硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球オールスターゲームin南魚沼

東京六大学野球オールスターゲーム
2014年8月23日(土)
南魚沼市大原運動公園野球場(新潟県)

東京六大学オールスターゲームが新潟県の南魚沼市大原運動公園野球場で開催された。チームは春季リーグ戦の順位によって振り分けられ、チーム・マウント八海(慶大・立大・法大)とチーム・マウント巻機(早大・明大・東大)で夢の球宴が行われた。法大からは安慶名舜(経4)、石田健大(営4)、安本英正(営4)、畔上翔(キャ3)、佐藤竜一郎(法3)、細川雅生(文3)、金子凌也(キャ2)、玉熊将一(法2)の8名が選出。東京からは応援団も駆けつけ、各大学のスター選手と共に多くのファンを魅了する熱戦が繰り広げられた。

しぶとくライト前へ決勝打を放った畔上

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
チーム・マウント巻機 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 1
チーム・マウント八海 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1 7 1

(巻機)竹内(早大)、高梨(早大)、有原(早大)、白砂(東大)、●辰亥(東大)、上原(明大)、今岡(明大)‐土屋(早大)、喜入(東大)、坂本(明大)
(八海)石田(法大)、加藤拓(慶大)、三宮(慶大)、明(慶大)、○小林昌(立大)、玉熊(法大)、澤田圭(立大)‐安本(法大)、小笠原(慶大)、鈴木(立大)
 

打撃成績

打順位置選手
1 (6)3 大城(立大) 4 1 0
2 (7) 佐藤旭(慶大) 2 1 0
  H7 伊藤豪(立大) 2 0 0
3 (8) 岡部(立大) 2 0 0
  H8 谷田(慶大) 2 0 0
4 (D) 藤本知(慶大) 2 1 0
  HD 畔上(法大) 1 1 1
5 (5) 横尾(慶大) 2 0 1
  H5 金子(法大) 1 0 0
6 (4) 竹内惇(慶大) 2 1 0
  4 細川(法大) 1 0 0
7 (3) 我如古(立大) 2 0 0
  6 佐藤竜(法大) 1 0 0
8 (9) 安慶名(法大) 2 1 0
  9 佐藤拓(立大) 1 1 0
9 (2) 安本(法大) 1 0 0
  2 小笠原(慶大) 1 0 0
  2 鈴木(立大) 1 0 0
    30 7 1

投手成績

  球数 打者
石田(法大) 2 37 9 4 4 0 0
加藤拓(慶大) 1 15 3 0 0 1 0
三宮(慶大) 1 23 5 1 2 0 0
明(慶大) 1 15 4 2 1 0 0
小林昌(立大) 1 11 4 1 0 0 0
玉熊(法大) 1 9 3 0 0 0 0
澤田圭(立大) 2 16 6 0 1 0 0
9 126 34 8 8 1 0

白熱の夢の球宴!

 チーム・マウント八海の先発を任されたのは法大エースの石田健大(営4)。捕手には安本英正(営4)が入り、法大バッテリーで試合は始まった。初回、チーム・マウント巻機の2番・糸原健斗(明大)にレフトへ二塁打を浴びてピンチを迎えるも、後続を三振に切り、上々の立ち上がりを見せる。しかし二回表、ランナー1、2塁で8番・有井祐人(東大)が右前安打を放つ。2塁走者・菅野剛士(明大)が一気にホームを目指すが、ライトの安慶名舜(経4)がこれをホームへ好返球でクロスプレーはアウト。味方の守備にも助けられ、石田は2回を無失点、4奪三振という結果だった。

 両チームとも、各校を代表するエースによる豪華な継投で、試合は0-0のまま後半へ。試合が動いたのは六回裏、チーム・マウント八海の攻撃。サードへの内野安打で出塁した1番・大城滉二(立大)を二塁に置き、打席には代打の畔上翔(キャ3)。チーム・マウント巻機の5番手・辰亥由崇(東大)から右前安打を放ち、大城がタッチをかいくぐり見事ホームイン。チーム・マウント八海が先制した。畔上に続き代打で出場した金子凌也(キャ2)は中飛で終わるも、そのまま三塁手として出場。久々の三塁の守備も難なくこなした。

 その後は両チーム無得点が続く。六回表、佐藤竜一郎(法3)が遊撃手として、そして細川雅生(文3)が二塁手として出場。打撃で見せ場はなかったものの、守備では随所に光るプレーを見せた。七回には玉熊将一(法2)が登板。打者3人をわずか9球で締め、安定したピッチングを見せた。そして0-1のまま迎えた九回表、チーム・マウント巻機の攻撃。ピッチャー澤田圭佑(立大)が、5番・湯本翔太(明大)の打席で1球、7番・中杉康仁(東大)の打席で2球、超スローボールを披露する。普段のリーグ戦では見ることが珍しい光景に、会場から歓声が上がった。澤田はこの回を難なく三者凡退とし試合終了。畔上の適時打が決勝打となり、チーム・マウント八海の勝利となった。(菅野響子)

