硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 明大1回戦 菅野まさかの7失点KO... 拙攻が響き宿敵に手痛い黒星発進

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 明大1回戦
2017年9月16日(土)
神宮球場

宿敵明大を破り勢いに乗りたい法大。初回にリーグ戦初出場の3番毛利が先制打を放つも、先発菅野が7回途中7失点の背信投球。打線は明大エース斉藤に11安打を放つも、残塁の山を積み重ねてわずか4得点止まり。「血の法明戦」第1ラウンドは明大に軍配が上がった。

top R
戦況を見守る法大ナイン

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 1 0 2 0 0 0 0 1 0 4 11 0
明 大 1 3 0 0 0 1 3 0 0 8 12 1

(法大)⚫︎菅野(1敗)、柏野、落合ー中村浩、鎌倉
(明大)◯斉藤(2勝)、水野ー橋本
[本塁打] 高瀬1号2ラン(7回、柏野)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (9) 向山 4 2 1 .500 右前安 遊ゴロ   二ゴロ   左前安   中犠飛①  
2 (6) 相馬 4 1 0 .250 投犠失   左前安   右飛 空三振   遊ゴロ  
3 (7) 毛利 5 2 1 .400 左前安①   左翼線二   空三振   二ゴロ   左飛
4 (3) 中山 5 1 1 .200 空三振   遊ゴロ①   左前安   空三振   三ゴロ
5 (5) 福田 3 1 1 .333 二飛   中前安①   死球   四球   二ゴロ
6 (4) 川口 5 0 0 .000 二ゴロ   投併殺   二ゴロ   見三振    
  2 鎌倉 0 0 0 ---                  
7 (8) 舩曳 4 2 0 .500   二ゴロ   二ゴロ   中前安   右中間二  
8 (2) 中村浩 3 1 0 .333   左前安   投ゴロ   捕飛      
  4 小林 0 0 0 ---               死球  
9 (1) 菅野 2 1 0 .500   空三振   左前安   四球      
  1 柏野 0 0 0 ---                  
  H 西山 0 0 0 ---                  
  H 町田 1 0 0 .000               二ゴロ   
  1 落合 0 0  0 ---                  
    35 11 4 .314                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野 6 0/3 98 32 11 2 4 7 10.50
柏野 1 12 4 1 1 0 1 9.00
落合 1 18 4 0 0 1 0 0.00
9 128 40 12 3 5 8 8.00

 

ベンチ入りメンバー

10 森(キャ4=日大三) 27 中村浩(営3=多良木) 25 福田(人2=大阪桐蔭)
11 柏野(営1=広陵) 32 宮崎(法2=宇部商) 36 西山(法2=市和歌山)
13 菅野(キャ3=小高工) 2 川口(人3=横浜) 8 清水二(法4=中京大中京)
14 朝山(法2=作新学院) 3 相馬(営2=健大高崎) 29 舩曳(キャ2=天理)
15 落合(法1=常葉菊川) 4 俵積田(人4=阪南大) 31 毛利(法2=愛工大名電)
17  熊谷(キャ4=平塚学園) 6 大崎(法4=智辯学園) 33 斉藤卓(社3=大宮西)
18 内沢(キャ2=八戸工大一) 7 小林(法3=中京大中京 37 中山(人3=履正社)
19 長谷川(経4=聖望学園) 9 向山(営3=法政二)    
20 鎌倉(法3=日本文理) 23 町田(社4=桐蔭学園)    

 

