硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 早大1回戦 中山が先制&ダメ押しの2発! 開幕投手のルーキー三浦も3安打完投と完璧な投球を見せ16年秋以来の開幕戦勝利!!

東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 早大1回戦
2018年9月8日(土)
神宮球場

完璧な試合だった。開幕投手を任されたのは1年生の三浦銀二(キャ1)。重圧のかかる1年生を助けるかのように、初回に中山翔太(人4)が先制の2点本塁打を放つと、5回にも2点、9回に再び中山がソロ本塁打を放つなど、早大の投手陣から5点を奪う。三浦も9回の一発を含むわずか3安打に早大打線を抑え込む好投。投打がかみ合い、近年遠ざかっていた開幕勝利を手にした。

miura2
早大打線を相手に3安打完投で勝利を収めた三浦

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 2 0 0 0 2 0 0 0 1 5 15 1
早 大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 3 2

(法大)○三浦-中村浩
(早大)●小島、柴田、早川、今西-岸本
[本塁打]中山1号2ラン(1回=小島)、中山2号ソロ(9回=今西)、瀧澤1号ソロ(9回=三浦)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (7)
宇草 4 1 0 .250 三邪飛 四球
  右前安   右飛   三振  
2 (5) 福田 5 2 0 .400 三安 中飛   三飛   左前安   三振  
  5 安本 0 0 0 ーー                  
3 (8)9 向山 5 2 0 .400 三振   三安   中前二安 遊飛     遊ゴロ
4 (3) 中山 5 2 3 .400 左越本②   左飛   遊失   三振   左越本①
5 (9) 毛利 4 1 0 .250 左越安   左飛   三振   三振    
  H 清水俊 1 1 0 1.000                  遊安
  R8 大西千 0 0 0 ーー                  
6 (2) 中村浩 5 2  0 .400 捕邪飛   左前安   捕邪飛   三直   左前安
7 (6) 川口凌 5 2 .600   右前安 二ゴロ   右前安②      左前安 三振
8 (4) 相馬 4  1  0 .250   右前二安
  中飛  右飛     投犠打  投ゴロ
9 (1) 三浦 3 0 0 .000   捕ゴロ   三振    三振   四球   
     41 15   5 ――                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
三浦 9 146 33 3 8 2 1 0.00
9 146 33 3 8 2 1 ――

 

ベンチ入りメンバー

10 向山基生(営4=法政二) 20 渡邉雄太(キャ2=いなべ総合)  6 福田光輝(人3=大阪桐蔭)
19 河野太一朗(文4=法政二) 37 中山翔太(人4=履正社) 3 相馬優人(営3=健大高崎)
21 森田駿哉(営4=富山商)
23 安本竜二(営3=静岡) 24 佐藤勇基(法2=中京大中京)
14 朝山広憲(法3=作新学院) 2 川口凌(人4=横浜) 1 大西千洋(営4=阪南大)
16 石川達也(キャ2=横浜) 7 小林満平(法4=中京大中京) 28 宇草孔基(営3=常総学院)
13 高田孝一(法2=平塚学園) 34 永廣知紀(営2=大阪桐蔭) 9 毛利元哉(法3=愛工大名電)
26 三浦銀二(キャ1=福岡大大濠) 5 原田寛樹(法4=春日部共栄)    
27 中村浩人(営4=多良木) 4 吉岡郁哉(営4=智辯学園)    
22 古山侑杜( 社3=法政二) 25  清水俊作(文3=佼成学園)    

 

戦評

 いざ12季ぶりの優勝へ。昨季、5位という結果で優勝を逃した悔しさを胸に迎えた今日の開幕戦は、序盤から小刻みに得点を重ね白星と、幸先の良いスタートを切った。

 今季、波に乗るために重要な初戦。開幕投手を任されたのは、1年生ながら昨季2勝を挙げた三浦銀二(キャ1)だ。試合開始直後の1回表、2番の福田光輝(人3)が、一塁へのヘッドスライディングを見せ内野安打で出塁すると、向山基生(営4)の凡退後、続く中山翔太(人4)の2点本塁打でいきなり先制点を挙げる。
nakayama3
先制の2点本塁打を放った中山

その後も毎回チャンスを作り、追加点を挙げたのは5回表。安打や相手の失策などで上位打線がチャンスを作った後、7番・川口凌(人4)が右前適時打を放ち2点を加え、4-0と差をつける。好機を得点につなげられないイニングが続いていただけに、大きな追加点となった。また、9回には、中山のこの日2本目となる特大のソロ本塁打でダメ押しの1点を追加した。

