硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦開幕直前特集 走攻守で活躍を見せる外野手~大西千洋選手、斎藤卓拓選手、舩曳海選手、毛利元哉選手~

2018年3月16日(金)
法政大学野球部合宿所

4月21日に初戦である立大戦を控える法大野球部。今回は、11季ぶりの優勝に向けて走攻守で活躍を見せる外野手陣から、大西千洋(営4)、斎藤卓拓(社4)、舩曳海(キャ3)、毛利元哉(法3)の4選手に今季リーグ戦への思いや取り組みを伺った。

oonishic
今季は外野手責任者として外野手陣を率いる大西千

選手インタビュー(学年別50音順掲載)

大西千洋 外野手

ーオープン戦も始まっていますが、今の調子は 
良い感じにきています。

ー左翼手、中堅手でのスタメンが多い印象です 
それは周りによって兼ね合いがあると思うので、どこであろうと自分のやるべきことは変わらないのでしっかりやるだけです。

ー先日の千葉ロッテ戦では足を生かした攻撃が光りましたが手応えは
足が自分の持ち味なので、役割をしっかりと果たせたかなと思います。

ー警戒された中での盗塁でしたが、モーションは盗んでいた 
いや、(あの試合では)盗んでもいなかったんですけど。結局、自分は他大学からも足速いってバレていますし、走ってくると思われてるなかで走らなくてはいけないので、どんな時でも良いスタートをきれるように常に準備はしています。

ープロと対戦してみて
自分の場合は奉納試合(明治神宮外苑創建90年記念奉納試合)でヤクルトと対戦したりとか色々経験させてもらっているので、そんなに物怖じすることなくいつも通りのプレーができたかなと思います。

ー今オフ取り組んだことは
ケガしてからはウエイトとかして体重増やして。一時期は88㌔くらいまでいったんですけど、さすがに身体が重すぎるなとなって。太腿とかも太くしてバッティングのときに下半身がしっかり安定するようにはなったんですけど、あまり走れなくなってもダメなので、それはこれからリーグ戦に向けてしっかり調整していこうという感じです。

ーオープン戦では観客から「スリムになった」と声を掛けられてましたが 
試合が続いているので、冬と比べたらちょっと絞れたのかなという感じです。今も82㌔とかはあるので、以前と比べたら体重は増えてるんですけどね(笑)。

ー外野陣の状態はどう思う
最近のオープン戦は内野と外野の間にフライが落ちたりとか、もう1つチャージが弱かったりとかそんなに良い感じではないので、そこはもう少しリーグ戦までに詰めていけるようにやっていきたいです。

ー期待する選手は
みんなです!(笑)。でも、1人挙げるなら吉岡(郁哉、営4)ですね。最近のオープン戦とかもラストイヤーだし、めちゃめちゃ気合いも入ってますし、打撃も良いですし。良い守備もしてますし、このリーグ戦は期待できるのではないかなと思います。

ー今の個人の課題は
個人の課題は、今のところないです(笑)。いい感じです!

ー外野としての課題は
フライのときの声が出てないのと、積極的にボールを取りに行く姿勢というか、そういうのがまだまだ足りていないです。

ー12月の取材では『盗塁王』というお話をされていましたが取り組んでることは 
オープン戦でいっぱい走って、ダメだったところとか良かったところとかしっかり色々試してみて、リーグ戦で全部良い方向に持っていけるようにやっています。

ー昨年のけがから約1年ぶりの本格復帰が見込まれますがどのような気持ち
今の気持ちは、やるしかないので。やるしかないし、やれると思っているので、あんまり考えてないです。考えてもあれなので(笑)。やるだけです!やることをやるだけです。

ー青木(久典)監督やチームメイトをはじめとした、応援してくださっている方々の思いはどう感じている
けがしたときに、本当に自分の知らないところでも、いろんな人から応援されてるんだなというのを感じました。応援してくれてる人がいたからこそまた野球やろうと思ったのもありますし、そういう人たちの期待に応えられるようにやっていきたいなというのはあります。

