硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 春季リーグ戦 第7週 東大2回戦 菅野圧巻の完封劇!! 森の4打点で6連勝も明大が敗れ終戦・・・

東京六大学野球 春季リーグ戦 第7週 東大2回戦
2017年5月21日(日)
神宮球場

勝てば優勝に望みが残る今日の試合。先発は昨季の東大1回戦で初の完封勝利をあげた菅野。安定した投球で東大打線を4安打に抑え、2度目の完封勝利を果たした。打線も主将森が4打点をあげる活躍。宿敵宮台からもだめ押しの2点をもぎ取った。優勝の可能性は明大が立大に敗れ、惜しくもなくなってしまったものの、今季最後の試合を勝利で締めくくった。

top R
ピンチを抑えてガッツポーズする菅野

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 2 0 0 0 2 4 7 2
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1

(法大)○菅野(3勝)-鎌倉
(東大)●小林(3敗)、宮台-森田
[本塁打]

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (6) 相馬 3 1 0 .333 四球   中飛   中前安   空三振   四球
2 (9)7 4 2 4 .333 投犠   三ゴロ   中前安②   二ゴロ   左中間安②
3 (7) 原田 5 2 0 .500 空三振     右中間二 中前安   二ゴロ   一ゴロ
  9 清水二 0 0 0 .100                  
4 (3) 中山 4 0 0 .292 遊ゴロ     中飛 三ゴロ     捕邪飛 四球
5 (5) 福田 3 0 0 .250   死球   遊ゴロ   四球   一失 三邪飛
6 (4) 川口 2 0 0 .220   投犠   四球   投ゴロ   二ゴロ  
7 (2) 鎌倉 4 1 0 .219   右前安   二ゴロ   中飛   中飛  
8 (8) 舩曳 2 0 0 .229   空三振     死球 四球     中飛
9 (1) 菅野 3 1 0 .111     中飛   投犠 空三振     中前二
    29 7 4 .244                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野 9 127 32 4 8 2 0 1.39
9 127 32 4 8 2 0 3.05

 

ベンチ入りメンバー

10 森(キャ=日大三) 27 中村浩(営3=多良木)  47 中村迅(営1=常総学院)
13 菅野(キャ3=小高工) 2 川口(人3=横浜) 8 清水二(法4=中京大中京)
17 熊谷(キャ4=平塚学園) 3 相馬(営2=健大高崎) 29 舩曳(キャ2=天理)
18 内沢(キャ2=八戸工大一) 4 俵積田(人4=阪南大) 37 中山(人3=履正社)
19 長谷川(経4=聖望学園) 5 原田(法3=春日部共栄) 42 竹之内(営3=法政)
34 柏野(営1=広陵) 6 大崎(法4=智辯学園) 46 村田(人1=横浜)
36 落合(法1=常葉菊川) 7 小林(法3=中京大中京)    
20 鎌倉(法3=日本文理) 23 町田(社4=桐蔭学園)    
22 駒場(文4=鹿沼) 25 福田(人2=大阪桐蔭)    

 

リーグ戦結果(5/21現在)

 立大明大慶大早大法大東大試合勝点勝率
―― ●○ △○●● ●○○ △○○ ○○ 14 8 4 3 .667
○⚫︎ ―― ●● ○○ ●● ○○ 10 5 5 2 .500
△●○○ ○○ ――   △●● ○○ 11 6 3 3 .667
△○●● ●●   ―― ○○ ○○ 10 5 4 2 .556
△●● ○○ △○○ ●● ―― ○○ 12 6 4 3 .600
●● ●● ●● ●● ●● ―― 10 0 10 0 .000
 

