硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 第6回 走攻守全てでチームを支える3年生内野手インタビュー ~相馬優人選手、福田光輝選手、安本竜二選手~

2018年8月22日(水)
法政大学野球部合宿所

『優勝候補筆頭』と言われながら、第2カードの時点で優勝可能性が消滅した昨季。優勝を知らない世代を今年で途絶えさせるべく、今季こそ優勝を目指す法大野球部は、9月8日(土)に初戦である早大戦を控える。今回は、12季ぶりの優勝に向け燃える3年生内野手トリオの相馬優人(営3)、福田光輝(人3)、安本竜二(営3)の3選手に今季リーグ戦への思いや夏期の取り組みなどを伺った。

sohma
六大学選抜にも選出され、秋季リーグ戦にも期待がかかる相馬

選手インタビュー

相馬 優人 内野手

–昨季を振り返って
優勝すると言っていた中で、それをすることができなかった、ということについての申し訳なさというのがやはりあります。

–昨季は二塁手での出場でした
高校の時はセカンドをずっとやっていたので、そこに関してはあまり自分の中で変わることなくプレーすることができました。

–日本代表では遊撃手での出場でした
ここ最近ずっとセカンドをやっていたので、ショートを守ったことによって、すこし遠いなとは感じました。

–打順は下位打線を担いました
打順の意識というのは上位でも下位でもあまり変わらなくて、法政でも、代表の方でも塁に何としてでも出ようという意識があるので、そこに関しては変わったことは特になかったです。

–仲間として見た他の六大学の選手で、改めて警戒したい選手は
ほとんど全員ですけど、その中でも越智(達矢、明大)さんがすごく勝負強くて、同じチームのときは越智さんに任せれば、というのがありました。ですが、やはり相手として見たときにはそれは脅威なので、警戒したいと思います。

–見つかった課題は
外国のピッチャーは日本のピッチャーと違ってツーシームのような、少しだけポイントをずらしてくるピッチャーが多かったです。これから六大学だけに限らず、日本でもそのようなピッチャーが増えてくると思うので、そこの対応は課題だと感じました。

–現時点で六大学の中でそのような球を投げる投手は
ツーシームとかはおそらくいないですが、森下(暢仁、明大)みたいな、カットボールとかを使ってくるピッチャーはいるので、そういったところの対応はやはり課題ですね。

–オープン戦の調子は
全然ヒットを打てていないので、まだまだこれから仕上げていかないとという感じで、少し焦りはあります。

–復調のために行うことは
チームメイトと話しながら(解決していく)というのもありますが、やっぱり自分で解決するしかないと思うので、そこは自分で色々やっていかないといけないと思います。

–チーム全体の雰囲気は
とても良い形で勝てている試合が多いので、そういう面ではチームは良い方向に向いているかな、と思います。

–4年生にとっては最後のリーグ戦となります
本当に下級生の時からお世話になっているので、何としてでも4年生と一緒に優勝を味わいたいと思います。

–代表に召集されたことで一定期間チームを離れましたが、連携の面で問題は
そこは特にないですね。帰ってきてからは順調にチームに馴染んで調整できていると思います。

–今季のキーマンは
三浦銀二(キャ1)ですね。寮生活を含めた私生活でもだいぶ仲良くしているので、そういう面でも頑張ってほしいと思います。

–個人目標は
ベストナインをもう一度獲りたいという思いもありますが、個人というよりは、やはりチームのために自分がいかに駒となって動けるかというのが大切だと思うので、チームのためにプレーをしたいです。

–チーム目標は
日本一になることだと思います。

–最後にファンの方々にメッセージをお願いします
毎回言っていますが、本当に優勝しか考えてないので、温かく見守っていただけたらうれしいと思います。
(取材:山崎有馬)
sohma
相馬 優人(そうま・ゆうと)
経営学部3年 1997年10月21日生まれ
千葉県出身・健大高崎
173cm70kg・右投左打
昨季成績 : 12試合 53打席 50打数 14安打 0本塁打 6打点 2四死球 4三振 打率.280
『昨季は二塁手として全試合に出場。守備範囲の広い守りで投手を支え、打撃ではチャンスメイクはもちろん、その勝負強さにも目を見張るものがある。持ち前の笑顔で、チーム勝利のため、神宮を駆け抜ける』

福田 光輝 内野手

–オープン戦でも好調のように見られるが、仕上がりとしては
ほとんどの試合に出させてもらっているので、自分のできることは最低限やろうと思いながら毎試合挑んでいます。そんなに悪くもないですし、すごくいいというわけではないですが、まぁまぁいい方かなとは思っています。

–昨季、夏季オープン戦ともに三塁手としての起用が多いが
だいぶ慣れたかなと思います。

–元々の遊撃手と比べて違いを感じる点
サードとショートで距離の違いがあるので、その距離感が難しいかなと思うくらいです。  

–夏季はキャンプがなかったが、どんな練習を
守備では細かい連携プレーだったり、バッティングではエンドランやバントなど、しっかり犠牲打を打つということに重点を置いてやっていました。

