硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 第5回 守備から勝利へ! 捕手・4年生内野手インタビュー ~後藤克基選手、小林満平選手、吉岡郁哉選手~

2018年8月22日(水)
法政大学野球部合宿所

『優勝候補筆頭』と言われながら、第2カードの時点で優勝可能性が消滅した昨季。優勝を知らない世代を今年で途絶えさせるべく、今季こそ優勝を目指す法大野球部は、9月8日(土)に初戦である早大戦を控える。今回は、12季ぶりの優勝に向けて、昨季の不振からの復活に燃える小林満平(法4)、代打の切り札の吉岡郁哉(営4)、期待のルーキーである後藤克基(法1)の3選手に今季リーグ戦への思いや夏期の取り組みなどを伺った。

kobayashi
不振に終わった昨季から復活を誓う小林

選手インタビュー

後藤 克基 捕手

–昨季のフレッシュリーグを振り返って
自分のできるプレーがなかなかできませんでした。ピッチャーを引っ張ることはできたんですけど、バッティング面では自分の持ち味を引き出すことはできませんでした。

–神宮球場の雰囲気はいかがですか
中学生の時に全国大会で4回くらい使っていて、大体こんな感じかなとは思っていたのですが、大学生になって改めて神宮球場に入るとすごいなという雰囲気は感じました。

–高校と大学の試合の雰囲気の違いはどうでしたか
リーグ戦を応援していて感じていたのですが、高校野球の応援もすごいと思いますが大学野球も全然レベルが違って、また違った野球が見れたと思いました。

–フレッシュリーグで見つかった課題点は
自分の持ち味がしっかり出せなかったのが課題ですね。次、神宮で試合するときにはしっかり出せたらいいなと思っています。

–夏に重点的に練習したことは
(大学は高校と違い)ピッチャーのレベルが上がって速い真っすぐに対応できない部分がありました。なので、ピッチングマシンで少し速いボールを打ったりして、心がけて練習しました。

–オープン戦の調子は
バッティングの調子は上がってきています。しかし、守備の面でピッチャーの変化球のキレであったり、配球であったりが高校とは全然違い、レベルが高くてそこには追い付けていないと感じました。キャッチャーとしてもっと守備力を上げたいと思っています。オープン戦を通じて、自分のキャッチャーとしてのレベルを改めて痛感しました。

–オープン戦では中村浩人(営4)選手に代わり先発マスクを被ることがありましたが
はじめ聞いた時はびっくりしました。まさか自分がスタメンで出るとは思っていなかったです。スタメンで出てみて、やっぱりレベルが全然違ってびっくりすることもありましたが、自分のできることをやっていこうと思ってプレーしました。

–オープン戦に引き続き今季リーグ戦でもマスクを被るために、今足りないと思うことは
やっぱりキャッチャーとしての守備力ですね。全体的にピッチャーを引っ張る力であったり、フレッシュ(リーグ)と違って上級生のボールを捕ったりすることがリーグ戦ではあると思います。そういった部分でピッチャーを引っ張ったリードができるかどうか、セカンドスローをしっかり投げることができるかどうかが自分の課題になってくると思うので、そこを重点的にできるようにしていきたいです。

–フレッシュトーナメントの方でも捕手のポジション争いが白熱すると思いますが
(フレッシュ)トーナメントも迫ってきているので、今できることをしっかりこなして足りない部分を見つけながら、他のキャッチャーよりも良い部分を伸ばすことは大事だと思います。それだけでなく、他のキャッチャーより欠けている部分に追い付いて追い越すこともしっかりやっていきたいです。

–期待のルーキーとして注目されていると感じますが
期待してもらっている分、その期待に応えられるような活躍ができたらいいなと思っています。この六大学リーグの中でも1年生が活躍している大学も結構あるので、そういった1年生には負けないようにしたいと思っています。

–現在のコンディションは
キャッチャーとしての練習が増えてきて、下半身のトレーニングが多くなってきています。コンディション的には万全とまでは言えない良いです。しかし、追い込んでいる部分もあって体には重さを感じるのですが、そこまで疲れてはいないです。

–開幕に向けて重点的に練習していきたいことは
バッティングの面でもレベルアップしたいと考えています。キャッチャーとしてもピッチャーに信頼されるようなキャッチャーになりたいと思っているので、どうしたら信頼されるキャッチャーになれるかを考えながら練習をしていきたいと考えています。

