硬式野球
 
 

【硬式野球】秋季リーグ戦開幕直前特集 第5回 3年生野手

2014年9月7日(日)
法政大学川崎総合グラウンド

屈辱の5位に沈んだ春季リーグ戦からはや3ヶ月。夏のキャンプ・オープン戦を通じ、激しいレギュラー争いが行われ、1からではなく0からチーム作りがなされた。様変わりした法大ナインで再び天皇杯を目指す戦いが始まろうとしている。第5回は3年生内野手として若林晃弘選手、佐藤竜一郎選手、皆川普選手、細川雅生選手、外野手として蔵桝孝宏選手、田中彪選手に夏の取り組みやお互いのことなど、対談形式で話を伺った。

201409103
今季から二塁手として出場する若林

3年生内野手(若林晃弘、佐藤竜一郎、皆川普、細川雅生)

―春季リーグを振り返って
若林:大事な試合を落としてしまって勝ち切れなかったなという思いがあるので1試合ずつしっかり戦えるように、秋は春と同じではいけないなと思っています。
佐藤竜:1点差の試合であったり、いろいろな細かい部分を詰めれば勝てるような試合が多かったと思うのでそこはとても悔しいところでした。
皆川:竜(佐藤)も言ったようにしっかり勝ち切らないと駄目だと思いましたし、春は自分が今まで経験してきたリーグ戦の中でも1番あっという間に終わってしまったように感じたシーズンだったので悔しく思っています。
細川:春はチャンスの場面で打てなくて、それで落としてしまった試合が多かったので悔しかったです。

―開幕が目前に迫っていますがご自身の調子は
若林:調子は上がってきていると思うので、あとは試合でしっかりと力を出せるようにする準備をしていきたいと思っています。
佐藤竜:自分もボールが止まって見えるほど絶好調なので(笑)。多分有原投手(早大)のボールにもバチバチいけると思います。
皆川:自分も調子は良い方だと思うので、有原投手に対してもいけると思います。
細川:自分は今調子が悪いので、リーグ戦に向けて上げていきたいです。

―北海道でのキャンプではどのようなことに取り組まれましたか
若林:北海道ではチームとしても守備面を中心に鍛えてきました。
佐藤竜:涼しい環境でしたし土のグラウンドだったので、もう一度守備を基礎から重点的に鍛えることができたと思います。
皆川:2人が言ったように、僕も守備に取り組んできたイメージが強かったです。土のグラウンドということも大きかったですし、土台作りが出来たかなと思います。
細川:僕も同じで(笑)。土のグラウンドでやれたことが良かったかなと思います。

―夏のオープン戦の中で見つかった課題や収穫などは
若林:ミスというか自分たちの失敗が点につながったり、その1点で負けたりということがないように、ということを突き詰めてやってきているので、ワンプレーや1球に対しての執着心みたいなものを感じながらやれているかなと思います。
佐藤竜:3年生がたくさん出ていますし、自分たちが引っ張っていければ強いチームになると思っていたので、それがオープン戦の結果に結びついているところは収穫ですね。
皆川:今年のオープン戦は例年以上に勝ちが多くて、負けない野球が出来るようになったかなと思います。
細川:僕も同じなんですけど、今のチームも良い感じにきていると思うので、この状態のままリーグ戦に入っていけたらなと思います。

―同じ内野手ということでお互いにライバル意識は
若林:常に意識しているところではあります。

―他の3人と比べて「ここだけは負けない」というところは
佐藤竜:去年はこの質問で「顔」って答えたんですけど、バヤシ(若林)がいるのでそれは言えないと思うので(笑)。やっぱりチャンスに強いバッティングが持ち味だと思います。
皆川:僕はチャンスを演出するような打順に入ることが多いので、チャンスメークがセールスポイントだと思います。