 一方、先発の三浦も、初回からリズム良く投げ、8回までに早大打線を2安打7奪三振に抑える投球を見せる。唯一の正念場となった5回裏も、早大1番の福岡高輝を落ち着いて二ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。完封かと思われた9回に3番・瀧澤虎太朗にソロ本塁打も打たれるも、失点はその1点のみ。9回を完投し、3安打1失点の見事な完投勝利を収めた。昨季からの首脳陣やファンからの高い期待に、十分に応える結果となった。
miura2
開幕投手として好投した三浦

 4番と先発が十分な役割を果たし、勝利をつかんだ法大。しかし、これは長い戦いの始まりに過ぎない。明日は高田孝一(法2)の先発が予想される。今日のような理想の試合展開とするためには、そこまで好投を見せられるかが1つ鍵となるだろう。開幕カードを連勝で飾り、実に3年ぶりとなる開幕での大きな『勝ち点1』を取るために。チームは明日も総力戦で2回戦に挑む。
(大桃太郎)

クローズアップ:三浦銀二

 開幕先発はエース・菅野秀哉(キャ4)か高田孝一(法2)だろう。そう予想した人が多かったのではないだろうか。しかし開幕戦のマウンドに上がったのは弱冠1年生の『ルーキー』三浦銀二(キャ1)だった。

 昨季すでに2勝を挙げ、大器の片鱗を見せていた三浦を、青木久典監督は今季の開幕投手に大抜擢。前日に先発を告げられたが動揺することなく、その期待に応えてみせる。序盤から140㌔前半の速球を中心に、テンポの良い投球を披露。そんな中、特に注目すべきなのはフライアウトの多さだ。これは紛れもなく三浦の直球のキレ、球威が早大の打者陣に勝っていた証拠だろう。

 この日背負った最大のピンチは5回。2死から四球と安打で満塁とされるも、「出した四球も逃げたわけではない。割り切って次の打者に向かおう」と切り替え、この回も無失点で切り抜けた。「とにかく腕を振って、いけるところまで」と全力投球を続けた三浦は、ついに9回のマウンドへ。この回先頭の3番・瀧澤虎太朗に右翼席への豪快な一発を叩き込まれ完封を逃すも、堂々の9回3安打完投勝利を挙げた。

 相手打者を抑え、チームメイトとハイタッチする際の屈託のない笑顔には、まだ1年生らしいあどけなさが残る。しかし、マウンドでの姿はすでにチームを背負う覚悟や風格をも感じさせる三浦。今後の法大の未来を担うであろう剛腕は、今季着実にその階段を駆け上がっていく。
(湯浅駿)
miurakuro-zu

選手コメント

向山 基生 主将

–今日の試合を振り返って
三浦がしっかり投げて4番が良い仕事をしてくれたので、チームとしては理想の試合運びだったと思います。

–開幕戦を落とすシーズンが続いたが、今季開幕戦はどう臨んだ
1ヶ月くらい前から早稲田と分かっていたので、早稲田対策はみっちりやっていました。 (小島投手ら投手に対しては)狙い球や、カウント別での狙い球とか(を絞る)といった色々な作戦を、まだ出ていないものもたくさんあるんですけど、すごい必死で考えました。

–完投した三浦選手と先制本塁打の中山選手については
(三浦選手は)すごくテンポが良くて守りやすかったですし、今日に関しては打たれる気がしなかったので、本当にナイスピッチングだったと思います。(中山選手の本塁打は)本当にすごかったです(笑)。

–ご自身も2安打でした 
フライで、ライトとセンターの間でミス(お見合い)もあったので、打つ打たないよりも、そういうところで消していかなきゃいけないミスがあるなと思います。

–ミーティングでは何を話した
今日勝ってホッとするんじゃなくて、明日勝ってこそ開幕で良いスタートがきれたということになると思うので、油断をしないで明日もやるぞということを話しました。

–明日はどう戦いたい
今日みたいな感じで、先制して(守って)という理想の形でいけたらと思います。 明日も勝ちます!

