硬式野球
 
 

東京六大学春季リーグ戦 対立大2回戦 高木悠が決めた!立教を撃破!

東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 VS立 大 1回戦
4月22日(日)
会場:神宮球場

法大は先週リーグ戦初完投を果たし、成長著しい左腕・石田が先発。2連勝で勝ち点を狙う。また法大打線は昨日の死球の影響なのか、岩澤が外れ、期待の新入生・畔上がリーグ戦初出場初スタメンとなった。

IMG 6520 R-thumb-160x160-3384
決勝のタイムリーツーベースを放った高木悠

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6 0
法 大 0 0 0 1 0 0 0 2 X 3 3 1

(法大)○石田(2勝)‐土井
(立大)●岡部(1敗)、大澤‐山田
[本塁打]岡部通1号ソロ(6回=石田)

戦評

 序盤、石田は1回から4回まですいすいと投げ、一人のランナーも出さない危なげない投球で味方の援護を待つ。するとその裏、今日、3番に入った建部が右前安打で出塁し、5番・西浦直の打席の間に盗塁、暴投、捕逸によって思わぬ形で1点を先制する。

 中盤、これまで完璧なピッチングを披露していた石田だが6回、伏兵、8番・岡部通の一発で同点にされる。しかし、この後はランナーを出しながらも粘り強く投げ抜き無失点で切り抜け、スコアボードに0を並べていく。

 試合が再び動いたのは8回だった。先頭打者の7番・土井が三振で倒れた後、畔上が死球で出塁し、石田が送りバント、1番・伊藤慎が四球を選び2死1,2塁とチャンスを作る。ここでこれまでノーヒットに抑えられていた高木悠に打順が回る。その初球、岡部賢が投じた外角高めの直球を弾き返し、左中間を破る貴重な勝ち越しタイムリーツーベース。打った高木悠は塁上で拳を高々と突き上げた。最終回もマウンドに登った石田は相手打線を三者凡退に切って取り、試合終了。3-1で勝利し、慶應戦から4連勝で勝ち点を2とした。

 石田は先週に続き完投勝利。去年のスタミナ不足も完全に克服し、マウンドでも余裕が見てとれる。球威が上がり、安定感も増している。打線は岡部賢のテンポのいい投球に苦しめられながらも3得点。選手層が厚くなり、日替わりでヒーローが出てきていることも好材料だ。ビハインドになっても“何かある”と期待でき、チームとしての一体感も感じられる。来週は空き週のため次戦までは時間がある。十分に調整をし、明治を相手に選手たちが躍動する姿、そして、さらなる連勝を期待したい。(一戸 亮佑)

 試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は石田のピッチングに尽きますね。打線も少ないチャンスをものにしてよく勝ちました。

―1年生の畔上選手がスタメンでしたが
岩澤がちょっとケガをしてしまったので、思い切りのある畔上を使ってみました。

―ケガというのは死球の影響ですか
いえ、昨日フェンス際の打球を追いかけたときにフェンスにぶつかって痛めてしまいました。

―石田投手のピッチングについては
まあ、前回よりは良くなかったんですけど、それでも悪いなりによく投げていましたね。

―7回のピンチの場面では何と声をかけましたか
「こういうところを抑えないと成長できないぞ」と言いました。

―立大に連勝して、勝ち点2となりましたが
まあ、そうですけど、うちの目標は日本一ですので、勝ち点2というのはまだ通過点だと思います。

―次の明大戦の意気込みを
次は絶対明治を叩くという気持ちを持ってやっていきたいと思います。

石田投手(9回被安打6奪三振4四死球1自責点1)

―今日を振り返って
あんまりピッチングとしてはよくなかったのですが、力みなくしっかり投げようと思って投げた結果がいい結果につながったのでよかったです。

―9回1失点という内容について
そうですね、ホームランで取られたっていうのは悔しいですけど、そのあとのピンチもしのげたので最終的にはよかったです。

―今季2回目の完投となりましたが
去年と比べて体力がついたと自分でも思いますし、9回投げても疲れないでまだいける気がするので、そこは自分の成長したところですね。

―先週と比べて調子は
先週よりは調子は全然悪いんですけど、その中でも1失点に抑えたことは自信になるのでよかったです。

―調子が悪い中抑えられる要因は
今日は力みがなく、コントロールをしっかりすればそんなに打たれることもないと思っているのでよかったですね。

―8番にホームランを打たれた事は
試合前にいいスイングをしてたんで注意しろと言われてたんですけど、スライダーが甘く入った分持っていかれた感じです。そこは一つ課題ですね。

