硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 立大2回戦 主将向山本塁打、中村浩は3打点の活躍 投手陣も2戦連続無四死球と投打ともに粘るもあと1本が出ず悔しい引き分け

東京六大学春季リーグ戦対立大2回戦
2018年4月21日(日)
神宮球場

今季初勝利をかけて臨んだ立大2回戦。先発はリーグ戦初出場で初先発を飾った高田孝一(法2)。2回に昨日に続き立大の4番三井健右に本塁打を許すなど、計3本塁打を浴び無念の5回途中降板となった。打線は3回に相手の失策、4回に中村浩人(営4)の適時打、7回には主将向山基生(営4)の本塁打で5点を取るも、2番川口凌(人4)、3番小林満平(法4)が未だ打率.000と振るわず。先発の高田や救援投手の石川達也(キャ2)をはじめとする投手陣が無四死球と粘る中、あと1打が出ず。悔しい引き分けという結果に終わった。

takada R
リーグ戦で初先発した高田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 1 0 1 2 0 0 1 0 5 8 4
法 大 0 0 1 3 0 0 1 0 0 5 8 0

(立大)手塚、中川、川端健-藤野
(法大)高田、石川、朝山、菅野-中村浩
[本塁打]三井3号ソロ(高田=2回)、吉田1号ソロ(高田=5回)、笠井1号ソロ(高田=5回)、向山1号ソロ(中川=7回)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (8) 向山 5 2 1 .222 左飛   一安 二ゴロ     右直安 三ゴロ  
2 (6) 川口凌 5 0 0 .000 右飛   中飛   三失   三振 一ゴロ  
3 (9) 小林 4 0 0 .000 三振   遊ゴロ   捕犠打   中飛   三振
4 (7)3 中山 5 2 0 .444   三振   中前安 三振   二安   三振
5 (3)5 吉岡 4 1 0 .286   遊直   三犠打 左飛   中直安   三振
6 (4) 相馬 3 0 0 .286   遊ゴロ   四球   遊飛 三ゴロ    
7 (5) 福田 2 1 0 .667     遊失 四球   四球   左翼線安  
  R7 斎藤卓 0 0 0 ---                  
8 (2) 中村浩 3 1 3 .500     投犠打 左前安③   中飛   投失  
9 (1) 高田 2 1 0 .500     一安 捕ゴロ          
  1 石川 1 0 0 .000           三振      
  1 朝山 0 0 0 ---                  
  H 清水俊 1 0 0 .000               三振  
  1 菅野 0 0 0 .000                  
    35 8 4 .232                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
高田 4 1/3 72 18 5 6 0 4 8.31
石川 3 1/3 43 13 3 2 0 1 2.08
朝山 0 1/3 4 1 0 0 0 0 0.00
菅野 1 13 3 0 0 0 0 3.38
9 132 35 8 8 0 5 4.24

 

ベンチ入りメンバー

10 向山基生(営4=法政二) 32 伊藤寛士(文3=中京大中京) 25 清水俊作(文3=佼成学園)
13 高田孝一(法2=平塚学園) 2 川口凌(人4=横浜) 37 中山翔太(人4=履正社)
14 朝山広憲(法3=作新学院) 3 相馬優人(営=健大高崎) 1 大西千洋(営4=阪南大)
16 石川達也(キャ2=横浜) 4 吉岡郁哉(営4=智辯学園) 8 斎藤卓拓(社4=大宮西)
17 菅野秀哉(キャ4=小高工) 5 原田寛樹(法4=春日部共栄) 9 毛利元哉(法3=愛工大名電)
19 河野太一朗(文4=法政二) 6 福田光輝(人3=大阪桐蔭) 31 札葉弘樹(経3=川越東)
21 森田駿哉(営4=富山商) 7 小林満平(法4=中京大中京)    
20 鎌倉航(法4=日本文理) 23 安本竜二(営3=静岡)    
27 中村浩人(営4=多良木) 24 佐藤勇基(法2=中京大中京)    

 

リーグ戦結果(4/22現在)

 立大明大慶大早大法大東大試合勝点勝率
――     ○○ ○△   4 3 0 1 1.000
  ――       ○○ 2 2 0 1 1.000
    ――     ○○ 2 2 0 1 1.000
●●     ――     2 0 2 0 .000
●△       ――   2 0 1 0 .000
  ●● ●●     ―― 4 0 4 0 .000
 