川口 凌 内野手

-今日の試合を振り返って
みんな、今日の開幕戦に勝てるような準備をしてきたと思うので、勝ちという結果で終われて良かったです。

-試合前のチームの雰囲気は
(緊張して)あがりもせず、良い感じだなとは思っていました。

-試合に臨むにあたりチーム全体で意識したことは
練習から1歩目だったり、1打席目だったり、1球目だったり、1という言葉をすごく大切にしていたので、初回の1回目の攻撃などはチームみんなで集中していました。

-小島投手の対策は
オープン戦から十分してきました。(オープン戦で)出てくる左ピッチャーは小島に見立てて、打ってはいけないコースや、打っていい球とかはみんなで徹底してやってきました。その結果、今日のヒット数とかにつながったと思います。(個人的には)対戦も4年目で、だいたい(投げてくる球)の感覚とか球質はわかってたので、イメージ通りに打席に入れたと思います。

-川口選手個人としては3安打の活躍でした
今までふがいない結果を4年間残してきたので、最後くらいは悔いないプレーしたいと思ってやった結果だと思います。

-明日に向けて
やっぱり今日勝っても明日勝たないと意味ないと思うので、連勝という形で明日終われるように頑張りたいと思います。

中山 翔太 内野手

–今日の試合を振り返って
みんなが、一戦必勝で「今日の試合に勝つぞ」という気持ちで向かっていっていたので、勝ててよかったです。

–リーグ戦初戦、どのような気持ちで臨んだ
2年生の時から出ているので、あまり気負うことなく自然体でいこうと思いました。

–初回2死一塁ではどのような気持ちで打席に立ったか
ピッチャーの三浦(銀二=キャ1)を楽にしてあげたかったので、絶対に僕が打つという気持ちでいきました。

–5回にはファインプレーも見られた
そうですね。守備の面でも足を引っ張りたくないなと思っていたので、しっかり守れたと思います。

–2本目を打ったときの心境は
よしやったぞという感じです。(あまり喜ばなかったのは)点差も開いていたので相手に敬意を払っていました。

–明日の試合に向けて
絶対に明日も勝って2連勝で終われるように頑張ります。

福田 光輝 内野手

–開幕白星となりました
とにかく勝てたので、よかったです。

–2番三塁手という位置での先発となりました
昨日から言われていたので、しっかり準備はしていましたし、頭の中でもイメージして入れたので良かったです。

–今日は2安打打ちましたが
2本打ったのですが、チャンスの場面で自分が打っていればもっと楽な試合だったと思うので、明日以降はしっかりそういう場面で打てるように頑張っていきたいなと思います。

–後ろで守っていて、三浦投手の投球はいかがでしたか
グラウンドに立ってしまえば学年は関係ないと思うのですが、良いボールを投げていたのでしっかり守ってあげようという気持ちになりました。

–先発打者陣全員が安打を放ちました
春が終わってから、みんなで優勝するために練習してきました。まだ1戦しか終わっていないですが、いいスタートが切れてよかったです。

–チーム状態としては
まだ1試合しか戦っていないので分からないですが、これからまた長いリーグ戦が始まるので、1戦1勝で1試合づつしっかりやっていきたいなと思います。

–明日の試合への意気込みをお願いします
2連勝して次に進めるように頑張りたいと思います。

 三浦 銀二 投手

–今日の試合を振り返って
開幕戦ということで責任のかかるゲームでしたけど、自分のピッチングをしようと心がけました。

–開幕戦の先発ということはいつ伝えられた
昨日の朝です。後ろには頼れる先輩方がいるので初回から腕を振ることだけ考えて投げました。

–四死球も少なく、ストライクゾーンの中で勝負している印象がありました
四死球はテンポが悪くなるのでやめようと思っていましたし、早稲田のバッターがストレートに合っていないと分かっていたので球威で押していこうと思っていました。

–5回に大きなピンチを背負いましたが、どういう心境でしたか
出した四球も逃げていたわけではないですし、しっかり割り切って次のバッターに向かっていきました。

–6回の時点で球数が100球近くなっていましたが、完投するつもりで投げていましたか
9回まで投げるイメージはしていなくて、なんとか6、7回まで引っ張れればいいかなと思っていました。

–9回に本塁打を浴び、惜しくも完封を逃してしまいました
9回まで来たのでもちろん完封は狙っていたんですけど、点差もあったのでホームランを打たれたことで上手く(気持ちを)切り替えられたと思います。

–最後に次戦への意気込みをお願いします
ホームランを打たれてしまったことはもちろん、変化球の制球が乱れた場面があったので次までに修正したいです。

フォトギャラリー

  • fukuda初回にチーム初安打を放った福田はマルチ安打を記録した
  • nakayama2先制本塁打を放ち吠えながら三塁上を走る中山
  • mukoyama意地の内野安打を含むマルチ安打を放ち、初戦から主将としてプレーでもけん引した向山
  • ugusaけがから復帰し開幕スタメンに名を連ねた宇草
  • kawaguchi2川口凌はオープン戦からの好調を維持し猛打賞
  • kawaguchi打点を挙げ、塁上ではガッツポーズを見せた
  • hiroto昨季首位打者の中村浩は初戦でマルチ安打を記録した
  • nakayamahome2この日2本目の本塁打を放った中山
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み