–個人として集中的に練習したこと
守備でもしっかりチームの中心になれるように、信頼されるように練習していました。

–昨季を振り返って、5位という結果だったが
結局優勝できずに悔しい結果だったので、今季はしっかり準備して優勝したいなと思います。

–自身の打率.279という数字については
自分がもう少し頑張って打てれば、チームの得点につながっていくと思うので、もう少し打てるようにしていきたいです。

–先輩たちと戦える最後のシーズンへ、意気込みは
優勝できていないので、最後に一緒に戦えるという意味でもチームに貢献していきたいなと思います。

–優勝を狙うにあたり、重要になってくる点は
一人一人が試合の中でしっかり役割を果たせれば、それなりの戦いができると思うので、しっかり周りを見ながらやっていければと思います。

–今季の個人としての目標
個人としてはとにかく優勝に貢献したいですし、みんなから信頼される選手になりたいなと思います。

–最後にファンの方へメッセージを
優勝できていないので、優勝できるように頑張ります。
(取材:大平佳奈)
fukuda
福田 光輝(ふくだ・こうき)
人間環境学部3年 1997年11月16日生まれ
大阪府出身・大阪桐蔭
176㎝78㎏・右投左打
昨季成績:12試合 49打席 43打数 12安打 1本塁打 5打点 6四死球 6三振 打率.279
『三塁手として全試合出場を果たした昨季。堅実な守備でリズムを作り、攻守の要として、頼れる上級生としてチームを日本一に導く。』

安本 竜二 内野手

 –昨季を振り返って
チームとしては悔しい結果で終わったので、今季は何とかみんなで取り返そうと必死に毎日練習している感じです。

–昨季はレギュラー争いが白熱していましたが
今も変わらずレギュラーが確定しているポジションが少ないので、オープン戦や練習でアピールをしている感じになっています。

–昨季の課題点は
個人的には、自分は右バッターでチームの中では少ないので左ピッチャーを打つことを期待されていると思うんですけど、そういった面でリーグ戦では活躍できなったのでそこを打てるように克服しました。

–夏に重点的に練習していることは
バッティングです。どんどん良くなるように、シンプルに型にはまらず自分のバッティングをすることを考えて練習をやっています。

–オープン戦を振り返って
チームとしては勝ちきれない試合があったりして、それがまたいい課題になっています。チームとしてはそれをつぶしていって、少ない試合の中でそれを仕上げていけばいいなと思います。個人としては調子がすごくいいので、もっと良くしていけるようにやっていければいいなと思っています。

–今季レギュラー争いを勝ち抜くために必要なことは
自分がチームにどのように必要とされているのか、ということをしっかりマークしてチームの役に立てるようにやることかなと思います。

–これから開幕までに重点的に練習していきたいことは
(状態が)良くなるように、変わらず日々練習していくだけかなと思います。

–自身のアピールポイントは
バッティングです。

–安本選手が考える今季の投手のキーマンは
菅野(秀哉、キャ4)さんですかね。菅野さんが春一番悔しい思いをしたと思うので、そういった意味で絶対いいプレーをしてくれると思いますし、菅野さんがいいプレーをしてくれたら野手も絶対奮起すると思います。本当に期待しています。

–野手のキーマンは
中山(翔太、人4)さんです。絶対に打ってくれると思いますし、4番として中山さんがいるだけで相手にもプレッシャーかかると思うので、今季もしっかり活躍してくれるのではないかと期待しています。

–今季の目標は
個人としてはホームランを打つことです。チームとしては優勝することです。

–来年最高学年としてチームを引っ張っていくために今季吸収したいことは
4年生が最後のシーズンなので、チームを引っ張っていこう、だったり、低迷している法政を変えていこうとしている姿をしっかり見て、自分たちが4年生になった時にはどんな風に後輩たちを引っ張っていくのかを考えていければいいかなと思います。

–最後に今季に向けての意気込みを
1戦目から勝負だと思っています。全員で一丸となって一戦一戦大切に、一戦必勝で戦っていかなければならないと思います。
(取材:須藤大樹)
yasumoto
安本竜二(やすもと・りゅうじ)
経営学部3年1997年5月28日生まれ
静岡県出身・静岡
180cm85㎏・右投右打
昨季成績:6試合 21打席 18打数 6得点 7安打 0本塁打 4打点 2四死球 5三振 打率.389
『昨季の東大戦では2試合ともに猛打賞。本人も調子が非常に良い断言しており今季もその自慢のバッティングでヒットの量産に期待できそうだ。バッターとしてさらなる成長をし、法大打線の起爆剤となれるか注目だ』

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 Image 9afeafe R

定期購読の申込み