硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 春季フレッシュリーグ 対慶大 ルーキー石川快投デビュー!! 中村迅の2ランで、フレッシュリーグ初勝利!!!

東京六大学野球春季フレッシュリーグ
2017年5月6日(土)
神宮球場

2連敗中の法大は慶大と対戦。初回に羽根の適時打で先制すると、中村迅が2ランを含む3打点を活躍で相手を突き放す。大学デビュー戦となった先発の石川は5回3失点の好投をみせると、6回からは朝山、高田、新井悠の無失点リレーで逃げ切りフレッシュリーグ初勝利を飾った。

nakamura R
2ランを放った中村迅

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 1 0 0 2 0 0 0 0 3 8 0
法 大 1 1 0 2 0 0 0 0 × 4 6 0

(慶大)●石井、津留崎、高橋伶-嶋田
(法大)○石川、朝山、高田、新井悠-宮崎
[本塁打]中村迅2ラン(4回=石井)、橋本2ラン(5回=石川)

 

打撃成績

打順位置選手12345678
1 (7) 毛利 3 0 0 四球   左直   空三振     二併殺
2 (4) 佐藤勇 3 0 0 投犠打   空三振   空三振     遊ゴロ
3 (9) 宇草 3 0 0 空三振   一ゴロ     一ゴロ    
4 (5) 羽根 3 2 1 左翼線二①     左安打   空三振    
5 (3) 安本 3 0 0 左飛     一併殺   右飛    
6 (8) 立花 3 2 0   右中二   左安打     遊ゴロ  
7 (6) 中村迅 3 1 3   二ゴロ①   右越え本②     見三振  
8 (2) 宮崎 3 0 0   見三振   二ゴロ     見三振  
9 (1) 石川 1 0 0   二ゴロ            
  H 笠原 1 0 0         空三振      
  1 朝山 0 0 0                
  1 高田 0 0 0                
  H 村田 1 1 0               中前安
  R 杉村 0 0 0                
  1 新井悠 0 0 0                
    27 6 4                

 

投手成績

  球数 打者
石川 5 89 21 6 5 0 3
朝山 2 22 7 0 0 2 0
 高田 1 14 4 1 2 0 0
新井悠 1 17 4 1 1 0 0
9 142 36 8 8 2 3

 

ベンチ入りメンバー

13 新井悠(営2=折尾愛真) 3 安本(営2=静岡) 35 宮本隆(人1=健大高崎)
14 高氏(文2=立命館慶祥) 6 西山(法2=市立和歌山) 1 毛利(法2=愛工大明電)
16 朝山(2=作新学院)  7 高橋( 経2=山形商) 2 宇草(営2=常総学院)
17 水澤(法1=広島商業) 23 羽根(社1=日大鶴ヶ丘) 33 村田(人1=横浜)
18 高田(キャ1=平塚学園) 24 佐藤勇(法1=中京大中京) 37 笠原(1=国学院久我山)
19 石川(キャ1=横浜) 25 小谷(文1=倉敷商業)  38 立花(1=岡山理大附)
20 伊藤(文2=中京大中京) 26 中村迅(営1=常総学院)    
22 古山(社2=法政二) 31 永廣(営1=大阪桐蔭)    
27 宮崎(法2=宇部商) 34 杉村(文1=広島新庄)    

 