戦評

初戦を落とした法大。勝ち点を奪うべく、負けられない試合は5対5で引き分けに終わった。

法大の先発は高田孝一(法2)。リーグ戦初登板初先発の高田は初回2三振を奪う最高の立ち上がりをみせる。しかし、2回表に4番・三井健右が自身3試合連続本塁打となる右越えソロ本塁打を放ち立大が昨日と同じ展開で先制。一方の法大打線は立大の先発投手手塚周に2回まで三者凡退。何としてでも追いつきたい法大は3回裏、前日本塁打を放った福田光輝(人4)が相手の失策で出塁し、中村浩人(営4)の犠打で1死二塁とすると高田が一塁手への内野安打を放つ。立大の一塁手である飯迫恵士の送球が逸れたすきに福田が生還。高田自らの打撃で同点とし試合は振り出しに。

その後、再び1点を勝ち越されたものの、法大は4回裏に鮮やかな逆転劇をみせる。先頭の中山翔太(人4)が中前安打を放つと、犠打と2つの四球で1死満塁となり高田の女房役・中村浩を迎える。立大の2番手・中川颯の真ん中付近の初球を振り切ると打球は左中間を割り長打コースに。逆転3点適時三塁打を放った。4対2となる。しかし、立大は高田から5回表の1イニングに吉田純也、笠井皓介のソロ本塁打により、法大の勝ち越しは瞬時に消え、高田はそのまま降板。「本塁打3本がもったいなかった」と高田にとって悔しい初登板となった。

2番手としてマウンドに上がったのは石川達也(キャ2)。昨日に続く連投となったが7回まで打者8人を完璧に抑える気迫の投球をみせる。その石川の力投に応えたい法大打線は7回裏に再び勝ち越しの場面がやってきた。先頭の向山基生(営4)が中川の真ん中に投じた失投を逃さず鋭く振りぬく。
DSC 0630 R
「いい弾道だった」(向山)というライナー性の打球は左翼スタンドへ一直線。頼れる主将のリーグ戦初本塁打で5対4とする。今季初勝利が見えかけた法大。しかし、ここまで好救援をみせていた石川が粘りきれない。8回表に9番代打・荒井智也が三塁線を鋭く破る二塁打を放つと、打席には2番・寺山寛人。「インコースを攻めきれなかった」という寺山へ投じた一球は前進守備の内野手の頭上を越える同点適時打となり、荒井が生還。再び立大に同点とされる。

その後も立大の勢いは止まらず、法大は4番三井に二塁打を打たれ、2死二、三塁の絶体絶命のピンチを迎える。ここで石川に代わって、マウンドに上がったのはリーグ戦初登板の朝山広憲(法3)。今日の試合で適時打を放っている飯迫恵士に真っ向勝負を挑み、遊ゴロに打ち取り立大にそれ以上の失点は許さず。

法大はその裏、立大の3番手・川端健斗から福田が左翼線への安打を放つ。その後、川端自身の失策もあり、無死一,三塁の好機を迎える。しかし、続く代打・清水俊作(文4)、向山、川口凌(人4)が凡退。絶好の好機を逃し勝負は最終回へ突入。その最終回、法大は昨日先発登板したエース・菅野秀哉(キャ4)が登板。前日の疲れを感じさせない気迫の投球で三者凡退に抑え、サヨナラ勝ちに望みをつなぐ。しかし、法大はクリーンアップからという絶好の打順にもかかわらず三者連続三振に抑えられ引き分けに終わった。

2度リードを奪うも、惜しくも勝ちきれなかった法大。しかし、ここまで投手陣は無四死球、守備陣は無失策と引き締まった試合をみせている。明日こそ要所を抑え、初勝利をつかみ取り、勝ち点奪取へ望みをつなげていきたい。(藤原陸人)

 クローズアップ 中村 浩人 捕手

自身の野球におけるアピールポイントを「たまに出る長打」とするのは中村浩人(営4)。「たまに」と控えめの表現だが、その打力は本物となっている。

4回裏、1死満塁で迎えた第2打席。前の打者で相手投手が交代すると監督が中村のもとへ歩み寄り、こう伝えた。「狙い球をしっかり絞っていけ」。その言葉を受けて打席に入り、すぐさま初球を思い切り振り抜くと打球は左中間へ。中村は激走し三塁へそのままヘッドスライディング。一時勝ち越しの適時三塁打となり、塁上で両こぶしを突き上げた。

春のオープン戦からコンスタントに安打が出ており、自身初となる本塁打も放っている。昨日の開幕戦でも二塁打を含む2安打の活躍で、今季の法大打線にとって心強い存在だ。

一進一退の攻防が続き、勝ちきれなかった今日の試合。5回に笠井皓介から痛恨のソロ本塁打を浴びると中村は4回のガッツポーズとは裏腹にその場でうなだれ、試合後も悔しさと投手陣と野手陣に対する申し訳なさを述べていた。しかし、明日に向けての「絶対に勝ちます」の言葉だけは力強く、まっすぐ前を見据えていた。副将としても打者としても頼もしさがさらに増した中村。スタートに苦しむチームを明日以降も彼が引っ張っていくに違いない。(渡辺詩織)
DSC 0237 R

