硬式野球

【硬式野球】春季リーグ開幕直前特集 第4回 ~チームの浮沈握る先発投手陣編~


2017年3月14日(火)
法政大学野球部合宿所

逆襲の春の訪れだ。長らく遠ざかる王座奪還へ闘志を燃やす法大ナイン。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第3回は菅野秀哉、森田駿哉、森脇一樹、内沢航大の4人。先発など投手陣の柱として期待される彼らに今季の意気込みを語っていただいた。

kanno800 R昨季の雪辱に燃える菅野

選手インタビュー

菅野秀哉 投手

ー昨季を振りかえって
個人的にも納得のいくシーズンではなかったです。勝てなかったし、打たれたので悔いの残るシーズンでした。

ーけがもありましたが
肘をけがして、上半身で投げていたので、下半身主体で投げる投球に切り替えましたね。

ー復帰してから調子は
良い球が投げられるようになりましたし、勝てなかった時もありましたけど、肘を痛めることがなくなったのでそこは良かったですね。

ー主戦の投手としてのプレッシャーは
特に感じてはなかったのですが、1年生の時から投げていて、負けるわけにはいかなかったのでしっかり抑えて勝つことは意識していました。

ー昨年の投手陣を振り返って
点数を取られることが多かったので、今年はしっかり失点を少なくしたいです。

ー投手責任者の熊谷(拓也,キャ4)投手について
しっかり投手陣を引っ張ってくれています。優しくて、時には厳しいので良い練習ができているのは熊谷さんのお陰なのかなと思います。

ーこの冬取り組んだことは
ストレートの質を高めるために、フォームを変えようとしていました。下半身主体の投球で、ストレートで抑えられる投手を目指しています。

ー期待の1年生は
柏野(智也,営1)ですね。オープン戦で投げて抑えているので。リーグ戦でも期待しています。

ーご自身はまだ現時点でオープン戦で投げられていないですが
調子は良いので、調整です。

ー新人戦の優勝は
負けるわけにはいかないメンバーだったので、優勝できて良かったです。

ー今季の目標は
5勝して優勝です!

ー今季のキーマンは
投手陣が課題だと思うので投手全員ですね。

ー今季への意気込みを
5勝して防御率も1点台で、優勝したいと思います。

 (取材:石川大悟)

kanno R

菅野秀哉(かんの・しゅうや)
キャリアデザイン学部3年
1996年7月8日生まれ
福島県出身・小高工
183㎝75㎏ 右投右打
威力ある直球と鋭く落ちる変化球で打者を翻弄する本格派右腕。昨季開幕投手を務めるも、防御率5点台とベンチの期待を大きく裏切ってしまった。だが、東大1回戦では完封勝利を記録するなど、最後に復調を見せた。直球の質を上げた今季は、三振の山を積み、熊谷と先発2本柱を築き上げる。

 

森田駿哉 投手

―昨季を振り返って
結果は5位でしたし、投手が敗因なのは間違いないので、外から見ててもそこで投げれたらという思いがありました。来年は今年の悔しさをぶつけてやろうという思いが強かったです。

―3年生になりましたが、2年間を振り返って
早かったです。1年の春良い形でスタートを切れましたが、そのあとケガなどで思うようなことが出来なかったです。自分もケガで野球が出来ないことは今までなかったです。だから、もう一度一から野球を見直せました。チームにとっては迷惑ですけど、自分はあの時期があったから良かったと思えるような時間だと思います。

―ケガというのは
肘のケガでした。今は治ったので、徐々に状態をあげてます。

―リハビリを振り返って
投げれない時期はやっぱりしんどかったです。痛めるというのは自分に何か足りない部分があったということなので、そこを見つめて、体がどうあるべきか考えられました。少しは自分の体に詳しくなったと思います。

―オープン戦は登板機会がありませんが状態を上げてる段階だからでしょうか
そうですね。チームの方針もあるのでまだ投げてないです。これから、どんどん状態を上げていければいいなと。やはり、けがで長い間投げてないので、慎重にやってます。公式戦で投げれるように調整しているところです。

―3年生になって変えたことや変えた意識はあるか
学年としても引っ張る立場になりつつあります。言葉で引っ張るのは得意ではないので、自分が率先して練習することが意識してることです。

―沖縄キャンプでやったことは
暖かい気候で、しっかり投げることができたので、一からフォームを作れました。非常に中身の濃い時間だったと思います。

―ライバルと思う投手は
僕と同じで菅野は1年から投げてますし、真っ直ぐの速い投手とタイプも似てるので、菅野には負けたくないなと思います。

―普段特に仲が良い選手は
菅野や小林満平(法3)は、ご飯行ったり、テレビ見たりしてるので仲良いと思います。

―スポホウの事前アンケート(詳しくはスポホウ4月号)で、鎌倉(航,法3)選手と髙氏(祥太,文2)選手が勉強できる人一位選ばれましたが
鎌倉はリードとか見てても凄いなと思いますし、単位もちゃんととってますしね。高氏は話しててもいろんなことを知ってるので。頭良いなと思います。

