硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 第7回 足を絡めた攻撃で脅威の存在に! 外野手インタビュー ~大西千洋選手、宇草孔基選手、舩曳海選手、毛利元哉選手~

2018年8月22日(水)
法政大学野球部合宿所

『優勝候補筆頭』と言われながら、第2カードの時点で優勝可能性が消滅した昨季。優勝を知らない世代を今年で途絶えさせるべく、今季こそ優勝を目指す法大野球部は、9月8日(土)に初戦である早大戦を控える。今回は、12季ぶりの優勝に向けて復活を使う大西千洋(営4)、宇草孔基(営3)、舩曳海(キャ3)、毛利元哉(法3)の4選手に今季リーグ戦への思いや夏期の取り組みなどを伺った。

oonishi
幹部としても優勝へ熱い思いをのぞかせる大西千

選手インタビュー

大西 千洋 外野手

–現在の調子は
チームとしてはあまり勝ち切れなかったりしているのですが、個人的にはヒットも出ていますし、いい守備もできていると思うので悪くないかなと思います。

–今年は夏季キャンプがなかったが、例年と練習内容に変化は
練習内容は今までと大きく変わってはいないですが、キャプテンを中心に自分たちで考えてやっているので、意識的なものが変わっているかなと思います。

–個人として強化した点
打つことだけ考えている感じですね。打ってなんぼやと思っているので。

–外野手のレギュラー争いに関して
切磋琢磨して、頑張っていければいいと思います。

–スタメン定着に向け、調整したいところは
当たり前のことを当たり前にやって、しっかりと結果を残せばいけるんじゃないかと思います。

–昨季を振り返って、チームとしては5位という結果だったが
自分としては全然使ってもらえなかったですし、かなり意気込んで臨んだのですが、なかなか上手くいかなくて。今までも5位というのはありましたが、1番悔しい5位でした。

–昨季慶大戦ではスタメン出場、ファンも待ち望んだ復活となったが
素直にうれしかったですし、よかったなと思います。緊張はしなかったですが、(神宮球場が)こんな感じやったなと思いました。

–代走としての起用も多いが、心掛けていること
オープン戦の時から足が速いというのはばれているので、警戒されている中でいかに走れるかというのが勝負だと思います。そこは常に意識しながらやっています。

–監督からアドバイスなど
いつも走塁に関しては、いけたらいけと言われています。あとは、朝練の中でバッティングを結構指導してもらっています。それが最近のヒットにつながっていたり、いい方向に向いていると思います。

–いよいよラストシーズンですが、優勝に懸ける思いは
最後くらいは笑って終わりたいので、頑張りたいですね。

–ご家族の方もよく球場に応援に来ていると思うが
いつも応援してくれていて、自分は好きなことやらせてもらっているので、しっかり頑張っている姿を見せられるように頑張りたいなと思います。

–今季の目標
言ってしまえば、自分の結果とかはどうでもいいので、チームが優勝するためにできることを考えてしっかりとやっていきたいと思います。

–ファンの皆さんへ
最後の勇姿を目に焼きつけてもらえればなと思います!
(取材:大平佳奈)
oonishi
大西千洋(おおにし・ちひろ)
経営学部4年 1996年6月12日生まれ
大阪府出身・阪南大
182㎝82㎏・右投左打
昨季成績:8試合 7打席 6打数 1安打 0本塁打 0打点 1四死球 3三振 打率.167
『けがからの復帰を果たし、ラストシーズンを迎える今季。俊足を生かした積極的な攻撃でチームに貢献し、まだ見ぬ六大学の頂点を目指す。』

宇草 孔基 外野手

–オープン戦ではスタメン起用も多いが、現在の調子は
いい感じです!

–自己評価で点数をつけるなら
70点くらいですかね。

–今年はキャンプがなかったが、どのような練習を
昨季が終わってから、バッティングスタイルをがらっと変えたので、特にバッティングを意識して練習しました。

–参考にした選手など
誰かを参考にするというよりは、監督と相談しながら、試行錯誤して作り上げたっていう感じでしたね。

–打撃フォームを変えた後、調子は
フォームを変えてすぐは、今までと真逆のことをやっていたので、タイミングがつかめなかったりしました。オープン戦が始まったぐらいから、徐々に「こういう感じかな」というのが分かってきて、ヒットも出てきたので、いい方向に向かっているのかなと感じています。

–足を絡めた打撃が魅力の1つだが、スタメン獲得に向けて強化している点は
レギュラーを取るには、走攻守そろえるのももちろんなのですが、自分に求められているのはやはり足を絡めたバッティングだと思います。調子がいい時はみんな打てると思うので、レギュラーを取るためには悪い時も悪い時なりに、自分が塁に出てホームに還ってくるだとか、チームに貢献するバッティングだとかをできればと思います。調子が悪い時にどうするかというのを常に考えて、試合に臨んでいます。

