硬式野球
 

【硬式野球】秋季リーグ戦開幕直前特集 第8回 宮本幸治、藤森祐太朗、大崎拓也、清水雄二

2014年9月7日(日)
法政大学川崎総合グラウンド

屈辱の5位に沈んだ春季リーグ戦からはや3ヶ月。夏のキャンプ・オープン戦を通じ、激しいレギュラー争いが行われ、1からではなく0からチーム作りがなされた。様変わりした法大ナインで再び天皇杯を目指す戦いが始まろうとしている。第8回は期待の一年生、宮本幸治選手、藤森祐太朗選手、大崎拓也選手、清水雄二選手の4名にそれぞれ話を伺った。

201409111
期待の好右腕ルーキー・宮本

宮本幸治 投手

―春季リーグが終わり、この夏特に取り組んだことは
まずは全体的に走り込みをメインにやり、体作りをもう一度1からやり直してやってきました。
 
―北海道遠征に参加されてましたが、いかがでしたか
北海道遠征はメンバーが絞られた中で、選ばれてよかったです。監督からもいろいろ指導を受けてピッチングの形をもう一度見直して、自分の中で成長できました。
 
―今の調子は
あんまり…(笑)。でも普通です。
 
―オープン戦で見つかった課題、または手ごたえを感じることは
ピッチングは前よりも思い切ってできるようになりました。先輩たちの足を引っ張らないようにもうちょっと思い切ってやりたいです。
 
ー大学野球をやっていて感じた高校野球との違いは
高校のときは気持ちの面が重要だったけど、大学では技術があってこそなので、どれだけ自分の能力を出せるかが大事だと思います。
 
―今年の夏の高校野球で注目していた選手はいますか
やっぱり富山の選手です。
 
―他大で意識してる選手、または対戦してみたい選手はいますか
まだ全然わからないけど、他の大学にはプロに行くような選手がたくさんいるので、そういう選手とは対戦したいと思います。
 
―野球部で特に尊敬している先輩や憧れの先輩は
ピッチャーでは4年生の2人(石田健大、鈴木貴也選手)が見本にしたいと思う先輩です。一番尊敬しているのはキャッチャーの安本(英正)さんです。
 
―オフの過ごし方は
同級生とどこかに行ったりします。
 
―仲が良い1年生は誰ですか
大崎(拓也)です。
 
―好きな球団、野球選手はいますか
好きな球団は特にはないんですけど、みんなが嫌いな巨人ですかね(笑)。選手は広島の前田健太投手が好きです。
 
―どんなタイプのピッチャーになりたいですか
気持ちを出すピッチャーになりたいです。
 
―最後に自分の長所と、秋のリーグ戦への意気込みをお願いします
長所は、今は1年生なので思い切ってできるのが特徴だと思うから、思い切りという気持ちを全面に出すことです。「思い切った気持ちでやっていけ」と監督にも言われているので、そういうものを出していきたいです。試合で投げられたときは自分がマウンドを守るように、投げるとしたら短いイニングだと思うので、そのイニングを大切にして投げたいと思います。
 
(取材:川畑あかり)
 

プロフィール

宮本幸治(みやもと こうじ)
経営学部1年
1996年1月11日生まれ
富山県出身・富山一
178cm、81kg・右投げ左打ち
 
 

藤森祐太朗 投手

―春は1年生ながらリーグ戦デビューを果たしましたが振り返って
1年生の中で一番最初に投げたということは、自信になりました。でも、いきなり洗礼を浴びたというか本塁打を打たれて、その後悔がずっとあるので「絶対やり返してやる」という気持ちで練習をやってきました。
 
―悔しい気持ちが残るリーグ戦の中で、何か収穫はありましたか
神宮の雰囲気を経験できたことが一番の収穫かなと思います。
 
―実際に神宮で投げてみていかがでしたか
すごい、わくわくしました。
 
―新人戦では先発を任されましたが
新人戦でも神宮という(リーグ戦と)同じ場所に立たせてもらうので、あそこで投げる以上全力でやっていこうと思いましたし、もう一度(神宮で)投げたいと思いました。
 
―入学前の大学野球のイメージとは違いましたか
打者の目つきが(高校生と)全然違うので、自分も負けていられないというのを感じました。
 
―北海道キャンプではどのようなことに取り組みましたか
キャンプでは、下半身強化ということを一番の重点に置いていきました。
 
―キャンプメンバーに選ばれたときの心境は
チームの代表として行っているので、自分のやるべきことをしっかりやっていきたいと思いました。
 
―オフの時間は北海道を満喫できましたか
1年生の新井(諒)とかと一緒にラーメンを食べに行ったりしました。
 
―キャンプやオープン戦を含め調子は
本調子という感じではないんですけど、調子どうこうとか言えないのでこれからもっと練習していきたいと思います。
 
―今、オープン戦で挑戦したり取り組んでいることはありますか
自分はそこまでストレートが速くはないので、「ずらす」ということを意識してやっています。
 
―打者のタイミングを「ずらす」ということですか
そうですね。そのために新しい球種を取り入れるようにしています。
 
―他の1年生もオープン戦で多く投げていますが意識はされますか
いや、そうでもないですね。他の1年生が出ても自分のやることは決まっているので、そ んなに影響されずに自分の役割をしっかり全うしていきたいです。
 
