硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第1週 対早大1回戦 救援陣崩壊… 終盤に追い上げも黒星スタート

東京六大学春季リーグ戦 第1週 早大1回戦
2017年4月8日(土)
明治神宮野球場

今年もリーグ戦の開幕が春を告げた。注目の第1週は早大との対戦だ。中盤までは接戦を繰り広げるも、8回に佐藤晋の2ランを含む3失点。そのまま点差を埋めることはできず、今春も白星発進とはならなかった。

toptop R
多くチャンスを作りながらも三時間超えの激闘を制することができなかった

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 1 1 0 0 1 3 1 7 12 0
法 大 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3 8 1

(早大)〇小島(1勝)、早川‐岸本
(法大)●熊谷(1敗)、岩崎、柏野、森脇、新井諒‐鎌倉
[本塁打] 加藤1号ソロ(3回=熊谷)、佐藤晋1号2ラン(8回=森脇)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (8) 大西千 2 0 0 .000 空三振   空三振            
  H87 清水二 2 0 0 .000         四球   三直 空三振   
2 (7) 斎藤卓 3 0 0 .000 三ゴロ   四球   捕飛    空三振    
  1 森脇 0 0 0 .000                  
  1 新井諒 0 0 0 .000                  
  H 町田 1 1 0 1.000                 左前安
  R 相馬 0 0 0 .000                  
3 (5) 小林 5 2 0 .400 中飛   左飛   見三振     右前安 左前安
4 (3) 中山 5 1 .400   左前安   左飛 二飛     右中間三① 一飛
5 (9) 宇草 4 0 0 .000   右飛   空三振   左飛   空三振  
  H 福田 1 0 0 .000                 空三振
6 (6) 大崎 2 0 0 .000   二ゴロ   四球   四球   四球 空三振
7 (2) 鎌倉 2 1 0 .500   死球   一内安①   一飛   死球  
8 (4) 川口 4 2 1 .500   左飛   右前安   左飛   中前安①  
9 (1) 熊谷 2 0 0 .000     遊飛 右飛          
  1 岩崎 0 0 0 .000             四球    
  1 柏野 0 0 0 .000                  
  H 0 0 0 .000                  
  R8 舩曳 1 0 0 .000               空三振  
    34 8 3 .235                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
熊谷  6 1/3 122 30 8 5 2 3 4.26
岩崎 1/3 9 3 1 1 1 0 0.00
柏野 1/3 2 1 0 0 0 0 0.00
森脇 2/3 18 5 2 2 1 3 40.50
新井諒 1 1/3 22 6 1 1 1  1 6.75
9 173 45 12 7  5 7 7.00

 

ベンチ入りメンバー

10 森(キャ4=日大三) 22 駒場(文4=鹿沼) 35 安本(営2=静岡)
11 森脇(経3=掛川西) 27 中村浩(営3=多良木) 1 大西千(営3=阪南大)
13 菅野(キャ3=小高工) 2 川口(人3=横浜) 8 清水ニ(法4=中京大中京)
14 岩崎(営4=前橋商) 3 相馬(営2=健大高崎) 28 宇草(営2=常総学院)
16 新井諒(人4=宇都宮商) 6 大崎(法4=智辯学園) 29 舩曳(キャ2=天理)
17 熊谷(キャ4=平塚学園) 7 小林(法3=中京大中京) 31 毛利(法2=愛工大名電)
18 内沢(キャ2=八戸工大一) 23 町田(社4=桐蔭学園) 37 中山(人3=履正社)
34 柏野(営1=広陵) 25 福田(人2=大阪桐蔭)    
20 鎌倉(法3=日本文理) 33 斎藤卓(社3=大宮西)    

 