戦評

 ここまで2戦2敗と白星がないフレッシュリーグ。勝利を挙げ、弾みをつけたい第3戦は慶大と対峙した。
先発のマウンドを任されたのは横浜高校出身の石川達也(キャ1)。公式戦初登板ながら、三者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せた。続く1回の裏、1番毛利元哉(法2)が四球で出塁。2番佐藤勇基(法1)の犠打で1死二塁とすると、前2試合で存在感を示している4番羽根龍二(社1)に打席が回る。しっかりと捉えた打球は、適時二塁打に。持ち前の勝負強さで先制点を奪うことに成功した。
 しかしリードしたのも束の間、直後に1点を返されてしまう。なんとか流れを引き寄せたい2回。公式戦初出場の立花海斗(文1)が中越え三塁打を放つと、7番中村迅(営1)の二ゴロの間に一点を追加。再びリードを奪うことに成功した。そして、4回にも立花に安打が生まれ2死一塁。続く中村がフルカウントから右中間への2ランを放ち、貴重な追加点を奪った。
 このまま勢いに乗りたい法大であったが、慶大打線が待ったをかける。先頭打者が内野安打で出塁すると、7番橋本昂樹に右越え2ランを打たれ、1点差まで迫られる。これ以上点を許したくない状況であったが、その後も連打を許し2死一、二塁。しかし、3番杉本京平を三邪飛に打ち取りなんとかリードを保ったまま後半戦へと突入した。
 6回、朝山広憲(法2)がマウンドへ。1年間けがに苦しめられた右腕の大学デビュー戦となった。制球が定まらず、先頭打者に四球を与えてしまうが、後続をしっかりと打ち取り無失点で切り抜けた。対する慶大は髙橋伶介へとスイッチ。タイミングが合わず、法大は三者凡退に抑えられた。法大は8回、高田孝一(法1)が登板。甘く浮いた球を安打にされると、暴投でランナーは進塁し、1死三塁。ここで一本が出れば同点だ。しかし見事に二者連続三振を奪い、流れを再び引き寄せた。
 最終回のマウンドに上がったのは、新井悠太朗(営2)。先頭打者に痛烈な左翼線二塁打を浴びながらも、意地の踏ん張りを見せスコアボードに0を刻んだ。 最後まで気持ちを切らすことなく、接戦を制した法大。フレッシュリーグ第4戦は、5月30日。ハツラツとしたプレー、そして新たな戦力の台頭に期待したい。(下河辺果歩)

クローズアップ

中村迅(大学初安打が貴重な2ラン 将来の攻守の要が期待される幹部候補生)

中村迅(営1)にとって、神宮デビュー戦となったフレッシュリーグ立大戦では3打席無安打。その悔しさを晴らすような快打を見せた。

2-1と1点リードで迎えた4回表2死一塁。フルカウントに追い込まれてから「とにかく思いっきり振ろうと思った」と右前を超える2ラン。これが決勝点となり、チームはフレッシュリーグ初勝利を挙げた。 持ち味だという守備でもチームを盛り立てる。3回に三塁のカバーに入るファインプレーを見せ、好守共にバランス力をアピール。だが、中村迅の魅力はプレーだけではない。目標の選手は部屋長でもあるという大崎拓也(法4)。大崎のように積極的に仲間に声を掛けたり、周りがよく見える選手になりたいという。高校時代に主将を務めていただけに、チームメイトへの心配りも忘れない。

以前不安だと語っていた打撃でも今日は3打点を挙げ、守備でも俊敏に反応して味方を援護。「少しでも早くリーグ戦に出場したい」。マルチな活躍が期待されるルーキーが目指すところはさらなる高みだ。(大平佳奈)

clouseup R

選手インタビュー

 朝山広憲 投手 (2番手で登板し、2回を無安打に抑えた)

ー今日のコンディションはいかがでしたか
1年間ケガで苦しんで、1年以上実戦感覚がなかったので緊張はしましたけど、それなりに緊張しながらも自分のボールが投げられたのでそこは良かったと思います。

ーチームはフレッシュリーグで未勝利でしたが、試合前の雰囲気はどうでしたか
2連敗でも、チームも落ち込んでいなくて勝とうという前向きな姿勢だったので、僕もそれに負けないような投球をしようと思っていました。

ー登板することは言われていましたか
先発の石川の後はお前で行くぞという風に言われていたので、先発投手が1年生ということで、点数を取られた後は先輩でもある僕がしっかり抑えてやろうという気持ちはありました。

ー石川投手の投球はブルペンからどう見ていましたか
調子が良いか悪いかは分からなかったけど、1年生なりにはしっかりゲームを作れたのではないかなと思います。

ー6回に神宮球場初登板となりましたが、緊張はありましたか
いざ上がってみたら、抑えてやろうという気持ちしかなかったので、それだけでした。

ー今日は直球が走っている印象がありました
初球にボークをとられて戸惑ったというか、自分のフォームで投げられない状況でしたけど、そこで自分が信じている真っ直ぐというのを押せたので、そこは良かったと思います。

ー慶大打線の印象はいかがでしたか
決めている球に対してはどんどん振ってくるという印象だったので、そこをあえてストレートで真っ向勝負できたのは良かったと思います。

ー被安打0に抑えたことについては
数字自体は0ですけど、四死球が2つ出てしまったので、そこは僕としては悔しかったので、もっと修正していきたいです。先頭打者に四死球を与えてしまっているというのは1番良くないことなので、先頭打者を抑えるということと、直球と変化球の精度を磨くというのが課題です。