戦評

優勝への望みをつなぐために。今季を笑顔で終えるために。法大野球部はただ勝利だけを目指し、東大2回戦に臨んだ。

法大の先発を務めたのは、現在リーグトップの防御率を誇る菅野秀哉(キャ3)。1回、3番山田大成に立ち上がりを捉えられ、いきなり二塁打を打たれてしまう。続く4番楠田創の打球を三塁福田光輝(人2)が捕球エラー。あわや先制を許してしまうかと思われた場面であったが、三塁を飛び出していた山田がタッチアウトに。間一髪、ピンチを凌ぎ初回を終えた。

一方の打線は、なかなか流れを引き寄せることができない。2回、先頭の福田が死球で出塁。6番川口凌(人3)が犠打を決めると、1死二塁で7番鎌倉航(法3)が右前安打を放つ。しかし、二塁走者の福田が本塁憤死。チャンスの芽を摘まれ、先制点獲得とはならなかった。4回には、昨日に引き続き先発出場の原田寛樹(法3)が右中間への鋭い二塁打を放つ。しかし、これも得点には結びつかず。もどかしい展開が続いた。
ded R
そして迎えた5回。ついに試合が動き出す。舩曳海(キャ2)が死球で出塁すると9番菅野の犠打で1死二塁とする。続く1番相馬優人(営2)は初球を中前に運び、 持ち前の勝負強さを発揮。そして、打席には主将森龍馬(キャ4)が。2ボール2ストライクからの6球目、振り抜いた打球は中前安打に。走者2人が生還し、2-0。主将の一振りにスタンドが沸いた。そして、9回にも再び好機がやって来る。9番菅野が中前二塁打の見事なバッティングを披露。1番相馬が四球で出塁し、得点のチャンスでまたも打席には森。「絶対に打ってやる」。強い思いを乗せた打球は左中間へ。この間2点を追加し、点差を4に広げる。主将の意地が勝利を決定的なものにした。そして、菅野は最終回を3人で抑えゲームセット。被安打4、奪三振8の完封勝利を飾った。
mori2 R
第2試合の結果により、優勝の可能性は消滅。出遅れを取り返すことはできなかった。開幕からの4連敗。今季はこのまま終わってしまうのか。絶望感すら漂った。しかし、そこから怒とうの6連勝を見せた法大。「もう負けられない」。そこには確かに部員たちの意識の変化があった。勝ちへの執念、気迫。無念の4連敗は、法大に足りなかった何かを気づかせてくれた。そして今、彼らは確実に「王者復活への道」を歩み始めている。ファンの気持ちは皆同じ。強い法政、王者法政が見たい。悔しさを乗り越えて強くなった戦士たちは目の色を変え、再スタートを切る。(下河辺果歩)

クローズアップ

菅野秀哉 (2季連続で赤門打線を完封 次世代エースが目指すのは"大記録")

「出遅れた部分は本当に申し訳なく思っている」。1年秋から常に2勝以上をあげている菅野秀哉(キャ3)は、今季も先発ローテーションに入ることが期待されていた。しかし、1月頃に腰のケガになり、3月序盤のオープン戦は登板すら叶わず。開幕ローテーション入りは果たせなかった。

 先発復帰をしたのは明大2回戦。チームが負け続けていた中で、7回を4安打無失点という投球で勝利をつかみ、今季チーム初の勝ち点奪取に貢献した。その後も、打たれることがありながらも、順調に勝利を積み重ねる。試合後は毎回「勝てたのが一番よかった」と答える菅野。チームのために投げ続け、気付けば法大にも優勝の可能性が残る段階にまで導いた。  

そして、今日の東大2回戦。勝つことが条件だったが、後の明立2回戦の結果によっては優勝の可能性の残る大事な試合だった。何がなんでも負ける訳にはいかなかった。そこで、先発に登場したのが昨秋の東大1回戦で自身初の完封勝利を果たした菅野。「防御率も1位だったので、完封を狙っていた」と初回から140㌔後半のストレートとチェンジアップを織り交ぜ、東大打線に1イニング2安打以上を許さない投球を披露。そのまま迎えた9回は、最後の打者だった5番田口耕蔵を遊ゴロに仕留め、東大戦2季連続の完封勝利を決めた。

