硬式野球

【硬式野球】秋季リーグ開幕直前特集 第10回 ~打線の中核を担う3年野手編①~


2017年9月6日(木)
法政大学野球部合宿所

最後に法大がリーグ戦を制したのは12年の秋。現在のチームにその歓喜を知る選手はいない。3位に終わった春の悔しさを胸に過ごした3か月。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第10回は川口凌、小林満平、中山翔太、向山基生の4人。法大の攻守の要を担う彼らに今季の意気込みを語っていただいた。

nakayama800 R
4番としての風格が漂ってきた中山

選手インタビュー

 川口凌 内野手

ー昨季を振り返って
チームが開幕から4連敗して、オープン戦が良かっただけにどんよりした雰囲気になってしまいましたけど、その直後に選手だけでミーティングをして。それで何かが変わって6連勝することができたので、良い終わり方ができたのではないかと思います。

ーオープン戦を振り返って
入学してから今までの中で一番勝てているので、チーム力がついてきているんだと思います。

ー夏に重点的に取り組んだことは
何をしたというのではなくて、考えて野球をするということを心掛けました。

ーこの夏に新たに出来た課題、収穫できたことは
練習から考えてプレーすることによって場面に応じた対応力や柔軟性が身についたかなと思います。

ー次期キャプテンとしての呼び声も高いですが、ご自身の考えを聞かせてください
まだやると決まったわけではないですけど、4年生になったら自分たちが引っ張っていかなければならない立場になるので、今から引っ張っていけるようなプレーや言動などいろいろな姿でリーダー的な所を見せていきたいです。

ー今季で4年生と一緒にプレーするのは最後になります
入学したときから常に近くにいていろいろなことを教えてくださった先輩なので最後は必ず優勝という形で卒業していってもらいたいので4年生のためにも頑張ります。

ー森(龍馬,キャ4)主将のこのチームはどんなチームだったと言えますか
森さんをはじめ、幹部の方々が中心となって言うところはしっかり言ってくれたので、僕たちもしっかり動くことができたと思います。

ー今季の目標は
取り敢えず勝つことですね。優勝することしか頭にないので。

ー個人として取りたいタイトルや目標は
ベストナインとか個人的にいろいろ取りたいものはありますけど、いかに勝利に貢献できるか、例えば打点であったりチームを助ける守備であったり、そういうところで勝ちに強くこだわったプレーをしたいです。

ーオープン戦を通じても守備にはかなりの安定感がありました。守備に対する意識を聞かせてください
バッターによってポジショニングを変えたり、打球に応じたプレーを頭の中で事前にイメージして、いざ打球が飛んできたら感覚というか本能でプレーしているという感じです。

ー開幕まで残り少なくなりました
開幕が近いというのはありますけど、まだまだ野球人生は続いていきますし、調整というよりしっかり鍛錬していきたいです。

ー優勝への意気込みを聞かせてください
4年生はまだ1回も優勝していないので、このまま卒業させるわけにはいかないので、何としてでも優勝して送り出して、来年以降にもつなげていきたいと思います。

(取材:湯浅駿)

kawaguti R

川口凌(かわぐち・りょう)
人間環境学部3年 1996年10月1日生まれ
東京都出身・横浜
168cm 68kg   右投左打
安定感抜群の守備を誇り、広角に打ち分ける打撃も魅力の内野手。持ち前のリーダーシップを発揮し、攻守でチームを引っ張り勝利へ導く。

小林満平 内野手

ー現在のコンディションはいかがですか
たくさん試合には出させてもらっているのですが、なかなか自分の思うようなバッティングが出来ていなくて。でも春は守備から自分のリズムを崩したので、あまり打撃の方は気にせずにずっと守備練習を夏の間はずっとやってきたので、あまりバッティングの方は気にしてないと言ったら嘘になりますが守備と走塁を重点に置いて夏はやってきましたね。