―尊敬してる投手はカーショウ投手(ドジャース)ということですが、理由は
存在自体をもう尊敬してます。(笑) 投げれば絶対勝つと思われてる信頼感や、先発で投げたよくじつに抑えで登板しているタフさだったりですね。球も一級品なので、ああいう投手になりたいと思います。

―特技は計算ということですがどういうことでしょうか
商業高校出身なので、電卓が他の人よりは使えるのかなと。

―観客に見てほしいポイントは
やっぱり、直球ですね。

―今後克服したい課題は
そうですね。1年間投げきることが目標なので、体のケアやトレーニングを通じて、野球に対して貪欲に取り組むことが一番大事だと思います。

―対戦したい打者は
いないですね。一人一人抑えたいと思います。勝つことだけを考えて、自分の役割を果たしたいです。

―個人とチームの目標を一言ずつお願いします
チームとしては日本一です。それに向かって自分も勝利のチームに貢献できるようにしたいです。個人的な目標は1年間投げきることと年間5勝を目標にしたいです。2年間投げれなかった悔しさをぶつけたいと思います。

(取材:藤原陸人)

morita R

森田駿哉(もりた・しゅんや)
経営学部3年 1997年2月11日生まれ
富山県出身・富山商業
184㎝・84㎏ 左投げ左打ち
1年春の開幕戦で初先発。斎藤佑樹(早大,現日本ハム)以来の開幕戦初勝利をあげたが、その後はケガに苦しんでいる。プロも注目する高い素質があるだけに、復活が待たれる。菅野、熊谷とともに先発枠に入りたい。

 

森脇一樹 投手

 ー昨季を振り返って
去年は秋にホームランを1本打たれて、そこからベンチに入っていないので…(笑)。勝ち負けが決まる重要なところを任されて結果を残せなかったので、その悔しさを忘れないで今後に生かしていきたいと思います。

ーリーグ戦に出場して難しいと思う点はありますか
打者陣がしっかりと捕らえてくるし、レベルは高いので、そこをどう抑えるかを日々練習してやっています。

ー昨春は3試合に出場されました
春よりも秋の方が悔しさが自分としては残っているので、秋の印象の方が大きいですね。

ー宮古島、鴨川とキャンプをやってきて、どういったところを重視して練習しましたか
宮古島では投内連携などをやって、チームとしては牽制とか息を合わせるっていうことをやって、自分としては投げ込みと鴨川で打者に初めて投げて、充実したキャンプになりました。

ーコーチからはどんなアドバイスがありましたか
最近言われているのは「ふてぶてしく行け、投手は自己中でいいから」ってことを言われていて、それで自信を持って投げるっていうのを意識しています。制球面ではとりあえず低めに投げて、低めに投げればそんなに長打も打たれないので、低めを意識するってことをいつも言われています。

ーオープン戦の調子はいかがですか
最初はコントロールがダメだったんですけど、最近登板を重ねるうちに自分の感覚としても良い感じできていると思います。課題はすぐボール先行になってしまうので、しっかりストライク先行に投げられたらもっと守備とのリズムが作れるかなと思います。

ー普段気を遣っているルーティンとかリラックス方法は
そんなに型にはめるとかいうことはないですけど、リラックスは少し長めに風呂に入る(笑)

ー今季から投手責任者が熊谷投手になりましたが
1番上の学年として、プレーでも引っ張ってくれていますし、のびのびやらせてくれているかなっていう感じはあります。アドバイスもしっかりしてくださいますし。コーチからああやれって言われるよりは先輩からやれって言われたほうが、気軽に話せるのでダメだったらやらないとかコーチに言われるよりものびのびやらせてくれていると思います。

ー今季はどういった役割でチームを支えていきたいですか
リーグ戦は中継ぎだと思うので、テンポ良く抑えて、負けてるときに登板したら自分でテンポを作って攻撃につなげられるようにしっかり働けたら良いなと思います。

ーライバルのような、刺激を受けている投手はいますか
河野(太一朗,文3)ですかね、バチバチです(笑)

ー1年生が入ってきて感じたことはありますか
柏野が良い球を投げるなと思ってますし、でも先輩として負けられないなと思ってます。

ー今ハマっていることは
ボールの筋トレです。重い2,3キロのボールがあるんですけど、やり続けて投球の動画を見たら速くなっていたので、自分はそんなにスピードが速くない投手なのでやっています。だいたい暇があったらテレビ見ながら部屋でやってます。

ー自分のアピールポイントはありますか
速い球も投げられないし、バンバンいく投手じゃないので、でも球が動くのでそこで凡打の山を築くところがアピールポイントかと思います。

ー今季に向けての意気込みを
周りからは褒められたりすることもありますけど、実際結果は残せていないので挑戦者の気持ちで1戦1戦頑張って、自分としては中継ぎとして優勝・日本一できるように頑張りたいと思います。