ー今季リーグ戦はどう臨みたいですか
本当に、1回は野球できないかなくらいだったので、野球ができることをシンプルに楽しんで。野球ができることに感謝しながらしっかり楽しむことかなと思います。

ー調整していきたいことは
ホームラン打ちたいです(笑)。(今までに打ったのは)2本です。初ヒットがホームランです(笑)。

ー何本打ちたいですか
出れば良いなというくらいです(笑)。そこは欲張らず(笑)。

ー今季の目標は
やはりチームが勝ってなんぼだと思うので、しっかり優勝して、それに自分がチームの中心として活躍して優勝することが目標です。

ー意気込みをお願いします
完全復活して頑張ります!
(取材:中西陽香)
oonishic
大西 千洋(おおにし・ちひろ)
経営学部4年 1996年6月12日生まれ
大阪府出身・阪南大
181㎝74㎏・右投左打
昨年度成績:11試合 31打席 26打数 8安打 1本塁打 4打点 3四死球 5三振 打率.308
『50㍍5秒66という足の速さを生かしたプレーが持ち味。今季はけがから本格復帰のシーズンでもある大西。強みを生かしチームに貢献する』

斎藤 卓拓 外野手

ー昨年を振り返って
3年の春に初めてベンチに入っていきなり試合で開幕戦スタメンになって、個人としてはあっという間というか、食らいついていくのに必死でした。自分で得点を付けるなら50点くらい(笑)。チームとしては優勝できるチーム力はあったと思うんですけど、それがなかなか機能しなくて本当に悔しかったですね。

ー今オフはどこに重点を置いて練習してきた 
今よりレベルアップというよりは守備の確実性や盗塁と打撃の安定感を意識して、何かをできるようにというより『質』を高めた感じです。

ー個々までのご自身の調子は
今ちょっと良くないんですけど、開幕に向けて調整したいです。体重を冬に増やしてきたのを絞って、足の方も調子は良くなってきています。

ー見つかっている課題は 
課題は特に無いですね。いつも通りです。

ー今年はラストイヤーとなりますが、大学に入って自分の中で成長したと思う点は
打撃も守備も走塁も高校まですごく雑な部分があったんですけど、野球部に入ってレベルの高さを痛感してミスしないことが一番良い選手だということを学んだので、質を高める、ミスをしない、失敗の率を下げるというところにおいては成長できたかなと思います。また、先輩や同学年、後輩たちから本当に刺激されている部分はあります。逆に、こうした方が良いのになと思うところは、自分は真似しないようにしたり反面教師じゃないですけど、参考にしてました。

ーライバル選手で刺激を受けている選手は
走塁の面で大西千洋(営4)の良いところは、盗むというより聞いてすごく参考にしています。素朴に聞いた質問でも、根本的に走る考え方が違ったりして、気付くことも結構多いです。

ー『足のケア』や、気を使っていることは 
疲労回復でオレンジジュースをめっちゃ飲んでます(笑)。あと気持ちの部分ですね。意外と僕は疲れがあった方が走れたりするので、そこの加減を意識しています。スタメンの時は試合前から集中してスッと入っていくんですけど、それ以外は試合前に集中していないわけではないですけど、集中力が持たないところがあるので、最初はベンチにいる時は応援しながらも試合を客観的に見てスイッチはあまり入れずに、徐々に試合が中盤になっていくにつれて、自分の出番に向けてアップしていく中で「このくらい集中して」ということを計算しながらやっています。

ーご自身のアピールポイントは
アピールポイントは4年生の信頼感と意地です。意地を見せたいですね。

ー向山基生(営4)選手が今季から主将になりました 
すごい頑張っていると思います。責任感も出てきたと思いますし。ただ向山だけじゃなくて、他の選手も自然と向山を支えようという自覚が出てきているので、仕上がりが良いと思います。向山は練習の合間合間でだらけてしまうところも、一言言える力があると思います。

ー今年、チームでキーマンになりそうな選手は
投手は森田(駿哉、営4)の頑張り次第でチームが大きく左右されると思っていて、野手では中村浩人(営4)が下位打線を打つと思うんですけど、そこでヒットが出て浩人の調子が良ければまた1番から強力な打線になってくるので、そこじゃないですかね。打てればリードものってくると思います。