 しかし、2回の完封勝利を果たしても菅野は満足していない。目指すのは相手打線をノーヒットに抑えること。そして、その先にある真の目標である”完全試合”をすること。高い目標ではあるが、ストレートの精度をあげて、今季防御率1.39で3試合勝利をあげた菅野の成長を考えると、必ずしも無理な目標ではないかもしれない。平成28年秋に当時慶大のエースだった加藤拓也(現広島東洋)が成し遂げた以来のノーヒットノーランへ。今、タイトルに一番近い男が、秋へ向けて始動する。(中西陽香)

closeup R

 監督・選手コメント

青木久典 監督

ー勝ち点を取ることが出来ました
 苦しい試合でしたね。

ー先発の菅野投手が見事な完封勝利でした
 本当にいいピッチングをしてくれました。彼がしっかり抑えてくれたお陰で流れを来たと思うし、良かったと思います。真っ直ぐも良かったけど、変化球を低めに決まっていたと思います。

ー冬はけがに苦しみました
 腰と聞くと絶望的に聞こえますけど、彼はやれることをやっていましたからね。気持ちは全然切れてませんでしたから。

ー明大戦から先発復帰して3連勝を飾りました
 選手生命のことを考えるとなかなか序盤は負担があるので、厳しかったですけどその中でも明治戦からよく復活してくれたと思います。

ー完投をしたことで、完全復活を果たしたと思います
 今日の天気のようにスカッとやってくれましたから、完全復活したと思います。

ー昨季とは大幅に防御率が改善されました
 コーチの真木(将樹)とね、二人三脚でやって来たと思いますし、たくさんOBの方からもご指導を頂いていたので、彼自身を成長してきた証ではないでしょうか。

ー打線では、森選手が4打点を挙げました
 最初の2点もそうですし、最後の2点もキャプテンらしいなと。流石キャプテンだなという仕事をしていました。しっかり昨日から修正してくれたと思います。

ー森選手は打率3割をクリアすることが出来ました
 彼も今では思うような仕事をしてくれてますからね。彼自身を嬉しいじゃないですかね。

ー相馬選手も今季で遊撃手の定位置をものにしました
 最初の方はね、大崎(拓也,法4)と競い合わせて最初のスタメンは取れなかったですけど、よくレギュラーを奪いとって自分のものにしたなと思います。

ー相馬選手は勝負強さが光るものがあると思います
 彼の持ってるものが強いですよね。苦労もしているし、野球が本当に人一倍大好きな野球小僧なんでね(笑)。ああいうところで発揮してくれていると思います。

ー今季を振りかえって
 前半の2節が取れなかったのが痛かったですね。1週空いてから、勝ち点を取れたし、慶応の引き分けを除けば連勝だったので。いろんなことを感じながらのリーグ戦だったと思います。

ー後半の6連勝が「王者復活への第一歩」につながると思います
 そうですね。本当にそうなると思っていますし、そういう風なゲーム内容だったと思います。

ー今季のMVPを挙げるとすれば
 投げる方で言ったら、菅野かな。次に長谷川(裕也,経4)ということになるじゃないですかね。打者に関しては日替わりヒーローありますけど、やっぱりチームをここまで引っ張ってきた森だと思います。

ー最後に今季を終えてのファンへの報告をお願いします
 たくさんの人がスタンドに来てくれたことに感謝しております。また次に向けて準備していきたいと思います。

森龍馬 主将 (先制打を放つなど4打点の活躍)