選手コメント

向山 基生 主将

ー今日の試合を振り返って
点を取ったあとにすぐ取り返されて、そういう要所を締められなかったです。勝ち切りたい試合でしたが、明日また気合を入れて頑張ります。

ーベンチの雰囲気は
1戦も落とせない気持ちだったので、みんな気合が入っていて良いゲームができたと思います。

ー試合前青木監督からは
特にこれといった指示は無かったですけど、「根負けしないように」。とは言われました。

ーリーグ戦ご自身初の本塁打を放ちましたが
感触は入ったとは思わなかったですけど、良い感じに良い弾道だったので、また打てるように頑張りたいです。

ー初登板の高田選手については
最初良くて、途中ホームランを打たれてしまいましたが、良いピッチャーなので、これからも奮起して欲しいと思います。

ー8回に川端健斗選手と対戦しましたが印象は
あの場面で打たないと意味がないので、打ちたかったですけど、彼も良いボールを投げていたので。明日は絶対打ちたいと思います。

ー2戦終えてチームとして改善点は
犠牲打を決めれないこともありますし、野手が点を取った後に野手がどう守るか。そこが1番足りないところだと思っています。

ー明日への意気込みをお願いします
ここまできたら粘り勝ちしたいので、絶対に2連勝します!

 中村 浩人 捕手

ー今日の試合を振り返って
勝ちきれなかったというのが本当に悔しくて、野手陣と投手陣に対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ー勝ちきれなかった要因は
打線が点をとった後に(相手に)点をとられているというところが自分たちの甘さだったり、そういうところで流れを掴められなかったのでそこが勝ちきれなかった原因かなと思います。

ー4回に適時三塁打を放ちました
あそこは監督から「狙い球をしっかり絞っていけ」という指示があったので、とりにきたボールをしっかり振り抜くというイメージで打席に入りました。

ー打撃の調子は
初球をしっかりベストスイングできていると思うので、それを続けていこうと思います。

ー高田選手、石川選手の投球について
2人とも下級生のピッチャーで、いっぱいいっぱいに良いボールを投げ続けてくれたと思うんですけど、僕がうまくリードしきれなかったので、本当に申し訳ないなと思います。

ー今日見つかった課題は
勝ちきれないというのがまたまだ僕たちの弱さだと思うので、まず明日1勝して火曜日に持ちこみたいと思います。

ー明日への意気込み
絶対勝ちます。

中山 翔太 内野手

ー昨日の敗戦を受けて、今日はどんな意気込みで試合に臨んだ
昨日から気持ちを完全に切り替えて、勝つということだけを意識しました。

ー立大の先発、手塚選手の印象は
思い切り腕を振って変化球も真っすぐも投げて来るので、自分も振り負けないようにいこうと思っていました。

ー今日は2安打でしたが、安打を振り返って
自分の思うような打撃ができていると思っています。

ー一方で、凡退した場面では3三振という結果になりました
明日に向けて変えていこうということは無いと思います。思い切り明日も振っていきたいです。

ー9回表で左翼から一塁への守備変更でしたが切り替えは 
いや、別に考えてはいなかったので難しくはありませんでした。大丈夫です。

ー終盤はベンチから大きな声が出ていましたが、試合中のチームの雰囲気は
みんな1つにまとまっていて、ちゃんと良い雰囲気でできていると思うので明日もこの感じでいきたいと思います。

ー試合は引き分けという結果に終わりましたが、どのように捉えている
勝負事なので、仕方ないといえば仕方ないんですけど、明日は勝ち切れるようにいきたいと思います。

ー明日の勝利に向けて最後に意気込みを
僕が良いところで打って勝ちにつながるように頑張りたいと思います。

吉岡 郁哉 内野手

ー今日の試合を振り返って
バッター陣もしっかりと点を取れて、ピッチャー陣も要所要所で粘ってくれていたんですけど、ここ1点というのが取れなかったので、あと1本というのが課題になるのかなと思います。

ー今日の試合前に意識しようとした部分は
昨日バントミスがあったのですが、絶対に今日もバントの場面が来ると思っていたのでそこはしっかりと決めようと思って試合に挑みました。

ー第2打席目に初球をきっちりとバントを決めました
自信にもなりましたし、ホッとした気分です。

ー第4打席では中前安打がありました
真ん中低めのストレートだったんですけど、それまでの打席で思いっきり振れていない感じだったので、初球から思いっきり振って行こうという気持ちで打席に入ったら、初球を思いっきり振り抜けたのでそれは良かったと思います。

