硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 春季リーグ戦 第5週 慶大2回戦 ラッキーセブンで一挙逆転!! 菅野2勝&相馬V打で慶大に先勝!!!

東京六大学野球 春季リーグ戦 第5週 慶大2回戦
2017年5月7日(日)
神宮球場

前戦を引き分けで終えた法大。仕切り直しとなった2回戦は先発の菅野が立ち上がりに打たれるも、7回3失点の粘投。一方の打線は6回まで1得点と慶大投手陣を打ちあぐねるも、7回に3者連続適時打で逆転に成功。その後は熊谷がなんとか締めて慶大に先勝した。菅野は見事2勝目を飾り、明日は勝ち点奪取が期待される。

top R
満面の笑みでガッツポーズする相馬

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 2 0 1 0 0 0 0 1 0 4 12 0
法 大 0 1 0 0 0 0 4 0 0 5 9 1

(慶大)高橋佑、●菊地(1敗)、内村、土井、佐藤−郡司
(法大)○菅野(2勝)、熊谷–鎌倉、中村浩
[本塁打]

 

打撃成績

打順位置選手打率12345678
1 (6) 相馬 4 3 2 .345 ニゴロ   中前安   右翼線ニ   右中間二②  
2 (9) 大西千 3 0 0 .333 中飛   ニゴロ   右飛   投犠  
3 (7) 3 0 0 .292 空三振   投ゴロ     右飛 四球  
4 (3) 中山 3 1 0 .314   四球   右翼線ニ   三ゴロ 遊飛  
5 (5) 福田 4 1 0 .250   左前安   ニゴロ   中飛 遊ゴロ  
6 (4) 川口 1 1 0 .219   投犠   四球     ニ内安  
  R 斎藤卓 0 0 0 .167                
  2 中村浩 1 1 0 .333               左前安
7 (2) 鎌倉 2 0 1 .200   遊ゴロ①   遊併        
  H 原田 0 0 0 .000             四球  
  1 熊谷 0 0 0 .000               投犠
8 (8) 舩曳 4 1 1 .192   中飛     空三振   右越え二① 左飛
9 (1) 菅野 2 0 0 .000     右飛   遊ゴロ      
  H4 小林 2 1 1 .207             右前安① 左飛
    29 9 5 .227                

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野 7 117 31 9 4 2 3 1.93
熊谷 2 41 10 3 3 1 1 3.80
9 158 41 12 7 3 4 3.39

 

ベンチ入りメンバー

10 森(キャ4=日大三) 22 駒場(文4=鹿沼) 25 福田(人2=大阪桐蔭)
12 河野太(文3=法政ニ) 27 中村浩(営3=多良木) 33 斎藤卓(社3=大宮西)
13 菅野(キャ3=小高工) 2 川口(人3=横浜) 44 羽根(社1=日大鶴ヶ丘)
17 熊谷(キャ4=平塚学園) 3 相馬(営2=健大高崎) 1 大西千(営3=阪南大)
18 内沢(キャ2=八戸工大一) 4 俵積田(人4=阪南大) 8 清水ニ(法4=中京大中京) 
19 長谷川(経4=聖望学園) 5 原田(法3=春日部共栄) 29 舩曳(キャ2=天理)
34 柏野(営1=広陵) 6 大崎(法4=智辯学園) 37 中山(人3=履正社)
36 落合(法1=常葉菊川) 7 小林(法3=中京大中京)    
20 鎌倉(法3=日本文理) 23 町田(社4=桐蔭学園)    

 

リーグ戦結果(5/7現在)

 立大明大慶大早大法大東大試合勝点勝率
――   △○●●   △○○ ○○ 9 5 2 2 .714
  ――   ○○ ●● ○○ 6 4 2 2 .667
△●○○   ――   △● ○○ 7 4 1 .667
  ●●   ―― ○○ ○○ 6 4 2 2 .667
△●● ○○ △◯ ●● ――   8 2 4 1 .429
●● ●● ●● ●●   ―― 8 0 8 0 .000
 