戦評

10季ぶりの優勝へ。法大の秋の挑戦がついに始まった。開幕戦の相手は先週早大から勝ち点を取った明大。「血の法明戦」を制して勢いをつけたい。

先制点は法大だ。初回、向山基生(営3)が右中間への安打で出塁。さらに相馬優人(営2)が初球をバント。この打球を相手先発のエース左腕・齊藤大将が一塁に送球エラー。一気に無死一、三塁の好機を作ると、リーグ戦初出場の毛利元哉(法2)が追い込まれてから、外に曲がる変化球に何とかバットを合わせる。打球はフラフラと上がり、風の影響を受けると遊撃手の後方にポトリと落ちるラッキーな適時打。1点を先制する。しかし、法大先発の菅野秀哉(キャ3)がリードを守れない。1、2番打者に連続長短打を許し、無死二、三塁のピンチを招くと、3番渡辺佳明に中犠飛を打たれ、簡単に同点にされる。2回は一死後から連打を許し一、二塁のピンチを招くと1番竹村春樹、2番添田真海にともに変化球を捉えられる連続適時打を許し、3点を勝ち越される。 追いつきたい法大は3回、先頭の相馬が左前安打、毛利が左翼線に落ちる二塁打を放ち、無死二、三塁の好機を作る。中山翔大の(人3)の遊ゴロと5番福田光輝(人2)が低めの球を捉えて二塁手竹村のグラブの横をしぶとく抜く中前適時打を放ち、2点を返す。一気に追い付きたかったが、川口凌(人3)が痛恨の投併殺打。追い付くことが出来ない。 3回から菅野は川口や相馬の好守備に救われ、毎回走者を出すが5回まで無失点に抑える。打線も好機は作るもののあと一本出ないもどかしい展開。両チームとも不安定な両エースを打ち崩せない。

しかし、6回菅野は、二死二塁から2番添田に3本目の左越適時二塁打を浴びる。左翼・毛利が目測を誤ってしまい、再び追加点を許す。さらに、七回に四球からバスターエンドランによる中前適時打を許し降板。大事な初戦で先発の役割を果たせなかった。マウンドに上がったのはルーキーの柏野智也(営1)。これ以上点差をつけられたくなかったが、7番高瀬雄大に内角直球を捉えられると打球は右翼スタンドへ着弾。だめ押しの2ランを浴びる。8回は落合竜杜(法1)が無失点で抑えるが、打線は3回以降、向山の中犠飛による1点のみ。4‐8で敗戦となった。 開幕戦を落とした法大。開幕戦の緊張からか「浮き足立っていたかもしれない」(相馬)と言うように、大事な場面で犠打が決まらなかったり、あと一本が出なかった。昨季では大型連敗を経験してるだけに簡単に連敗で終わるわけにはいかないことは選手たちも重々分かっている。 台風接近により明日は順延。今日までの悪い流れを吹き飛ばす戦いを期待したい。(藤原陸人)

クローズアップ

毛利元哉 (デビュー戦で先制打を含むマルチ安打 若き主砲が踏み出した大きな第一歩)

開幕戦の「3番・左翼」でリーグ戦初先発となった毛利元哉。先制適時打を含む2安打を放ち、チームに貢献した。

「初スタメンで、しかも先攻で初回に打席が回ってくるので緊張していた」と心境を振り返った毛利。チャンスはすぐに訪れた。初回、1番向山の右前安打と相手の失策が絡み無死一、二塁の場面。1ボール1ストライクから3球連続ファールと必死に明大エース、齋藤のボールに食らいつき、そして迎えた6球目。振り抜いた打球は遊撃、添田の頭上を越え、左前に。重要な先制点をもたらした。「自分が先制点を取れたことが嬉しかった」と笑顔で語った。その後の第2打席でも左翼線への二塁打を放ち、存在感を示した。

夏のオープン戦では今季での先発出場を目標に、打撃の調子を常にキープすることを意識して最初の試合から全力で取り組んできた。その努力の成果がこの試合で発揮できたと言えるだろう。自身の持ち味であるバッティングを今日の試合のように存分に生かすことに加え、守備力に磨きがかかれば、し烈な外野手争いを制すことができるに違いない。定位置奪取に向けて突き進む背番号31から今後も目が離せない。(渡辺詩織)

closeup R

 監督・選手コメント

青木久典 監督

ー黒星スタートとなりました
 勝ちにいってましたけどね。流れが来ませんでしたね。

ー先発の菅野投手の大量失点については
そこが誤算でした。彼も経験もありますし、賞を取った訳だからしっかりチームを軌道に乗せる為にもいい立ち上がりをしてくれると思いましたけど、なんかまとめているというか無難にいっている感じがしましたね。