―7回のピンチの際、監督や土井選手と何を話したか
点を取られなければいい、思い切って投げろ、と。僕もそう思っていたので思い切って投げることができました。

―次の相手は明治ですが去年は5回1失点初勝利を手にした相手でした。いい印象などは
そうですね、あのときは緊張して思うようなピッチングができたわけではないので、今回はそんなことはないと思うんで、持ち味をしっかり出して一人一人集中して抑えていきたいです。

―では意気込みをお願いします
はい、滑り出しもよく、勝ち点も2つ取れたし、残りの3つの相手にも自分が投げて勝って、優勝したいですね。

建部主将(4打数2安打)

―今日の試合をふり返って
勝ち点のかかってた試合でいつも通りやっていこうという気持ちでみんなが望んでいたので、今日勝てて良かったです。

―どのような気持ちで試合にのぞみましたか
全チーム、毎試合が勝負なので今日はたまたま岩澤が少し足を痛めたみたいで、新しい1年生が出ました。そういうところを全員が準備して全員がカバーして、全員野球でやっていこうという気持ちで試合に望んでいます。

―監督に言われたことは
監督も自分たちと一緒になって言ってくれているので、特に変わったことはなかったです。

―2安打とバッティングの調子も上向きなようですが
得点に1点つながったのは良かったんですけど、やっぱりチャンスで打点をつけれるようにしていかなきゃなと思います。

―立大・岡部投手について
2年のときから戦ってきて、球威もいいですし、何よりテンポが早いので構え遅れはしないように心がけていました。

―4回は建部選手の盗塁や走塁で1点につながりましたが
あのときは、塁に出たときから盗塁を狙っていたので何とか走れて、パスボール、パスボールで1点取れたのですごく嬉しかったですね。

―いまのチームの雰囲気について
冬場からずっと新チームで頑張ってやってきてそのままいつも通りいつも通りと言いながらみんなでずっと雰囲気良く、試合に出てない人が気持ちを出してやってきているので自分らも試合をやりやすくやらせてもらっています。

―明大戦に向けて
慶應立教とこれまでの試合のことは関係ないのであとはしっかり明大戦までに出来る準備をして、またいつも通り自分たちの野球が出来るように試合に望みたいです。

―春季リーグ戦へ向けての意気込みは
全員が自分の成績ではなくまず1番上に天皇杯取るっていうのがあるので、優勝しかないです。

畔上選手(初出場初スタメン!2打数)

―今日の試合を振り返って
初めてのスタメンで緊張するかと思ったのですが、特に緊張とかはなかったです。

―先輩から何か声を掛けられましたか
みなさんにリラックスしろと声を掛けていただいて、とてもやりやすかったです。

―立大の投手と対戦してみて感じたことは
やっぱり大学生だなと感じました。

―死球の影響は
ちょっと痛いです。

―これから伸ばしていきたいところは
伸ばしていきたいというよりは、色々なことを勉強していきたいです。

―次の試合に向けて
次週は空き週ですが、しっかりやることをやって準備していきたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 6520 R-thumb-160x160-3384決勝のタイムリーツーベースを放った高木悠
  • IMG 6246 R-thumb-160x160-3385先制のホームを踏んだ建部
  • IMG 6195 R-thumb-160x160-33863試合連続安打と調子も上向きの建部
  • IMG 6301 R-thumb-160x160-3387ホームランをを打たれ、肩を落とす石田
  • IMG 6435 R-thumb-160x160-3389ピンチの場面で石田に声をかける金光監督
  • IMG 6311 R-thumb-160x160-3388監督の期待に応え、9回1失点の完投
  • IMG 6072 R-thumb-160x160-3390リーグ戦初出場となった畔上
  • IMG 6529 R-thumb-160x160-3391ベンチに向かって笑顔でガッツポーズする高木悠
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み