ー今日の収穫や課題は
初球からどんどん振っていけてないので、もっと積極的に自分から仕掛けていきたいと思います。

ー明日に向けて
本当にもう負けられないので、一戦一戦チーム一丸となって勝利に向かって頑張って行きたいです。

清水 俊作 内野手

ーリーグ戦初出場となりました
緊張しましたけど、場面が場面だったので「やらなきゃいかんな」という感じでした。

ー昨日はリーグ戦初ベンチ入りでしたが
昨日の方がふわふわしていたので、昨日より今日は緊張はしていなかったですね。

ー1敗1分となりましたが、チーム状況は
流れ的には良いとは言えないのですが、自分は代打で出ることが多いので、ベンチを温めてスタメンの人たちが良いプレーができるように声を掛けていきたいです。

ー次への意気込み
次はもう、必ず打ちたいと思います。

石川 達也 投手

ー今日の試合を振り返って
昨日負けて今日絶対勝たないといけないという試合で、8回1点リードした中で絶対抑えなきゃいけないという中、あのように先頭出して1点を取られたというのは僕の責任でもあるので、明日勝たなくてはいけないんですけど、明日投げられるとしたら今日のリベンジというか屈辱を晴らしたいなと思います。

ー8回は自身の責任、というお話でしたが、5回から7回までは完璧な投球でした 
7回まではほぼほぼ完璧に抑えていたんですけど、(8回は)やはり1点取ってもらって勝ちを急いだかなとは思っています。

ー昨日に続いての登板でしたが、疲れなどは
疲れはあるんですけど、野手に比べたらそんなに全然疲れていない方だと思うので。今日投げて打たれてしまったので、明日はどれだけ疲れていても抑えられるように頑張りたいと思います。

ー先発がささやかれていた中でピンチの場面でのリリーフ登板となりましたが、準備などどのように臨んだ
先発という話もあったんですが、リリーフという形でやらせてもらっているんですけど、その中で真木(将樹)さんの指示に従って準備を怠らずにやっています。

ー今日見つかった課題は
ピンチの場面でインコースを詰め切れなかったというのが(立大の)寺山さんに打たれた敗因だと思うので、もっとインコースを攻めきれたら良かったのかなと思います。

ー明日はコースに注意して投球をしたい 
そうですね。どんなバッターでもインコースをどんどん攻めて勝負していけたらなと思います。

ー最後に明日に向けて
1分けの1敗でまだ勝てていないので、明日は死に物狂いでみんなで勝ちに行きたいと思います。

高田 孝一 投手

ー今日の試合を振り返って
リーグ戦では神宮初登板だったんですけど、初回は落ち着いて入ることができました。打たれたホームラン3本がもったいなかったなと思います。

ー2回に4番の三井健右選手に本塁打を浴びましたが、その後を3人で抑えました。どういった気持ちの切り替えをしましたか
序盤のソロホームランだったので、試合が崩れた訳ではないですし、ここから立て直していこうという気持ちでした。

ー今日の調子は
オープン戦でピッチャーライナーが当たってしばらく実戦で投げてなかったんですけど、その割には落ち着いて投げられましたし、球も良かったと思います。

ー今日マウンドに上がる前、ペース配分はどのように考えていましたか
いけるとこまでいこうと思っていたので、初回から自分のピッチングをしようと心がけていました。

ー監督や助監督からはどのような言葉をかけられてマウンドに上がりましたか
昨日負けているので、「しっかり勝ちきること、そして先制点を与えないように」と言われました。先制点は与えてしまったので、そこは課題として修正したいです。

ー4回の第2打席、チャンスでバントをしましたが、ベンチからの指示は
あれは自分のサインミスです。スクイズの取り消しが出ていたのを見落としました。

ー今日は引き分けに終わりましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか
最後の1点が取れなかったのが悔しいところですけど、チームの雰囲気は下がっていないです。あと2戦しっかり勝ちきりたいです。

ー5回に2本塁打を浴びました。次回への修正点は
本塁打を無くすこと、中盤終盤も腕を振って投げきれるように体力をつけていきたいです。

ー先発での登板が今後もあると思います。次戦に向けて意気込みをお願いします
しっかり次は先制点を与えずに、チームに勝ちを呼び込めるように頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • takada23本塁打を打たれたが、堂々のリーグ戦先発デビューを果たした高田
  • nakayama4回に先頭で出塁し貴重な3点へつなげた中山
  • hiroto3打点を挙げるなど好調の中村浩
  • ishikawa8回に崩れたものの7回まで好投を見せた石川
  • kawaguchi連日好守備を見せる川口凌
  • asayamaリーグ戦初出場の朝山
  • kannno1点も与えられない場面できっちり抑えた菅野
  • syuugoいまだ勝ちはないが選手の激闘をねぎらう拍手が起こった
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み