戦評

昨日の熱戦から一夜明け、迎えた慶大2回戦。昨日は勝てる試合でありながら勝ち切れず、同点に終わっただけに、なんとしてでも今日は1勝をものにしたい。

先発は昨日最終回に救援として登板した菅野秀哉(キャ3)。初回、二死1塁の場面。4番岩見雅紀に対して四球を与えると、「甘めに入ってしまった」と5番郡司裕也に中前適時打、6番清水翔太に右前適時打を立て続けに打たれ2点の先制を許してしまう。  法大が反撃したのは2回。中山翔太(人3)が四球で出塁すると、今季慶大戦から先発出場を果たした福田光輝(人2)の左前安打で続くと、鎌倉航(法3)の遊ゴロの間に1点を取り返した。しかし3回、菅野から昨日も安打を放った柳町達が144kmの直球をバットの芯に捉える二塁打。岩見にも右中間に豪快な安打を浴びせられ、3-1と再び点差をつけられる。  追いつきたい法大は慶大の先発、髙橋佑樹に対し、3回には相馬優人(営2)が中前安打、4回には中山の右翼線二塁打、そして5回に再び相馬が一塁線に器用に引っ張る二塁打を放つなど、出塁するも打線が繋がりを欠き、3回から6回まで無失点に抑えられてしまう。 一方の菅野も序盤こそ不安定な投球が目立っていたが、4回、5回を三者凡退に抑え、6回まで無失点と粘投を続けていた。だが7回二死の場面、天野康大に三遊間を抜かれ、瀬尾翼に中前安打を放たれると、四球で柳町を塁に出して満塁に。ここで迎えたのが今日菅野から2安打を放っている4番岩見。すでに球数は100球を超え、菅野自身も「しんどかった」というが、カウント2-2で追い込むと最後は低めのカットボールで岩見を三振に打ち取り、気迫でピンチを凌いで見せた。

 その裏、菅野の粘投にようやく味方も打撃で援護。髙橋佑に代わった菊池恭志郎から川口の内野安打と代打原田寛樹(法3)が四球を選んだことで、無死一、二塁とチャンスを広げる。続くのは昨日からここまで無安打と決して本調子とは言えない舩曳海(キャ2)。「三振以外なら何でもいい」。追い込まれながらも、思いきりよく振り抜いた打球は右越え適時二塁打。3-2と1点差に迫り、なお無死二、三塁とチャンスが続く。ここで菅野の代打として小林満平(法3)が送り込まれる。開幕スタメンでありながら、本来の力を発揮できず、慶大戦からスタメン落ちに甘んじていた小林。フルカウントから粘りに粘った11球目。まさに意地の一撃というにふさわしい右前適時打を放った。これで3-3の同点とし、無死一、三塁。打線は1番に戻り今日2安打と当たっている相馬がここでも勝負強さを見せ、右中間に適時二塁打。二塁ベース上で、両手を挙げてガッツポーズを見せ、喜びを露わにした。この回一挙4得点、5-3と逆転に成功した。
tati R
8回表、昨日6回無失点と好投した熊谷拓也(キャ4)が連投。だが先頭の郡司に二塁打、清水翔に右安打を放たれると、犠飛で1点返され、5-4。何とか粘り2死二塁の場面、1番河合大樹に安打を打たれ、二塁走者が帰塁を図る。左前に飛んだ打球を左翼手森龍馬(キャ4)が素早く本塁に送球。昨日の最終回を彷彿とさせるようかのような展開だったが、中村浩人(営3)が受け止め捕殺に成功。失点は1に留まり、このまま1点リードを保って法大が勝利をものにした。
crosu R
手に汗握る展開が続き、何度も苦しい場面を迎えたが、投打共に我慢強く凌いだ。またチャンスの場面でも打線が繋がり、勝負強さを見せてくれた。これで1勝1分。勝ち点奪取に向け、明日で勝負を決められるか。泥臭くとも1勝を手にして欲しい。(大平佳奈)

クローズアップ

小林満平 (スタメン落ちの悔しさぶつけた同点打 誰もが待ち望む主軸の復活を)

『代打・小林』。こう告げられると小林満平(法3)は静かに打席へと向かった。

思い出されるのは昨日の12回。2死二塁と勝ち越しの大チャンスの場面。好投を続けていた熊谷の代打として満を辞して登場。しかし空三振と期待に応えることはできなかった。 苦しみ、もがき続けた今季。そこに去年までの小林の姿はない。何度打席に立ってもなかなか安打がでない。打率は1割台と、これまでの活躍が信じられない程の成績に。そしてついに今カードでスタメン落ちとなった。 今日もチームは苦しい展開。7回にその時は訪れた。1点差に迫り、なおも無死二、三塁の場面でバッターボックスには小林。「ファーストストライクから積極的に行こうと思った」との言葉通りしっかりスイング。3ボール1ストライクから6球連続でファールと今季あまり見られなかった粘りを見せる。すると11球目を思い切り引っ張った打球は綺麗に一二塁間を破る同点適時打に。塁上でガッツポーズを見せた小林は本来の輝きを取り戻した表情をしていた。その後チームは逆転。「不調で迷惑をかけた借りはまだ返せていないが、チームに貢献できたよかった」と今日の打撃を振り返った。