試合後の選手のコメント

安慶名舜 外野手

―今日の感想は
他の5チームの選手と野球ができて、すごく楽しかったです。

―普段と違うチームでやるというのはいかがでしたか
他の選手もすごくいいプレーをしていましたし、自分の参考にもなりました。また、普段はできない会話ができて、すごく楽しく野球が出来て良かったです。

―何か収穫などは
法政の選手が、しっかり打って、投げて、勝てたので、そこはひとつの収穫かなと思います。

石田健大 投手

―オールスターを振り返って
楽しくできました。おもしろかったです。

―今日のピッチングについて
いいバッターが並んでいたので打たれはしたんですけど、あんまり敵対心みたいなものはなくやれたし、みんな元気にやっていたので、そこはよかったなと思います。

―他大学で刺激になった投手は
澤田(圭佑)も最後いいピッチングでしたし、加藤(拓也)もあんなに速い球を投げるピッチャーじゃなかったと思いますし、有原(航平)は常にすごいピッチャーなので、見ていてやっぱりいいピッチャーが多いなと思いました。

安本英正 捕手

―オールスターを振り返って
最初はいつもと違う緊張感があったんですけど、六大学のいい選手がたくさん集まっている舞台なので楽しんでやろうと思いました。楽しくやれたかなと思います。

―オールスターという舞台での石田投手とのバッテリーでしたが
いつもバッテリーを組んでいるのでやりやすかったですね。最初の投手が石田だったのでいい感じで入っていけたと思います。

―2番手で登板した慶大の加藤拓也投手をリードしてみて
法大の投手陣にはあまりないスピードボールというか、150キロを連続でポンポン投げられる投手なので、スピンのかかったいいボールを投げるなと思いました。

畔上翔 外野手

―オールスターの感想をお願いします
楽しくできました。オールスターとリーグ戦は全然違うものだと思いますが、しっかりできたのでよかったです。

―バッティングの方では決勝打を放ちましたが
点が取れてなかったので、自分のやるべきことをしっかりやろうと打席に入って、それがよかったです。

―打った時の感触はいかがでしたか
バットの先だったんですけど、0ストライク3ボールになって「打つ」と決めていたので(一二塁間を)抜けてくれてよかったです。

―オールスターということで普段はやらない一塁コーチなども務められていましたが
勉強というか(野球の)見方が変わるのでそうゆうこともしっかりやろうと、オールスターであっても僕は勉強の場でもあると来ているので、色んな選手のプレーが見れてよかったです。

―慶大と立大とチームが同じでしたが、お話しした選手などは
横尾と鈴木は高校が同じなので普通にしゃべりました。野球のことは全然話しませんでしたけど(笑)

佐藤竜一郎 内野手

―オールスターの感想をお願いします
初めての出場だったんですけど色々な人とベンチに入れて勉強になりました。

―他大学の選手と一緒にプレーしてみて
レベルが高くて学ぶこともたくさんあってもっと自分もやらなくちゃいけないなと思いました。

―この試合から得られたものは
ピッチャーのレベルが高くて甘いボールが一球来るか来ないかなので、そういったボールをとらえる技術が必要だなと思いました。

細川雅生 内野手

―初のオールスター出場となりましたが
伊藤諒介さんの代わりに出場ということだったので、いきなりでビックリしたんですけど、嬉しかったです。いいプレーをしようと思いました。

―他大学の選手とプレーするというのはいかがでしたか
新鮮で、学ぶことがいっぱいありました。

―学ぶことというのは具体的にどのようなことですか
他の選手の気持ちの入り方とかです。気持ちの面が一番勉強になりました。

金子凌也 内野手

―オールスターの感想をお願いします
楽しかったですね。

―他大学の選手と一緒にプレーしてみて
学ぶ点などがあったので、そこは今後に生かしたいです。

―この試合から得られたものは
積極性ですね。

玉熊将一 投手

―オールスターはいかがでしたか
すごい選手たちばかりなので、緊張はしたんですけど、フォーボールなく自分らしいピッチングができたので良かったと思います。

―普段と異なるチームでやるというのはいかがでしたか
あまりこういう経験がないので、緊張した部分もあったんですけど、いつもと違う環境で楽しく出来ました。

―収穫などはありましたか
良いバッターに投げられたのが収穫ですね。

 

 
 
 

フォトギャラリー

  • 201408231しぶとくライト前へ決勝打を放った畔上
  • 201408232チーム八海の先発を務めた石田
  • 201408233スタメンマスクを被った安本
  • 2014082341回を無安打無失点に抑えた玉熊
  • 201408235ショートで持ち前の守備力を発揮した佐藤竜
  • 201408236セカンドで軽快な動きを見せた細川
  • 201408237サードで好プレーを連発した金子
  • 201408238安慶名(右)と興南高校同期の立大・我如古(左)がベンチで談笑する様子。オールスターならではだ。
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み