硬式野球
 
 

東京六大学春季リーグ戦 対立大1回戦 三嶋が2試合連続完投で初白星!

東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 VS立 大 1回戦
4月21日(土)
会場:神宮球場

開幕カードの慶大戦では見事勝ち点1を手にし、波に乗りたい法大。先発マウンドには、先週、延長10回を投げきったエース・三嶋が上がる。立大の先発は昨年苦しめられたエース・小室。試合は予想通りロースコアの試合展開となった。
 

IMG 5857 R-thumb-160x160-3370
今季初白星で土井と笑顔でハイタッチする三嶋

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 11 0
立 大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 4 0

(法大)○三嶋(1勝)‐土井
(立大)●小室(1敗)、齋藤、大澤‐山田
[本塁打]土井2号ソロ(4回=小室)

戦評

 法大は1回表、2死から3番・多木と4番・岩澤の連打でチャンスを作るも、初回に先制とはならず。一方、三嶋は立大打線をテンポよく打ち取り、上々の立ち上がり。
 
 試合が動いたのは3回表。先頭の9番・三嶋が右越二塁打で出塁し、1番・伊藤慎が初球でしっかり送りバントを決め三嶋は3塁へ。続く2番・建部がセンターの頭を越える三塁打を放ち1点を先制。4回表には1死から7番・土井の第2号ソロ本塁打が飛び出し1点を追加。8番・大城戸が倒れるも9番・三嶋、1番・伊藤慎が連続ヒットで続き、突き放したいところだったが、2番・建部は見逃し三振に倒れ、たたみかけることはできない。
 
 三嶋は好投を続け、5回まで1人のランナーも許さない投球を見せる。しかし、6回表1死から立大の8番・我如古の詰まった当たりがセンターの前にポトリと落ち、ついに初ヒットを許す。次の打者から三振を奪い2死とするも、1番・平原にライトへのヒットを打たれ1点を失ってしまう。しかし、そこから崩れることなく2番代打・西藤を三振に抑えた。
 
 9回表は9番・三嶋が今日4本目のヒットを放ち、1番・伊藤慎が送り1死2塁。建部が四球を選びチャンスを広げるも3番・多木が三ゴロ併殺打に倒れ追加点を取ることができない。それでも今日の三嶋には1点のリードで充分だった。9回裏は立大の2番から始まる攻撃を三者凡退に打ち取り試合終了。
 
 先発・三嶋は前回登板に引き続き完投で、今季初勝利を手にした。攻撃面では11安打を放ち、毎回のようにランナーを出しながらあと1本が出ず2点止まり。しかし全体的に当たりが出てきている。これで無傷の3連勝。連勝を続け、なんとしても勝ち点を2に伸ばしたい。

(牛島 春)
 

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
三嶋のピッチングに尽きると思いますね。今日は立ち上がりからいい感じで投げてたんでね、最後までいってくれる感じはしてましたね。

―今日は残塁が多かったと思うのですが
まあ、それが野球なんでね。もう一本中押ししとけば、もっと楽だとは思うんですけど、まだチャンスをものにするという課題はありますね。逆に言えばこういうゲームを勝ち切ることが精神的にも強くなるし、チームとしても強くなると思います。明日のゲーム以降ではチャンスでもう一本ということは選手たちも分かっていると思います。

―マウンドに行かれたときは三嶋投手に何と声をかけられましたか
あのときは「こういうゲームを勝ち切らないとエースじゃないぞ」ということを言いました。

―今年の立教の印象は
投打ともに力強くて、ちょっと甘いボールが行くと見逃さないし、非常に強いなという印象がありますね。

―小室投手の印象は
本来の調子ではなかったと思うんですけど、さすがにランナー背負っているときはいいボール来るなという感じはしましたね。

―投手である三嶋選手が4安打でしたが
元々バッティングいい子なんで、あのような感じになっても納得できる部分はあります。

―土井選手が2本目のホームランを打ちましたが
大きいホームランですよね。あの2点目が大きかったですね。

―明日への意気込みを
うちはとにかく目標は日本一、天皇杯。これに全員が向かってますから今日のゲームは今日のゲームとして考え、明日なんとか勝ち星を積み重ねることがテーマなんで、明日も集中してやりたいと思います。 

 

三嶋投手(9回被安打4奪三振8四死球1自責点1)

―今日の試合を振り返って
今日はすごく勝ちたかったという気持ちが強くて、相手が小室ということもありますし、下級生の石田とかも良いピッチングをしていたのでより負けられないという気持ちが強かったです。
 
―先発はいつ告げられましたか
今日の朝ですね。
 
―ご自身の今日の投球はいかがでしたか
まだまだもっと良くなっていくかなというのはあるのですが、その中で真っ直ぐとスライダーをしっかりと使い分けて最後までいけたかなと思います。
 