―今日の試合を振り返って
まだまだ法政の野球が昨日今日とできていなかった、反省点の多い試合だったと思います

―チームの雰囲気は
まだ優勝の望みが残っているということで、負けられないというところではありましたけど、まずは1試合1試合全力で戦おうとやっていました

―自身の今日の調子は
昨日からチームに迷惑をかけていて調子がいいとは言えなかったですけど、今日はなんとか打点を挙げて菅野を助けることができてよかったです。

―5回の適時打の場面、打席での心境は
あのときはとにかく芯に当てればなんとかなると信じて、最低で犠牲フライ、とにかく1点でも取れればと打席に入りました。

―打ったボールは
どのボールかはちょっと覚えてないですけど、打った瞬間は抜けてくれという気持ちでした。

―9回の適時打の場面では
同じような気持ちで打席に入りました。宮台投手に昨日から抑えられていたので絶対に打ってやるという気持ちはありました。

―打った球は
ストレートだったと思います。打った瞬間にヒットだと思いました。

―これまで負傷に苦しんだなかで、今季は初めてリーグ戦で規定打席をクリア、打率3割にも到達しました。今季の自身のプレーを振り返って
全力でやった結果としてこうなっているのですけど、リーグ戦の中盤ですごく調子がよかったということもありますし、皆さんの応援もあったお陰でこのような結果を残すことができました。秋はもっと活躍できるようにがんばります。

―主将として今季のチーム全体を振り返って
序盤は苦しい展開ではありましたけど、明治戦以降はとにかく1戦1戦全力で戦うということが六大学野球の使命だということで、1戦1戦目の前の相手に対して全力で戦ってきました。

―最後にファンへのメッセージをお願いします
今季も序盤から不甲斐ない結果を残してしまってほんとに申し訳ない気持ちではありますが、秋もありますので、これからも応援よろしくお願いします。

鎌倉航 捕手 (スタメン復帰を果たすと、1安打を放ち菅野の完封劇をアシストした)

―今日の試合を振り返って
前半なかなか点が取れず、チャンスでも自分が打てずにとても苦しい試合でした。

ー今日は菅野選手とのバッテリーでしたが試合前にどんな話を
相手を意識しすぎずに自分たちができることをしっかりやろうというこという声をかけました。

―スライダー多めの配球になったことについて
菅野の真っ直ぐは走っていたけど、高めに浮いたり自分の思い通り投げられていなかったので、スライダーを多く投げさせて修正しました。なんとか踏ん張ってもらえたので良かったです。

―6回の2死一、二塁で楠田選手を迎えたピンチについて
前のバッターを歩かせて4番の楠田さんで勝負することも頭にあったので僕らは焦ることなく自信をもって勝負しました。

―完封をした菅野選手について
あのピッチングをしてくれるとチームも助かりますし、抑えてくれた菅野に感謝します。自分も落ち着いてプレーすることができました。

―自身の打撃の調子は
慶應戦からあまり状態が良くなかったのですが、今日はなんとか食らいついて1打席目にヒットを打ててよかったです。

―シーズンを通じてチームの正捕手として出場きて感じたものは
前半戦はやることが多く自分のことでいっぱいになってしまいパスボールなどミスをしてしまったけど、中盤戦は、失うものは無いという気持ちをもってプレイすることにしました。練習をたくさんしてきたという自負もありましたね。

―今季を通したチームの変化はありますか
開幕から連敗したけど、そこからは良い意味で開き直ってプレイできました。メンバー外の4年生をにもたくさん練習で支えてもらえたことはとても有難く感謝しています。なんとか結果を出して恩返しがしたいという気持ちが強かったです。

―ファンの方へメッセージをお願いします
なかなか勝てない中でたくさんの人に応援してもらえて、本当に力になりました。なんとかここまで来れたので、秋こそはぶっちぎりで優勝します。多くのファンの方々に球場へ足を運んでいただけたら嬉しいです。

菅野秀哉 投手 (9回4安打8奪三振で3勝目を飾った)

―今日の試合を振り返って
勝ちきれたのが一番良かったと思います。

―今季は腰のケガもあって出遅れたシーズンとなりました
出遅れた部分は本当に申し訳なく思ってますけど、後半から自分のピッチングがしっかりできたのでよかったかなと思っています。

