硬式野球

【硬式野球】新体制本格始動企画第2弾 新入生紹介~平元銀次郎、古屋敷匠眞、益川和馬~

2018年2月4日(日)
法政大学野球部合宿所

新入生紹介第1回を飾るのは、2017年全国高等学校野球選手権(甲子園)での準優勝エース・平元銀次郎をはじめとする、3人の投手陣である。まだ練習に参加して間もないルーキーたちに話を伺った。

picher12 R
大学4年間の抱負を書いてくれたルーキーたち

『スポーツに優れた者の特別推薦入学試験』による新入生一覧

ポジション 氏名 出身高校
投手 平元 銀次郎 広陵
古屋敷 匠眞 八戸工大一
益川 和馬 大分舞鶴
三浦 銀二 福岡大大濠
宮原 大樹 宇治山田商
山下 輝 木更津総合
捕手 岡田 啓助 三重
後藤 克基 滋賀学園
舟生 大地 日大山形
内野手 中原 輝也 尽誠学園
外野手 岡田 悠希 龍谷大平安
小池 智也 八戸学院光星
神野 太樹 天理
田中 雄大 京都外大西
諸橋 駿 中京大中京 


   

選手インタビュー

平元 銀次郎 投手

―法政大学に入学することに決めた決め手は
練習環境が整っていますし、レベルの高い環境で野球がやれるというのが第一ですね。

―広陵高校は野球の名門校として有名です。特に厳しかったことは
寮生活でも厳しいですし、練習でも厳しかったですし、全部が厳しかったですね。 テレビも見れなかったですし、携帯も持てなかったので流行りのこととか全然分からないです(笑)。

―中村奨成選手(広陵→広島東洋)とは1年生から同部屋でずっとバッテリーを組んできました
高校で自由登校になってから携帯を持てるようになったので、連絡はちょくちょく取っていますね。お互いの近況だったり、プロのキャンプや練習の感想とかを話したりします。

―甲子園での自身の活躍を振り返って
自分は本当に何もしていなくて、チームメイトのみんなに連れて行ってもらった感じです。甲子園に関しては悔しかった思い出しかないですね。

―それでも夏の甲子園準優勝と、全国の高校生の中では一番長い夏を過ごされました
みんなが打ってくれたおかげなので。投手陣としてはふがいない結果に終わってしまったなという思いがありますね。

―高校野球生活で一番きつかった練習は
『45秒』というダッシュのメニューがあるんですけど、本当にしんどかったですね。

―広陵は厳しい練習でも知られています
もともとスタミナが全然なかったんですけど、練習のおかげでかなりついたと思います。

―好きなアーティストは
『One Direction』をよく聞きますね。洋楽をよく聞きます。

―高校時代、寮で一番好きだった食べ物は
ラーメンです。食生活も厳しくて(笑)。 ご飯も大盛2杯食べなきゃいけない決まりがありました。最初は吐いちゃったりするほどきつかったです。

―勉強は得意ですか
冗談抜きでほんとに出来ないです(笑)。 広陵は勉強ついては優しい方だと思うんですけど、いい点は取れなかったです。

―最近の趣味は
映画鑑賞ですね。高校生活が終わってから見るようになりました。寮にいたときは全く見れなかったので。最近はカラオケに行ったりもしていますよ。尾崎豊とかをよく歌います。

―高校に続いて大学でも寮生活になりますが悩みはありますか
広陵が厳しかったので、それ以上はないかなと(笑)。 すごく楽しいです。

―理想の選手像は
小学校、中学校の時はプロ野球をあまり見ていなくて、高校時代はテレビが見れなかったので憧れの選手とかはいないんですけど。すべてにおいて完璧な選手になることが理想ですね。

―大学の練習環境はどうですか
トレーニングルームにもいろいろな器具がありますし、練習メニューもとても考えられているので身になっています。高校時代もかなりいい環境で練習させてもらっていたと思うんですけど、法政も引けを取らない位いい環境だと思います。

―自身のアピールポイントは
三振を取る投球スタイルですね。ストレートは引退した後に軽い気持ちで投げたらMAXが147キロに更新されました。変化球はカーブに一番自信を持っています。