―目標の選手はいらっしゃいますか
やっぱり今は、同じ大学の石田健大さんを目標にしています。
 
―どんなところを
どんなに調子が悪くても自分の投球をできるところがすごいところだと思います。
 
―普段、石田投手とお話しはされますか
ピッチングのことについて質問をしたり、石田さんの考え方というのを取り入れたりしようとしています。
 
―寮や学校生活は慣れましたか
まだ1年生の仕事というのはあるんですけど、慣れてきたと思います。
 
―オフのリフレッシュ方法は
寝ることが好きなので、寝てリフレッ シュしています。
 
―1年生はどんな雰囲気ですか
明るい奴ばかりで居心地はとてもいいです。
 
―この夏高校野球を見たり、母校の応援に行かれたりしましたか
しました。自分も「こんな野球やっていたんだな」と思いました。今は立場は違いますけど、母校の試合を見て自分を見つめ直すいい機会になりました。
 
―同じ西武台千葉出身の選手たちとは話されますか
あんまり話さないですね・・・(苦笑)でも二つ上に皆川普さんという方がいらっしゃるので、神宮の経験もたくさんあってアドバイスとかはいただいでいます。
 
―どんなアドバイスをされましたか
雰囲気とかだったりを「今のままじゃ神宮で通用しないよ」と声を掛けていただいて、それが励みになっています。
 
―これからどんな投球をしていきたいですか
バッター一人ひとりに向かっていって強気に攻めて、それで結果がともなってくればいいです。
 
―アピールしていきたい点は
自分の持ち味はコントロールだと思うので、両サイドに投げ分けるコントロールと、あとは相手のタイミングをずらして投げることをアピールしていきたいです。
 
―対戦したい打者はいらっしゃいますか
明治の菅野(剛士)さんにホームランを打たれたので、もし秋のリーグ戦で勝負することがあれば今回は絶対抑えたいと思います。
 
―リーグ戦に向けて個人とチー ムの目標をお願いします
僕個人の目標はマウンドに上がった以上自分の投球を貫き通すことで、チームの目標は2季連続5位という結果なので優勝して最後は4年生に有終の美を飾らせたいです。
 
(取材:宮城風子)
 

プロフィール

藤森祐太朗(ふじもり ゆうたろう)
法学部1年
1995年4月19日生まれ
千葉県出身・西武台千葉
172cm、75kg・左投げ左打ち
 
 

大崎拓也 内野手

―春のリーグ戦を振り返って
悔しい結果に終わったので、秋のために夏必死に練習してきたので春の悔しさを忘れず秋戦っていきたいと思います。
 
―実際に試合に出てみてどのようことを感じましたか
観客も応援もすごくて緊張したんですけど、良い経験ができてのでそれを秋に生かして活躍できるように頑張りたいです。
 
―見つかった課題や収穫は
課題は守備の部分とかやっぱりまだ上級生のプレー見て学ぶところがあるので、しっかり試合を通して良くしていきたいです。収穫はヒットも打ったのでとりあえず良かったかなって思っています(笑)
 
―北海道遠征はいかがでしたか
充実したキャンプですごく楽しかったです。
 
―どのようなことを主に取り組んでいきましたか
基本的なことから取り組みました。少ない人数だったので中身の濃い練習ができました。
 
―遠征中の楽しかった思い出はありますか
1年生みんなで時計台とか行って観光しました。
 
―遠征後の調子の方は
最近落ちてきていて、やばいなって思っているので、後まだ一週間くらいあるので早稲田戦に照準合わせて調子上げて行きたいと思います。
 
―どのようなことを取り組んでいく予定ですか
バッティングですね。足もあるので合わせて攻撃できるようにしていきたいです。
 
―これまでのオープン戦の結果から足りないところや良かったと思うところは
守備の部分でとれるアウトが取れなかったりそこが課題です。良かったところは足を生かしたかき回す攻撃ができたところです。
 
―ご自身が1年生ながらオープン戦で起用されていることについて
期待されている部分があると思うので、その中で結果を残さなくてはいけないと思うので努力を怠らずしっかりと結果も出して一年生らしくはつらつとプレーしていきたいです。
 
―チーム内で自分に求められる役割はどんな事だと思いますか
盗塁してチャンス作るチャンスメイクだったり、あとは声出して頑張っていきたいです。
 
―プレーする上で大切にしていることや意識していることは
緊張しないように周りに声かけたりして野球をエンジョイしてます(笑)
 
