硬式野球
 
 

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 対早大1回戦 序盤から勢いに押され、大惨敗で今季はスタート

東京六大学野球秋季リーグ戦 対早大1回戦
2014年9月13日(土)
神宮球場

勝ち点を奪うには是が非でも勝利が欲しい大事な初戦。法大は石田に試合を託す。一方、早大は不調でエースの有原を欠き、1年生の大竹が先発マウンドに上がった。一見して有利に見えた投げ合いであったが、先に降板したのは石田の方であった。試合は終始 早大のペースで進んでいき・・・

201409131
自らの復帰を祝う安打を放った森本

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
早 大 1 3 0 0 3 0 0 0 X 7 16 1

(法大)●石田(1敗)、川名、新井、三浦、鈴木貴‐安本、中園
(早大)○大竹、柳澤‐土屋
 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (4) 若林 3 1 0 .333 空三振   捕犠打   一邪飛     右前安  
2 (5) 皆川 4 1 0 .250 中飛   三邪飛     左前安   三ゴロ  
3 (6) 佐藤竜 1 0 0 .000 右飛   四球            
  6 吉澤 2 0 0 .000           遊ゴロ   空三振  
4 (8) 畔上 4 1 0 .250   一ゴロ 右飛     右前安   二ゴロ  
5 (9) 蔵桝 2 0 0 .000   二ゴロ   四球   見三振     死球
6 (3) 金子 3 1 0 .333   右前安   左飛   見三振      
  H 森本 1 1 0 1.000                 中前安
7 (7) 安慶名 2 0 0 .000   遊ゴロ   空三振          
  H7 齊藤秀 1 0 0 .000             遊ゴロ    
  H 田中 1 0 0 .000                 空三振
8 (2) 安本 1 0 0 .000     四球   三ゴロ        
  H 細川 1 0 0 .000             三ゴロ    
  2 中園 1 0 0 .000                 三直
9 (1) 石田 1 0 0 .000     投失            
  1 川名 1 0 0 .000         三ゴロ        
  1 新井 0 0 0 ――                  
  1 三浦 0 0 0 ――                  
  H 水海 1 0 0 .000             空三振    
  1 鈴木貴 0 0 0 ――                  
  H 松田 1 0 0 .000                 左飛
    31 5 0 ――                  

投手成績

  球数 打者
石田 3 1/3 67 20 11 1 0 4
川名 1 24 7 4 1 0 3
新井 0 0/3 10 2 0 0 2 0
三浦 1 2/3 30 7 1 0 1 0
鈴木貴 2 40 8 0 1 2 0
8 171 44 16 3 5 7

ベンチ入りメンバー

10 安慶名(経4=興南) 27 森川(営2=桐蔭学園) 8 畔上(キャ3=日大三)
14 鈴木貴(人4=済美) 1 若林(営3=桐蔭学園) 23 松田(法4=三重)
15 新井(人1=宇都宮商) 2 皆川(キャ3=西武台千葉) 25 蔵桝(営3=広陵)
16 玉熊(法2=北海) 4 岡崎(法4=作新学院) 28 齊藤秀(文4=北海学園札幌)
18 三浦(法2=三重) 5 細川(文3=福井工大福井) 29 田中(法3=愛工大名電)
19 川名(営3=安房) 6 佐藤竜(法3=作新学院) 31 清水優(文1=聖望学園)
21 石田(営4=広島工) 7 吉澤(文4=桐蔭学園) 32 水海(文1=桐光学園)
20 安本(営4=広島商) 9 金子(キャ2=日大三)    
22 中園(法4=いなべ総合学園) 24 森本(法4=中京大中京)    

戦評

 春季リーグでの雪辱を果たすべく臨んだ早大戦。早大はドラフト1位候補の有原をけがで欠き、先発を任されたのは一年生の大竹。この機に乗じて勝利を掴みたい法大は先発をエースの石田健太(営4)に託した。ラストシーズンとなる四年生として、気迫充分にマウンドへ上がった石田であったのだが・・・。

