硬式野球
 
 

東京六大学春季リーグ戦 対明大3回戦 驚異の粘り!最後は岩澤!

東京六大学野球春季リーグ戦 第4週 VS明 大 3回戦
5月7日(月)
会場:神宮球場

今日は追いついては勝ち越され、なかなか主導権を奪えない苦しい試合展開。しかし、今の法大に点差など関係がなかった。絶対逆転できる、そんな雰囲気が法大には漂っていた。見事逆転勝利を収め、1勝1敗1分けの五分に戻し、決着は明日に持ち越された。

IMG 0447 R-thumb-160x160-3512
延長戦にもつれ込んだ熱戦に終止符を打った岩澤

試合結果

トータル試合結果

 123456789101112HE
法 大 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 0 1 5 9 1
明 大 0 1 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 4 13 0

(法大)三嶋、船本、○石田(3勝0敗)、鈴木貴ー土井
(明大)山崎、岡大、月田、●関谷(1勝2敗)ー高橋隼

戦評

昨日の同点劇から一夜明け、迎えた第3戦。法大の先発はエース三嶋、第1戦では6回2失点と試合を作ったものの今季初黒星を喫してしまった相手だけにリベンジのマウンドとなった。一方の明大は第1戦に三嶋に投げ勝っている山崎が先発。

 試合は2回裏に明大が無死満塁のチャンスをつくると8番・高橋隼の犠飛で先制。しかし、三嶋はその後のピンチを切り抜け最小失点でこの回を抑える。次の回、法大は2死2塁から1番・建部がタイムリーを放ち、すかさず同点に追いつく。

 しかしその裏、三嶋は2死2塁から5番・石川に勝ち越しとなるタイムリーをあっさり許してしまう。さらに5回、再び石川に追加点となるタイムリースリーベースを打たれ、後続の7番・竹内に四球を与えたところで船本にマウンドを譲る。その後、船本は2死満塁のピンチをつくるも、なんとかしのぎきった。

 反撃したい法大だったが、山崎の前になかなかチャンスを作れないでいた。しかし、試合が終盤7回に入ると、先頭の5番・伊藤諒が四球、6番・多木の死球で無死1,2塁とランナーをためる。続く、7番・土井の犠打でそれぞれ進塁し、8番・伊藤慎がライトへ2点タイムリーツーベースを放ち一気に同点に追いつき、明大に行きかけた流れを引き戻す。

その裏、マウンドには昨日から連投となる石田が登板。先頭の石川に振り逃げをゆるし不運な形で2塁にランナーを背負ってしまう。その後、2死までこぎつけるも高橋隼に勝ち越しタイムリーを打たれてしまい、再び勝ち越しを許す。

8回、法大は2番・岩澤、3番・高木悠のヒットなどで1死満塁のチャンスをつくり、多木の犠牲フライで同点に追いつく。この回での勝ち越しとはならなかったものの驚異的な粘りを見せる。

その後、両校ともチャンスをつくるも得点を許さず試合は4対4のまま延長戦に突入。12回、均衡を破ったのは法大だった。先頭の代打・大城戸があわやホームランとなるフェンス直撃のツーベースで出塁すると、1番・建部の犠打で3塁にランナーを進める。一打勝ち越しの場面で、バッターは岩澤。岩澤は前進守備のショートの脇を抜く値千金の一打で法大が勝ち越しに成功。この試合、初めて法大がリードを奪う。最後は昨日も好リリーフを見せた鈴木貴が3人で仕留めゲームセット。

昨日からリードされても”最後まであきらめないプレー”が驚異的な粘り強さを生み、ついに1勝1敗1分と五分に戻した。再三ランナーを出すも要所を締め、5回自責点0に抑えた石田が勝ち投手となり早くも3勝目を挙げた。一方の明大は15残塁とチャンスでの1本が遠かった。(岩崎駿祐)

試合後の監督・選手のコメント 

金光監督

―今日の試合を振り返って
まあ、厳しいゲームが続きますけどね、選手が粘り強く戦っていますね。ゲームセットまで諦めずにやるという姿勢がだいぶ身についてきているかなと思います。

―試合中は選手に何と声をかけていましたか
ゲームセットになるまではチャンスが来るから粘り強く、粘り強くやれということをずっと言ってきました。

―9、10回のピンチの際は石田選手に何と声をかけましたか
とにかく自分のボールを投げるそれだけですから、結果を考えず、自分のピッチングをしなさいと。

―打線は少ないチャンスをものにし、粘りを見せましたが
このリーグ戦入ってからずっとそのパターンですから、ヒットが少なくてもワンチャンスをものにできるような感じにはなってきているようには思うんですけどね。

―投手陣も三嶋投手の後、粘り強く投げていましたが
本当は三嶋にもっと頑張ってもらいたいんですけど、なかなか思ったようにはなりませんね。

―今日の三嶋選手のピッチングについて
良くないですね。ボールも走ってないし、コントロールも悪いし…

―今日は多木選手が6番でしたが
結果が出てないので、結果の出て気分的にも乗ってる選手を上位に並べようと思って思い切っていったんですけどね。

―現時点で明日の先発投手は決まっていますか
総力戦になったのでね、三嶋も石田も連投になってますから帰ってから考えたいと思います。

―明日の意気込みを
ここまで粘って、本来なら連敗してもおかしくない展開でしたけど、1勝1敗に持ち込んだのでもう1回総力戦で頑張りたいと思います。 

岩澤選手

―今日の試合をふり返って
よく凌いだと思います。

―勝ち越し打を決めた場面について
その前にバント決めた建部が打席に入る前に「頼むよ」と言ってくれたので絶対決めてやると思っていました。

―チームの雰囲気は
初戦はだらしない形で負けてしまって、そこから選手間でミーティングして少しは良くなってきたと思います。

―ちなみにどのようなことを話し合いましたか
死ぬ気でやる、本気でやることについてです。もう少し真剣になってやろう、と。

―明大投手陣の印象は
一人一人の個性があって、そう簡単には打てない投手でした。コントロールがいい投手や球が速い投手がいて、山崎なんてインコースも突けるのでバッターとしては打ちづらいです。