ー今季のチームの目標は
日本一です。優勝したいというより、分からないですけど、優勝しそうだなと思ってます。

ー今季の意気込みとメッセージを
若いときから出ている選手が多い中で、僕たちの集大成というのはすごくあって。その中でも百数十人という大所帯の中で25人しかメンバーに入れなくて出られない選手もいる中で、出られない選手、支えている選手、応援してくださる方々の気持ちをしっかり背負って頑張りたいと思います。
saitoutaku
斎藤 卓拓(さいとう・たかひろ)
社会学部4年 1996年10月18日生まれ
埼玉県出身・大宮西
171kg72kg・右投左打
昨年度成績:16試合19打席16打数2安打0本塁打1打点 2四死球4三振 打率.125
『3年春に開幕戦スタメンを掴み、俊足・好守でチームに貢献。最上級生となった今季も持ち味を最大限に生かし、勝利に貢献したい』

舩曳 海 外野手

ー昨季を振り返って
思ったよりバッティングの調子が良くて、結構打てていた中で慶応戦でけがをしてしまって。悔しさが残りますね。

ーオフの間、特に意識していたことや重点を置いていた練習は
あまり思ったように練習できなかったので、技術というより下半身の使い方であったりとか栄養など食事の面であったりとか、体のことを中心に取り組んでいました。バッティングに関しても、映像などを研究して上手く力が伝わるポイントを突き詰めていったりしましたね。青木(宣親、現ヤクルト)選手や、西川(龍馬、現広島東洋)選手を特に参考にしています。

ー自身のアピールポイントとして何が挙げられる
走力だと思っています。そこを存分に活かせるようにフライで打ち取られるよりもゴロを打つようなバッティングをしたり、三振を減らしていきたいです。そうする事で内野安打や出塁機会も増えると思いますし。そこから自信のある盗塁、走塁につなげていきたいです。

ー今季はレギュラーとしての活躍が期待されますが、外野手でライバル視している選手は
同級生である毛利(元哉、法3)、宇草(孔基、営3)ですね。仲は良いんですけど、試合になると打ったかなとか気になりますし。最終的にはチームが勝てば良いと思っているので、チームが優勝できるように切磋琢磨して頑張りたいです。外野は今は誰が出るか本当に分からない状況で固定もされていないと思うので、激しい争いですね。

ー法政大学に入って2年が経ちましたが、成長できたと感じるところは
物事の考え方や捉え方は大きく変わったと思います。高校の時だったら指導を受けても腹を立てて終わっていたような事でも、大学では指導してもらえているという事は期待されていることを改めて感じたので、そういう心の面では成長出来ていると思いますね。監督も納得できるように1から10まで話してくれるので感謝しています。

ー今後克服していきたい課題などは
自分自身が全てにおいてトップクラスではないと思うので、走攻守全体的にレベルを上げて三拍子揃った選手になっていきたいと思います。

ー1年生で特に仲良くしている後輩、期待している後輩は
天理高校の後輩の神野(太樹、キャ1)とは一緒に練習したり、ご飯に連れて行ったりとかしますね。1年生は有望なピッチャーがたくさん入って来て、オープン戦を見ていても力がある選手が多いので期待しています。

ー目標とする選手、または選手像は
前までは糸井(嘉男、現阪神)選手と言っていたんですけど、最近タイプが少し違うなと思って。タイプ的には青木選手のような単打も打てて、時には長打も打てるような、粘り強い打撃のできる外野手になりたいなと思います。

ー開幕が近づいてきました。現在の心境は
1ヶ月切っているのでもうすぐだなという感じはあります。他のチームも頑張って練習していると思うんですけど、自分たちも負けないくらい頑張っているので、春は1敗もせず優勝したいです。