ー落合投手は昨季に比べて落ち着いた投球をみせてました
 落合にしろ柏野も打たれてはしまいましたけど、落合は入りからどっしりといけていたと思います。

ー毛利選手が2安打の活躍をみせましたが
 オープン戦からずっと3番で使っていて、結果を出していた人間なんで、思い切って使いましたけどよく打ってくれたと思います。

ー守備ではミスもありました
 そこがね、プラスマイナスゼロかなと。ああいう展開で、終盤の1点が大きいですからね。ちょっと彼も神宮球場を試合に出ながら勉強してもらえればと思いますけど。

ー今日の打線の評価は
 結果的には打ってますけどね、ここ1本がないですね。そこの意味では下位の打者がもうちょっと奮起してもらいたい。そういう意味では川口かなと思います。

ー森(龍馬,キャ4)主将の状態が心配されます
 本来であれば森が6番ぐらいに収まると、打線に厚みがあるので痛いのですが、状態も良好なので、もうちょっとすれば出てきてくれると思います。

ー先週のオープン戦から流れが悪いように感じます
 悪いと言えば悪いかもしれないですけど、やるべきことはやってきましたし、この1敗で出し切ったということで、月曜日から初戦だと思ってやっていけたらと思いますけどね。

ー明日は空きますが過ごし方については
 コンディションを整えるのと、打線について考え直したいと思います。

ー次戦に向けて
 もう一度仕切り直して、月曜日からしっかりと戦っていきたいと思います。

向山基生 内野手

ー開幕戦であった今日の試合を振り返って
開幕の1戦目を取るつもりでやっていたので、少し残念な気持ちですが、龍馬さんのミーティングにもあったように、もう負けられないのでここから2連勝、切り替えてやっていきたいと思います。

ー復帰から2季ぶりとなるリーグ戦でしたがどう行った気持ちでしたか
神宮に来た瞬間、すごく懐かしい感じがして、緊張というよりかはやってやるぞという気持ちが大きかったので、全然緊張はしなかったです。

ー実際に先発として神宮に立ってみて、リーグ戦の雰囲気はいかがでしたか
やっぱり応援をしてくれている方がたくさんいるので、素晴らしい環境でやらせて頂いてるなという、ありがたい気持ちでいっぱいでしたね。

ー初戦から明大との対戦でしたが
いつもいい試合になるので、逆転されてもまだあるぞということはみんな強く思っていたことなので、明日も明後日も何があるかわからないので、諦めないでやりたいと思います。

ー1番打者でしたが心境はいかがですか
オープン戦からずっと1番だったので、1番でも3番でもどっちでもいいんですけど、与えられたポジション、打順をしっかり考えて動きたいと思います。

ーそんな中初回から安打を放ちました
全打席の中でも初回が1番集中していて。今日は打てたので次の試合からも続けていきたいと思います。

ー8回には犠飛で打点を挙げました
本当はあの場面は犠牲フライではなくて、ヒットでアウトにならないで繋ぎたかったので、悪くはなかったですけど、明日以降また回ってきたら、繋ぐヒットで次に繋げたいと思います。

ー今日の反省点を挙げるとしたらどう行った点でしょうか
突き放されて、負けている時にチーム自体が淡白になりがちなので、そこからもうひと粘りできるようなチームになりたいと思います。

ー元々内野手ということでしたが、外野手には慣れましたか
ここ1年くらいはずっと外野も兼用しているので、自信は持ってやっています。

ー中山(翔太,人3)選手とともに主軸としての活躍が期待されます
やっぱりヒット1本とかでは足りないと思うので、六大学のいいピッチャーを中山と自分でいかに打つかだと思うので、頑張っていきたいですね。

