硬式野球
 
 

早大戦直前特集~佐々木主将、杉山選手

早大戦直前特集
取材日:4月7日

今週、春季リーグ最大の山場である早稲田との大一番が行われる。新戦力の台頭もあり、投打ともに充実した戦力を持つ早稲田。今回は主将の佐々木選手と杉山選手に話を聞いてきました。

IMG 3959 R-thumb-160x160-3553
俊足巧打の佐々木主将

佐々木主将

言葉だけでなく、プレーで引っ張りたい

―昨年度をふり返って
優勝出来なかったので悔しい1年でした。

―個人的にはどのような1年でしたか
去年からレギュラーとったので経験できたシーズンといえばそうだったんですけど、やはり優勝出来なかったので個人的にも悔しかったです。

―その中で見つけた課題や収穫は
課題はバッティングです。まだまだ大事なところで打てていないです。

―キャンプやオープン戦ではどのようなことに取り組みましたか
やはりバッティングの強化。あと守備です。しっかり守って守備のリズムから攻撃のリズムに変えていく感じです。

―いまのチーム・ご自身の調子は
チーム的には状態上がってきたと思いますし、個人的には開幕戦に向けて、という感じです。

―どのような主将になりたいですか
前々から思っていたんですけど、背中で語れるキャプテン。言葉だけじゃなくてプレーで引っ張れる風になりたいです。

目標は打率3割、盗塁10個

―新チームの雰囲気は
去年よりいいと思います。しっかり声出てて、緊張感あって、締まっていて、いい練習出来てると思います。

―新入生についてはいかがですか
やっぱり若いので元気で盛り上げてくれると思います。

―注目してほしい選手は
期待しているのは中村、高梨あたりですね。

―リーグ戦までにチームをどう仕上げていきたいですか
とりあえず守備をしっかりしていきたいですね。

―前主将土生選手がプロ入りしたことについて刺激を受けますか
そうですね。土生さんもすごく練習していて、その姿を見ていました。なので土生さんに負けないように練習してそういう姿をちゃんと後輩に見せていかなきゃいけないなと思います

―法大の印象について
法政は打撃のイメージですね。

―警戒する打者は
やっぱり多木くんですね。六大のヒットメーカーなので。

―警戒する投手は
左の石田くんです。あとミッシー(三嶋)も要注意ですね。

―法大で親交のある選手はいますか
多木とか建部も仲いいですね。あと高木悠貴とかミッシーとか。

―春季リーグ戦での個人成績の目標は
打率3割は越えたいですね。あと盗塁10個くらいしたいです。

―最後にチーム目標と春季リーグ戦の意気込みをお願いします
目標は優勝です。意気込みはそれに向けて頑張ります。

  

杉山選手

課題は勝負強さ

―昨年をふり返って
自分自身の成績はそこそこ良かったんですけど、優勝出来なかった点で悔しい思いをしたシーズンになりました。

―秋季リーグ戦2位という結果について
やはり満足もしていませんし、優勝目指してやっていたので悔しかったのが一番です。

―最近の調子は
オープン戦を通じて状態もいいので、調子がいいと言っていいと思います。

―いまリーグ戦に向けて具体的にどのような練習をしていますか
主に実践向けの練習が多くて、ランナーがいた場合のケースのノック、バッティングをやっています。

―いまご自身の課題は
勝負強さという面で得点圏にランナーがいたときにいかに打てるかが自分自身の課題だと思います。

―チームの調子は
オープン戦始まった当初よりは試合も慣れはじめてきて、状態も良くなってきていると思います。

―副将として、今年はどんなチームになると思いますか
今年のチームは昨年同様ホームランがたくさん打てるとかそういうことは無いので、次に次につなげる野球、貪欲に点を取りにいくチームだと思います。

自分自身と戦っていきたい

―4番も任されていますが、意識していることは
監督さんにもいつも言われているんですけど4番らしく堂々と打席で打つようにと言われているので、早稲田の4番は重いというか光栄な打順でもあるので恥じないようなバッティングをしたいと思います。

―昨年度はベストナインにも選ばれましたが
不調好調の波があまり無かったことが一番の要因だと思うので、今年もシーズン通して波があまりないように自分自身調整してやっていきたいです。

―昨年度は内野手として活躍されていましたが、今季の守備位置について
捕手がないとは言いきれないですが、基本的には内野手をやると思います。

―チームで注目の選手は
投手陣だと吉永、高梨の後輩2人です。この2人が先発で投げると思うので頑張ってほしいです。野手では4年生の出ているメンバーがどれだけ打てるかが重要になってくると思うので、4年生が注目というか頑張ってほしいです。

―佐々木主将について
正直喋る方がそんなに得意ではないのでプレーでチームを引っ張る、背中で引っ張る主将だと思います。

―法大の印象は
同期で多木、建部、土井といった経験豊富な同期がたくさんいるので、どのチームでもそうなんですけど力を抜けるようなチームじゃないですね。特に投手の石田くんだったり良い球投げてる投手がたくさんいるので手強いと言うしかないです。

