞きます
真木(将樹コーチ)さんにも、1から色々指導していただいて、自分的にも不安という要素はどんどん無くなってきているかなという風には感じます。

―奪三振数も増えたような印象を受けますがご自身の中では
三振が欲しい時に三振をとれているかなというのは自分の中でもありますし、球種としても真っ直ぐ系一辺倒ではなくなってきたので、その面では相手打者を揺さぶれているのかなとは思いますね。

―オフのフォーム修正で"ここは良くなった"と自信のあることは
 やはり、下半身の使い方じゃないですかね。

―新体制になってしばらく経ちますが、投手陣の雰囲気は
結果どうこうよりも、前に向かっていく姿勢だとか勝ちたいという想いだとか、そういうのはたくさんの選手から感じられて、同じ方向を向いているかなという風には感じます。

―鴨川からは新入生も本格的に練習に加わっていますが
 まだ1年生のかたさっていうのはあると思いますけど、フレッシュに頑張っているなと思います。

―出身である平塚学園からは高田(孝一,法1)選手が来られましたが、お話をされたりなどは
結構普通にしますね。後輩というのもあるので。

―注目している1年生投手は
高田にしておきましょう(笑)!

―オフの間に"伸びたな"と感じる投手はいますか
河野(太一朗・文3)ですね。

―どういう部分から感じますか
 真っ直ぐも変化球も、ピッチャーとして総合的に良くなりました。あいつ自身もオフにすごく頑張っていたので。

―ご自身の今の調子はどうですか
 そうですね、まだまだ上がるかな、という感じはしています。

―どういう面からそう感じていますか
球のベース上でのストレートの押し込みとか。これから暖かくなっていけば身体も動いていくと思いますし。そういうところからですかね。

―今年はプロを目指す年でもあると思いますが、プロをつかみ取るために必要だと感じていることは
自分が投げたいと思ったところに、意図的に強い球を投げる、という技術です。

―他大で一番意識している選手は
斎藤(大将,明大)ですね。知り合いですし。

―今シーズンの目標を教えて下さい
 リーグ戦優勝、日本一です。

―勝利数などは
他の取材で4勝以上と言ったら監督に怒られたので5勝と言っておきます(笑)。

―ラストイヤーに懸ける想いをお願いします
2年、3年ってくすぶっていたので、今年はうっぷんをはらすじゃないですけど、自分の良いところを出していって、チームに貢献出来たら良いなと思っています。

―最後に応援してくださるファンの方々にメッセージをお願いします
精一杯頑張るので応援よろしくお願いします。

 (取材:中西陽香)

kumagai R

熊谷拓也(くまがい・たくや)
キャリアデザイン学部4年
1995年6月2日生まれ
神奈川県出身・平塚学園
180㎝78㎏ 右投右打
 最速151㎞の直球と、安定した制球が持ち味。2年時に5勝を挙げ、エースの道を突き進むかに思われたが、昨年は苦戦。わずか1勝という結果に終わる。今年はオフの間のトレーニングで進化。シーズン5勝という目標を達成し優勝とエースの称号を手繰り寄せる。

駒場嵩弘 捕手

-これまでの3年間を振り返って
最初に入った時はレベルが高いなと思ったんですが、最高学年としてチームを引っ張る立場となって、優勝をまだ経験出来ていないので優勝したいですね。

-今のチームの状態は
野手に関しては六大学の中でもトップだと思いますし、投手力を強化して、野手と投手一丸となって戦っています。

-今年のチームの強みは
いい意味で仲がいいです。コミニュケーションを多くとって相手の考えを理解しようとしています。

-改善すべき点は
流れが悪くなった時に、その流れに呑まれてしまうことですね。そこが改善できれば優勝出来ると思います。

-優勝出来る可能性はあると思いますか
充分あると思います。

-雰囲気もいいですか
みんなが勝ちたいって思っていて、試合でターニングポイントをものに出来るように盛り上げています。

-優勝に向けてこの冬取り組んだことは
自分は捕手責任者になったこともあって、守備を鍛えてます。他の捕手の練習に付き合ったり、指導とかもしました。

-捕手責任者として意識していることは
まずは捕手陣をまとめることを意識しています。その中でも、いろんな考えを聞いてそれに応えてあげるというのを意識してます。自分の考えを一方的に聞くのではなく、相手の考えを汲み取った上で話すことによって、まとめるということが出来ると思っています。

-話し合いを大事にしているということでしょうか
そうですね。聞く事によっていろいろな問題点とかも出てくると思うので。

-主将の森選手について
言葉もそうですけど、練習に対する姿勢でチームを引っ張っています。

-捕手で成長していると感じる選手は
鎌倉(航,法3)と中村(浩人,営3)です。鎌倉はこの冬で成長したなと感じます。中村も、くやしさを知っているので、その悔しさをバネに成長していると思います。