–自身のアピールポイントは
力強いバッティングです。他にも、右方向にも力強い打球を打つことができることですね。

–どんな選手になっていきたいですか
中村浩人さんのような選手になっていきたいです。浩人さんのようなキャッチャーになりたいと一番思っているのですが、浩人さんのようになるというよりは、浩人さんを追い越せるようなキャッチャーになれたらいいなと思っています。 (中村選手は)今まで間近で見できたキャッチャーの中で一番うまいなと感じています。一緒にキャッチャー練習をしている中でフットワークだったり、キャッチングであったり、セカンドスローであったりといった部分で、ピッチャーから信頼されるようなキャッチャーかなと思うのでそういった部分で尊敬しています。

–今後の目標は
まずはリーグ戦出場です。チームの勝利に貢献できたらいいなと思っています。

–最後に今季に向けての意気込みを
まだメンバーに入れるかわからないのですが、リーグ戦出場というのを目標にしながら、自分が出場しチームの勝利に貢献できたらいいなと思います。
gotou
後藤克基(ごとう・かつき)
法学部1年 1999年8月26日生まれ
兵庫県出身・滋賀学園
172㎝83㎏・右投右打
昨季成績:リーグ戦出場なし
『力強いバッティングが持ち味の1年生捕手。夏季オープン戦では先発マスクを被ることもあり監督からの信頼も厚い。今季、リーグ戦デビューを果たし将来の法大の扇の要となる礎を築けるか。今後の成長に目が離せない大型ルーキーの1人だ』

 小林 満平 内野手

–昨季を振り返って
チームも優勝を目指していましたし、優勝できなかったのがまず悔しかったです。主軸として結果を出せなかった悔しさはすごくあります。

–具体的な反省点は 
春のオープン戦はずっと調子良かったので、オープン戦と同じようにプレーができればよかったのですが、自分が崩れてしまって、チームも最初の2節で勝ち点が取れないということになってしまいました。もっと攻撃面でチームに貢献したかったです。

–オープン戦について
出ていた最初の頃は、いつも通りのプレーをするのが難しいと春に改めて感じたので、あまり目先の結果に一喜一憂せずに、このオープン戦や秋は取り組もうかなと思っていました。

–昨季以降取り組んできたことは
春はすごい力強く振る、しっかり振るということを意識して臨んだシーズンでしたが、あまりうまくいきませんでした。今まではボールの力をうまく使って芯に当てるというバッティングをしていました。元に戻すつもりはないですが、その中間くらいというか、もう一度自分のスタイルを確認する取り組みだったり練習だったりをしてきました。

–守備については
事情があり、今までのように内野と外野両方に取り組んだりはしていなくて、外野として守備の方の練習をずっとしてきました。

–重点的に取り組んできたことは
バッティングですね。ヘッドをうまく使うという、バットの使い方をもう一度見直しました。春の途中からしっかり振ると掲げて臨んだのですが、それが悪い方向にいってしまったので、もう一度バットをうまく使って打つということに取り組んできました。

–どんな練習をしたか
チーム全体で短いバットで片手打ちをすることに重点的に取り組んできました。六大学のピッチャーは変化球が良いピッチャーが多いので、それをうまくバットを使って拾う練習をしてきました。短いバットを使ったティーバッティングなどをしました。

–大学野球最後の夏でした
今年は暑かったので(笑)。毎年北海道に合宿で行っていたのですが、北海道はすごく涼しかったなあと。今年は武蔵小杉でずっとやってて、とにかく暑いという印象しかないです(笑)。今もですけど。

–秋季リーグ戦がまもなく始まりますが、自分のここを見てほしい、というところは
良いときは自分から仕掛けていくというのが自分のスタイルだったのですが、春はあまり結果が出なかったこともあって消極的な打席を増やしてしまったのが反省としてあります。4年目ですけど、もう一度2、3年のときのような自分から仕掛ける攻撃や守備をしたいと思っています。

–最後のリーグ戦となります
あっという間すぎて。高校野球の3年間もあっという間だったのですが、大学4年間は、特に2年生になってからあっという間で。もう8シーズン目なのかというのもあります。無駄したとか、あのときああしとけばよかったというのはないのですが、とにかく早かったです。なので、最後に優勝できるようにチームで取り組んできたのでみんなで優勝できたらと思います。

–意気込みをお願いします
毎シーズン、ファンの皆さんには期待してもらって、たくさん応援してもらっているのですが、大体最初の2カードで連敗して、その後這い上がる姿しか見せられていません。最初の早稲田戦、明治戦を是が非でも取って絶対優勝争いをして、そこで勝ち切るのももちろんですけど、まずは開幕週を絶対取るっていう強い気持ちと、最後のシーズンなので、全力プレーしたいと思っているので頑張ります。
(取材:八木原綾乃)
kobayashi
小林満平(こばやし・まんぺい)
法学部4年 1996年11月8日生まれ
愛知県出身・中京大中京
175㎝80㎏・右投左打
昨季成績:9試合 25打席22打数 2安打 0本塁打 2打点 2四死球 11三振 打率.091
『昨季調子を崩した打撃だったが、バットの使い方から自分のスタイルを見直し、積極的に仕掛けていく攻撃を目指す』