小林は「自分が出なくてもチームが勝てば良い」と語った。その言葉は確かに間違っていないのかもしれない。しかし、『好打者・小林満平』は間違いなくチームに不可欠だ。「小林が打ったからチームが勝った」そう言われる日をファンは心待ちにしている。スランプを脱した先にはこれまで以上に強くそして逞しくなった小林がいるであろう。慶大戦の勝ち点獲得、そして誰もが待ち望む歓喜の瞬間に向かって。満平の第2章はここから始まっていく。(石川大悟)

clouseup R

 監督・選手コメント

青木久典 監督

ー見事勝利することが出来ました
 この勝ちがチームにとっては大きいです。1点差のゲームをものに出来たことはチームが強くなる要因だと思います。

ー先発の菅野投手が7回3失点の粘投をみせました
欲を言うのであれば、彼ぐらいのキャリアであれば、初回からバシッとチームの流れが来るような投球をしてほしいですけど、悪いなりにも3点でしっかり抑えてくれて立て直してくれたのはありがたかったですね。

ー明大2回戦に続き、7回が鍵を握るイニングとなりました
 そこが一つのポイントだと思いますね。打者も岩見君だったので、マウンドに行って「この打者で代えるから、目一杯行け」と話しました。

ー菅野投手だからこその続投だったのでしょうか

 次に行く投手があの展開では、我々の駒でいないのが現状なので、まずは彼に行ってもらおうと思いました。「自分で蒔いた種はしっかり刈ってこい」とも話しましたね。

ー岩見選手を大ピンチで抑えたことはバッテリーにとっても大きな成長になったと思います

 そうですね。昨日今日と彼が中々力を発揮できないのは、そういうバッテリーが頑張って抑えてくれたからだと思います。

ー7回は代走と代打を送るなど、勝負の采配をされましたが

 その前から自分の中でのプランがありましたので、まず川口が出たら代走を出てプレッシャーをかけて、追う展開で一発のある打者を送りました。

ー守備の要の選手を代えることは相当な決断だったと思います

 確かに勇気のいるところですからね。でも負けている訳ですから、守りに入っても行けないですし、攻撃どころだなと。代わりの野手も用意してますので、それは勝ちにいく為に代えました。

ー舩曳選手の適時打から逆転劇が始まりました

 8番に置いてますけど、本当に勝負強さを持ってますから。いい所で打ってくれたと思います。

ー舩曳選手の勝負強さはどこからきてると思いますか

 天然なところじゃないでしょうか(笑)。動じないですしね。

ー代打の小林選手も期待に応える同点打を放ちました

 やっと応えてくれたかなと。彼に望むものは高いので、厳しく言うなら打ってくれて当たり前だと思いますね。

ー昨日よりも打撃で改善した点は

今日午前中バッティングを見ましたけど、ちょっとバットの角度がね、気になったところだったので。彼の本当にいいときはバットが肩の上からスパンと出るときなので。トップの形のところで一言だけ言いました。

ーこの一打でまた復調の兆しをみせたと思います

 ヒット1本で180度変わりますから、復調してくると思います。

ー相馬選手の決勝打については

 彼に関してはやっぱり思い切りがいいですからね。勝負根性が素晴らしい選手なんで、よくあそこで打ってくれたと思います。

ー昨日の無安打から見事に修正しました

 並の選手だと、暗くなって中々バットを出せないことになりますが、彼は逆に思い切りがいいですからね。それがいい結果に繋がると思います。また本当に自分なりに納得するまで、素振りをしているところが彼の強さなのではないでしょうか。

ー熊谷選手は昨日の疲れもある中でも辛うじて1点差に抑えました

  2点差だと言えども、中々そんなに上手くはいかないと思いますけど、よく踏ん張ってくれましたよ。

ー再び見事なバックホームがありました

 昨日に続きビックプレーですね。ああやって守り勝つことを春先から言ってきましたけど、森と清水(雄二,法4)がね、送球がしっかり決まるまで練習後も外野手集めてやってきましたし、そういった物がワンプレーに出てきたと思いますね。

ー最後は絶好調の郡司選手を見事に三振に抑えました

 あそこで、1番調子のいい郡司君を三振に取れたのが評価するところじゃないでしょうか。

ー最後に明日への意気込みをお願いします

 ワンチャンスをものに出来て勢いをつけられたと思いますので、そのまま明日勝ちにいきたいと思います。

森龍馬 主将 (無安打も8回に好返球で同点を阻止し、チームを救った)