戦評

開幕戦を勝利で飾ることはできなかった。9季ぶりの優勝を狙う春季リーグ開幕戦。勝敗を分けたのは、投打における細かい野球の差だった。

法大の先発はエース熊谷拓也(キャ4)。立ち上がりから走者を出すも、粘りの投球で1回、2回と無失点で切り抜ける。対する早大先発は小島和哉。序盤、130㌔後半の伸びのある直球で法大打線は抑え込まれていく。試合が動いたのは3回表。早大4番加藤雅樹が高めに浮いた球を逃さず右中間スタンドに突き刺さるソロ本塁打。早大に1点を先制される。4回にも送りバントで進めた走者を犠牲フライで返され追加点を許してしまう。ここまで抑え込まれていた法大はその裏、四球で出塁した大崎拓也(法4)が盗塁でチャンスを広げると鎌倉航(法3)の内野安打で一点を返す。試合中盤は、遊撃大崎のファインプレーが飛び出すなど締まったゲームが展開され、次の1点が勝敗の行方を左右すると思われた。迎えた終盤7回表。早大は先頭が内野安打で出塁。その走者を送りバントで得点圏に進めると、次打者は、ここまで当たっている左打者の加藤。ここで法大ベンチが動く。100球を越え、疲れが見え始めた先発熊谷に代え左の岩崎巧(営4)を送った。リーグ戦初登板となった岩崎だったが、切れのあるスライダーで加藤を三振に切って取る。期待に応えたかのように思えたが、その後が誤算だった。2死から次打者を四球で歩かせると6番長谷川寛にライト前に運ばれ、追加点となる3点目を許してしまった。8回にも後から出てきたリリーフ陣が早大の勢いを食い止められない。本塁打を含む3失点で試合を決められてしまった。

この試合、投打で課題が浮き彫りとなった。昨年から課題として挙げられている投手陣は今日も炎上。特にリリーフ陣は、層の薄さが目立った。一方の打撃陣は、走者を出してもなかなか次の塁に走者を送ることができない。逆に早大は本塁打で先制した得点以外は、先頭で出た走者を送りバントで得点圏に運んでからの追加点だった。継投やバントといった細かい野球の差で開幕を落としてしまった法大。それでもエース熊谷は粘投、4番中山翔太(人3)は2安打を放つなど主軸には好材料が多い。リーグ戦は、まだ始まったばかり。ここから立て直し、9季ぶり優勝へ。明日の試合は、法大の真価が問われる一戦となるだろう。(具志保志人)

 

クローズアップ

鎌倉航 (開幕マスクでリーグ戦初安打を記録 V奪還への陰のキーマン)

気迫の一打で、反撃の1点をもぎ取ったた鎌倉。塁上での笑顔がまぶしかった。オープン戦から好調を維持し、見事開幕スタメンを獲得。さらにはリーグ戦初安打、初打点を記録するなど自身にとって新たな一歩を踏み出した1日となった。

1年春に神宮デビューを果たした鎌倉だが、その後はけがの影響でリーグ戦出場はなし。試合に出るチームメイトたちを外から見守る日々が続いていた。しかし、試合に出られなかった期間を決してマイナスにはとらえていない。「試合に出られない人たちの気持ちもわかった。外から野球を見ることができたいい経験」。もどかしさに押しつぶされることなく、成長を続けてきた鎌倉の強さがこの一言に表れている。

「チームが勝たないと意味がない」。うれしい初安打にも、そうきっぱりと言い切った鎌倉。次戦以降は積極的に大胆に、そして投手陣の持ち味を引き出すリードをしていくことを誓った。クレバーな頭脳と得意のゲームメイクでいかに投手陣を盛り立てられるか。王者復活への命運を握るのはこの男だ。(下河辺果歩)

closeup R

 監督、選手インタビュー

青木久典 監督

 ー開幕戦を落としてしまいました
 運も流れもなかったと思います。

ー相手先発の小島投手の印象は
 狙い球を徹底させてはいましたけど、高めのボールに手が出た部分がありましたね。

ー小林(満平,法3)選手、中山選手の中軸には安打が出ました
良かったと思います。幸先はいいんじゃないでしょうか。

ー先発の熊谷選手について
非常に良かったと思います。

ー二死走者なしからの加藤選手の本塁打が悔やまれます
あそこはバッテリーの配球ですね。内角攻めてるのは分かりましたが、いきすぎましたね。

ーリリーフは乱調に終わりましたが
初戦ということもあって、オープン戦のような力を発揮することは出来ませんでしたね。

ー明日へ向けて
いい意味で選手の方がリーグ戦の雰囲気に慣れてくれたと思うので、明日しっかり1勝をもぎ取りたいと思います。

森龍馬 主将

-今日の試合を振り返って
悔しいの一言ですね。負けるっていうのはやっぱり悔しいです。

-早大の先発は小島投手でしたが、試合前にどのような話し合いをしましたか
特にこれと言ったことは無かったです。自分たちの持っている力を出し切ろうということだけ話しました。

-試合中にどのような声がけを
今日は特に低めの変化球がよかったので見極めをしっかりしようと。あとは、力強い高めのストレートに手を出してしまうと自分たちから投手を助けてしまうので、そこを気をつけようと話していました。