 初回、先攻の法大はあっけなく三者凡退に倒れる。迎えたその裏、3番・小野田に内野安打を許すと、4番・武藤に左中間を破るフェンス直撃の二塁打を浴び、先制点を献上する。二回には石田の球が高めに浮き、5つの単打で3失点を喫す。二回終了時時で4点のビハインドを負ってしまう苦しい立ち上がりとなった。

一刻も早く追いつきたい法大は三回に、下位打線が四球や敵失などで1死2、3塁のチャンスをつくるも、上位打線にあと一本が出ずに凡退。また試合は早大ペースで進み、五回には石田に代わってマウンドに上がった川名が4連打を許すなど流れを止められない。五回終了時でまさかの7点差となった。

 その後は五回途中から登板した三浦浩太郎(法2)と七回から登板した鈴木貴也(人4)が好リリーフを見せ、早大の追加点は許さず、反撃の機会を伺う。何とか意地を見せたい法大打線は九回、先頭の蔵桝孝宏(営3)の死球を皮切りに、代打の森本隼平(法4)が期待に応えるセンター前ヒットで無死1、2塁の場面をチャンスメイク。暴投でそれぞれ進塁し、絶好の得点圏を迎えるも後続があっけなく打ち取られゲームセット。2投手による継投での零封を喫し、大事な初戦を落とした。

 大敗となる幕開けだったが、切り替えていく他ない。明日の法大先発は玉熊将一(法2)が有力だ。今日の試合での課題と収穫を明確にすること。そして、第三戦に持ち込むことが何よりも望まれる。(原口大輝)

クローズアップ

森本隼平(長きけがよりついに復帰。思いを込めた一打)

 この選手の登場に、驚いた方もいるのではないか。甲子園で華々しい成績を残し、法大でも一年次の春から活躍。しかし、その後の野球人生は順風満帆ではない。一般の生活に支障をきたすほどの重度の腰痛を患ってしまった。

 それでも「 バッティングだけは体が悪い状態でも続けて 練習していた」とプレーをあきらめることはなかった。その努力がこの夏のキャンプ・オープン戦で認められ、秋季リーグ戦の開幕ベンチ入りメンバーを勝ち取る。そして九回、代打ながらおよそ二年ぶりの神宮の打席へ立った。

 初球だった。相手投手・柳澤一輝のボールをとらえ、詰まりながらもセンター前へ。この一打が、けがを乗り越えた何よりの証だった。

 出場機会は限られている。だからこそ一打席、一球に森本は力を込める。チームを救うために“帰ってきた男”に期待だ。(井手一樹)

試合後の監督・選手のコメント

神長英一 監督

―今日の試合を振り返って
石田が早くつかまり過ぎたので苦しかったです。相手の投手を楽にしたということですね。

―早稲田の先発が有原投手ではなく大竹投手だったことについて
何となく有原くんは故障しているという話は聞いていたので、誰が来るのかな、左投手かなというところで新人の彼が来て、二回までに4点という新人にはすごく良いプレゼントになってしまったのかと思います。

―大竹投手のピッチングについて
コントロールが良いと思います。アウトコース、インコースと土屋くんのリード通り大竹くんが投げていて、点数があったので楽に投げさせてしまったかなと。

―改めて対戦してみた早稲田のチームの印象は
1・2番の足の速い選手から、3・4・5の大砲とすごく良い打線だなという感じです。

―今日の石田投手について
ボールが高かったですね。

―リーグ戦デビューとなった川名投手について
まああんなもんじゃないですか。これから経験していくので、打たれてしまいましたけど、期待が持てると思います。

―ピッチャーのベンチ入りが6名でしたが
そうですね。ただ(今後は)6名とは限ってないです。それはまた考えます。

―佐藤竜選手が自打球で怪我してしまいましたが状態は
あまり良くないですね。明日の朝の状態を見て(出場させるか)決めます。

―1年生の大崎選手と清水雄選手がベンチ外でしたが
調子が悪いからです。

―明日の意気込みをお願いします
1勝1敗にするために頑張ります。

安慶名舜 主将 外野手(7番レフトでスタメン出場)