―細川選手はいかがですか
皆川:お前チャンスに強いじゃん(笑)。
細川:強くないよ...。まあ、今のところ負けてます。ないです。
佐藤竜:ないっていうお前の謙虚さには俺らは負けてると思うよ(笑)。その謙虚さはすごいなと思うから謙虚さで(笑)。
若林:自分は走攻守で。

―佐藤竜選手と細川選手は六大学オールスターにも出場されましたが、改めてそこで感じたものは
佐藤竜:選手のレベルが高くてどのピッチャーもほとんどが140キロを超えてくるボールを投げてくるので、この強い真っ直ぐやキレのある変化球を打たないと勝てないんだなと改めて思いました。
細川:自分は行く予定はなかったんですけど、急遽出場することになって。個人個人のレベルが高いですし、それぞれの意識だったりは勉強なりました。

―若林選手はセカンドの守備にはもう慣れましたか
若林:慣れました。

―皆さんから見て若林選手のセカンド守備はいかがですか
皆川:僕は若林くんのおかげでコンバートされてしまったんですけど(笑)、最初からセカンドをやっていたんじゃないかと思うほど安定感があって、もう(セカンドに)戻ることは出来ないなと思います。
細川:僕もセカンドだったんですけどサードになって...。
若林:めっちゃ根に持たれてるやん(笑)。
佐藤竜:結構声を掛け合いながら、楽しくというか野球の会話をしながら出来ているので自分としてはすごくやりやすいですし、守備範囲も広いので助けられています。

―皆川選手はこだわりのポジションなどはありますか
皆川:こだわってられるような選手ではないと思うので、監督から与えられたポジションをこなせる選手にならないとと思います。

―4年生と臨む最後のシーズンとなりますが
若林:最後のシーズンだからという理由だけではないですけど、優勝を絶対にしたいししなければいけないという思いがあるので、その気持ちで臨みたいと思います。
佐藤竜:4年生とは春に悔しい思いをしてから一緒に厳しい練習をしてきて、辛い時も安慶名キャプテンを中心に声を掛けてくださって踏ん張ることができたので、そういう良い先輩方と一緒に1日でも長く野球が出来るように。神宮大会に出れるようにやっていきたいと思います。
皆川:今年の4年生は大人しくて真面目な代だと思うんですけど、秘めた闘志を持った方がとても多いので、なんとか3年生みんなで力を合わせて4年生を優勝させてあげられたら思い出に残るようなシーズンになるんじゃないかなと感じています。
細川:今の4年生はとても良い先輩ですし、その先輩たちと一緒に優勝したいです。

―参考にしていたり、尊敬している4年生はいらっしゃいますか
若林:森本(隼平)さんは打撃面で良い指導をしてくださるので、すごく自分の為になっているかなと思います。
佐藤竜:自分は齊藤(秀之)さんの練習が終わってからの身体のケアをしているところがすごいと思います。ここ(インタビュー場所)に来ると絶対いてここに住んでるんじゃないかと思うくらいケアをしっかりして野球に臨んでいるので、その野球意識が高いところを見習ってやっています。
皆川:吉澤(光隆)さんです。出場機会が決して多くはない中でも野球に対して真剣に取り組んでいて、見ていてこっちも頑張らなきゃいけないなと感じさせるので、すごく良い先輩だと思います。
細川:松田(渉吾)さんです。試合の時に打席を見て毎回「どうだった?」とか「ここを直したほうがいいよ」ということを言ってくれるので良い先輩だと思います。

―秋季リーグ戦で見てほしいポイントはありますか
若林:すべてですね。
皆川:バヤシ(若林)が言うと別になんとも思わないけど、俺がそれ言うと多分笑っちゃうよね(笑)。
佐藤竜:そうですね...すべてを(笑)。
皆川:お前笑ってるじゃん(笑)。
佐藤竜:すべてで!
皆川:僕はチームに貢献するプレーで。
細川:すべてです。
佐藤竜:調子悪いだの勝ってるところ1つもありませんって言ったのにすべてですって、お前謙虚じゃないな。
皆川:セールスポイントなくなってるじゃん(笑)。