ー今日見事勝ちましたが、試合を振り返っていかがでしたか
とにかく、勝ててよかったです。

ー昨日は延長で引き分けましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか

しっかり守れたということは良かったですが、昨日に関しては、勝ち試合を勝ち切れなかったという反省も含めて話を昨日は監督からもありましたし、選手全員もそう思っていると思います。

ー8回のバックホームの場面、打球が飛んで来た瞬間どう思われましたか

飛んで来た瞬間というより、来ると思って守っていたので。昨日のこともあったし、とにかく来ると思って守っていたので、アウトに出来て良かったです。

ーバックホームした瞬間、アウトになるという確信はありましたか

いや、ちょっとボールも落ちちゃって、やばいかなって思いました。キャッチャーの中村(浩人)が体を張って処理してくれたので、ほんとに助かりました。

ー明日への意気込みをお願いします
この勢いのままに、2連勝したいと思います。

熊谷拓也 投手 (8回から登板し、失点するもリードを守りきり勝利をもたらす好救援)

―今日の試合を振り返って
今日勝てて、まず勝ててよかったです。

―昨日に続いての連投でしたが疲れなどはありましたか
 いや、特に疲れなどは感じずに投げましたけど。でも、少し被安打が多かったのでそこは反省すべき点かなと思います。

―8回は森選手のバックホームに助けられました
 そうですね。絶対刺してくれると思ってたので。中村もいいカバーしてくれましたし、阻止できたのですごくありがたいですね。

―8回先頭の郡司選手の二塁打の後、中村浩選手を呼ばれて何かお話をされていました
 しっかり1個アウト取っていこうという話をしていました。

―最後に三振取った後は1回転からのガッツポーズでしたがどんな気持ちでしたか
三振とれて勝てたので、嬉しさが(笑)。別にそんな意識してたわけではないですけど。無意識ですね。

―明日も登板の可能性もありますが
 そうですね、今日は打たれて点数も取られてしまったので。明日最後ピシャッと抑えられるように、しっかりと今日休んで明日に備えます。

―明日への意気込みをお願いします
明日は0点に抑えます。

菅野秀哉 投手 (7回3失点の好投で2勝目)

 ー今日の試合を振り返って
勝てたのは一番良かったかなと思うのですが、自分のピッチングがあまり良くなかったので、自分のピッチングを反省していきたいです。

ー反省点とは具体的にどういう部分ですか
初回に点数取られたり、甘いボールがいって、ヒットを打たれたりというところがあったので、そこはしっかり反省して集中していかなくてはいけないなと思いました。

ー柳町選手から昨日は安打、今日は二塁打を打たれましたが
甘めに入ったボールだったので、そこはしっかり反省していかなくてはいけないなと思いました。

ー初回に失点した後、どのように立て直しましたか
力んでいた部分があったので、そこはリラックスして自分の投球が出来るように色々考えてやっていました。

ー7回二死満塁の場面、岩見選手を三振で打ち取りましたが
最後のボールはカットボールです。甘めに入ったのですが、低めにいったので良かったと思いました。

ー7回9安打という内容について
初回から打たれて、球数も投げていたので自分も結構しんどくて、でもしっかり粘れたのは良かったと思うのですが、もっと失投を無くしていきたいなと思います。

ー7回裏には味方の援護がありました
自分はその回を投げて終わると言われていて、味方がしっかり打ってくれると思っていたので、しっかり応援して、みんなが打ってくれたのでそこは本当に感謝したいです。

ー明日への意気込み
明日も投げるかもしれないのでしっかり準備をして頑張りたいと思います。

小林満平 内野手 (代打で登場し、同点打を放った)

 ー今日の試合を振り返って
序盤はリードを許していて点差もあったのですが、みんなが終盤にチャンスが来ると信じていましたし、菅野が好投してくれたので逆転に繋がったと思います。

ー今カードはスタメン落ちですが
自分より福田の方が良いと監督が判断したので当たり前だと思いますし、それでチームが勝てるならその方が良いので、そこは割り切ってやるしかないと。代打で1本打てれば良いなと思いながらベンチで見ていました。

ー昨日の代打での打席を振り返って
代打だったので初球振れればよかったですけど、振れなくてああいう結果になってしまいました。今日はファーストストライクから積極的に行こうと思っていました。