―今日の試合を振り返って
確かに点差が開いてしまったので完敗といえば完敗なんですけど、僕らにもチャンスはありましたし、そこをものにできなかったというところと、なんとか粘って欲しかったところで石田が崩れてしまったのが敗因です。でもまだスタートしたばかりなので、切り替えてやりたいです。

―開幕戦でしたが、どのような気持ちで試合に臨みましたか
チームとしてやるべきことはしっかりやってきたので、そこはしっかり出して行こうと話をしました。

―試合前にチームで話しあったことなどはありますか
しっかり地に足をつけて、初対戦のピッチャーだからそこはしっかり打って行こうという話はしました。

―早大の先発が有原投手ではなく大竹投手でしたが、対策は万全でしたか
データも入っていましたし、予想外と言えば予想外の先発だったんですけど、しっかり対策というのはしてきたのでチャンスも作れていましたけど、あと1本というのが出なかったのが本当に残念です。

―対戦してみて、大竹投手の印象は
思い切りのいいピッチャーだなという印象を受けました。

―今日はチーム全体として打線が沈黙してしまいましたが
最初の緊張感というのもありましたし、自分が自分がという気負いの部分が出てしまったかなと思います。だから明日はチームプレーというか、しっかり繋いでいくというのを意識してやれば全然問題ないと思うので、切り替えてやるしかないですね。

―明日への意気込みをお願いします
明日勝てばタイになるので、今日の負けというのは無駄ではないので、しっかり明日勝って第3戦まで持ち込みたいです。しっかりやりたいです。

石田健大 副将 投手(先発を務めるも4回途中で無念の降板)

―今日の投球を振り返って
全然駄目だったので、次に活かしたいと思います。

―大学ラストシーズンの開幕投手でしたが
そんなに意識はしないでやりました。

―調子はいかがでしたか
いいとは思います。

―先頭打者の出塁が失点に響いてしまった印象でした
そうですね。そこはピッチャーとして打ち取らないといけないところだと思うので、それが出来なかったことが今日の結果につながってしまったと思います。

―降板後に監督から何か言葉をかけられていましたが
状態が悪いことを分かってくれていたので、いろいろとアドバイスをもらいました。

―早大打線で気を付けていたポイントなどは
全員良いバッターなので気を付けていたんですけど、注意がもうひとつ足りなかったかなという感じです。

―グローブの色を昨年までの赤に変更されていましたが(春季リーグ戦は黒)
そんなに特別な意識はないですけど、赤は好きな色なので。

―開幕戦は厳しい船出となってしまいましたが、投手陣全体を見て感じたことなどは
神宮を経験していないピッチャーが多いので僕がしっかりやらないといけなかったんですけど、こういう結果になってしまって今日のピッチャーの結果は全て僕の責任だと思っています。

―次回の登板へ向けて
こういう形のスタートになってしまいましたけど、最後のシーズンなので切り替えていいピッチングをしていきたいと思います。

森本隼平 内野手(復帰戦で初打席初安打を記録)

―開幕戦のご感想は
チーム一丸になっていたんですけど、たまたま流れが相手側にいってしまったので、この試合に気持ちを向けていても、開幕戦は難しいなと思いました。

―ベンチ入りしたときの心境はどのようなものでしたか
今後野球やらないと決めていて就職活動もしていて、それが終わってから本格的にチームに合流したので確証はありませんでした。厳しい状況だったんですけどベンチ入りすることができて、個人的にすごくうれしかったですね。

―今日は代打での出場となりましたが、試合中はどのような準備をしていましたか
試合展開がもどかしい内容だったので、回が進むにつれ、自分が打って明日につながるようなバッティングをしようと準備をしていました。