–昨季はリーグ戦初本塁打もあったが、個人としての成績を振り返って
いきなり最後の方にぽんっと出て、その後全然打てなかったなと思います。ホームランについては、ぱっと出された時に常にいける準備をしていたので、初球で打てたと思うのですが、いい意味で課題も見つかったので、それをこの夏の練習に生かしています。昨季は本当にレギュラーを狙っていたのですが、全くダメで。でも今のいい方向につながっているのかなと思います。

–外野手のレギュラー争いに関して
もう、すごく厳しいというか、し烈ですね。4年生で実績のある方もいますし、同級生では舩曳(海=キャ3)、毛利(元哉=法3)も同じ右投左打の外野手なので、いいライバルではありますが、厳しいですし、しんどいですね。

–試合に出場できなかった時期があったからこそ、見えてきたことはあるか
本当にたくさんあります。色々なことを感じたのですが、どれも自分にとって必要な時間だったという風に思いますね。

–気持ちの面で、考え方が変わったりだとかは
気持ちの面が一番変わったかなと思います。高校時代も苦しんだりしたのですが、ずっとレギュラーというポジションでやってきて、でも大学に入るとみんなレベルが高くて。貯金がないというか、結果を出したとしても、ちょっとダメだったら他にいい選手がいるので。気持ちの切り替えや持ちようというのは一番変わりましたし、一番成長できた部分かなと思います。いい意味で波を作らない、そういう気持ちを持てるようになってきたかなと最近実感します。

–いよいよ4年生とはラストシーズンだが、どんな思いで臨むか
4年生が最後という実感が本当にないのですが、みなさん本当に良くしてもらっていて。試合に出てる出ていない関係なく、仲良くさせてもらっていたので、個人としてももっともっと活躍したいですし、やっぱり優勝したいですね。

–個人としての今季目標
今まではヒットを打ちたいとかっていう意識が強かったのですが、試合に出続けたり、塁に出たりということがいい方向に向いてくると思うので、まずは試合に出続けることです。自分が一番多くホームベースを踏むつもりでやっていきたいなと思います。

–チームとしての目標
もう優勝したいですね。

–優勝に向けて、チーム全体として詰めていきたい点は
オープン戦でも、いい形で先制点を取れた時はそのままいけるのですが、先制されたり同点に追いつかれてしまうと、もつれたり脆いなと感じることがあります。試合が硬直した時に自分が持ち味の脚を使ったりして、チームを少しでもいい方向に持っていけたらなと思います。

–ファンの方へ
たくさんの方々が応援してくれているといつも感じますし、自分の友達もたくさん応援してくれているので、本当に期待に応えたいなと。ずっと応援してもらっているので、期待に応えられるようにこの秋は本当に頑張ります。応援よろしくお願いします!
(取材:大平佳奈)
ugusa
宇草孔基(うぐさ・こうき)
経営学部3年 1997年4月17日生まれ
東京都出身・常総学院
185㎝85㎏・右投左打
昨季成績:3試合 9打席 9打数 1安打 1本塁打 1打点 0四死球 4三振 打率.111
『昨季明大戦で、リーグ戦初本塁打を記録。今季は打撃フォームを大幅に改良するなど、し烈なレギュラー争いを制し、スタメン定着を狙う。』

 舩曳 海 外野手

-現在のけがの状態は
今は全体練習にも合流していて、外野手としてオープン戦も何試合か打たせてもらっているので、順調という感じです。

-パーセントで表すと
100まではいかないんですけど、それなりに自分のベストパフォーマンスに近い状態ではいるんじゃないかなと思います。

-練習ができない間、体重が落ちたりは
落ちたりはしてないんですけど、メンタル面を保つのが結構しんどかった時期もありました。手術した後1ヶ月くらいは、動いたらあかんという感じだったので、その時つらかった部分はありますね。

-オープン戦を通して打撃の調子は
半年以上実戦から離れていたので、最初の方はあんまりボールも見えていませんでした。最近は結構見えだして自分のポイントで打てる打席が増えてきたので、リーグ戦に向けては順調にきてるんじゃないかなと思います。

-守備、走塁については
守備だったら打球勘とかも鈍っていたんですけど、これからまだ(開幕まで)16、17日(※取材日は8/22)あるので、そこでどんどん自分からバッティングの打球を受けたりして、感覚を戻していけたらいいかなと思います。

-夏に重点的に取り組んできたことは
右肩がまだあんまり気を抜いてプレーすることができない状態だったので、右肩のリハビリを重点的にしつつ、昨秋に結構打ってたので、その時期のバッティングに戻すというふうな感じで取り組みました。

-昨季は出場がありませんでしたが、見ていて感じたことは
やっぱり神宮でプレーしたいなという気持ちが一層強まったというか、スタンドでたくさんの人が応援してくださっていたので、僕も早く戻って応援される立場でチームの勝利に貢献できるようになりたいなと思っていました。