吉岡 郁哉 内野手

–昨季を振り返って
本当に日本一を目指してやってきていた中で、第1節、第2節というのを落として自力優勝がなくなってしまったので、本当に悔しかったですね。

–吉岡選手自身は途中ベンチを外れた時期もありました 
そうですね。けがで(外れた)。3年の春の前もけがしてしまって、今回もけがしてしまって。本当にリーグ戦中やリーグ戦前のけがが多くて、とても情けないです。そういう形で離脱するというのが一番嫌なので、この最後のシーズンはそこに気を付けて頑張りたいなと思います。

–その一方でスタメンも出場できました 
スタメンで出るということは本当に大変でした。それまではベンチで声出して応援してる形だったんですけど、やはり実際にスタメンで出るというのは全然違いますし、プレッシャーも感じますし、本当にどうにかしてチームを勝たせるようにというのは考えていました。でも、自分の中では楽しめたので、良かったです。

–その中で見つかった課題は 
チームとしての課題でもありますけど、チャンスでの1本というのが出なくて、相手に流れを持っていかれてしまうというのが多々あったので、チャンスでの1本というのにはこだわってやっていきたいなと思います。

–課題練習で打撃多いのもチャンスでの1本のため 
やはり(課題が)守備よりはバッティングだと思っているので、バッティングでしっかりチームに貢献できるように頑張りたいなと思います。

–夏に重点的に取り組んだことは
ティーバッティングやスイングなどはかなり重点的にしています。いつでも途中出場から守備でも守れるように守備もやっているんですけど、一番はバッティングに重点をおいて取り組んでいます。

–ラストシーズンとなりますが、ラストシーズンへの思いは
本当に早く試合がしたいなぁという気持ちと、引退という寂しい気持ちと。そして、やはりまだ優勝というのを経験したことがないので、その優勝に向かって全員で頑張りたいと思います。

–チーム目標も優勝ということですが、そこに向けてどう貢献したい
今の段階だと代打の場面が多いのかなと思っているんですけど、そういうチャンスの場面だったり、なんとかしてほしい場面に使ってもらえることが多いと思うので、そこはしっかりチームに貢献できるように打てるように頑張りたいと思います。

–代打での起用が多いのではとのことですが、スタメンについては 
スタメンで出ることが、自分の中で一番野球をしていて楽しい瞬間なので、そこはやはりスタメンで出れることにこだわってやっていきたいと思います。

–三塁手、一塁手でスタメン出場するために、今必要だと思うことは
勝負強さや、勝負強いバッティングというのは期待されている部分でもあるので、やはり昨日のオープン戦でもあったように、チャンスの場面でしっかり打てるようにこだわってやっていきたいなと思います。

–監督から秋に向けて言われていることは 
特にはないんですけど、監督からはバッティングのことは期待されているので、バッティングの話はちょこちょこしたりします。

–具体的には 
代打の準備をしているときに「いくぞ!」と言われる時には強い視線(雰囲気)を感じるので、その期待には応えたいなというのは自分の中で思います。

–あと約2週間ですが、どのように過ごしていきたい 
とりあえず体調を崩すことやけがというのは一番もったいないことだと思うので、そこはやはり私生活の面でしっかり注意してやっていきたいと思います。

–鍵となるカードはどこだと思う 
個人的には、明治大学が一番強いかなと思っています。春は勝っているんですけど、毎年明治とやるときは気合いが入る感じはしますね。

–特別な思い入れがある 
分からないですけど、智辯(学園)と天理みたいな感じで。負けたくないなという気持ちが、明治大学には出てきます。

–意識する選手は 
平塚(大賀、明大)選手は仲が良くて、たまに連絡したりもするので、楽しみではあります。

–個人としての目標は
チャンスでの1本というのは大事にしていきたいです。

–最後に意気込みをお願いします 
やはり優勝できていないので、最後のシーズンこそは全員で日本一取りたいなと思います。
(取材:中西陽香)
yoshioka
吉岡郁哉(よしおか・ふみや)
経営学部4年 1996年5月16日生まれ
奈良県出身・智辯学園
176㎝82㎏・右投左打
昨季成績:6試合 19打席 18打数 4安打 0本塁打 2打点 0四死球 4三振 打率.222
『足を高く上げコンパクトなスイングからの長打が持ち味の吉岡。確実な調整を行い代打の切り札、またレギュラー奪取となるか』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み