-試合中のベンチの雰囲気は
常に勝利に向かって全力でした。最後まで絶対に諦めないぞっていう雰囲気でした。

-代打での出番でした
出る前の回に先頭から行くぞと言われました。ただ、試合前から大事な場面で行くぞと言われていたので、準備は出来ていました。

-打席での意気込みは
あの打席は、当たってでも出塁するとしか考えてなかったです。

-投手陣が7失点でした
今日はバッテリーと言うよりは、打者が序盤、中盤に点を取れなくて負けたので、打者の責任の方が大きいと思います。

-明日に向けて
とにかく今日の悔しさをぶつけて、明後日を考えるのではなく、まず明日の試合を勝つことだけを考えて望みたいと思います。

熊谷拓也 投手

 ―今日の試合を振り返って
最初流れてはいたんですけど、ランナーを出す不運なヒットもあって、コントロールミスもあって、ホームランもあったので、そこは反省すべき点じゃないかなと思いますけど、後半に出ていくピッチャーが踏ん張りきれなかったっていうのはもうちょっと気持ちの面での準備が足りないのかなと思いますけど、普通に投げれば抑えられるので、そこは皆に伝えていければなと思います。

―昨春以来の開幕投手でしたが、決まったのはいつですか
 もう結構前から僕でした。

―先発での勝ちにこだわってきたなかで今日の試合ですが、どのような気持ちで臨みましたか
"勝つ"という強い気持ちで臨みましたね。結果負けてしまったので、明後日勝ちがとれれば良いなと思いますけど。

―今日は被安打数も8と比較的多く、少し調子が悪い印象を受けましたが、率直にご自身の中では
 そうですね。もうちょい地に足つけて投げられれば良かったのかなと思いますけど、リーグ戦のこの雰囲気を初戦で味わえて、粘ることも出来ましたし、次はもっと良いピッチングが出来るように心掛けてやっていきます。

―3回、加藤選手に本塁打を打たれましたが、球が甘く入ったのですか
 そうですね、意地でもインコースに投げようと思って、続けてたボールが投げきれず、2ストライクという形からホームランだったので、あれはすごいもったいない1点だったと思います。

―青木監督や鎌倉選手と頻繁に話をされていましたが、どういった話をされましたか
 まず、間を持ってということと、対八木(健太郎)だったので、ここはしっかり粘って抑えるぞ、ということを。それだけです。

―八木選手に対しての変化球はストライクをとれていましたが、習得したものは使えてる実感はありますか
 そうですね、変化球も使っていかないと打たれてしまうので。

―次戦に向けて意気込みをお願いします
今日悪いものが全部でて、緊張も、皆ほぐれたと思うので、明日から本来の法政の力を出して、連勝して何とか勝ち点をとりたいです。

鎌倉航 捕手

 ー今日の試合を振り返って
結果もそうですけど、なかなか自分たちがこの春やってきたことができなかったのがすごく悔しいです。

ー中盤までは接戦でした
何点取られてもおかしくないような状態で、なんとか0点や1点で踏ん張ったりできたのでその辺は良かったかなと思いますけど、やっぱりもう一つうまくリードできれば良かったかなというのが一番です。

ー先発の熊谷投手について
本調子じゃない中でもああやって6回まで試合を作ってくれましたし、もっとインサイドだったりもうちょっとなんとかできたかなというのはあります。

ーランナーを背負って苦しい場面ではどのような声がけをされていましたか
慌てないことですね。マウンドでピッチャーとして立っている以上、周りから注目されるので「慌てずにどっしりいこう」というのはずっと言っていました。

ー今日は5人の投手陣が登板しましたが、どんなリードを心がけましたか
 やっぱり今日は展開もそうですし、流れ的にも後手後手に回ってしまったので、明日以降は自分たちから仕掛けるというかもっと積極的に大胆に、そういうリードができたらピッチャー陣も乗ってくると思いますし、各々の持ち味が出てくると思うので明日もリズムよくやりたいなと思います。

ーご自身は、1年春以来のリーグ戦出場となりました
出てる以上はヒットを打つのもそうなんですけど、やっぱりチームが勝たないと評価されないし意味がないので、明日はチームが勝つことだけに集中していきたいと思います。

ースタメン獲得に加え、リーグ戦初安打初打点も記録しました
持ってるなというのが一番なんですけど、そのツキが守備面で出たら良かったなと思います。やっぱりポジション柄打つ人じゃなくて守る人なので、味方が点取るまではなんとか踏ん張って、味方が点取ってからも最少失点で踏ん張れるように明日はやっていきたいです。

ー明日に向けての意気込みを
 あまり考えすぎずに、もう一回シンプルに野球をやりたいなと思います。

川口凌 内野手

ー今日の試合振り返って
先制点を先に取ってあげたかったですけど、取られてしまってどんどんボテボテになってしまいましたね。明日は先取点取ってピッチャーを楽にしてあげたいです。