ー重点に置いた結果としてはいかがですか
守備は自信を持ってライトとかセカンドのポジションにつけるようになったことが自分の中では大きいですね。打てていても守れなかったらチームの勝敗に直結してしまうことがとても多いので、守備から崩れないようにということは意識してやってるので、今のところはそこはうまく出来ているかなと思います。

ー改めて昨季を振り返ると
色んな周りからの期待もあって、その期待に応えようとしすぎた部分が崩れた原因かなと思っていて。周りの意見とか周りの期待とかにも応えないといけないと思いますけど、まずは自分のプレーをしっかりやらなきゃ結果はついてこないかなというのは春改めて強く感じました。

ーいい意味で学べたシーズンでもありましたか
この春をいい意味で学べたと後から思えるようにするためには残り3シーズン、ちゃんと結果を出さないといけないと思うので、この春のシーズンが後々になってよかったなと振り返ることができるようなシーズンにしたいなと思います。

ー合宿でここを成長して帰ってこようというような目標はありましたか
今年、川口が北海道キャンプに参加していないということもあって、JR東日本やトヨタなど強いチームとたくさんやりましたけど、そこではずっとセカンドのポジションで出させてもらっていて、守りはミスなくということはずっと決めていて。打つ方は全然出来なかったんですけど、守りはエラー0で。土のグラウンドですごく難しかったですけど、そこは手応えのあった部分でもあり、そこが1番合宿では目標にしましたね。

ー二塁手というポジションでの手応えはいかがですか
今季は周りの調子もいいということもあって、最初は多分スタートでは出られないかなというのはありますけど、チャンスを貰ったところでしっかり結果を出してもう1度試合に出れるようにしたいなと思っていますし、与えられたチャンスでしっかり結果を出せるように、スタメンの時とは変わらない準備をしていきたいなと思います。

ーやはり上級生として意識や気持ちの変化はあったのでしょうか
意識の面で変わったことが良くなかったと言ったらあれですが、自分が打たないといけないとか自分のバッティングでチームを勝たせたいとかそういうことは、結果論として僕のバッティングで勝てばいいわけで、先に考えることではないのに先に考えてしまって。それが良くなかったんだと思いますし、そういうことを考えても結果を出せるだけの実力が今の自分には無かったので、全部を見つめ直して頑張ろうと思います。

ー4年生はこのシーズンで引退ですが特にお世話になった先輩は 今の4年生にはたくさん可愛がってもらって、特に大崎(拓也,法4)さんであったり俵積田(健人,人4)さんだったりは3年間一緒に内野で頑張ってきたと思っているのでその2人には本当にお世話になったと思っていますし、個人的には清水(雄二,法4)さんと6年間一緒に野球をやった集大成というか、一緒に野球ができる最後のチャンスなので、一緒に喜びを分かち合いたいなというのは雄二さんだけではないですけど、雄二さんは特にそういう思いがあります。

ー先輩方にはどうやって恩返しをしたいですか
前はスタメンとかでずっと出させてもらっていたので、レギュラーとしての見られ方をしていたと思いますけど、この秋、多分出れないことも普通にあると思うのでそういう時でもしっかり自分の準備をして、代打とか代走とか、守備からの出番でも自分のやれるべきことをやって、「あいつ成長したな」と思ってもらえるようにしたいと思いますね。

ー高校の後輩の佐藤勇基(法1)選手も入学しましたが印象はいかがですか
僕が高校3年生の時の1年生なので、当事から守備は上手くていい選手だなと思っていたんですけど、多分あいつも大学に入ってレベルの高さを感じて今頑張っているところだと思うので、来年のうちに1回は二遊間を守れたら嬉しいなと思いますね。とても頑張っています。

ー今季はどういったシーズンにしたいですか
自分の結果は二の次で、チームが勝つために貢献できればいいなと思うので、自分の結果よりもチームの優勝を1番に考えてプレーしたいなと思いますし、何としてもこの秋勝ちたいという思いが強いです。

ーファンの皆さんに一言お願いします
長い間優勝できていないですし、夏のオープン戦の結果だったりを見てくれている方は大分秋に期待をしてくれていると思うので、その期待に結果で応えられるように、チーム一丸となって準備だったり相手の研究だったりそういったことも全部抜かりなく、勝つために全てのことをやっていきたいなと思いますので、応援よろしくお願いします。

