硬式野球
 
 

【硬式野球】秋季リーグ戦開幕直前特集 第4回 4年生野手

2014年9月7日(日)
法政大学川崎総合グラウンド

屈辱の5位に沈んだ春季リーグ戦からはや3か月。夏のキャンプ・オープン戦を通じ、激しいレギュラー争いが行われ、1からではなく0からチーム作りがなされた。様変わりした法大ナインで再び天皇杯を目指す戦いが始まろうとしている。第4回は岡﨑泰士選手と吉澤光隆選手の4年生内野手、齊藤秀之選手と松田渉吾選手の4年生外野手。集大成となる最後のシーズンに向けて抱く思いとは。

201409109
チーム一の俊足が自慢の岡﨑

4年生内野手(岡﨑泰士、吉澤光隆)

ー昨シーズンの振り返りをお願いします
岡﨑5位という結果が悔しいという思いです。
吉澤:5位だったので、順位が低すぎるなと感じました。

ー夏の間に重点的に取り組んだことは
吉澤:個人的にレベルアップしようと思って、バッティングや守備の練習はもちろんなんですけど、体力をつけることも意識してやりました。
岡﨑:個々のレベルアップをみんなしてきたと思います。個人としては、特にバッティングと守備です。

ー自身の調子は
岡﨑:最高です!
吉澤:最高です!

ー開幕までに調整する点はありますか
岡﨑:最高なので、もうないです。キープするだけです。
吉澤:同じです。キープして、向上させます。

ー4年生から見た今のチームの雰囲気は
岡﨑:いいと思います。みんな声出していて、1年生も多く入っていて、まとまってやれています。
吉澤:練習試合でも結構勝てていて、いい調子で来ているので、リーグ戦でも同じようにこのままのチーム全体の調子を維持できたらいいなと思います。
 

ー北海道キャンプはいかがでしたか
吉澤:涼しかったので、一つ一つの練習に集中力を持って、密度濃く練習できました。
岡﨑:練習いっぱいして、ご飯いっぱい食べて、体が大きくなりました。

ー食べたご飯のなかで一番美味しかったものは
岡﨑:いくら丼です!

ー北海道でのオフは楽しみましたか
吉澤:ラーメン食べに行きました!
岡﨑:オフは何もしていないです。

ーお互いの尊敬するところは
吉澤:足が速いというのはもちろんなんですけど、足が速すぎるところ。あとは後輩の面倒見が良くて、後輩から尊敬されているところです。
岡﨑:守備が良すぎるということは言わなくてもわかると思うんですけど。練習中の顔ですね。野球に集中していて、周りを寄せ付けないような顔です。背中で引っ張るタイプですね。

ー4年間で一番印象に残っている試合は
 岡﨑・吉澤:優勝を決めた時の試合です。

ーお二人にとって神宮はどんな場所ですか
岡﨑:庭です。
吉澤:大舞台ですかね。

ー今まプレーした球場でどこが一番でしたか
岡﨑・吉澤:神宮です!

ー大学生のうちにやっておきたいことは
吉澤:免許持っていないので免許を取って、地元が静岡なので、東京観光をできるだけしたいです。
岡﨑:模索中です。

ー今季見て欲しいところは
吉澤:あまり試合に出ることが少ないと思うんですけど、ラストシーズンなので、元気に野球している姿を見てほしいです。
岡﨑:元気があって、今までにないくらい良いチームなので、チームを見てほしいです。

ー今季への意気込みをお願いします
吉澤:4年間は結構長かったなと思うのですが、ここで最後になるので、最後はみんなで優勝できるように、チームワークで頑張りたいです。
岡﨑:何がなんでも優勝します。

(取材:村上紗規)

プロフィール

岡崎泰士(おかざき やすひと)
法学部4年
1992年10月2日生まれ
栃木出身・作新学院
174ch、74kg・右投げ左打ち

吉澤光隆(よしざわ みつたか)
文学部4年
1992年5月7日生まれ
静岡出身・桐蔭学園
172cm、73kg・右投げ左打ち

4年生外野手(齊藤秀之、松田渉吾)

ー昨シーズンを振り返っていかがですか
松田:昨シーズンは初めてリーグ戦を通してベンチに入って、厳しい試合が多かったですがしっかりと自分の役割を果たせたと思います。
齋藤:チームとしても個人としても残念な結果に終わったというのが本音ですね。もっと試合に出てチームに貢献できる予定だったんですけど、どうもそう上手くいかなかったですね。

ーご自身の代が最上級生になって1シーズン終えてどのようなことを感じましたか
松田:昨年は3年生で気持ち的にも楽な部分があったので思いっきりできたところもあったんですけど、キャプテン含めて自分たちが最上級生になってプレッシャーだったりやらなきゃいけないっていうところがあったので、そういうところが空回りしてしまってプレーに影響してしまったところもあったかなと思います。
齊藤:3年生の時はついて行けば良いかなっていう感じでほんとに自分のプレーだけを考えていたんですけど4年生になるとやっぱり後輩からどうみられているのかということもあって、練習も手を抜けられないしチームのことも考えてやるようにしました。

ー齊藤選手は春に怪我をしてしまいましたがその後の調子の方は
齊藤:もう良くなって問題なくプレーできています。

ー春季リーグ戦を終えて自分に足りないと思ったところや良かったところなどはありましたか
齋藤:良かったところはほとんどなかったですね。逆に足りない部分ばかり目立ったというか。守備とかバッティングの確実性とか、監督からの信頼とか足りない部分ばかり目立ちました。
松田:良かったところはリーグ戦2ヶ月近くあってその中でだんだん自分の準備の仕方とかも分かってきて、明治戦では代打で出て打てたこととかもあったのでそれがすごく成長できたかなと思います。足りなかったところはやっぱりチームとして一つ盛り上がっていけるというか自分たちが先頭に立って引っ張っていけなかったので、試合の流れがそのままズルズルいって負けちゃった試合もあったのでそういうところは秋のオープン戦を通してしっかりと率先して声を出すようにしてリーグ戦につなげていくようにしています。

