硬式野球
 
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対明大1回戦 立ちはだかる明大... 投打がかみ合わず今季初の敗戦

東京六大学野球春季リーグ戦 第4週 VS明 大 1回戦
5月5日(土)
会場:神宮球場

 慶大、立大から立て続けに勝ち点を奪い最高のスタートを切った法大ナイン。続く相手は昨秋の覇者であり、宿敵でもある明治大学。今季未だ無敗で4連勝中の勢いのままに一気に”血の法明戦”を制することが出来るのか。

IMG 8612 R-thumb-160x160-3455
初回に先制され、ペースを奪われた

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 1 0
明 大 0 0 X 10 2

(法大)●三嶋(1勝1敗)、船本、青木、梅田‐土井
(明大)○山崎、岡大‐石畑
 

戦評

 先攻の法大は1回表、1番の建部が遊撃手の失策で出塁し、2番・大城戸のバントで走者を得点圏に進めるも、後続が倒れ無得点。その裏の守備でエース三嶋が制球を乱し、3四死球を与え1死満塁のピンチを迎え、5番・石川に左前適時打を打たれ、1点を失う。しかし、後続を断ち最少失点で留めた。

 法大は2回表・3回表ともに走者を出すも、得点には繋がらない。3回裏の守備では、2死走者なしの場面で6番・竹内を平凡な内野フライに打ち取り、三者凡退かと思われたがこの打球をなんと二遊間がお見合い。結果、打者が2塁まで進んでしまうミスとなった。7番・竹内に左前適時打を浴び、リードを2点に広げられてしまう。

 しかし4回の攻撃で法大打線も反撃する。5番・岩澤が失策で出塁すると、6番・高木悠が右中間を破る二塁打を放ち岩澤がホームイン。点差を1点に縮めた。4回裏には、飛び出した2塁走者を捕手・土井が強肩を生かして刺すという好プレーも見られた。

 法大打線は5回以降、走者を出すものの相手投手・山崎の好投により8回まで無得点に抑えられる。逆に守備では7回に登板した船本が2死1、2塁から5番・石川に走者一掃の三塁打を打たれさらに2点を失ってしまった。9回表には山崎が疲れを見せ始め、1死後の2連続四球でチャンスを迎えた。ここで相手投手が岡大海に交代。代打・伊藤諒が四球で出塁し、1死満塁となったが、1番・建部と1番・大城戸が共に遊ゴロに打ち取られ、1点を返しただけでゲームセット。法大の連勝数は4でストップしてしまった。

 今日の試合は「スコアブックに載らないミス」が多発した試合だった。フライのお見合い、守備の連携ミスによる打球処理の失敗が挙げられる。金光監督が掲げる野球はこのようなミスを減らす基本に徹する野球である。ここまでの厳しい戦いを勝ち抜いてきた法大ナインなら、必ず今日の試合の問題点を修正することが出来るはずだ。この敗戦を糧に成長した法大ナインの逆襲に期待したい。(山田 翔太)

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は立ち上がりからうちのペースではなかったので、なかなかリズムに乗れなかったですね。やっぱり前半はピッチャーがうちの形を作って、中盤から後半がうちの展開なのでね、今日はちょっと悪かったなという感じですね。

―守備の乱れが目立ちましたが
その辺がリズムとかを悪くしたと思いますし、ミスが出たときは勝てないと思いますね。

―今日は打順が少し変わりましたが
なかなか点が取り切れていないですし、1週空いたのでバッティングの状態のいい選手を中心に上位の方に置きました。でも、なかなか上手くいきませんね。

―1年生の青木投手が初登板でしたが
今日のような試合展開になりましたので、左バッターが続くということでどのくらいのピッチングをするのかと思って投げさせたんですけどね。初登板なので緊張もあったんじゃないかと思います。

―明大の山崎投手、岡投手の印象は
手が出ないというボールの感じではないんですけどね。なかなか的が絞りきれなかったかなと思います。

―明日への意気込みを
ずっといい形で行くわけがないので、今日負けたことによって、選手たちがどう踏ん張れるのかが大事ですね。やっぱりここで踏ん張れなければ天皇杯までは持たないので、明日は選手たちが踏ん張ってくれるんじゃないかと思います。

高木(悠)選手(3打数1安打1打点)

―今日の試合を振り返って
助監督さんに記録に残らないミスを避けるようにと指示があったのですが、そのミスがあったので負けに繋がってしまったのだと思います。

―4回表の適時二塁打について
ストレートを狙っていたわけではないのですが、自然に手が出て、良い感じに飛んでくれました。打った瞬間、この1本で流れが来てくれたらと思いました。