―ランナーのいる場面での打席でしたが
展開も展開だったので、特に緊張することもなく楽しんで打席に立てたと思います。

―現在のバッティングの調子はいかがですか
バッティングは非常に調子がよくて、ボールもよく見えているので、明日もチャンスがあれば代打で出たいですね。

―明日に向けての抱負をお願いします
明日勝てば今日の負けは全然関係ないので、負けた原因をしっかりつぶして、気を引き締めて明日勝ちたいと思います。

吉澤光隆 内野手(佐藤竜に代わり、ショートで途中出場)

―今日の試合を振り返って
序盤から点を取られていて追う立場だったので、何とかして追いついていきたかったんですけど、点を取れなくて残念でした。

―ラストシーズンの開幕戦をどのような気持ちで挑みましたか
やはり初戦が大事だと思っていて、初戦をしっかり勝っていけば乗っていけると思っていました。こういう結果にはなってしまいましたけど、勝ち点を落としたわけではないので、明日またしっかりやって勝ち点を取れるように頑張りたいです。

―初戦を迎えるにあたって、チーム全体で話し合ったことは
入りが大事で、初戦なので勝ちにこだわってやっていこうと話しました。

―佐藤竜選手の自打球で急な交代でしたが、準備などはどうでしたか
いつでも動けるように準備をしていたので、大丈夫でした。

―相手ピッチャーの印象は
コントロールが良くて、それにやられてしまいました。

―初戦が春に負けた早稲田で同じ対戦カードでしたが
良い選手が揃っていて力があるチームなので、それだけに勝ったら波に乗っていけるという気持ちはあったので、初戦を勝ちたかったです。

―明日への意気込み
まだ勝ち点を落としたわけではないのでまず明日勝って、月曜日まで繋げられるように頑張ります。

川名健太郎 投手(2番手として登板した注目の大型右腕)

―今日の試合を振り返って
いきなり投げることになって、ピンチを抑えられたのは自信になりました。でも次の回に連打をくらったので、明日出る機会があったら良いピッチングができるようにしたいです。

―リーグ戦初登板ということで、どのような気持ちで挑んだか
緊張は全くしなくて、集中することだけ考えていました。100%の力を出して、マウンドに行ったら自分の仕事をしようと思っていました。

―ピンチの場面での登板でしたが、どのようなことを意識して投げたか
クリーンナップを迎えて良いバッターが揃っていたので、甘く入らないようにコースに厳しく投げれば何とかなるかなと思って投げました。

―5回に4連続安打を許してしまいましたが、相手バッターの印象は
インコースには逆らわずに打ってきていたんで、そこのタイミングをずらして投げていくようにするのが、レベルアップに繋がるかなと思います。

―1年生の新井投手に引き継ぐとき、何と声をかけましたか
ピンチをつくってしまったので、「頼んだぞ」とだけ声をかけました。

―初めての公式戦で得た収穫と課題は
ピンチの場面で抑えられたのは一つ自信になりました。でも次のイニングで打たれてしまったのが課題です。良いところはどんどん伸ばしていって、課題はつぶせるようにしていきたいと思います。

―明日への意気込みは
投げる機会があるとしたら、また今日みたいな展開だと思うので、今日抑えたようにまた次も抑えられるように、一人一人集中して100%の力で投げていきたいです。

若林晃弘 内野手(1番セカンドとしてスタメン出場)

―今日の試合を振り返って
公式戦の準備はずっとしていたので、もちろんプレッシャーはありましたし緊張もしましたけど、その中でどれだけ力が発揮できるかを考えていました。

―スタメンを告げられた時の気持ちは
オープン戦でスタメンになることが多かったので緊張とかは無く、「自分がやってやるんだ」という気持ちが湧きました。

―大竹投手の印象は
丁寧に投げてくる投手でした。

―柳沢投手の印象は
真っ直ぐで押してくる投手でしたが、悔いの無いバッティングができたと思います。

― 二回表、大事な場面で送りバントを成功させましたが
送りバントは自分に与えられた仕事なので、成功させることだけに集中していました。

―チーム全体における今日の敗因は
守備からリズムをつくれなかったことです。

―明日の試合に向けて一言
守備からリズムをつくって勝利できるように頑張ります。

三浦浩太郎 投手(4番手として好投した中継ぎ)