ーお二人は北海道遠征にも行かれましたがいかがでしたか
齊藤:楽しかったです(笑)
松田:齊藤が北海道が地元なのでラーメンとか美味しいもの教えてもらったりして充実していました。涼しかったので練習もしっかりできましたし、そういうリラックスできるとこもあったので良かったです。

ー遠征での収穫や課題は見つかりましたか
齊藤:収穫は武蔵小杉でやるよりも練習を追い込めたというか、こっちだと暑いのでできない部分も北海道ではそういうこと考えないでできましたし、あと人工芝じゃなかったのでしっかり下半身を使ってプレーするということを目標にチームでやっていたので、そういう面では一人一人がレベルアップしたんじゃないかなと思います。
松田:収穫は人数が制限されていたので普段できないような守備面でも少人数で練習することによって内容も濃く量も多くできたので、守備の方では上達したかなっていうのがあります。課題は試合の中でピッチャーの方が安定しなかったので守備からリズムを作って攻撃に移すことができなかったので、やっぱり守備を大事にしてやっていかなきゃいけないなという風に思います。

ーこちらに戻ってきてからのオープン戦での調子の方は
齊藤:僕は正直北海道の方がよくて(笑)むこうから帰ってきてからは最初の方は出てたんですけどだんだん出場機会減ってきて…。こんなはずじゃなかったなっていう感じですね、今は(苦笑)
もう一回リーグ戦に向けて締め直して、レギュラー目指していきたいです。
松田:自分は先発で出たりっていうことはないと思うので、途中から出たり守備要員であったり代走代打っていうのがあるので、常にそれに向けて試合の中で準備するようにしています。

ー外野手の定位置争いは厳しいですがその中でアピールしていきたいところは
齊藤:レベル高いよね(笑)
松田::自分たちどっちかというともうこの秋しかないので、できるだけ後輩たちにこうやっていった方が良いよとかアドバイスすることを自分は大切にしていて、自分の出場機会としてやっぱり途中からになるので試合の中で大事な場面なんかで出てしっかり守れるようにという風にしています。
齊藤:僕はバッティングをちょっと…
松田:バッティングのこと言うなよ、お前~(笑)
齊藤:やっぱり外野手打てないと試合でれないのでもう一回バッティングをアピールして…
松田:爆笑
齊藤:試合に頭から出れるように…
松田:守備のこと言えよ!(笑)
齊藤:守備はあまり得意じゃないんですけど、それでも無難にこなせるくらいにはなりたいと思っています。

ーご自身がチームの中で必要とされている役割はどんなことだと思いますか
松田:キャプテンが試合に出てたり石田も投げるのでベンチの中が4年生が少なくて引っ張っていく選手が少ないので自分が声を出した引っ張っていけるように心がけています。
齊藤:打つことで期待されていると思うんですけど、期待に応えられていないのでこれからチャンスで一本打てればいいんですけど…。とりあえず打つことですね(笑)
松田:打つことしか聞かないであげて下さい(笑)

ープレーする上で大切にしていることは
齊藤:元気ではつらつとした全力プレーです。
松田:練習の時から試合で良いプレーが出せるように自分で注意しているところは気をつけてやりながら練習しています。

ー齊藤選手と松田選手がお互いにここだけは負けないというところはありますか
齊藤:守備は負けてるんですけど…
松田:バッティングって言うとけよ(笑)
齊藤:元気かな~(笑)
松田:なんで(笑)
齋藤:負けたくないのはバッティングですね。負けないというよりは。
松田:うーん。明るさ(笑)

ー今シーズン自分のプレーのここに注目してほしいというところは
松田:一つのプレーとか打席とかになると思うのでそういうところで結果を出したいと思っているので少ししか出ないと思うんですけどそこを見てほしいなと思います。
齊藤:当てに行かないでフルスイングするので、できればホームラン打てるように。強いスイングを見てほしいです。

ーこの秋注目の選手はいますか
齊藤:竜(佐藤)とか蔵桝、畔上…。あとやっぱり石田がしっかり投げてくれるんじゃないかと思います。
松田:3、4、5番が三年生が打っていて、春も結構結果残しているので秋もやってくれるんじゃないかと思っているので、そこは後輩ですけど期待しています。
齊藤:あ、あと森本が復活してきたので注目してほしいです。
松田:(森本)って書いておいて(笑)

ー最後のシーズンにかける意気込みを教えて下さい
齊藤:集大成というかもう最後のなので悔いは残したくないのでとりあえず一戦一戦全力でやることしか頭にないですね。
松田:優勝するにはやっぱり最初のスタートから大事だと思うので早稲田戦からしっかり全力で勝てるように優勝目指してがんばりたいと思います。

 (取材:望月千草)

 プロフィール

齊藤秀之(さいとう ひでゆき)
文学部4年
1992年10月4日生まれ
北海道出身・北海学園札幌
179cm、83kg・右投げ右打ち

松田渉吾(まつだ しょうご)
法学部4年
1992年10月30日生まれ
三重出身・三重
168cm、67kg・左投げ左打ち

フォトギャラリ

  • 201409109チーム一の俊足が自慢の岡﨑
  • 2014091010攻守でバランスのとれた吉澤
  • 2014091011バッティングでアピールしたい齊藤
  • 2014091012勝負所で鍵を握る松田
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み