硬式野球
 

【硬式野球】秋季リーグ戦開幕直前特集 第7回 玉熊将一、金子凌也

 2014年9月7日(日)
法政大学川崎総合グラウンド

屈辱の5位に沈んだ春季リーグ戦からはや3ヶ月。夏のキャンプ・オープン戦を通じ、激しいレギュラー争いが行われ、1からではなく0からチーム作りがなされた。様変わりした法大ナインで再び天皇杯を目指す戦いが始まろうとしている。第7回は期待の2年生である玉熊将一選手、金子凌也選手に話を伺った。

201409115
2戦目の先発として期待される玉熊

玉熊将一 投手

―春のリーグ戦、主に二回戦の先発として、初勝利も飾りました。リーグ戦を振り返って、どのような印象を持ちましたか
沢山のイニングを投げさせてもらったのですが、思うような結果が出せなくて、チームもふがいない結果に終わってしまいました。第二戦は重要なので、秋のリーグ戦でも投げさせてもらうことがあれば、春よりもっと良い成績を残したいです。
 
―リーグ戦で、課題は見つかりましたか
リーグ戦を通して投げる体力がまだまだ足りないと思いました。
 
―北海道三笠でのキャンプでは、どのようなことに取り組みましたか
涼しい環境だったので、投げ込みを中心に、投げる体力を付けてきました。
 
―オープン戦で試してみたことは
もう一度、コントロールの面でどれぐらい通用するのか、何を投げれば抑えられるのかということを試しました。
 
―チーム内で目標とする選手は
石田さんであったり、同じ右投手の鈴木さんです。二人とも目標にしている先輩です。
 
―では、チーム内で刺激を受ける選手は
同い年のピッチャー陣は特に刺激を受けますね。あと野手はアドバイスをくれるので、とても良い仲間だと思っています。
 
―ご自分で、自身の性格はどのようなものだと思いますか
結構真面目で、マイペースだと思います。
 
―一週間後に迫った開幕に向けて、ご自身の目標をお願いします
春は自分の思うような結果が出なくていろいろ課題が見つかって。その課題をつぶすために練習してきたので、秋のリーグ戦で披露できればと思います。
 
―対戦してみたいチームやバッターはいますか
特に誰かというのではなくて、一つ一つの大学、バッターに、一生懸命投げていきたいと思います。
 
―アピールポイントしていきたいところは
コントロールです。
 
―秋期リーグ戦は、春と同じ早稲田大学からの対戦です。初戦に向けての意気込みをお願いします
どこで投げるかはわかんないんですけど、どんな場面でも投げれるように準備をして、しっかり抑えたいと思います。
 
―最後に、法政の優勝を願うファンの方々に、メッセージをお願いします
一球一球、一生懸命がんばるので、応援よろしくお願いします!
 
(取材:井手一樹)
 

プロフィール

玉熊将一(たまくま しょういち)
法学部2年
1994年6月17日生まれ
北海道出身・北海
180cm、80kg・右投げ右打ち
 
 
 

金子凌也 内野手

―春季リーグ戦を振り返って
春は主軸として出場させてもらったんですけど、とても不甲斐ない結果となってしまったので悔しいシーズンとなりました。
 
―スタメンに定着して出場してみて感じだことは
リーグ戦は長いので調子とかコンディションを長い間維持するということはとても難しいことだなと感じました。
 
―けがから復帰を遂げてのリーグ戦出場はどのようなことを感じましたか
けがの時に迷惑をかけた人達がいたので、その人達にも自分の元気な姿を活躍して見せられたらいいなと思いました。
 
―試合に出て自分に足りないと思ったり良かったと思ったところはありましたか
足りないところは沢山ありますね。バッティングが思うようにいかなかったのでもう一回自分のバッティングというものを見つめ直したいです。良かったところはないですね(笑)
 
―春季リーグ戦が終わってチームの練習メニューが少し変わったと伺いましたが
リーグ戦が終わってからはランニング期間といって走り込みの時期というのがあって、それからその後は今まで全員でやっていた練習がメンバーを、広く浅くだったのが狭く深くというか、絞り込まれてそこから少ない人数でやるというのが変わったと思います。
 
―ポジションごとでやったりするのですか
130人いる中で全員でやっていたのが30人とか絞り込んで、その人数でさらに練習したりポジションごとに特別に特守とか個人でとかそういう絞られてやるという練習が前と変わりましたね。
 
―北海道遠征はいかがでしたか
涼しくてとてもやりやすい環境で、考えて練習できたので、こっちだと熱いのでやっぱりやることだけで精一杯になってしまって少し余裕があって練習できたというのが良かったと思います。
 
―その中で中心的に取り組んだことは
土のグラウンドだったので足を使って守備をするということと、あとは下半身を使ってのバッティングです。下を意識してやりました。
 
―収穫や課題などはみつかましたか
いつも人工芝でやっているので、まだまだ足が使えていない部分も分かってそれが課題だと思います。収穫は色々考えてできたので、自分の中の感覚というのが良くなったと思います。
 
―遠征中のオフとかで楽しかった思い出はありますか
北海道は食事がおいしいので、食べ歩きとかしました。そのくらいですかね(笑)
 
―遠征後の調子の方はいかがですか
まだまだって感じです。
 
―今後どのようなことに取り組んでいこうと考えていますか
やっぱりビデオとか色々な人の見た感想を聞いて、自分なりに研究とかイメージしてそれを練習して試合でできるように振り込んで試合に臨みたいです。
 
―現在オープン戦では下位打線を務めていますがその点について
自分は結果としてもまだまだですし信用とか信頼もまだまだだと思うので、それを秋に信頼とか掴みたいと思ってますし、試合に出れることは今の自分にとって目標というかすごく重要なことなので打順とかは気にせずにやっています。
 
―この夏はオールスターにも出場されましたが、三塁手を務めてみていかがでしたか
ファーストよりは守りやすいので、久しぶりにやったというのもあって楽しかったです。
 
―チームの中で自分に求められる役割はどんなことだと思いますか
チャンスメイクだったり、数多くヒットを打って大事な場面でも一本打つことだと思っています。
 
―プレーする上で意識していることや大切にしていることは
本能というか、試合では考えすぎないで試合とかそのプレーに自分が入っていくっていうのを心がけています。
 
―お手本にしている先輩はいますか
上級生はみんなお手本です(笑) チームを引っ張っていっている姿を見習って自分も上級生になったらできたらいいなと思っています。
 
―昨年の秋はつらいシーズンとなりましたが一年経った今年の秋に強い思いはありますか
昨年の秋はケガもあって出れなかったので、春はまだまだ結果を出せていないので結果を出して周りに恩返しというか、やれるんだというのを見せていけたらいいなと思います。
 
―個人での目標はありますか
首位打者を目指したいです。
 
―この秋に向けての意気込みをお願いします
チームの勝利が一番だと思うのでどんな形であろうとチームに貢献できるような一打やプレーをしていけたらいいなと思っています。
 
(取材:望月千草)
 

プロフィール

金子凌也(かねこ りょうや)
キャリアデザイン学部2年
1994年6月4日生まれ
東京都出身・日大三
180cm、80kg・右投げ左打ち
 

フォトギャラリー

  • 2014091152戦目の先発として期待される玉熊
  • 201409116力強い打撃でチームへの貢献を目指す金子
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み