―バッティングの調子は
よくわかんないです(笑)

―連戦が続いていますが疲労は
大丈夫です。冬場どのチームより走ってきたのでこんなとこで弱音を吐くような練習はしてないので死ぬ気でいきたいと思います。

―明日へ向けて
明日倒れてもいいくらいの気持ちでやりたいと思います。

伊藤慎

―今日の試合を振り返って

昨日引き分けて絶対に勝ちたいという気持ちがみんなあったんで、本当に勝ててよかったなと思います。

―前回抑えられていた山崎投手が先発でしたがどのような対策をされましたか
対策というか、1試合目のビデオを昨日の夜また見て、それでどういう傾向かとかを見ました。

―7回表、1死2、3塁でまわってきたチャンス、どのような気持ちで打席に入りましたか
とにかくランナーを絶対に返すという気持ちだけです。

―ここ数試合当たりがあまり出ていませんが、今の調子は
調子は全然よくないんですけど使ってもらってるんで、最低限自分の役割はやりたいなと思っています。

―今のチームの雰囲気は
本当にみんないい雰囲気でできているなと思います。

―明日にむけて
今日の勝ちを明日に繋げられるように絶対に勝ちたいです。 

 

石田投手

―今日の試合を振り返って
同点でまわってきて、昨日変なピッチングをしたので今日はそんなピッチングはできないという気持ちで投げました。

―監督からかけられた言葉などは
5回6回ぐらいに、(登板が)あるかもしれないというのは言われていたので準備はできていて、本当に9回にチャンスがまわってきて投げることができたんで、自分の仕事を思いきって投げろということと、野手が絶対に点を取ってくれるから粘ってくれということを言われました。

―今日投げることはいつ聞きましたか
今日の試合が始まってから言われました。

―明日は投げますか
明日の朝にならないと先発ピッチャーが誰かわからなので、多分三嶋さんも僕ももちろんそうですけど、みんな自分がいくという気持ちでいると思うんで、誰がいってもいい試合になると思います。

―土井選手とは何か話しましたか
いい球がきていると言ってくれていたので、土井さんのだすサインとかまえるミットめがけて投げていました。

―昨日をふまえて何か修正は
(昨日は)ボールが高くいったりコントロールが悪かったりしたので、力みで投げるのではなくてコントロールで8割程度の力で投げることだけを修正して今日は投げました。

―明日にむけて
昨日から同点に追い付いて、今日逆転で勝っていい流れできてるので、明日絶対に勝てる試合になると思うので投げるんだったら全力で投げたいと思います。

鈴木貴投手

―今日の試合をふり返って
チームが一丸となった結果だと思います。

―負けられない一戦でしたがどう試合に望みましたか
チーム全体が朝から負ける雰囲気は無かったです。自分たちの出来ることをやれば勝てると信じていたので負けることは考えてませんでした。

―昨日の登板とご自身の調子、雰囲気の面で変化したところは
自分の調子はあまり考えずに思いきって投げようと思っていました。どっちの応援もすごかったので多少緊張したんですけどマウンドに上がってみればやるしかないと思って投げました。

―監督や回りから言われたこと
監督さんには思いきっていけとマウンドで言われただけで後は特に言われてないです。

―投球内容について
内容としてはあまり良くなくて、チームのみんなが応援してくれたので良かったです。

―ゲームセットのときの気持ちは
素直に嬉しかったです。

―投手陣の調子は
みんな悪くなくて、支え合って投げている感じです。

―連戦が続いていますが疲労は
それも考えて冬練習しているので、大丈夫だと思います。

―チームの雰囲気は
キャプテン中心に負けることは考えていないのでみんな勝つという熱い気持ちがあるので大丈夫だと思います。

―明日へ向けて
チーム一丸となって、自分のできることを一生懸命やって勝利に貢献していこうと思います。

  

展望

「血の法明戦」は明日で第4戦目に入る。今日の延長戦で両校とも投手陣はフル稼働してしまっただけに、先発が注目となる。法大は今日登板した船本、明大は第2戦に先発した関谷が有力。明日も接戦が予想されるだけに、ブルペン陣の持久力が試されるだろう。(岩崎駿祐)

フォトギャラリー

  • IMG 0447 R-thumb-160x160-3512延長戦にもつれ込んだ熱戦に終止符を打った岩澤
  • IMG 9991 R-thumb-160x160-35131点先制された後、すぐさま同点打を放った建部
  • IMG 0093 R-thumb-160x160-3514三嶋は5回途中で無念の降板
  • IMG 0176 R-thumb-160x160-35157回に一時、同点となるタイムリーを放つ伊藤慎
  • IMG 0216 R-thumb-160x160-3520粘りのピッチングで今季3勝目を挙げた石田
  • IMG 0313 R-thumb-160x160-351710回、建部の好返球でサヨナラを許さず
  • IMG 0452 R-thumb-160x160-3518岩澤の勝ち越し打にベンチを飛び出す選手たち
  • IMG 0489 R-thumb-160x160-3519最後を締めたのは鈴木貴
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み