ー朝山投手は打者と投手のどちらも挑戦するという話も出ていましたが、現在はどうですか
今は投手一本でいこうと思っています。

ーチーム内でライバルはいますか
いないですね(笑)。僕が活躍したら試合に出られますし、ダメだったらダメだと思いますし。

ーご自身のアピールポイントはどこですか
真っ直ぐでおせていけるような、逃げずに真っ向勝負できるところです。

ー最後に今後の目標をお願いします
自分はまだフレッシュリーグですけど、これからどんどん活躍してリーグ戦で投げられるように、そしてチームが優勝できるように貢献して活躍していきたいです。

石川達也 投手 (5回3失点の好投で勝利投手)

 ―今日の試合を振り返って
去年の夏以来の復帰戦だったので、ストライク入るかなという心配もありましたけどストライク先行していて。結果5回3失点ですけど、無四球で終われたのは大きな収穫で、要所では痛打されてしまったことは課題かなと思います。

―チームとしてもフレッシュリーグ初勝利の試合で勝利投手となりました
今は2戦終わって負けていたので。2敗して勝てていなかったので、何とか自分が先発として選んで頂いたので。監督は小松(裕哉コーチ、スポ4)さんという方が4年生でやられてますけど、その人に勝ちをつけてあげたいなという思いでやりました。

―大学に入って、初めての公式な大会での登板となりましたが緊張などはありましたか
特に緊張などはなくて、普段通りやれたかなと思います。

―高校野球と違う部分はありましたか
自分は神奈川でやっていたので、神奈川の高校野球はいっぱいお客さんがいますけど、それに比べて少なかったので、練習試合というような感じでやれたかなと思います。

―先程も課題と仰ってましたが、痛打されてしまった要因はどこにあると思いますか
7番バッターに2本痛打されて。1打席目いい当たりされて、その後の修正では2打席目の初球ではいい形でカウントとれましたけど、2球目はカウントとりたいという気持ちが強くいって、甘い球を打たれてしまったので。そこをちょっと焦ってしまったというのが痛打されてしまった要因だと思います。

―途中カーブを多用されていましたが得意な球種なのですか
 カーブというよりはチェンジアップの方がカウントはとりやすいですけど、初回ストレート狙われていたので2回以降は変化球でかわしていこうかなという気持ちで使っていました。

―では、得意な球種はどちらかというとチェンジアップということですか
 そうですね、変化球と言ったらチェンジアップかなとは思います。

―今日まで、ケガなどもされていましたがどのような練習をされていましたか
 ずっとケガの中で、僕は肩のケガでしたけど、基本的にはインナーという筋肉の中を鍛えるトレーニングですけど、それをずっとやりながら、上半身下半身バランスよくトレーニングをやってきました。

―自身の持ち味について教えて下さい
今日はそんなに自分の持ち味というのはでてなかったと思いますけど、普段はもっと強気なピッチングで高校からやってきたので。ピンチの時でも押していくというのが自分の持ち味なので、これからはそこを見てもらえたらなと思います。

―これからもフレッシュリーグやリーグ戦に登板していく機会があるかもしれませんが、そこでの目標はありますか
今のピッチャー陣の中では出遅れてますけど、1日でも早くチームのために、貢献できるように。ピンチとかにだされた時でも抑えるというような、そんな信頼を得られるピッチャーになりたいなと思います。

―次に向けて意気込みをお願いします
今回は5回3失点だったので、次は5回とは限らないけど無失点という形で。また今日は無四球だったので、それも続けていいピッチングができたらなと思います。

 立花海都 外野手 (三塁打を含むマルチ安打を放つ活躍)

ー今日の試合を振り返って
 フレッシュリーグは今まで2回やってますけど、2回とも負けてしまっているので今日は何としてもみんなで勝っていこうという気持ちで試合に臨みました。

ー接戦を勝ち切れた要因は
最後までみんなで雰囲気を作って試合ができたことだと思います。

ー今日が大学初の公式戦出場となりました
 バッティングでは、先頭バッターが多かったので自分がチャンスを作るという気持ちで打席に立っていました。

ー三塁打を含む2安打を記録しましたが、どんなイメージで打席に立ちましたか
 しっかり自分のスイングを心がけようという思いでやっていました。

ーベンチの雰囲気は
初回からずっと明るくて、いい雰囲気でできたと思います。

ーご自身のアピールポイントは
 バッティングでは力強くチャンスで打てるように心がけて、守備ではしっかりと守れるように頑張ります。

ー次の試合に向けての意気込みを
今日はみんなでいい形で勝てたので、この流れに乗って次も勝っていきたいと思います。

中村迅 内野手 (2ランでチームに貴重な追加点をもたらした) 