―個人の目標を教えてください
佐藤竜:自分は失策0、3割、15盗塁...2盗塁で(笑)。
皆川:ベストナイン獲りたいです。
佐藤竜:どこで?
皆川:セカンドかサードで。
細川:サードでベストナインで。
佐藤竜:じゃあどっちかが達成できないってこと?
皆川:俺がセカンドでベストナイン獲る可能性もあるよ?(笑)

―チームとしての目標、秋季リーグ戦への意気込みを
若林:とにかく優勝が目標で、3年生が中心になってくると思うのでしっかり引っ張っていって、自分たちの力で優勝をもぎ取れるように頑張りたいと思います。
佐藤竜:優勝して応援してくださっている方々に喜んでいただけるようにということと、監督と助監督にはずっと練習を見ていてくださってすごくお世話になっているので、胴上げしたいと思います。
皆川:目標は優勝で、やっぱり僕たち3年生はそれほど気負わずにプレー出来る年だと思うので、思い切って力を発揮して4年生と一緒に良い涙を流したいなと思います。
細川:チームは5位が続いていましたけど優勝しかないと思いますし、その中でチームに貢献していきたいです。

(取材:遠藤礼也)

 

プロフィール

若林晃弘(わかばやし あきひろ)
経営学部3年
1993年8月26日生まれ
東京都出身・桐蔭学園
180cm、79kg・右投げ両打ち

佐藤竜一郎(さとう りゅういちろう)
法学部3年
1993年4月6日生まれ
栃木県出身・作新学院
181cm、72kg・右投げ左打ち

皆川普(みながわ ひろし
キャリアデザイン学部3年
1993年9月1日生まれ
千葉県出身・西武台千葉
176cm、74kg・右投げ両打ち

細川雅生(ほそかわ まさき)
文学部3年
1993年10月6日生まれ
福井県出身・福井工大福井
175cm、75kg・右投げ右打ち

3年生外野手(蔵桝孝宏、田中彪)

―昨季を個人として振り返って
蔵桝:けがとかもあり、開幕から出るという目標が達成できず、シーズン通して試合にも出られなかったので悔しかったです。
田中:初めてリーグ戦に出て、結果はあまり良くなかったですが楽しかったです。(シーズンは)長くて体力勝負なところがあるなと。後半は結果も落ちたので、自分の体力のなさに気づきました。走りこんだり自主練習で振りこんだりしています。

―リーグ戦後から強化している点は
蔵桝:さっきも言った通りけがで悔しい思いをしたのでけがをしない体づくりであったり、リーグ戦ではコンスタントに結果を残すことが重要だと思ったので、毎試合毎試合集中して1日1本は打つという目標で今までの練習試合はやってきました。

―最近バットを短く持っているように見受けますが、その点とも関連するのでしょうか
蔵桝:チームの方針が短く持つというのがきっかけで短く持ってみて、うまくはまったというか結果が出てきたので、そういう理由で短く持つようになりました。
田中:春で大分欠点も見えたので、打撃を中心にやっています。フォーム自体を変えてみたり、ビデオとかを見て色々な研究をしたり、そこでだめなときと良いときを比べてみて、良いときのフォームを固められるように今努力をしています。

―今のご自身の調子はいかがですか
蔵桝:コンスタントに1本を打つという目標は、何試合かはできなかったですが、それに近い形では打てましたし、フォーム自体はまとまってきたので、調子は良いと思います。
田中:良くないです。調整は遅れていますけどリーグ戦は長いので徐々にでも上げていければと思います。

―普段プレーをする上で参考にしているものなどはありますか
田中:蔵桝です。
蔵桝:絶対嘘だ(笑)
田中:コンスタントに打てているところとか、見倣う部分は多いですね。
蔵桝:あげるね(笑)自分は誰かをまねしているとかはないですが、毎試合の打席で4年生の松田さんに打席がどうだったかというのを確認して、自分の良い状況とかをしっかり自分の打席を見てくれる人に聞いて参考にして、同じミスを繰り返さないようにというのをしています。
田中:俺もそうしています。(さっきの答えの)蔵桝はやっぱりやめてください(笑)

