硬式野球
 
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対明大4回戦 遠かった...あと一本

東京六大学野球春季リーグ戦 第4週 VS明 大 4回戦
5月8日(火)
会場:神宮球場

この試合勝てば優勝が大きく近づく法大。一方、優勝戦線に残るためにはなんとしても勝たなければならない明大。今日も意地と意地がぶつかり合う熱い”法明戦”が繰り広げられた。

IMG 1494 R-thumb-160x160-3539
最後は石田が打たれ、万事休す

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 0 0
法 大 0 0 0 0

(法大)船本、梅田、宮崎、●石田(3勝1敗)、鈴木貴。‐土井。
(明大)月田、○関谷(2勝2敗)。‐高橋隼。
 

戦評

1勝1敗1分けと両校全く譲らずにいよいよ第4戦を迎えた「血の法明戦」。連日の同点、逆転劇で勢いに乗る法大ナインは総力戦で宿敵・明大に挑む。試合は両校の勝利への執念がぶつかりあう激戦となった。

 法大の先発は船本。初回いきなり先頭打者の福田に四球を与えると3番・高山にも内野安打を許し1死1,3塁。ここで昨日3安打2打点を許した4番・石川に犠牲フライを打たれ、この試合も明大に先制を許してしまう。さらにその後二塁手・高木悠のエラーで追加点を与え、立ち上がり2点を失ってしまう。

 一方の法大は2回裏に6番・多木が振り逃げで出塁すると続く7番・伊藤慎が左前安打で続き無死1,2塁。8番・土井がしっかり犠打を決めると9番・船本の遊ゴロの間に多木が生還、相手のミスを逃さずに1点を返す。

しかし先発船本が粘れない。3回表に2死2塁からまたも明大の4番・石川にタイムリーを許し点差は再び2点に広がってしまう。

 試合が動いたのは6回裏。先頭の7番・伊藤慎が2安打目となる内野安打で出塁すると、8番・土井が左越え二塁打を打ち1点を返す。

さらに7回裏、2死2塁と同点のチャンスで6番・多木を迎えると、ここで金光監督は代打・大城戸を送る。不振に苦しんでいるとはいえ、多木に対してはこれまで全幅の信頼を寄せていただけに勝利への執念を見せる。この場面で大城戸はセカンドゴロかと思われるが明大の二塁手・福田がエラー。2塁走者・高木悠が生還しついに同点に追いつく。

一方投手陣は船本の後、梅田、宮崎の継投で明大打線を無失点に抑えていたが、8回表、この回で4イニング目に突入した宮崎が2死1、3塁のピンチを迎える。ここでマウンドに上がったのは一昨日、昨日と連日5イニングを投げている石田。疲労が心配されたがこのピンチで8番代打・水井を投ゴロに打ち取り無失点で切り抜ける。

しかし9回表、石田は1死2塁のピンチを招くと3番・高山に痛恨のセンターオーバーとなる二塁打を打たれ土壇場で勝ち越しを許す。さらに続く4番・石川にレフト前に運ばれ決定的な5点目を奪われてしまった。

迎えた9回裏。先頭の1番・建部がストレートの四球を選ぶと法大の“連日の驚異的な粘り強さ”から場内はどよめき始める。続く2番・岩澤は2ボール2ストライクからの6球目をとらえ鋭い当たりをショートに放つも結果はダブルプレー。最後は3番・高木悠が二ゴロに倒れゲームセット。4日間にも及ぶ熱闘はついに幕を閉じた。

 宿敵・明大に惜しくも敗れ、今季初めて勝ち点を落とした法大。しかし4日後には優勝争いの大一番となる早大戦を迎えるため下を向いている暇はない。連勝で早大を破り、一気に優勝へと突き進みたいところだ。 

 

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

ー今日の試合を振り返って
今日の試合もビハインドから始まっているので、なかなかうちのリズムを掴めず、追っかける展開になってしまったのでね。 この明治戦はうちのペースで戦えなかったという感じですかね。