ー特にライバル心を燃やしている大学は
シンプルに東大ですね。秋季リーグは自分はけがで出られなかったんですけど、2敗やられているので。

ー今季のチームとして、個人としての目標は
チームとしてはもちろんリーグ優勝して、全日本で優勝することを目標にしているのでなんとか春に成し遂げたいです。自分はまだ優勝を経験できていないので優勝への思いは強いですね。個人としてはベストナインです。昨秋の調子だったら取れたかなと思うところもあるので、首位打者も一緒に狙いたいです。足があることは知られていると思うのでバッティング面で成長した姿を見せたいです。

ー最後にファンの皆さんへ一言お願いします
優勝目指して頑張るので、ぜひ神宮に足を運んで下さい。応援よろしくお願いします。
(取材:湯浅駿)
funabiki
舩曳 海(ふなびき・わたる)
キャリアデザイン学部3年 1998年1月13日生まれ
兵庫県出身・天理
183cm80kg・右投左打
昨年度成績 : 19試合 67打席 57打数 19安打 1本塁打 8打点 9四死球 19三振 打率.333
『昨秋はシーズン前半打撃好調だったものの、怪我で無念の戦線離脱。復活を期す今季は、自慢の快足で激戦の外野手レギュラー争いを制し、スタメンを勝ち取れるか』

毛利元哉 外野手  

ー昨年を振り返って
昨年は秋から試合に出させてもらっていて、自分の中では良い感じに活躍できたのではないかなと思っています。

ーオープン戦の調子は
自分は今、あまり結果が出ていなくて。今日の試合で久々に2安打できたのですが、調子でいったら良くない方だと思います。

ー調子を戻すための対策は
今はできるだけあまり深く考えないようにしています。

ー昨年はリーグ戦で本塁打を放つなど結果を残し、今年もその長打力は期待される思います
個人的には長打を意識して打つというのはあまりなくて。それよりはチームに貢献することを考えて活躍できたら良いと思っています。

ースタメンで出場することに対しての意識は
スタメンで出るということはチームを背負って出るということなので、出させてもらえるならスタメンで出たいですし、その上でチームに貢献したいと思っています。

ー昨年は代打で適時打を放つ場面もあり、そのような起用もされると思います
スタメンの時は最初から考えて準備できるのですが、代打は一打席しかなく、しかもそれがいつ来るかというのも分からないので、一打席にかけるという思いを強く持ってやりたいと思います。

ー打席に入る際に意識してやっていることは
1回ジャンプしてからスイングして打席に入るというのをやっています。その時には体重移動について特に考えながらやっています。

ー外野のスタメン争いはし烈ですが、ライバル意識している選手は
ライバルは特にいないですね。でも、試合に出ないと意味がないので誰にも負けないつもりで頑張ります。

ー新入生の印象は
投手陣は全体的に良いと感じています。今年の春からでも起用されるのではないかなと思います。

ー新入生の野手の印象は
野手では特に浮かばないですね(笑)。今の法政は元々野手の層は厚いと思うので。それでも何人かベンチ入りすることにはなるとは思います。

ー自身の今の課題は
自分は今、オープン戦でスタメンであまり出られていないので、スタメンで出られるように結果を出してアピールしていきたいと思います。

ー今年特に対戦したい投手は
立教の田中誠也ですね。昨年の秋に対戦して、結構やられた記憶があるので、リベンジの意味も兼ねて対戦したいと思っています。

ー今年の個人目標は
監督には「打率3割5分、5本塁打、5盗塁を狙え」と言われました。目標としてはなかなか高いですけど、頑張りたいです。

ーチームとしての目標は
まずリーグ戦を優勝して、全国制覇まで行くことだと思います。

ー最後にファンの方々へメッセージをお願いします
自分は今年3年生になり、上級生なので、ファンの方々の期待にこたえられるように頑張っていきたいと思います。
(取材:山崎有馬)
mouri
毛利 元哉(もうり・もとや)
法学部3年 1997年5月27日生まれ
愛知県出身・愛工大名電
183cm90kg・右投左打
昨年度成績 :14試合 52打席 47打数 14安打 2本塁打 8打点 5四死球 15三振 打率.298
『昨季は2本塁打を放つなど、持ち味のバッティングでアピールに成功。打線の中軸として見事な活躍を見せた。貴重な左のスラッガーが今年も神宮でアーチを描く』

 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み