-今年の投手陣の調子は
秋からストレートを磨こうと取り組んできていて、最近はファールや空振りを取れるようになってきて、力のあるストレートを投げれるようになっています。

-制球に苦しむ場面が目立ちますが
そうなんですよね。だからやっぱりあとは制球力ですかね。そこが良くなればだいぶ勝てると思います。

-今一番調子が良いと感じる投手は
長谷川(裕也,経4)ですね。制球力が上がって、理想の投球が出来るようになってきていると思います。あとはやっぱり熊谷ですね。ストレートも打てないボールになってきてますね。

-期待している投手は
熊谷ですね。投手責任者でもあるので。

-熊谷投手と責任者同士の話し合いは
試合が終わった後に反省点をあげて、そこを2人で解決できるように話し合ったりはしています。

-今年の目標は
リーグ優勝、日本一です。バッテリーとしては毎試合3点以内に抑えたいです。

 (取材:川北一輝)

komaba R

駒場嵩弘(こまば・たかひろ)
文学部4年 1995年6月15日生まれ
栃木県出身・鹿沼高
172cm82kg 右投げ右打ち
最高学年の今年は捕手責任者に就任。捕手陣を支えるリーダーとしてバッテリーを影から支え、自身もリーグ戦初出場を目指す。

 

町田大輔 内野手

―昨秋を振り返って
チームとしては、優勝を狙ってできなかったし結果を残せなかった。個人としては声と代打が自分の役割で、代打で一打席もらったが、安打を打てなかった。目標を達成できず、ダメかなと思います。

―昨季の東大2回戦で代打で初出場しました
準備する時間出来ずに、打席にたちましたけど、慌ただしくなってしまった。そこは反省だが、素直に嬉しかったです。

―オープン戦では仙大戦では代打で三塁打を放ちました。ここまでのオープン戦の手応えはいかがですか
チャンスをもらう機会は少ない選手だと思ってて、一打席一打席大事にしてます。たまたま今、結果が出てる方なので、手応えはいいかなと思ってます。

―代打での出場が多いということは、打撃がご自身のセールスポイントですか
そうですね。もう、元気と打撃しかないので、これらでやっていってます。

―オープン戦の上武大戦ではスタメン出場しました。代打とスタメンの違いはありますか
代打のときは打つことと声出すことしか意識してないですが、スタメン時は、守備など色々やること多いので、総合的に準備することを意識してます。

―沖縄キャンプを振り返って
今年のチームはどうしても2、3年生が多く出場するチームになりそうなので、上級生の自分たちがどこまで良い雰囲気を作れるかを意識しました。

―雰囲気作りで大事なのは声ですか
そうですね。4年生が意地張ってると下級生もやりにくいと思います。後輩にもフラットに接して、皆が野球をやり易い環境を作れればと思ってます。

―最上級生になって、今までの3年間と変わったことはありますか
特別自分のスタイルを変えてることはないです。就活でいないときもあるなかで、いるときにいかに存在感を出すかを凄い意識してます。

―森主将を同級生から見ていかがですか
良い意味でも悪い意味でも真面目です。あいつが熱くなったときに、周りが見えなくなるときもあるかもしれないので、そういうときにいかにサポート出来るか大事かなと思います。

―事前のアンケート(詳細はスポホウ4月号)で同級生が駒場選手が甘えん坊ということを聞きましたが
駒場選手とは非常に仲がいいですし、良いやつです。確かに甘えん坊かもしれないですね。(笑)少しかまってちゃんかもしれないですね。

―普段仲が良い選手はいらっしゃいますか
稲垣(謙吾,営4)とかですね。僕は第2寮にいるので、どちらかというとメンバーではない選手と仲良くしてる機会が多いですね。

―観客に見てほしいポイントはありますか
もう、元気です!(笑)

―対戦したい投手はいらっしゃいますか
明大の斎藤です。高校が一緒だったんです。

―趣味が映画鑑賞ということですが
映画はラ・ラ・ランド見ました(笑)

ーWBCが行われましたがご覧になったりすることは
ありますね。巨人ファンで、プロ野球大好きなので。

―理想の選手像はありますか
元中日の立浪(和義)選手です。体が大きくないのに、日本で一番、二塁打を打っているからです。

―今後のオープン戦で克服したい課題はありますか
僕はホームランバッターではなく、ヒットを打つ打者なので、打たなくて良い球を凡打を無くして、常に安打を打ちたいなと思います。

―チーム目標を教えて下さい
日本一になることです。

―個人目標を教えて下さい
まずは、リーグ戦に出て安打を打つことですね。

(取材:藤原陸人)

 matida R

町田大輔(まちだ・だいすけ)
社会学部4年 1995年10月21日生まれ
東京都出身・桐蔭学園
168㎝・68㎏ 右投げ左打ち
鋭いスイングと元気が持ち味の最上級生。昨季、東大2回戦で念願の初出場を果たした。常にベンチを盛り上げるとともに、ここぞの場面で試合を決める代打の神様になってみせる。

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み