ー先頭打者に出塁を許してしまうケースが多かったですが
まあ、慎重にいった結果でコントロールを乱したのかもしれませんね。 

ーチャンスで多木選手のところに代打を出しましたが
内容が悪すぎるのでね、その前の満塁でも見逃し三振ですから、精神的にも難しいかなと思って代えました。

ー宮崎投手が3回3分の2とロングリリーフでしたが
彼も故障上がりなんですが、どこまでいけるのかなとい感じで出したんですけどね、よく投げたと思います。

ー今季、初めて勝ち点を落としてしまいましたが
混戦のリーグ戦になると思ってますので、明治には負けましたが、次の早稲田は叩かないといけない相手なので、全力で勝ち点を取りに行きたいと思います。

ー早稲田戦への意気込みを
もう選手はギリギリのところでやってますから、この悔しさを早稲田戦にぶつけてくれたらいいと思います

建部選手(1打数0安打4四死球)

-今日の試合を振り返って
悔しいの一言、それだけです。 

-今日の試合の敗因は
チャンスで一打が出なかったところですね 

-明大の印象は
チームの雰囲気では負けていないと感じました。さっきも言ったとおりチャンスで一打が出るか出ないか、そこに差があったと思います。

-ベンチの雰囲気は
雰囲気はとても良いです。最後まで集中を持続できました。 

-主将としてナインに何か声をかけたりはしましたか
自分から言ったことはありません。みんなからそういうの(諦めないこと)を教えてもらいました。自分が打てなくても誰か打ってくれ、と思っていました。

-早大戦への意気込みを
今日負けた悔しさを持って2連勝したいです。

宮崎投手(3回3分の2被安打1四死球3奪三振4自責点0)

―今日の試合を振り返って
初回2点先制されて、4回戦までずっと先制とられてる中で、その流れでいつ追い付けるかっていう焦りみたいなものがピッチャーの中にもあって、追い付いたのに点とられたってことは詰めが甘かったのかなと思います。

—今日の調子はいかがでしたか
ケガから復帰して投げられるか心配だったんですけど、チームに貢献できるように頑張れればと思ったんですけど、まあ調子はいつも通りですね。

—ケガはもう大丈夫ということですか
はい。

—腰痛と小耳に挟みましたが
腰痛…そうですね。筋肉疲労というか。

—明治打線の印象はいかがでしたか
1番から9番まで気が抜けないバッターが揃ってて、今日はとくに関谷や山崎が良くて強力な印象でしたね。

—土井選手からは何か声はかけられましたか
力入ってるからリラックスしろと言われました。

—ロングリリーフでしたがスタミナ的にはいかがでしたか
いけるとこまで投げるっていうのが、今自分に与えられたことなので、とにかくしっかり投げることを考えました。

—次の試合に向けて意気込みを
まだ優勝狙える位置には立ってると思うので、早稲田戦勝って優勝に近づけたいです 

 

石田投手(1回被安打3自責点2)

―今日の試合をふり返って
負けてはいけない場面で試合に出させてもらうことは信頼されてるということなので良いことなんですけど、そこで抑えられないと意味がないので今回は全然駄目です。 

―3連投となりましたが疲労は
結構あったんですけど、そんなこと言ってる場合じゃないのでとりあえず投げるだけでした。

―どのように試合に入っていきましたか
最初負けていたんですけど、追い付いたので自分が抑えていかなきゃいけないという気持ちがありました。

―回の途中からの登板となりましたが準備の方は
ずっと作ってたので大丈夫でした。

 ―走者のいる場面での登板でしたが投げづらさは
あの回は全然打たれる気もしなくて大丈夫でした。

―前回の登板と変化したことは
あんまり明大戦でいいときは無かったんですけど、徐々に調整できてきたので良かったんじゃないかなと思ってます。しかし、また今日駄目な方にいってしまったので早稲田戦に切り替えてやっていきたいと思います。