(取材:山口有沙)

kobayasi R

小林満平(こばやし・まんぺい)
法学部3年 1996年11月8日生まれ
愛知県出身・中京大中京
174cm76kg 右投左打
走攻守全てにおいてバランスのよい内野手。2年春には打率リーグ2位,ベストナインに輝いたものの、昨季はスタメン落ちも。今季は気持ち新たに「自分のプレー」を大切に、与えられたチャンスを確実にものに再出発する。

中山翔太 内野手

―昨季を振り返ってどういったシーズンでしたか
デビューして2シーズン目で本当の実力が色々試されたかなと思ったので、ボチボチです。良かったところはあんまりないですね。打てない試合もあったので、僕が打ったらもう少し楽になったかなという試合もあったので、そういう場面でしっかり打てるようにしたいです。

―思い悩んだりすることはシーズン中にありましたか
ないです。

 ―チームは3位になりましたがそれについていかがですか
あんまり良くないですね。優勝をできる力があるので、優勝したかったです。

―4番に定着されてチームを引っ張っていく存在ですが、四番の役割について感じることはありますか
野球以外にも4番っていうのは、存在で引っ張っていくというか自分が弱い姿を見せたらチームも悪い方向に行ってしまうので、どんな時でも自分が引っ張っていくというそういう風に思っています。

―昨季で印象に残っている場面はありますか
慶大1回戦の清水(雄二)さんのレフトからのバックホームの試合です。

―ご自身のプレーで印象に残る試合はありましたか
明大戦で三塁手の福田(光輝、人2)の送球を、ワンバウンドの難しい球だったんですけど、それを上手く捕ったというプレーです。

―夏合宿や普段の練習で、昨季が終了してから重点を置いている練習などはありますか
体づくりをもっと意識を高めてやったことと、バッティングで下半身の使い方を意識していったことです。

―西武2軍とのオープン戦で、プロと対戦して感じたことなどありましたか
プロはみんな上手いんですけど、普通に勝てるかなと思います(笑)。そんなにプロと比べても自分は劣っていないかなと思います。

―同級生の高橋光成選手との対戦もありましたが
大学生より凄い球を投げていたんですけど…。そんなです。まあまあです(笑)。

―プロの方からもスイングなど評価されていましたがどう感じられますか
嬉しいですけど、それであんまり満足はしたくないです。それだけで終わりではなくて、その人たちからスゲェなって言われるくらいじゃないと、評価だけだったらまだ負けている感じがするので。「勝てないわ」くらいまで言ってもらうくらいじゃないと満足できないです。

―オープン戦でプレーしてきて、ここを開幕までに調整していきたいというところはありますか
盗塁ですかね。これからは走れるっていうところを見せたいです。やっぱりもっと走れたら相手チームの脅威になれるかなと思うので、今そこを練習しています。

―ここまでのご自身の調子などはいかがですか
調子があんまり良くなくても打てているので、技術的に向上しているかなと思います。

―最近されている筋トレはありますか
下半身ですね。下半身のトレーニングを意識して、前にメニューをちょっと変えてやってみたら結構バッティングも良くなっていったので、成果が出ているかなと思います。

―一塁送球の際に、内野安打になりそうな場面も中山選手の華麗な股割によってアウトになることが非常に多いと感じるのですが、ストレッチなど心がけていることは
中学校の時からストレッチの専門の所に通ってたんですよ。それで大分柔らかくなったと思います。今もストレッチは続けてやっています。ストレッチをすることによってケガもなくなっていると思います。

―中山選手の母校、履正社高校でこの夏の甲子園を沸かせた安田(尚憲)選手の活躍を見て、同じスラッガーとしてどう感じましたか
凄いと思いました。確実に一球で仕留めるというところが、良いバッターだと思いました。