―お手本にしている先輩はいますか
ベストナインの佐藤さんです。守備もバッティングも全てですね。
 
―サードの守備にはもう慣れましたか
距離近いので難しいんですけど、だんだん慣れてきてだいぶいけます。
 
―ポジションがかぶる先輩たちの存在とは
自分は1年生からベンチ入ったりして、試合でれない上級生もいるのでしっかり上級生に恥じないようなプレーをして、こいつだな!っていうところを見せたいです。
 
―その中で自分がアピールしていきたいと思うところは
やっぱりバッティングと走塁です。
 
―ご自身の走力を試合の中でどのように生かしていきたいと思いますか
塁に出たら初球から狙ってスキのない走塁していきたいです。
 
―この秋個人の目標は
試合に出てその試合のヒーローになれるように頑張りたいです。
 
―この秋の意気込みを教えてください
四年生が最後なので、四年生に良い思いさせられるように優勝して、四年生を笑顔で送り出したいです。
 
(取材:望月千草)
 

プロフィール

大崎拓也(おおさき たくや)
法学部1年
1995年7月17日生まれ
大阪府出身・智辯学園
181cm、78kg・右投げ左打ち
 

清水雄二 外野手

―大学の環境には慣れましたか
環境には慣れてきましたしこの野球部にも慣れてきたので、自分のことに集中出来るようになったかなと思います。
 
―春季リーグ戦をベンチの外から観ていて感じたことは
試合を観ていて自分もその中で出て活躍したいなと思っていたので、この秋に向けて頑張ろうと思ってやってきました。
 
―新人戦では素晴らしい活躍でした
リーグ戦に出られなかった分新人戦で打つことが出来たので、そこでの活躍が今につながっていると思います。
 
―新人戦に懸ける思いはやはり強かったのでしょうか
神宮でプレーするのは初めてだったですし、そこで結果を残してメンバーに入ることを目指していました。
 
―新人戦でつかんだ技術的な手応えはありますか
六大学のピッチャーは140キロを超えてくるボールを投げてくるので、そのボールに振り負けないようなスイングを心がけてやってきました。
 
―北海道キャンプではどのようなことに重点的に取り組まれましたか
振り込みです。北海道だけではなくて帰ってきてからも特打だったりで数をこなして体で覚えて、ということを試合に向けてやってきました。
 
―オープン戦でも多くの試合でベンチ入りされていますが、ベンチの雰囲気などは
大学生チーム相手にはほとんど負けていないですし、助監督にはベンチの雰囲気を大事にしろということを言われているんですけど、上級生中心に盛り上げてくれているので下級生もやりやすい雰囲気で出来ていると思います。
 
―実戦での手応えは
最近は調子を落としていてちょっと崩れかけてしまっているんですけど、たくさん打席に立たせてもらっているのでその経験を積めたことは大きいかなと思います。
 
―新人戦後に「夏は守備面を強化したい」というお話がありましたが
守備面は送球も大分良くなって自信を持って出来ているので、あとはどれだけバッティングでチームに貢献出来るかというところです。
 
―同じ1年生では大崎選手もオープン戦で活躍を見せていますが刺激になる部分はありますか
あいつが1番を打って僕が2番でリーグ戦では1、2番を1年生で打ちたいなという話はいつも大崎としています。
 
―同学年の中で特に仲の良い選手は
今はけがをしているんですけど、森龍馬です。
 
―ポジション争いが激しい外野ですが、その中でのアピールポイントは
自分は身長はないですけどつなぐバッティングで打線を切らすことなく後ろにつなぐことを心がけています。
 
―理想の選手像はありますか
自分のタイプではないんですけど、高校の先輩でもある堂林翔太選手(現・広島東洋カープ)です。あんなバッティングが出来たらいいなと思います。
 
―秋季リーグ戦での個人としての目標は
まず開幕スタメンを目指すのはもちろんですけど、スタメンで試合に出て結果を残してチームに貢献したいです。1年生なので、これからにつながるリーグ戦にしたいです。
 
―具体的な数字などはありますか
1試合1本は打ちたいです。
 
―チームとしての目標は
優勝するのはもちろん日本一になることと、4年生とやるのも最後なので4年生と勝てるように頑張りたいです。
 
(取材:遠藤礼也)
 

プロフィール

清水雄二(しみず ゆうじ)
法学部1年
1995年10月10日生まれ
岐阜県出身・中京大中京
172cm、72kg・右投げ右打ち
 

フォトギャラリー

  • 201409111期待の好右腕ルーキー・宮本
  • 201409112期待の好左腕ルーキー・藤森
  • 2014091131年生ながらブレイク寸前の大崎
  • 201409114層の厚い外野陣の中でも積極的にアピールする清水雄
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み