―失点した場面について
1死とれて少し安心して、走者を出してそこから抑えれば良かったんですけど甘く球が入ってしまったのでそこだけですね。

―投手陣、チームの雰囲気は
全然悪くないと思うのでこういう投手の失点を減らしていけば負ける試合はないと思います。

―早稲田戦に向けて
今日は駄目なピッチングをしたんですけどやっぱり切り替えていかなきゃいけないので早稲田戦に連勝出来るように、貢献したいです。

土井選手(3打数2安打1打点)

-今日の試合を振りかえって
悔しいですけどまだ優勝の可能性はあるので切り換えて行きたいです。

 -6回のタイムリーではどのような心境で打席に入られましたか
とりあえず(伊藤)慎吾が出てくれたのでバントかなと思ったのですが、監督のサインがバスターエンドランだったのでここは思い切っていくしかないなと思って力を抜いて振り切ったのが良い結果的に繋がったのかなと思います。

-投手陣の調子は
やっぱり構えたところにボールが来てないのとフォアボールが多いので調子が悪いなりにも抑えられるリードを僕自身していかないといけないなと。

-石田選手が結果的に打たれましたが土井選手から見て疲労は感じましたか
疲れというかボールが高い分だけそれだけ打球も飛んでいってしまうので、自分もパスボールをしてしまってピッチャーが高めに多くなってしまった部分もあるので、自分自身もしっかり確実に止める練習をしなきゃいけないと思いました。

-今日見つかった自身の課題と収穫は
課題はやはりピンチの時にどれだけ攻めたリードが出来るかだと思います。収穫は気持ちの面で自分の駄目な面が出たのでそこを次の早稲田戦では修正して活かしていきたいと思います。

-次週は早稲田戦ですが今季の早稲田についてはいかがですか
ピッチャーもいいですし、バッターも打率が高い選手が多いので明治戦同様に厳しい戦いになると思います。なのでいかに無駄な失点を無くしていくかですね。自分は早稲田戦と明治戦がやはり鍵になりますし手強い相手になると思っていたので早稲田戦は絶対に負けないようにこれから3日間しかないですけどしっかり練習していきたいです。

-次戦にむけて
とりあえず0点に抑えることを目標に、自分のバッティングはいいのでキャッチャーである以上はそこを重視していきたいです。

  

伊藤慎(4打数2安打)


―今日の試合をふり返って
今日は本当に勝ちたかったなと思います。

―どうのように試合に入りましたか
とにかくいつもと変わらずに自分たちのやれることやるという気持ちで試合に入りました。 

―安打も放ちましたがバッティングの調子は
この4試合やった中では一番良かったと思います。 

―バッティングで心がけていることは
とにかく力まずにいこうと思っていました。 

―明大投手陣について
コントロールも良くて、インコースもどんどん攻めてくる印象があります。 

―いまのチームの雰囲気は
雰囲気は全然良かったと思うので、次の早稲田に全力で望んでいこうと思います。 

―次の試合はどのような展開にしたいですか
どういう試合展開っていうよりも、勝ちたいという気持ちです。 

―次の試合の意気込みをお願いします
勝つだけなので、勝つために何が出来るかを考えてやっていきたいと思います。   

フォトギャラリー

  • IMG 1494 R-thumb-160x160-3539最後は石田が打たれ、万事休す
  • IMG 0635 R-thumb-160x160-3540最後は石田が打たれ、万事休す
  • IMG 0679 R-thumb-160x160-3545今季2試合目の登板となる梅田
  • IMG 0854 R-thumb-160x160-3542タイムリーを含む2安打をマークした土井
  • IMG 0746 R-thumb-160x160-3541ロングリリーフで好投を見せた宮崎
  • IMG 1057 R-thumb-160x160-3543安定して安打を重ねる高木悠
  • IMG 1524 R-thumb-160x160-35463連投となった鈴木貴
  • IMG 1496 R-thumb-160x160-354415打数7安打8打点と法政を苦しめた石川
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み