―好調なバッティングについて
特に調子が良いとか悪いとか思ったことがなくて、甘いボールをしっかり打っているのが、 結果に繋がっているのだと思います。

―明大の印象は
若い投手を軸に(相手打線を)抑えて、(守備から)流れに乗っていくので、流れに乗せたら怖いチームだと思います。

―今日対戦した山崎投手の印象は
ビデオで観た感じよりは、ボールが速いという感じはなくて…2年生なので、これから成長したら怖いと思います。

―先々週の立大戦での活躍について
あの試合はチャンスで回ってきて、ここで打ったらヒーローかなと思っていました。初球、バットが(自然に)出たので、打てました。

―先週は空き週でしたが、どのような調整をしましたか
追い上げで、体力的な面(の練習)を増やしていました。先週は雨が続いていて、ノックが出来なかったので、今日のようなミスに繋がってしまったのだと思います。

―明日の試合に向けて
明大戦は、次負けたら終わりなので、最悪でも引き分けて、勝ち点を取りにいきたいです。

三嶋投手(6回被安打6奪三振2四死球4自責点2)

―今日の試合を振り返って
今日は序盤に点を取られて先発を任されたのに9回を投げ抜くことが出来なかったことがすごく悔しいです。
 
―初回は乱れましたがそれ以降は立ち直りました
そうですね、今日は初回コントロールが悪くて打線のリズムにつなげる事が出来なかったので、打線が振るわなかったのも自分が情けないピッチングをしたからだと思います。次はきちんと修正して二度と同じことはしないようにしたいです。
 
―初回マウンドでは監督からどのような言葉をかけられましたか
周りに声をかけろと言われましたね。自分一人だけで試合しているわけではないんだ、ということを言われたのでそれからは周りに声をかけながらの投球を意識しました。
 
―3回裏は不運なヒットからの得点がありましたが気持ちの面で変化はありましたか
今日は僕も一つピッチャーフライが見えずに落とした場面もあったので、それは味方のせいとかではなくて後続をしっかりと打ち取れなかった自分の責任だと感じています。
 
―4回は土井選手のプレーに助けられた部分もありましたが今日の投球についてバッテリー間で話などはしましたか
本当にいつも信頼しているので特には。ただ、あのプレーはすごく助かりましたね。
 
―明大打線の印象は
1年の時から苦手意識ではないですけど、そのような部分があって。僕も4年目で最後なのでどうしても初戦を取ってチームに勢いをつけたかったのですが最後まで投げ切れないという悔しい結果に終わってしまいました。
 
―三嶋さん自身は今年初めて途中降板という形になってしまいましたが
そうですね、今シーズンは先発した試合は全て最後まで投げ切る、というのが僕の中で一つの目標というか強い意識としてあったのでやっぱり悔しいですね。
 
―今日見つかった課題や収穫は

慶応戦もそうだったのですが、先頭打者へのフォアボールですね。序盤からリズムが作れなかったので、リズムよく投げれば攻撃へとつながっていくとも思うのでそこは反省しています。
 
―次戦に向けて
明日とりあえず勝って3戦目にまた投げる機会があると思うので、その試合は絶対に勝てるように勝ちにこだわるピッチングをしたいです。
 

建部主将(1打点)

―今日の試合をふり返って
なかなかヒット出ず、四死球も多く、守備の方もミスが目立ってしまい苦しい試合でした。

―どのような気持ちでこの試合に望みましたか
毎週他大学同士の結果が出ていて、でもそういうことを気にせずに自分たちのやるべきことをやっていこうという意識で望みました。

―山崎投手の印象は
初めて対戦する投手だったので、結構角度もあって変化球もキレがあるいい投手でした。

―打順変更について
チーム全員が変わらず気にせずにやっています。

―バッティングの調子は
ヒットは出ませんでしたが、状態は悪くはないです。

―9回満塁の場面の心境や意識したことは
3点差で満塁で自分だったので打っても点差があるのでつないでいこうと思いました。

―青木投手の初登板について
接戦の試合が続いて投げる機会が無かったですが、今日は点差が開いたので登板して、1年生ですけど気持ちの強い投手です。明日以降も投げるチャンスがあると思うので期待しています。

―チームの雰囲気は
雰囲気は悪くないんですけど、今まで負けなしでやってきているのでこれで止められて、明日からが大事になってくると思います。

―明日へ向けて
今まで新チームになってからやってきて1つ負けたくらいでシュンとなるようなチーム作りはしていないです。また今日明日で勝つという強い気持ちで明日からやっていきたいと思います。

土井選手(スタメン捕手・守備で2つの好プレー)