ー打席に向かった時の心境は
後ろに相馬がいたので、気負うことなく、繋ぐつもりで打席に立ちました。

ー打席では粘りを見せましたが
三振する気はしなかったので、内野フライとかチームの流れを止めるような打撃をしないように心がけました。

ー安打になった時の気持ちは
ずっと打てなくて、バント失敗とかもあって、チームに迷惑をかけていたので、まだ全然借りを返せてはいないですけど、少しはチームに貢献できたかなと思います。

ー不調の原因は
春先からあまり良くはなかったですし、相手も研究してきているので、それを跳ね返すまでの打撃ができていないという感じです。もう一回打撃を見つめ直して、これからは結果を残していきたいです。

ー8回の森選手の守備について
あれは龍馬さんも良く投げましたけど、浩人(中村)がよくカバーしたと思います。ああいうプレーが出るとチームに流れが来ると思うので、すごく大きなプレーだなと思います。

ー明日への意気込みを
明日負けたら意味がないので、チーム全体で今日みたいに粘り強く向かっていけたらなと思います。

相馬優人 内野手 (決勝打を含む3安打2打点の活躍)

ー今日の試合を振り返って
昨日引き分けで終わりましたけど、チーム状態も全然悪くなくてそれで試合にも入れて、序盤はあっちのペースでどうかなと思った部分もありましたけど、それでもチームの雰囲気も落ちなくて最終的にああやってみんなでつないで勝つことができて本当によかったです。

ー接戦を勝ち切れた要因は
 ワンチャンスでチーム一丸となって逆転できたことだと思います。

ー不調だった昨日からどのように調整をしてきましたか
昨日思い切り練習したからといって技術が上がるわけじゃないので、そこはもう気持ちの面でそんなに重く考えないで、今日はチームに貢献しようっていうその思いだけだったんでそれでいい結果になってよかったです。

ー7回のチャンスの場面では、どんな気持ちで打席に入りましたか
 みんながつないでくれたシーンで、また満平(小林)さんが試合に出ていなくて調子悪い中でも粘ってヒットを打ってくれたので、ここはもう絶対打つしかないという思いで打席に入りました。

ーベース上では喜びを爆発していました
 めっちゃうれしかったです。すごいうれしかったです。

ー相馬選手は勝負強いイメージがあります
 そこを売りにしているので、チャンスは好きです。勝負強いと思います。

ー明日に向けての意気込みを
 チームも勢いに乗っていい流れできているので、明日で2連勝して絶対に勝ち点を取りたいと思います。

舩曳海 外野手 (7回の猛攻の口火を切る適時打を放つ)

 ー今日の試合を振り返って
前半、3-1で負けていて流れがあまりいい感じではなかったのですが、7回になんとか繋いで繋いで、原田さんがフォアボールを選んで僕に回してくれたので、なんとかここで1本打ってやろうという気持ちでいった結果が出たのでよかったなと思います。

ー昨日の引き分けを終えてから今日をどういった気持ちで迎えましたか
疲労は多分あるとは思うので、なんとか疲労を残さないようにと。今日はどうかなと思ってましたけど、結構接戦になってしまいました。でも1点差でも勝ったということは明日に繋がると思うので明日も勝ちたいです。

ー7回に見事な二塁打を放ちました
追い込まれていたので、なんとか1本、引っ張って1点、内野ゴロでもいいから三振以外ならあとは何でもいいという気持ちで思い切って振っていこうという気持ちでいきました。自分でも何で打てたのかが分からないですけど、いいところで打てたのでよかったなと思います。

ーその二塁打から勢いづき、連続安打でその回に4点を獲得しました
相馬の二塁打が1番僕の中では大きかったですね。あとは満平さんもスタメンから外れてしまいましたが、いつも一緒に練習をしたりしていたので、あの場面で1本打てたということは自分的にはとても嬉しかったですね。

ー昨日の試合では好守が目立ちましたが、今日の守備を振り返ってみて
今日はあまり際どい打球は飛んできていないんですけど、勘というか、バッターのスイングとかを見て動いたりと、ポジショニングを考えて守備につきました。これからもそのことがいい方向に向かえばいいなと思います。

ー明日に向けて一言お願いします
明日も勝って、優勝はまだあると信じているので、優勝できるように明日も勝ちます!

フォトギャラリー

  • kanno R見事2勝目を挙げた菅野
  • hukuda R今日も安打を放った福田
  • nakayama R中山の安打は得点に繋がらず
  • hunabiki R勝負強さが光る舩曳
  • souma R決勝打を放つ相馬
  • mori R好返球で法大を救った森主将
  • kumagai R2番手で登板した熊谷
  • kuma R連投の疲れもありながら気迫で慶大打線と対峙した
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み