―新1年生で特に仲良くしているのは
みんなと仲良くしています。みんなレベルが高い選手ばかりなのでついていくのに精一杯です(笑)。 プレーで盗めるものは盗んでいきたいです。

―法政大学のイメージは
六大学の中でも優勝回数が一番多いので『名門』という印象ですね。

最近は優勝から遠ざかっています。優勝への思いは
まずはチーム内の競争だと思っているので、しっかり勝ち残っていきたいです。

ー投手陣の競争の中でまず目指すものは
先発とかリリーフというよりも、使ってもらえるところで試合に出ていきたいです。隙があったらどんどん狙っていきたいです。最終的には先発完投を目標にしています。

―ドラフトの候補にもなっていたと思うのですが、プロ志望届を出さなかった理由は
まだ自分がそのレベルに達していないと思ったからです。

―現時点でもプロへの思いは
もちろんあります。まずは体をしっかり作っていきたいです。

―高校と比べて練習の厳しさの面ではどうですか
今の時点では高校のほうが全然厳しいですね。おかげで同級生の中でも体力はあるほうだと思っています。スタミナにはある程度自信を持てています。

―これから重点的にしていきたい練習は
やっぱりストレートがまず一番大切になってくるので、特に鍛えていきたいです。

―大学での最初の目標は
150キロを投げることです。

―アピール次第では即戦力になる可能性もあります
とりあえず死ぬ気で1日1日、出来ることを精一杯やるだけです。

―大学4年間の大きな目標は
プロ入りすることです。

―最後にファンの皆さんに向けて意気込みをお願いします
1日でも早くマウンドに上がれるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

(取材:湯浅駿)
hiramotog2 R
平元 銀次郎(ひらもと・ぎんじろう)
1999年9月30日生まれ 178㎝・74㎏
広島県・広陵出身(甲子園:’17夏)
左投・左打
『名門・広陵高校で昨季の夏に広島のドラ1、中村奨成とバッテリーを組み甲子園準優勝を経験した世代屈指のサウスポー。長い腕から繰り出す最速147キロの直球と大きなカーブのコンビネーションで三振の山を築く』

古屋敷 匠眞 投手

―自己紹介をお願いします
古屋敷匠眞です。好きな食べ物は肉で、誕生日が1月1日です!

―八戸工大一高は青森県の強豪校です。県内出身者が多いとのことですがどんな高校でしたか 
中学校のときにに地域の選抜というのがあって、そこで同じだったメンバーがほとんど行って、一緒にやっていたので、みんな仲良くてやりやすい部分もありました。

―思い出に残っていることは
思い出に残っているのは夏大(全国高等学校野球選手権青森大会)ですね。

―特に思い出に残っている年は
3年間、毎年夏大は思い出に残っています。でも特に思い出に残っているのは、2年の夏だったんですけど、1個上でプロに行った先輩(種市篤暉、千葉ロッテ)がいて。その先輩が本当は次の試合投げる予定だったんですけど、自分が投げた試合で負けてしまって、先輩を投げさせることができなかったので、そのときすごく悔しい思いというのがあって。それが一番印象的ですね。

―高校の名物練習はありますか 
『24時間練習』です。朝の6時30分に集合して練習試合を18時くらいまでやって。夜1度ご飯食べに帰って、また21時にグラウンドに集合して。またそこから次の日の6時くらいまで練習して、またご飯食べてからまた練習試合に入って、というのを丸2日間くらいやるんですけど。 

―練習試合は1日3試合とかですか 
練習試合は2試合です。2試合で1回帰ってご飯食べます。

―県内に住んでいたと思うのですが、高校時代は寮ですか
寮です。寮には選ばれた5人しか入れなくて。後の人たちは下宿と、市内の人たちは通いだったりという人もいました。

―高校と大学での寮の違いはありますか
高校は他の部活も一緒に入っていた寮だったので、色々交流あったんですけど、大学は野球部だけなので、一人の時間も多いかなと思いますね。