ー次戦に向けて一言お願いします
1回、明日で気持ちをリセットして、ここからは絶対に落とせないので2連勝したいと思います。

相馬優人 内野手

―敗戦となった今日の試合を振り返って
春も初戦落として、出だしを悪くしたので、今回は出だし良くするためにも、「絶対勝とう」と話してたんですが…。勝てなかったのは本当に悔しいです。

―開幕戦への特別な思いは
僕自身開幕スタメンがなかったので、春よりはだいぶ気持ちも入ってましたが、チームとしては、はっきり言って「ちょっと浮き足立ってる部分もあったのかな」と朝から試合前までの印象でした。

―試合前のノック練習ではチーム全体としてミスが多いように見えましたが
浮き足立ってたんじゃないですかね。ふわふわしたまま試合に挑んでしまったんじゃないかなと思います。

―相馬選手ご自身のコンディションについて
僕はバッティングも仕上がってきてるし、守備も良いかなと思うので、結構良いと思います。

―守備の良いプレーが2つあるなど守備でチームを救いましたが
どうにか流れを変えたいと思いました。守備と走塁を期待されてベンチに入ってたので、守備では絶対ミスしてはいけないし、僕の守備でチームに流れを呼びたいと思ったことがあのプレーに繋がりました。

―打撃では先制点に繋がる犠打と左前安打を放ちましたが
春は1番打者だったんですけど、2番になってより繋ぐ意識が強くなりました。その意識が良い結果に繋がってます。

―6回の好機では三振となりましたが
初球は真っ直ぐ来るって分かってましたけど、見逃してしまってそこから後手後手になっちゃいました。気持ちで引いてしまった結果打てなかったと思います。もっと攻めていけば良かったです。

―その打席では自打球が当たりましたが、影響は
(左太ももを見ながら)球の痕があって腫れてますけど、全然大丈夫です。

―明大の齊藤投手の印象について
春は物凄く苦手意識ありましたけど、今日は春に比べて「何でこんな苦手だったのかな」と意外と打てました。

―明大の印象について
1カード目勝ってて、勢いがあって、その勢いに押されてしまいました。

―次戦に向けて
月、火曜日の2試合に勝てるように、まだ2試合あるんだと思うのではなくて、1試合1試合死ぬ気でプレーして、勝ちたいです。

福田光輝 内野手

ー今日の試合を振り返って
最終的に負けてしまったので4年生に今季初勝利をあげたかったですけど残念です。

ー守備の時よく声が出ていましたが
 そんなに二遊間で声を出していくってことがあんまりないんで、せめて一塁と三塁くらいは元気よく盛り上げて次の打撃に移れるようにっていう意識で声出してました。

ー7回に二死にも関わらず盗塁を成功させていましたが
 あれは特にサインとかは出ていなかったです。塁出た時に「あ、いけるかな」ってなんとなく思ったので。あとそんなに流れもよくなかったので、ここで決めたら流れ変わるかなって思いましたね。

ー残塁が多いように思えましたが
夏の練習からずっと5得点するってことを課題にしてやってきたので、今日は少し良くなかったです。チーム全体として出来ていなかったかなってイメージです。あと例え得点を取ったとしても競り合う試合っていうのは絶対にあると思うのでそういった意味で常に5得点できるようにっていう方針ですかね。

ー相手投手の印象は
 あんまり気にせずに自分が挑んでいこうっていう気持ちを大事にして打席立ちました。そうすれば打てるってイメージがあったので。

ー後半には1年生投手の登板もありましたが
1年なので思い切っていけってことと、結構大事な場面だったので先頭打者からしっかり抑えろって声かけました。

ー次戦に向けて一言お願いします
野手はしっかり5得点以上することと、守備もみんなで守っていきます。もう次の試合は負けられないので優勝する為にひとつずつ勝っていきます。