―今日の試合を振り返ってみて
自分は全部勝つつもりでやってたんですけど、今日負けてしまって、それは自分の力不足かな、という気がしました。

―今日の試合内容は全体的にミスが多かった気がしますが
そうですね…ちょっと集中力が足らなかったかな、と。自分も集中していこうとしか言えないので…

―空き週があったことも関係してますか
うーん、まあ明治はそのままきてるんで…でも自分はそういうのは関係ないと思ってるんですけど、こういう結果になってしまったんで、明日はしっかりやっていきたいです。

―打撃の調子はいかがですか
悪くないですね。悪くないので、もう少しコンスタントに打てる様に考えてやっていきたいです。

―今日は守備で2つのファインプレーがありました
ファインプレーしても勝たなくちゃ意味がないので…あれで流れがこっちにくればいいと思ったんですけどできなかったです。

―今日は4人の投手をリードしましたが、特にリーグ戦初登板の青木選手とは話をしましたか
もともと気が強い選手なので何も声かけなくても大丈夫かな、と思ってたんですけど、先頭打者にフォアボールを出してしまって、1年生の緊張感があったのかな、自分が声をかけてあげれば良かったな、と思いました。

―三嶋選手とは何か話しましたか
特には…ただ、自分には声かけることしかできないので、腕振って投げれば大丈夫、といつも言うんですけど、今日はそれがいい結果に繋がらなかった感じです。3戦目はまた三嶋が投げるんでそこで借りは返したいです。

―明日の意気込みを
明日は何がなんでも勝つという気持ちで。0点に抑えれば負けることはないので。やっぱり自分はバッターである前に(キャッチャーという)守りからしっかりと。そしてヒットは少なくてもいいんで大きいチャンスで打てるようにしたいです。

青木投手(初登板!0回2/3被安打1奪三振1四死球1)

―今日を振り返って
リーグ戦初登板だったので、最初の打者に四球を出してしまい緊張しましたが、2人目以降は和らいできたのでよかったです。

―見逃し三振を奪ったが感想は
今日は全然球が走らなかったので、コースを狙った結果三振が奪えたのでよかったです。

―今日の収穫は
1年からいい経験をさせてもらっているので、この経験をこれからの大学野球で生かしていきたいです。

―登板前監督から言われたことは
「思い切っていけ、点は(打線が)後からとってくれる」と。

―これから対戦してみたい打者は
高校時代対戦して勝てなかった日大三の横尾・高山です。

―これから伸ばしていきたいところは
球速です。140キロ代後半を目標にしています。

―最後に、今後の目標をお願いします
1年からベンチ入りさせてもらっているので、少しでも多く登板してチームに貢献したいと思っています。

梅田投手(今季初登板!0回1/3被安打0)

―今日の試合を振り返って
先制点を取られて厳しい試合だったと思います。

―今季初登板でしたが
自分的には思っていたより自分のボールが投げられていました。

―準備はできていましたか
結構急で、あまり準備はできていなかったです。

―社会人戦や新人戦とは違った雰囲気だったと思いますが、緊張などありましたか
今回はそんなに特別意識はなくて、良かったと思います。

―ご自身の調子は
調子は結構いい状態です。

―チームの調子は
今日はちょっと打てなかったですが、調子自体は悪くないので明日またやっていきます。

―明大の印象は
どのバッターもみんないいスイングをしているので、甘く投げないように意識しました。

―次の試合に向けての意気込みをお願いします
また登板の機会があれば、その時抑えられるよう頑張ります。

展望

 今日の敗戦で、絶対に負けられなくなった法大の先発は石田が有力だ。対する明大の先発は関谷が有力だろう。石田は今季リーグ戦で2勝を挙げ、防御率も0.93と安定したピッチングを続けているため、今日の試合で2安打に抑えられた打線が、明大投手陣を攻略できるかどうかが、勝敗の鍵をにぎるだろう。(鷲尾祐貴)

フォトギャラリー

  • IMG 8612 R-thumb-160x160-3455初回に先制され、ペースを奪われた
  • IMG 8821 R-thumb-160x160-34566回2失点と粘るも敗戦投手となった三嶋
  • IMG 8840 R-thumb-160x160-3457好守備で投手陣を支えた土井
  • IMG 8879 R-thumb-160x160-34582試合連続タイムリーを放つ高木悠
  • IMG 8888 R-thumb-160x160-3459岩澤が生還し、一時は追い上げムードとなる
  • IMG 9207 R-thumb-160x160-3460痛い追加点を奪われた船本
  • IMG 9366 R-thumb-160x160-3461神宮デビューを果たした青木
  • IMG 9390 R-thumb-160x160-3462今季初登板でピンチを抑えた梅田
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み