―どのように調整されましたか
3月くらいまでは、ほぼ何もしてなかったですけど、3月中旬から投げ込んだりしっかり調整してきました。

―後半から先発起用されて、期待に応える結果になりました
しっかり3勝できたのはよかったですけど、開幕戦からしっかり先発していきたいなと思います。

―今日は昨季の東大1回戦に続く完封勝利となりました
ずっと防御率1位で、狙っていた部分があったので、完封できてよかったです。

―9回には宮台選手から二塁打を打ちました
あれはたまたまですね。まだ1本も打っていなかったので、1本くらい打ちたいなと思って打席に立ちました。

―前回の完封の時はご自分の投球を「60点」と仰っていましたが、今日は何点ですか
今日も60点くらいですかね。甘いボールが結構あったので、要所要所でいい球がいっただけなので、あんまり点数は高くないですね。

―甘い球がいったとは言いながらも被安打4ですが
その4安打をもう少し減らしていければいいなと思っています。

―ノーヒットを目指すということですね
そうですね。本当は完全試合を狙ってますけど、無理っぽいですね(笑)。

―昨年はカーブが多かった印象ですが、今年は落ちる球が多い印象です
チェンジアップですね。チェンジアップをずっと投げてて。チェンジアップは投げてて楽なので、それがよかったですね。

―オフの間にストレートの精度を上げたということですが、成果は出ている実感はありますか
低めにいい球がいくことがあるので、そこは成果が出ているかなという気はします。

―最優秀防御率の可能性も十分にあります
そうですね。とれたらいいなと思いますね。

―最後にシーズン通して応援してくださったファンの方々へメッセージをお願いします
秋も、しっかり個人的に5勝して優勝できるように頑張りたいと思っているので応援よろしくお願いします。

中山翔太 外野手 (全試合4番で先発出場)

ー今日は暑い中のゲームでしたが、コンディションはいかがでしたか
良かったです。暑いのはいつも感じないです。

ー6連勝を狙う試合でしたが、チームの雰囲気はいかがでしたか
いつも通り良かったです。

ー3打席目はチャンスで回りました。直前で投手が宮台投手に変わりましたが、気持ちの変化はありましたか
別に、特に何ともなかったです。監督からはリラックスしていつも通りいけと言われました。

ー結果は三ゴロでしたが、その打席の反省点などあれば教えてください
これからチャンスで打っていくというのが課題になりました。

ー堅実な一塁の守備が目立ちますが、その要因は
逆に何も意識していないというのが良い結果になっているかもしれないです。

ー今日は森主将が全打点を挙げる活躍でした
やっぱりさすがですね。しっかりプレーで引っ張っているというか、私生活でも引っ張っている点がすごいと思います。

ー菅野投手が完封しましたが、その投球をどう見ていましたか
彼もさすがですね。試合を重ねるにつれて調子が良くなったので、今日の投球は安心感がありました。

ー6連勝を収めましたが、4連敗から変わったきっかけは何かありましたか
負けても開き直って、しっかり自分たちのプレーをやろうというのが、結果的に良かったかなと思います。

ー中山選手自身のプレーで今季良かった点はどこにありますか
個人的には全然ないです。チャンスでの1本が出ないとか、自分の間合いで打てずに相手に合わせてしまった時があって、課題がいっぱいわかったので。秋リーグまでにそれを克服していけたらなと思います。

ー本塁打の数については
全然ダメですね。やっぱり最低5本以上は打たないと。

ー最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします
秋は完全優勝できるように頑張るので、これからも応援よろしくお願いします。

原田寛樹 内野手 (連日の先発起用でマルチ安打を放つ)