―リーグ戦初登板でしたが
最初は緊張していて、あの流れ的に自分が投げるだろうなって準備はしていたので、緊張しながらも自分なりに投げられたので良かったです。

―いつ頃から準備はしていましたか
石田さんと一緒に初めから準備していました。

―ランナーを背負った状況からの登板でしたが
自分の持ち味である気持ちを全面に出して投げようと思いました。

―劣勢の状況の中でも冷静なマウンドさばきでした
実際は緊張していたんですけど、それなりのピッチングができたかなと、そこは自分でほめて良いところだと思いました。

―チームのみなさんからどのような声をかけられましたか
「よく踏ん張って抑えた」って言ってもらえました。

―早大打線と対戦してみて
クリーンナップ中心に投げて、そこを抑えられたのは自信になりましたし、これからにつなげられるピッチングになったなって思いました。

―オープン戦でも登板がありましたが、開幕にむけどのような意識で取り組んでいましたか
1月からずっとけがをしていて春のリーグ戦も新人戦も投げられなくて、ずっと怪我と戦ったので、その悔しさというのも人一倍あると思いますし、この秋のリーグ戦に向けてのキャンプだったり、チャンスを頂いていたのでしっかり結果を残そうという意識がありました。

―次の試合に向けて
またチャンスがあれば、気持ち全面に出して全力で投げたいと思います。

新井諒 投手(直球が魅力の1年生右腕)

―今日のピッチングを振り返っていかがでしたか
自分のピッチングが全くできなかったので、後悔よりもチームの役に立てなくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。

―自分のピッチングとは
力のあるストレートで相手を抑えることです。

―以前神宮で投げたことはあると思いますが、リーグ戦の雰囲気はいかがでしたか
新人戦とは違い、応援団による応援があったり、リーグ初戦で相手が早稲田ということもあり、球場にたくさんの観客が入りプレッシャーで自分に負けてしまいました。

―オープン戦が終わって今日までに、どのような調整をしましたか
自分が神宮のマウンドで投げているイメージをしてきました。しかし、(マウンドに)立ってみると周りのプレッシャーが思っていた以上でした。これをいい経験ととらえ次に生かしたいです。

―高校時代と比べて、周りの環境の違いを感じますか
宇都宮商業のときに比べ、法政大学では「常に勝たなければいけない立場」で野球をやっていることを強く実感します。

―今日の試合の修正点はどこだと考えますか
投げ方などの技術ではなく気持ちの問題なので、気を強く持ちたいです。

―次の登板への意気込みを
まず気持ちで負けないようにしたいです。そして、チームの攻撃に繋がるピッチングがしたいです。

水海翔太 外野手(し烈な外野手争いに食い込む期待のルーキー)

―今日の試合を振り返って
チームとしては良くない面が出てしまったので、明日は悪いところを直していければと思います。個人としてはチャンスをもらえたので、これからも少ないチャンスになるとは思いますがそこで結果を残していきたいです。

―リーグ戦初出場となりましたが
新人戦とはまた違って応援とかもあったので、早くその雰囲気に慣れたいです。

―有原投手ではなく大竹投手との対戦でした
同じ1年生だったので、これからも何度か対戦するだろうし次は打ちたいと思います。

―明日に向けて
メンバーになるかは分からないですけど、入ったら今日みたいな少ないチャンスをものにしていきたいです。

 

 

フォトギャラリー

  • 201409131自らの復帰を祝う安打を放った森本
  • 201409132エースの石田は先発するも課題が残るピッチング
  • 201409133自打球を足に当てた佐藤竜
  • 201409134佐藤竜に代わり出場した吉澤
  • 201409135指揮官期待の大型右腕・川名
  • 201409136新井は神宮の雰囲気に飲まれ、ほろ苦いデビューとなった
  • 201409137気迫を全面に出して投球する三浦
  • 201409138初出場となったルーキーの水海
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み