―法大で仲のいい選手はいますか
三嶋だったり多木とは日本代表で一緒だったので、すごく仲がいいです。建部土井など基本的に4年生とは仲がいいです

―ベストナイン、日本代表について
狙うことは狙うんですけどまずは優勝して、それで結果的にベストナインが1番いいです。優勝してもないのにベストナイン取っても本当に喜べるか、と言われたら喜べないので優勝してベストナイン取りたいです。

―最終学年として、春季リーグで意識していることや意気込みを
春リーグ戦で優勝だけを目標に新チーム始まってからずっとやってきました。結果を残して雪辱を晴らせるように1試合1試合やっていきたいと思います。

―最後に個人目標をお願いします
前回の打率もそうなんですけど、最低でも3割以上は絶対に打ちたいです。得点圏打率も、前回の自分の成績を上回れるように自分自身と戦っていきたいと思います。

展望  

明大と激闘の末、勝ち点を落とした法大。優勝するためには勝ち続けるしかない法大は今週、優勝候補筆頭の早大とぶつかる。斎藤(現北海道日本ハム)、大石(現西武)、福井(現広島)のドラ1トリオが抜けた昨季は春季リーグで5位に沈み、苦しんだ。しかし、秋には当時1年生だった高梨が先発として一本立ち、野手では同じく1年生だった中村が大ブレークするなど、新しい戦力が台頭し、2位に躍進した。そして、今年…底上げされた投手陣と昨年以上の強力打線を擁し、東大、立教を圧倒。4連勝と開幕ダッシュに成功。

ここまで4試合で37得点と早大打線は六大学ナンバーワンの破壊力を持っている。早大打線の特徴はどこからでも点の取れる切れ目のない打線だ。1,2番は俊足巧打の佐々木と大野。まずはこの二人を塁に出さないことがカギとなってくる。無駄な四死球は避けたいところ。中軸には昨年、1番打者として活躍した中村に高橋、地引の4年生コンビ。6,7番には打率4割越えの茂木と7割をマークする小野田が控え、気を抜くと一気に攻められるだろう。ここに東大戦で本塁打を放った杉山が4番に戻れば、さらに厚みが増す。明大戦のようなエラーやミスは命取りとなる。

 投手陣も抜群の安定感を見せている。4試合でわずか2点しかとられていない。先発は昨秋に5勝を挙げた高梨と東大戦でデビューし、立教を3安打完封に抑えた期待のルーキー吉永。この2人が安定した投球を見せ、試合を作っている。後ろには復調の気配を見せる横山や昨年、経験を積んだ有原などが控え、なかなかチャンスは作れないだろう。

 対する法大は明大戦での疲労が心配される。特に投手陣は総力戦となり、特に先発の三嶋と石田は厳しい試合展開の中、3試合に登板している。ピッチングの調子自体もいいとは言えない。慶大、立教戦では抜群の安定感を誇ったが、明大戦ではコントロールを乱し、甘い球を痛打された。早大戦では今まで以上に先発のピッチングが勝敗を左右することは間違いないだろう。二人の復調がカギを握る。中継ぎ陣は鈴木貴が3試合連続無失点、宮崎が腰痛から復帰し、ロングリリーフをこなすなど明るい材料が多い。早大戦も総力戦になることが予想されるが勝負所で踏ん張れるか注目である。

 打線も調子は良くないものの、少ないチャンスをものにし、なんとか得点を挙げている。明大戦では犠打やエンドランで走者を進めるつなぎの野球で粘り強さを見せた。しかし、多木が極度の不振に陥り、開幕時は好調だった西浦も調子が下降気味で中軸に当たりがないのが不安要素である。

 明大戦では全試合で先制点を奪われる苦しい試合展開となった。早大戦では打線が少ないチャンスをものにし、投手陣は勝負所で踏ん張り、逃げ切るという法大の野球を見せてほしい。このカードは優勝に直結する絶対に負けられない戦いである。現時点で法大にずば抜けて調子のいい選手はいない。しかし、明大戦で見せた粘りは今年のスローガンである『結束』を象徴していた。開幕前、建部はこう話していた「応援してくれる人たちと神宮で嬉し泣きしたい」。選手だけではなく、スタンドにいる応援団、OB、ファンが一つに『結束』し、早大を叩けば、神宮で嬉し泣きする日も近くなるだろう。(木田祐輔)

フォトギャラリー

  • IMG 3959 R-thumb-160x160-3553俊足巧打の佐々木主将
  • IMG 3950 R-thumb-160x160-3554早稲田の4番に座る杉山
  • IMG 9936 R-thumb-160x160-3555不振からの脱却目指す多木
  • IMG 0055 R-thumb-160x160-3556慶大、立教戦での調子を取り戻せるか三嶋
  • IMG 9990 R-thumb-160x160-3557チームメイトからの信頼が厚い建部
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み