-チーム成績については
今のチーム状況として全然優勝できてないというのはあるので、僕一人の力だけでどうこうできる問題じゃないと思いますけど、みんなの力を1つにしないと優勝は遠いんだなと思いました。

-上級生として挑むシーズンですが、気持ちの面で変化は
結構自由にプレーできるようになったというか、1、2年のときは(立場が)上の人が多かったので、気を使っていろいろしていたということはありました。でも、3年になって1個上の人はみんな仲良いというか、先輩ですけど(3年間を共にした)友達のような感じの存在でもあるので、そういう面では自分の思い通りのプレーができるので、そこは良い方に向いているのかなと思います。

-開幕までにさらに詰めていきたいことは
リハビリをもっとやって、今はちょっと投げる方がみんなと比べると劣っているので、投げる方をしっかり鍛えて。バッティングは打ち続けないと多分(試合に)出れないと思うので、そこはしっかり打ちたいなと思います。

-どのよう形で今季チームに貢献していきたいか
出塁して、いっぱい走って、何番を打つかわからないですけど、秋は1番とかを打たせてもらっていたので、1番だったら自分が(塁に)出て走って、ヒットで1点という野球ができれば強いんじゃないかなと思うので、そういう野球をしたいです。

-他大学で対戦したい投手、意識する野手は
明治の森下(暢仁)とかは高校のジャパンでも一緒で、結構飯も行ったりするので、森下と対戦することが一番の楽しみじゃないかなと思います。

-4年生とプレーする最後のシーズンとなります
1個上なのでいろいろな思い出がありますし、全然最近優勝してないというのもあるので、絶対に3年が頑張って優勝させてあげたいなという思いはあります。

-今季の個人目標は
ベストナインを取りたいなと思っています。

-開幕に向けて一言お願いします
全勝優勝を目指す気持ちで、毎試合毎試合必死に戦っていきたいと思います。

-ファンのみなさまへ
今季は絶対優勝しますので、応援よろしくお願いします。
(取材:渡辺詩織)
hunabiki
舩曳海(ふなびき・わたる)
キャリアデザイン学部3年 1998年1月13日生まれ
兵庫県出身・天理
183㎝80㎏・右投左打
昨季成績:試合出場なし
『昨季はけがの影響で出場機会はなし。規定打席未到達ながら打率.500をマークした昨秋のような打撃でレギュラー定着となれば、チームにとって追い風になることは間違いない。』

毛利 元哉 外野手

–昨季を振り返って
あまり出場の機会がなかったんですけど、明治戦で良い所で打てたっていうのは自信になりました。

–オープン戦を振り返って
前半の方はけがをしていたので、やっと試合に出られるような形になって、試合に出させてもらっているので、出させてもらうからにはちゃんと結果を残さなければならないなと思っています。

–オープン戦ではネクストで監督に声をかけられていることが多いですが、どのようなことを
送りバントをしたほうが良いと思われるシーンで、「お前にはバントのサイン出さないから、その代わり打てよ」と言われたりすることがありました。

–バッティングでかなり期待されていると思いますが、プレッシャーは
プレッシャーはあまりないですね。自分はバッティングが得意で、バッティングしかないので、打たなければ試合に出られないので打たなければなと思っています。

–愛工大名電高の後輩が夏の甲子園に出場されましたが、ご覧になりましたか
自分は甲子園に行ってないので、羨ましいなと思いながら見ていました(笑)。 

–現在のご自身の調子は
けがが治ってきて、今季の開幕には万全の状態でいけると思います。

–この夏に重点的に取り組んだことは
8月の前半まではリハビリとかケアがほとんどでした。医者から投げるなと言われていたので、最低限のことだけをしていました。

–今季は4年生とプレーする最後のシーズンですが
4年生の人たちに良くしてもらったので、最後は優勝して終わっていただけたらなと思います。

–外野は向山(基生、営4)選手以外固定されていないですが、レギュラー奪取にむけて
バッティングはもちろんですけど、その他の面でミスをしないようにしなければならないので、守備や走塁でミスをしないように心がけています。

–個人としての目標は
スタメンで出て、去年の秋のシーズンより結果を残したいです。

–チームとしての目標は
優勝するしかないと思います。
(取材:安達拓馬)
mouri
毛利元哉(もうり・もとや)
法学部3年1997年5月27日生まれ
愛知県出身・愛工大名電
183㎝90㎏・右投左打
昨季成績:4試合13打席11打数2安打0本塁打1打点2四死球3三振 打率.182
『広角に強い当たりをはじき返す左の強打者。昨季の悔しさを己のバットに込めて神宮に放物線を描く。』

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 Image 9afeafe R

定期購読の申込み