舩曳海 外野手

ー今日の試合を振り返って一言お願いします
悔しいの一言ですね。今まで開幕戦に照準合わせてやってきて、それで負けてしまうというのは悔しいという感じがありますね。

ー初戦を落とす結果となりました
負けてしまったということはもうしょうがないので、これからしっかり切り替えていって、最終的に優勝できるように一戦一戦を戦っていきたいなと思います。

ー舩曳選手自身は開幕スタメンを勝ち取りました
試合の前日でもスタメンかスタメンじゃないか分からない状態だったけど、いつスタメンでも良いくらいの準備はやってきたつもりなので、その準備を毎試合毎試合これからもやっていきたいと思います。

ー点に絡んだ8回の安打は打てるようになったと仰っていた逆方向でした
多分スライダーを打ったと思うんですけど、ずっと左ピッチャーのスライダーを打ててないというのが僕自身あったので、そのスライダーを振りぬけたということは収穫があったんじゃないかなと思います。

ー相手先発は先週好投し調子のよい斉藤選手でしたが、どう攻略していこうと考えていましたか
左ピッチャーだったので、開くイメージはなくして逆方向に強く打つというぐらいのイメージでいきましたね。

ー明日は順延が決まっていますが、明後日に向けどう切り替えていきますか
1日空くのでそこで上手く切り替えられるように、たぶん室内での練習になると思いますけど、月曜日にしっかり結果を出せるように準備していきたいなと思います。

ー月曜日の2回戦に向けて意気込みをお願いします
月曜日は明治も多分、森下(暢仁)が出てくるか、そこは分からないですけど、どんなピッチャーがきてもしっかりいいところで打てるようなバッティングをして勝ちたいと思います。

毛利元哉 外野手

-試合を振り返って
序盤で3点取れたので勝てると思いましたが、結局自分が7回に打球を後逸してしまったのでそれが今日の負けの原因かなと思います。

-リーグ戦初先発でしたが
リーグ戦初スタメンということで緊張していました。先攻で初回に打順が回ってきて、しかもチャンスの場面だったので結構緊張して。なんとかポテンヒットですけど打ててよかったです。

-スタメンを勝ち取るまでに特に頑張ってきたことは
春のオープン戦では結局後半で結果が落ちてしまったので、秋は結果が落ちないように常にキープしようという感じでいました。

-いきなり3番を任せられましたが
監督から3番でいくと言われたので、自分にチャンスの場面で回ってきたら4番の中山さんに繋ぐという意識でいました。

-初回の先制適時打について
自分が先制点を取れたことが嬉しかったです。

-マルチ安打の活躍でした
あまり意識はしていませんが、打てるに越したことはないですね。たくさん打ちたいなという気持ちです。

-明大の先発、齋藤投手は左投手でしたが印象は
齋藤さんはいいピッチャーなので少しでも打てればいいな、結果が残せたらいいかなという感じでいました。

-7回の左翼へのの飛球で目測を誤ったように見えましたが
天候のせいとかにしてはいけないですけど、まだ自分は神宮慣れできていないのでそういう面でもまだまだ未熟かなと思います。

-次戦に向けての意気込みをお願いします
次はエラーをしないということと、チャンスで回ってきたらきっちり走者を還して、繋ぐバッティングができたらいいなと思います。

フォトギャラリー

  • mukoyama R先制の口火を切った1番向山
  • mouri Rリーグ戦初安打を放った毛利
  • kanno R先発した菅野
  • souma R安打を放つ以外にも守備でみせてくれた相馬
  • hukuda R適時打を放つなど5番として役割を果たした福田
  • hunabiki R自身初の開幕スタメンに2安打で応えた舩曳
  • kasino R7回途中で登板した柏野は痛恨の2ランを浴びた
  • otiai R時折笑顔をみせるなど落ち着いた様子をみせる落合
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み