―部屋長は
菅野(秀哉、キャ:新4年)さんですね。

―菅野選手と言えば以前古屋敷選手の投球を褒めていました。自身の思う持ち味は
スピードですね。

―最速152㌔ということですが、速球を磨くために行っていたことは 
グラウンドから寮まで7㌔くらいあったんですけど、3年生に入ってからは毎日練習終わってから走って帰るのが日課にしていました。

―目的は下半身強化ですか
下半身強化もですし、ウエイトの効果も兼ねて体重も増やしてました。

―今の日課はありますか
お風呂入ったときの柔軟だったり、肩関節とか手首など投げてるときに使っている筋肉とかをほぐすようにはしています。

―『速さより質』というお話をされてましたが、練習で気をつけていることは
回転数を上げることをすごい意識して練習していました。

―変化球も多彩なようですね
カーブとスライダーを縦と横で2つ、あとはツーシームとスプリットですね 。 ツーシームはDeNAベイスターズの山﨑(康晃)選手を真似て投げようと思ったら、すぐに投げることができたので使っています。 

―大学の練習に混ざってみて 
アップの長さが違いますね。 長いです。

―特に走り込みとかが長いんですか
体幹とかも含むんですけど、自分たち(高校)はランニングは100㍍くらいして、ダッシュ4本やって体操やって終わりなので。(大学は)ランニングだけで10分以上走っているので比べて長いなと思いますね。

―練習の雰囲気は
とても先輩たちみんな自主的に声を出したりしているのですごく雰囲気はいいと思います。

―現時点ですごいと思う先輩は
菅野さんと森田(駿哉、営:新4年)さんですね。

―具体的にどういう部分ですごいと感じましたか
特に最近は(練習で)森田さんと一緒にいる時間が長いんですけど、常に練習しているので。

―高校の先輩である内沢(航大、キャ:新3年)とは話したりしましたか
話したりはします。すごく優しくて高校の時からずっと良くしてもらっていたので。

―同級生で仲良くなったのは
山下(輝)です。いつもご飯食べるときも、朝もずっと一緒にいます。

―同じ投手同士で仲良いんですね 
はい。それと、中学校の選抜で全国大会の準決勝で対戦しているので。

―ところで、武蔵小杉には慣れましたか
結構自分がいたところが田舎だったので、小杉には色々あってよく分からないです(笑)。これからですね。 

―頑張っていきたいことや目標は
頑張っていきたいことは、さっき質という話もあったんですけど、質ももちろん求めながら球速もどんどん上げて、4年後ドラフト1位でプロに行きたいなと思います。

―大学は学業との両立も大変になってきます
1歳から親に塾に通わせてもらっていたので、勉強はたぶん大丈夫だと思います。

―自信ある感じですか 
いや、自信があるわけではないんですけど、勉強の仕方とかは身についていると思うので。

―目標に向け4年間継続して取り組みたいことは
自分は腹筋とか体幹が弱いので、体幹を4年間鍛えてけがしない身体を作っていきたいなと思います。

―ファンの皆さまへメッセージをお願いします 
この前(試合を)見に来たときも、ものすごくたくさんの方が応援に来ているというイメージがあったので、ファンの人たちに、また見に来てくれている人たちに、『今日来てよかったな』という風に思ってもらえるような試合だったり自分のピッチングというのを見せられるようにやっていきたいと思います。

huruyashikit2 R
古屋敷 匠眞(ふるやしき・たくま)
2000年1月1日生まれ 180㎝・83㎏
青森県・八戸工大一出身
右投・左打
『最速152㌔の王道右腕。セットアップポジションから投げ込む直球には威力がある。大学でも球速、質ともに磨き、のちの法大野球部を背負う存在になれるか注目だ』

益川 和真 投手

―今日は入寮されてから何日目ですか
27日に入寮したので今日が大体一週間くらいですね。

―入寮されて、雰囲気や練習場の環境はいかがですか
やはり法政大学なので設備も整っていますし、高校と比べたら大変すばらしくて。選手も意欲的に取り組んでいて自分もやりやすい環境にいるなと感じています。

―入寮して同級生や先輩とはお話されていますか
話は結構して、同級生は入寮する前から会っているので、先輩も最近大分話せるようになったので、全員とは言わないんですけど徐々に話しています。投手の先輩方は優しく話してくれて助かっています。