―松田選手に聞くというのは何か理由があるのでしょうか
蔵桝:自分のフォームを練習のときから結構見てくださっていて、良い状況のときを見ているので、日頃からあまり見ていない人に聞いても仕方がないですし、そういう人に聞いた方が参考になるので、その人のおかげて打てた試合も何試合もある、というのも理由です。

―自身のバッティング理論や理想のバッティングというのは
田中:調子が良い時はスタンドとかにめちゃくちゃ打てるんですよね。嘘みたいですけど、自分に余裕があって他のことも考えられるくらいの勢いがあることを考えることですね。楽になるので、応援を見たりチアを見たり。
蔵桝:バットを長く持ってホームランをバンバン打つのが理想なんですけど、現実はそんなに甘くないので、今できるのは塁に出ることとか、ここというところで結果を残せるようなバッターになりたいです。もともとホームランバッターじゃないというのもありますが、自分のできることが何かというのを考えたらそうなりますね。

同じ学年の同じ外野手ということで、お互いのことをどう見ていますか
田中:野球をしている姿はかっこいいですね…バッティングは教わりたいですが、守備は教えてあげたいですね(笑)
蔵桝:田中くんに関しては持っているポテンシャルを発揮されたら絶対自分は(試合に)出れないので、どの部分を取っても持っているものを出されたら勝てないので…結果を出してほしいですけど、ほどほどにしてほしいです(笑)

―外野手といえば、オープン戦では1年生の清水雄選手が出場機会を増やしていますが、お二人から見てどんな選手ですか
蔵桝:安定した選手だなと。1年生にしては結構、試合度胸であるとか自分の役割が分かっているので、リーグ戦でもここというところにはビビったりしない選手だろうと思います。
田中:まじめに頑張っていると思います。1年から出場機会があるなんて僕からしたら考えられないので、チャンスを生かしてほしいですね。

―蔵桝選手は高校の同期の上原選手(明大)や吉持選手(大阪商業大)などが活躍されていますが、いかがですか
蔵桝:頑張っているので負けたくないというのがありますね。六大に関しては上原とかには絶対負けたくないですし、あいつらが頑張っている以上に自分も結果を出さないと、というプレッシャーの方が強いです。上原とかは結構遊びにいったりします。

―今季、特にこだわってプレーをしたいというところは
田中:自分が出せるものをちゃんと発揮したいです。春できなかった部分もありますし、自分の出せる力をなるべく100%近く出したいです。
蔵桝:勝ちにこだわりたいというか、チームの勝ちを一番に、なおかつコンスタントに結果を残して全試合に出られるように頑張りたいなと思います。

―具体的な目標などはありますか
田中:春より打てればそれでいいです。あと3回リーグ戦があるので、徐々に上がっていければいいと思います。
蔵桝:チームは優勝ということですが、個人的には…ないですね(笑)。

―リーグ戦への意気込みをお願いします
田中:優勝するので学生もみんな見に来てください!
蔵桝:2季連続5位と低迷しているので、(春負け越した)早稲田明治慶応など…ぎゃふんと言わせたいです。

(取材:熊谷優)
 

プロフィール

蔵桝孝宏(くらます たかひろ)
経営学部3年
1993年11月15日
岡山県出身・広陵
178cm、81kg・右投げ左打ち

田中彪(たなか ひょう)
法学部3年
1993年8月20日生まれ
三重県出身・愛工大名電
185cm、80kg・左投げ左打ち

フォトギャラリー

  • 201409103今季から二塁手として出場する若林
  • 201409104中軸を担う佐藤竜
  • 201409105レギュラー定着を目指す皆川
  • 201409106勝負強い打撃が持ち味の細川
  • 201409107ライトでの出場が予想される蔵桝
  • 201409108高いポテンシャルを持つ田中
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み