―ご自身も高校時代のことを思い出したりはしましたか
そうですね。僕はそんなに捕らえ切れてはいなかったので、高校生で捕らえ切れるというのは凄いなと思いました。

―今季で対戦したい選手はいますか
強いて言うなら立大の田中(誠也)です。去年は抑えられてしまったので。

―監督から開幕に向けてどんなお話をされていますか
監督は結構信頼してくれているので、いつも通りの感じでって言われています。

―最近のチーム全体の雰囲気はいかがですか
皆、勝ちに貪欲になっているというか、同じ方向を向いていると思います。

―中山選手が期待している後輩選手はいますか
毛利(元哉、法2)ですかね。バッティングは良いので、気持ちの面でもうちょっと負けん気を出していってほしいです。

―4年生の先輩方がラストシーズンとなりますが、どういう気持ちで送り出したいですか
「完全優勝」で10連勝して、最高な形で送りたいです。

―チーム全体の課題としてはどういったところが挙げられますか
1点取ってからの2点目が春リーグでは取れていなかったので、1イニングでの大量点とか、そういうところですね。

―今季のご自身の目標としては
3割5分、ホームラン6本で、打点15以上を目指したいです。

―今季の意気込みとメッセージをお願いします
全部の試合を余裕で勝って、見ていて気持ち良くなるくらいの試合をするので応援をよろしくお願いします。

(取材:岡崎祐平)

 nakayama R

中山翔太(なかやま・しょうた)
人間環境学部3年  1996年9月22日生まれ
大阪府出身 履正社
185㎝90㎏ 右投右打
2年秋から頭角を現し、いまやスラッガーとして法大には無くてはならない存在となった。プロをも圧倒する豪快なフルスイングから放たれる打球は、綺麗な弧を描きスタンドへ。法大の頼れる4番打者は、熱き闘志を胸に法大10季ぶりの優勝を呼び込む。

向山基生 内野手

ー現在の状態は
 いつも通りです。普通です。これから上がっていけばいいと思います。

ーオープン戦については
春に比べて強い相手に接戦で勝てたりして、勝ち癖がついてるので、チーム状態的にはすごいいいと思います。

ー昨季は故障に泣きました
開幕の10日前ぐらいにけがしました。春のシーズン頑張ると考えてたことだったので、多少のショックはありました。

ー復帰してからは
3ヶ月バット振れなかったので、なかなか思うようにはいかなかったですけど、実戦を経験させてもらううちに、いつも通りになってきたと思います。

ー北海道キャンプを振り返って
 投手のレベルも高かったですし、その中でいい試合が出来たので、キャンプのときにチーム力が高くなったと実感しました。

ー今季の目標は
まずはどんな形でもいいのて、勝ち点を取って優勝することですね。個人的な目標はないですけど、勝負どころとか、チームを勢いづけられるように出来たらと思います。

ーオープン戦では中堅の守備にもついていますが
あんまり今までやってきたポジションではないですけど、それでもやっていかなきゃいけないですし、これからもたくさん練習して、完璧に守れるようになりたいと思います。

ー期待する選手は
 毛利ですね。元々バッテイングはいいですし、このリーグでなんとか結果を残したら打線の厚みも増すので、良くなると思います。

ー4年生とは最後のシーズンとなります
学年も1つ違いで、とてもお世話になってるので優勝できればどんな形でもいいので、打ちたいと思います。

ー今季に向けての意気込みは
 まずは優勝したいですね。それだけです。

ー最後にファンへのメッセージをお願いします
 なかなか優勝しますと言って出来てないですけど、今年はいつも以上に自信があるチームなので、絶対に優勝します。

(取材:渡辺拓海)

mukoyama R

向山基生(むこやま・もとき)
経営学部3年 1996年7月5日生まれ
東京都出身・法政二
183㎝74㎏ 右投右打
チーム一番の安定感を誇る天才打者。昨季は主軸としての活躍を期待されるも開幕直前に手首を骨折し、シーズンを棒に振った。再起を期す今季は持ち前の勝負強さを武器に中山と共に強力打線を形成する。

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み