―法大の印象は大学に入る前はいかがでしたか
自分が二年生の時に法大野球部の練習会に参加した時に、野球に対する熱があって意欲的だなと思って、東京六大学の大学ということで全国トップクラスっていうのも自分にとって大きな成長につながると思いました。

―高校の野球部を引退してからはどんな練習をされてきましたか
引退してからも練習には参加できたので、普通通り1,2年生と同じように練習はしてきました。

―大学の練習をしてみて、高校との違いなど感じたことがあれば教えてください
選手のレベルも法大の方が高いんですけど、法大ではさらに(練習も)意欲的で高校とは違う雰囲気だと感じています。

―益川選手がプレーでここをアピールしたいと思うところはどこですか
高校時代はどういう風に上手く球数制限の中で抑えていくかというのを考えながら投げていたので、大学でも考えながら野球をやっていきたいなと思います。

―大学ではまずどういった役割でチームに貢献していきたいと考えていますか
まず徐々にリーグ戦で投げることができればいいなと思っています。

―益川選手が野球を始めたきっかけを教えてください
私が野球を始めたきっかけは、小学校の時に友達と野球をやって楽しいと思ってクラブチームに入ったのがきっかけです。

―野球でこれまでの中で思い出に残っていることは何ですか
高校時代の最後の夏の大会です。最後の夏は最高成績のベスト4という成績を残せましたが、結果甲子園という夢の舞台には出られなかったというのが残念だったという思い出が残っています。

―3年間、高校で野球をやって心がけてきたことはありますか
チームの方針として『考える野球』というのを追求してきたので、相手の私立高校とかに比べると練習量では少ないですけど勝てるかというのを常に考えながら意識して頑張ってきました。

―高校は進学校ですが、文武両道というように両立が大変な時もありましたか
1日8時間授業で、練習に参加できるのが大体17時過ぎからで、練習量も2時間ちょっとあるか無いかくらいだったので、短い時間でいかに効率よく出来るかっていうのを心がけて、練習後も勉強とか自主練に励んでいました。

―益川選手にとって憧れている野球選手はいますか
目指しているのは和田毅投手(ソフトバンク)のようななかなかボールが見えづらいという投球です。そういうのを意識して、大学ではそういったことを研究していきたいなと思っています。

―プライベートなことになりますが、好きな食べ物は何ですか
強いて言うならフルーツです。気分によって色々食べます。

―趣味はありますか
スポーツが好きなので、動くことです。野球に限らず、スポーツを見ることも好きです。高校がラグビーが結構強いので、ラグビーをするのとかが楽しいなと感じています。

―ご自身で持っているリラックスできる方法はありますか
リラックスは『瞑想』とか、音楽を聴いたりそういうことをしています。

―毎日やっていることやルーティンはありますか
投げる時は大体空を見たりそういったことはするんですけど、普段日常的なことは無いですね。

―野球をやっていなかったらやっていたかもしれないスポーツはありますか
多分サッカーをしていたのではないかなと思います。小学校の時に福島にいて、福島の時はサッカーをしていました。

―大分県出身ということで、地元のおすすめできる物や場所は何かありますか
自分は大分市に住んでいるんですど、別府の温泉とか湯布院とかの町並みは風情があって良いなと思います。

―東京でこれから行ってみたい場所はありますか
それは特に、今はぴんと来ないですね。

―最後にファンの皆さまにこれからの意気込みとメッセージをお願いします
自分は公立高校から入って来たんですけど、他の選手は強豪校から来ているのでその選手たちに負けないように常に勝負を仕掛けて頑張っていきたいと思います。

(取材:岡﨑祐平)
masukawak2 R
 益川 和馬(ますかわ・かずま)
1999年11月24日生まれ 176㎝・74㎏
大分県・大分舞鶴出身
左投・左打
『鋭い直球と多彩な変化球で、大分屈指の進学校を県ベスト4まで導いた本格派左腕。持ち前の柔軟な投球フォームで六大学の強打者たちにどのように立ち向かうか期待したい』

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 april1st

定期購読の申込み