ー今日の試合振り返って
まずは2敗していたので、チームが勝てて本当によかったです。

ー4回フルカウントから本塁打を放ちました
1打席目の内容が悪かったので、とりあえず思いっきり振ろうという思いで振った結果がああいう形になって良かったです。

ー3回に好守備も披露しました
自分のもとに飛んできたボールは、全部アウトにするという気持ちでやっていたので取れて良かったです。

ー今日は常総学院の監督も来られていたそうですが
そうですね。良いところを見せられて良かったです。

ー高校時代の先輩でもある宇草(孔基=営2)選手と共にスタメンで出場しましたが
こうやって憧れの先輩と出られて嬉しいです。リラックスして自分の持っているものを出すだけだよと言われました。

ー持ち味は
守備なのですが、バッティングの強化をしているので、出来るだけチームに貢献していければいいなと思っています。

ー課題として挙げるところは
スイングスピードがまだまだ遅いので、六大学の投手は本当にいいピッチャーしかいないので、自分はスイングスピードを上げていいピッチャーに対応できるように練習していきたいです。

ーリーグ戦に出場したいという思いはありますか
そうですね。少しでも早くリーグ戦で活躍したいです。

ーチームとしてはフレッシュリーグ初勝利となりました
やっぱり勝つことを目標に今週もそうですけど、練習してきたのでまずは勝てて良かったです。

ー理想の選手像は
部屋が同じでもある4年生の大崎(拓也=法4)さんですね。チームを盛り上げるところだったり、周りが見えているのでそういう選手になっていきたいですね。

ーライバルの選手は
六大学でいうと立教の林中(勇輝)くんとかは同期なのでライバルですね。

ー今後の目標は
1日でも早くリーグ戦に出場することと、監督が使いやすい選手になることです。

ー次への意気込みは
出るか分からないですけど、出たら勝ちにこだわってやっていきたいです。

 羽根龍二 内野手 (連日の4番出場で適時打を含むマルチ安打の活躍)

 ー今日の試合振り返って
ピンチが何度かあって、本当に苦しい試合だったのですが要所で締められて、野手も打つところでしっかりチャンスで打てて、良い形で終われて良かったです。

ー2安打を放ちましたが
4番として初回の2アウト、走者二塁の場面で回ってきて、そのままそこで絶対ランナーを返してやろうという気持ちで打席に入ることで、しっかり結果がついてきたと思います。4番の仕事というのを果たせたかなと思いましたし、チームが勝てたので良かったです。

ー今日は1年生の2人が長打を放ちましたが、やはり長打を打ちたい思いがありますか
そうですね。やはり長打を打ちたいです。同じ1年生の中村(迅)と立花が打ったので、あいつらが打つと刺激になりますし、自分も打ちたいと思います。

ー前回課題として挙げていた守備の方はどうでしたか
打球一球飛んできて、その一球を取った時にはしっかり捌けてアウトに出来たのですが、最終回の時にライン線を抜かれてしまって、打球への反省というのが今回課題として残りました。次のフレッシュリーグは1ヶ月後くらいと、結構長いのでそこで通用するように調整したいです。

ーチームとしてはフレッシュリーグ初勝利となりました
やはり勝つと気持ちいいですね。

ー積極的な声掛けが印象に残っています
自分の持ち味というのは本当に声だと思っていて、サードというポジションはピッチャーとの距離も近いので、大きな声で声を掛けて、ピッチャーが気持ちよく投げられるように毎試合毎試合意識してやっています。

ー今日は三塁手で前回は一塁手を守っていましたが元々のポジションというのは
主にサードですね。でもたまに、練習でもファーストを守っています。サードとファーストを7:3くらいでやっていますね。

ー次への意気込みを
次のフレッシュリーグは時間が空いているので、しっかりバッティングの調子も崩さずに、課題の守備もスローイングから、打球への反応からしっかり足を動かせるように万全な準備をしてやっていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • top R先発した石川
  • isikawa R将来の左腕エースになれるか
  • hane R全試合に安打を放ち好調をキープする羽根
  • tatibana R長打を放った立花
  • asayama R神宮デビューとなった朝山
  • takada Rピンチを抑え雄叫びを上げる高田
  • murata R代打で出場し、大学初安打を放った村田
  • araiyuu R最後は新井悠が締めた
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み