(取材:岡崎祐平)

moriwaki R

 森脇一樹(もりわき・かずき)
経済学部3年 1996年4月14日生まれ
静岡県出身・掛川西
175cm75kg 右投左打
2年春にデビューを果たした技巧派右腕。昨季は早大2回戦に登板、本塁打1本を浴び無念の降板となった1試合のみの登板。悔しさをバネにして持ち前の制球力を武器に、熾烈なリリーフ投手争いを制したい。

内沢航大 投手

 ー昨季を振り返って
春のリーグ戦に比べて登板する機会がかなり多くなって、勝ててる場面でも負けてる場面でも色々な場面で投げさせてもらっていい経験ができたなと思います。

ー次世代のエースとして期待が高いと思いますが、周囲の期待とかは
そんなに自分では感じてはいないですけど監督さんやコーチの方からは「お前が、お前が」という風に言われてるので自覚が芽生え始めてるのかなと思います。

ー自身の持ち味は
真っ直ぐで押せるところですかね。三振を取れる所になりますね。

ー青木(久典)監督、真木(将樹)コーチからは何か具体的なアドバイスをもらったりとかはありますか
この冬にかけてフォームを固めて力いっぱい投げてる部分が多かったので、力を抜いてじゃないですけど8割の力で先発をしていきたいと考えているので力の配分などを考えろとは言われてます。

ー先発に向けてとおっしゃられましたが第1戦に管野選手や熊谷選手が先発で第2戦は内沢選手だと監督としては考えられているのでは
監督は分からないですけど、後々はそうなっていきたいなあと思っているので、先発する上での技術は必要だと思っています。

ー法大に入学して1年間で学んだことは
高校の時に比べて全体的にレベルが高いので、置いていかれないじゃないですけど自分も更に強くなろうと思う気持ちが高まってきたのかなと思います。

ー熊谷選手が4年で軸となる投手ですが、どういった存在ですか
練習とかオープン戦では、かなり存在感があってあまり多くはしゃべらないですけど、付いてこいみたいな背中でというか、プレーで示してくれているので自分たちも甘えてられないなと感じさせられています。

ーでは熊谷選手は、あまり普段から多く語らない人ということですか
言うときは言いますね。メリハリがあって全部が全部やれと言うわけではないので自分たちもピリッとしないとなと感じますね。

ー昨季の課題は
先発させてもらったときは、結構うまい具合にというかゲームを作るっていうことはできたんですけど、リリーフで短いイニングの中で、四球とか自分でピンチを広げる部分とかがあったので、小さなコントロールミスを課題として出たかなあと思います。

ーこの課題を踏まえてキャンプは何を取り組んできましたか
環境が変わって結構暖かいところで色々と投げる機会が多くなって投げる球数とか増やしていくことができたので、まぁ早めに調整とかはできたのかなと思います。

ー先発でというお話もあったんですけど東大戦での1勝ってのは、かなり自信になったんじゃいんですか
そうですね、その試合前に先発を伝えられてから試合にスムーズに入れたというか、あんまり緊張せずに入れて、そのまますぐ試合終わっちゃった感じでした。その後の新人戦でも投げさせてもらってかなり自信がつきましたね。

ー東大戦の時、直前で先発を伝えられたと言っていたのですが今季も今の段階では自分が先発なのかリリーフなのか役割は言われてない感じですか
まだ言われてないですけど、まぁ先発かなとはオープン戦の使われ方を見て思っていますね

ー新しく1年生には、どういった印象を持っていますか
左投手がかなり多いなあと思って、結構左投手がチーム的に少ないので誰が来るか分からないですけど、まぁ誰かしら入るだろうなと思って、うまくコミュニケーションを取っていければと思います。

ー敢えて期待の1年生を挙げるなら
さっき言った左投手ではないですけど柏野が、かなり完成というか抑えられているので良いなと思います。

ー1年生と会話は結構したりとかは
はい、結構しますね。一緒に仕事とかして慣れさせるっていうのもあって。

ー今の段階では1年生はスポーツ推薦の人だけが練習に参加してたりとかになりますか
いや全然そんなことなくて、もう今年から入る1年生はほぼ全員参加して決まった感じですね。

ーチーム内でライバル意識がある選手は
管野さんは凄いと思っているのでライバルというか目標にしているという感じですね。

ーこれから同学年でバッテリー組むであろう伊藤(寛士,文2)について
寛士も結構試合出ててバッティングとか配球とか色々やって難しいと思うんですけど一緒になって成長できたらなと思います。

ー今季の目標をお願いします
チームが優勝できるように、どの役割になってもチームが勝つことに徹していきたいなと思います。

ー最後に法政を応援してくれるファンの皆さんに一言お願いします
かなり期待してもらっていると思うのでその期待に応えられるように自分も頑張っていくので応援よろしくお願いします。

(取材:具志保志人)

utisawa R

内沢航大(うちさわ・こうた)
キャリアデザイン学部2年 1997年9月19日生まれ
青森県出身・八戸工大一
195cm90kg 右投左打
昨季リーグ後半戦に先発投手として頭角を表し、東大戦ではリーグ戦初勝利を挙げる。恵まれた体格から投げ下ろされる直球は、すでに六大学トップクラス。今季は先発定着へ。期待の懸かるシーズンとなる。

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み