ー1年生の柏野(智也,営1)投手が投げられました
オープン戦から柏野は投げてて度胸があるので、神宮大丈夫だなと思いました。

ー早大も1年生の早川(隆久)投手が投げられました
1年生が投げてるだけあっていいボールだったのですが、そうも言ってられないので気持ちで負けないようにやっていきたいです。

ーご自身はマルチ安打を放つ活躍でした
ほんとに一球一球大切にガムシャラに優勝目指してやっていくしかないので、明日も、明日以降も集中してやっていきたいです。

ー今日の敗因は
とにかく、先取点。ミスなく、リズムよく僕たちらしい野球ができればと思います。

ー明日への意気込みを
明日も勝って、ここから2連勝して優勝したいと思います。

小林満平 内野手

ー今日の試合を振り返って
相手の小島投手は調子が良くなかったんですけど、僕たちが高めのボール球に手を出して助ける形になってしまったので、後手後手に回ってしまい、勝てるゲームだっただけに残念です。

ー小島投手対策は
まっすぐに回転量があって、球速以上にキレがあるので、高めのボール球を振らないようにしたのですが、3番の僕がああいう形で凡退してしまったのでダメでしたね。

ーマルチ安打でしたが
もっと序盤で打ちたかったので、明日は1、2打席目に打ちたいです。

ー残塁が目立った試合でしたが
チームとして狙いをもう一回確認して、チームで相手を攻略するという意識で行きたいです。

ー開幕戦でしたが、特別したことは
いつも俵積田(健人,人4)さんに肩パンしてもらっているのですが、今日いなくて、代わりに福田(光輝,人2)にやってもらいました。

ー肩パンどうでしたか
ダメですね、俵(俵積田)さんの方がいいですね(笑)。

ー大学日本代表の合宿は
去年もいかせてもらったので、実力的にも引け目を感じずにアピールしようとしたので、地に足つけてやれました。

ー特に目を引いた選手はいましたか
同じ内野手だと、明治の渡辺(佳明)とか竹村(春樹)さんは右投げ左打ちの打者なので意識はします。でも自分は自分らしくやるだけです。

ー善波(達也)監督には声をかけられましたか
国際試合は、台湾やアメリカに行って長丁場になるので、体力をしっかりつけとけと。あとは、声を出せと言われました。

ー三塁での出場はでしたが
セカンドが良かったですが、今日もサードでエラーしているので、しっかり明日は守りたいです。出されたところでしっかりやらないとダメなので明日切り替えてやります。

ー明日の意気込みを
切り替える部分は切り替えて、今日を反省する部分は反省して、チームで束になって相手を攻略できるように、序盤で点を取ってピッチャーを助けたいです。

中山翔太 外野手

ー今日のコンディションは
普通に調子よかったです。

ーチームの雰囲気はいかがでしたか
みんなまとまっている感じでした。

ー開幕ということでどういう意気込みで臨みましたか
ずっと試合をやりたかったので、思い切り何も考えずにやろうかなと思っていました。

ー1打席目は左前安打を放ちました。手応えは
結構よかったです。

ー4打席目は適時三塁打でした
球種はストレートでした。全部変化球とか見切れていたので、真っ直ぐしかないかなと思っていたので、読みが当たった感じですね。何とか三塁まで走りました。

ー今日の小島投手の印象を教えてください
あんまり調子は良くなかったのかなと。球のキレだったりマウンドの姿勢とかがそういう風に見受けられました。

ー一塁手として守備をして、いかがでしたか
そんな不安なところはありませんでした。

ー今日のご自身の反省は
ちょっと大きいのを最後に狙いすぎたので、いつも通りの自分のスイングを明日からやっていきたいと思います。

ーチーム全体の反省はどうでしょうか
中盤の粘りだったり、最初と最後はいつも良いので、しっかり中盤にやっていきたいと思います。投手と打者のかみ合いとかも。

ー明日に向けて意気込みをお願いします
自分が打って勝ちます!

フォトギャラリー

  • kumagai R変化球を使い緩急のある投球で6回1/3を3失点と粘投した熊谷
  • kamakura Rチーム初得点を叩き出し攻守ともに活躍した鎌倉
  • saitou R3回には見事な盗塁をみせチャンスを作った斎藤卓
  • oosaki R四球を3つ選ぶなど選球眼がさえた大崎(左)
  • kobayasi R8回には得点に繋がる右前安打を放った小林
  • nakauama R8回の三塁打を含め2安打を放った中山
  • kawaguti R安定した守備とチーム3点目となる打点をあげた川口
  • kasino Rルーキーながらわずか2球で相手打者を仕留めた柏野
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み