 ―今日の試合を振り返って
 絶対勝たなきゃいけないという中で、先制点も5回に取れて。先制はできましたけど、もうちょっと大差というか点差をつけて勝たなきゃいけない試合だったので、チームとしては得点力をもうちょっと上げたほうがいいのと、個人としては、初回のチャンスでタイムリーをなんとか出したかったですけど、三振しちゃったのでそこが心残りですね。

―今日は2安打という結果でしたが、どんな意識で打席に入りましたか
狙い球をしっかり絞って、それをミスショットしないで仕留めるという気持ちで入りました。3打席目は追い込まれていたので、どんな球でも対応出来るように待っていました。

―昨日に続く先発出場でしたが、2試合続けて結果を残しました
 監督が久し振りに使ってくれたので、期待に応えられて良かったです。

―宮台投手との対戦もありましたが
やっぱ球速かったです(笑)。いい球でしたね。ちょっと詰まって手痛かったです(笑)

―今シーズンは4連敗の後、6連勝で終える事が出来ました
 前半戦終わった中で全員で話し合って、何が足りなかったのかとか、上下関係なく話し合いが出来たので、そこで修正できて。それが良かったと思います。

―チームの雰囲気も良くなっていきましたか
そうですね。秋に繋がる勢いはついたと思います。

―秋に向けての課題や取り組んでいきたいことは
 確実性というか、守備もバッティングもコンスタントに結果が出るような取り組みをしたいです。

相馬優人 内野手 (安打を放ち、高打率で今季を終える)

ー今日の試合を振り返って
とりあえず勝てたのでそこはホッとしました。でももうちょっと点の取れた試合だったので、まだ法政らしくない部分があったかなという気はします。

ー昨日の試合後に、明日に向けて修正が必要だとおっしゃっていましたがその点についてはいかがですか
正直まだ満足できない部分もあると思います。

ー今日は菅野投手の好投もありました
明治戦、慶應戦とピッチャーが本当に粘ってくれていて、今日もああいうピッチングしてくれて野手としては感謝ですし、もうちょっと野手が頑張らないとなって思いました。

ー開幕後の4連敗から一転、6連勝できた要因は
負けられない意識というのが本当は最初からないといけないですけど、4連敗してからさらにこれ以上負けられないという意識が一人一人ちゃんと芽生えて、みんな日々の練習から変わっていったのでそこだと思います。

ー自主練習が増えたということですか
そうですね。あとは全体練習のときに今までよりピリッとした雰囲気でやっていたりとか厳しくなったのはよかったと思います。

ー今季を振り返って
個人的には3割3分3厘という結果で、最初はすごい良かったですけど途中から徐々に打撃の調子が落ちていって、約2ヶ月間戦う体力と調整力がまだまだ足りなかったなと感じます。

ー守備のイメージが強い相馬選手ですが、今季は打撃も光りました
今シーズンはたまたま打てたかもしれないですけど、本当は守備と走塁の方なんでこれから警戒もされてくると思うので、その中でもしっかり結果出して打てるような選手になっていきたいです。

ー応援してくれたファンのみなさんへメッセージを
後半の戦い見てくれたらわかると思いますけど、普通にやっていれば正直全部勝てた試合だと思うのでそういう部分では情けない試合をしてしまって申し訳ないという気持ちもありますけど、後半こうやって勝てるようになって秋の優勝も見えて来たと思うので、秋ももう一度応援よろしくお願いします。

ーこれからに向けての意気込みを
とりあえず勝つだけですね。優勝しか見ていないので、絶対優勝したいです。

フォトギャラリー

  • kannostand R3連勝を飾った菅野
  • kamakura R鎌倉は安打を放つも適時打とはならなかった
  • harada R連日のスタメン起用に応えた原田
  • souma R相馬は自身初の打率3割をクリアした
  • mori R先制打を放つ森
  • harada2 R原田はリーグ戦初のマルチ安打となった
  • kannobat R最後の打席で今季初安打を放った菅野
  • benti Rベンチには負傷離脱となった大西千のユニフォームが掲げられた
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み