―先週も10回を完投されましたが、先週と比べて調子は
真っ直ぐがすごくたたけていたのが多かったかなと思いますね。
 
―立大打線の印象は
勢いがあるっていうのは1年生の時からわかっていたので、特に3番の松本を抑えることは意識しました。
 
―これで2試合続けての完投になりました
そうですね、先発完投を目標にこの冬はずっと練習してきたので、このように勝つことができてやってきた甲斐があったなと思いました。
 
―今日はバッテリーを組んだ土井選手も本塁打と活躍されましたが
いや、もう本当に毎回毎回ホームランを打ってくれてリードも頼りになるのですごく信頼してます。
 
―打撃も4安打と絶好調でした
たまたまですね(笑) 打てればいいなとは思ってましたが今日はボールが見えていたので。バッティングはそんなに意識はしてないです。
 
―3回の先制点の場面以外は残塁となりましたが、投球に影響はありましたか
僅差の試合は僕が投げている限りは、最上級生として点が取れないからということではなくて。このような試合に勝ってこそ1戦目を投げているピッチャーの資格だと思うので特に何も考えてないですね。
 
―打者、投手として相手の小室投手の投球はいかがでしたか
僕と同じで身体が小さいのですが、勢いというか気合が入っている投球をしていたので勝てて良かったです。
 
―次戦に向けて一言お願いします
本当にまだ、たかが1勝なので勝ち点を取らないと勝ちではないので。また自分の役割を果たせる場面がくれば自分のピッチングをしたいと思います。

建部主将(3打数1安打1打点)

―今日の試合を振り返って
慶應から勝ち点を取って2カード目ということで、切り替えて全員集中していきました。

―先制タイムリーについて
チャンスで回ってきて後ろに繋ごうという気持ちだったのですが、良いところに飛んで点が入ったので良かったです。

―三嶋投手がチャンスを作りました
バッティング4安打で自分より打ってますね。負けないように自分も頑張りたいです。

―その三嶋投手のピッチングはいかがでしたが
本当に今までにないくらい、ライトで守っていて気持ちが入っているのが伝わってきました。自分たち後ろを信頼してくれているのも伝わってきて、素晴らしいです。

―小室投手はいかがでしたか
ずっと今まで抑えられてきたので、絶対やってやるという気持ちで試合に臨みました。三振もしたんですけど、良いピッチャーだなと改めて思いました。

―チームの調子は
出ているメンバーの気持ちはもちろん、出ていない人たちの気持ちも全面に出ていて、出ている人が試合に入りやすい良い雰囲気になっていたと思います。

―残塁が目立ちましたが
安打数がいっぱい出ても2点に留まっているので苦しい試合でした。でも、チャンスを作っているのは(相手の)ダメージになっているので良かったです。

―次の試合に向けての意気込みをお願いします
もう切り替えて、明日までにできる準備をして頑張りたいと思います。

土井選手(4打数2安打1打点1HR)

―今日を振り返って
先発の小室投手には去年抑えられているので、今日は全員で打ち勝とうという気持ちで臨みました。

―ホームランの感触は
軽く振り抜いたらスタンドまでいったので、やはり野球はタイミングだなと思いました。

―打撃好調の秘訣は
オープン戦では初球を見逃してしまうことが多かったのですが、シーズンに入ってからは吹っ切れて初球からどんどん振っていくことができるようになったので、それが結果に繋がっていると思います。

―捕手からみた三嶋投手の出来は
今日はストレートが走っていたしスライダーも切れていました。投球に気持ちが入っているのがミットから伝わってきました。

―三嶋投手にかけた言葉は
6回途中までパーフェクトだったので、ヒットを打たれたときにこのままズルズルと失点しないために「ここからまた立て直そう」と声をかけました。

―小室投手について
今日11安打を打っても2点しか取れなかったので、そこはさすが六大学を代表する左投手だと思いました。

―最後に、明日の抱負を
体が開かないよう心掛けて、またホームランが打てればいいと思います。

岩澤選手(2打数1安打)

―今日を振り返って
とりあえず勝てたので良かったです。

―2回のファインプレーについて
どちらかというと打撃より守備の方が得意なので、やらなきゃいけないという使命感というか…守備においては大胆なプレーができるので良かったです。

―バッティングでも1安打で、調子は上向きだと思うのですが
コーチから(バットが)下から出ていると言われていたので、直す事だけ考えてたんですが、徐々に良くなってきていると思います。

―今日の小室選手の印象は
ケガ明けらしく本調子ではなかったと思うんですけど、他のピッチャーと違って内もついてくるので、メンタル面も強いし、良いピッチャーだと思います。

―2死球についてプレーに影響は
大丈夫です。

―チームの雰囲気は
オープン戦ではなかなかこれといったものが掴めずにいた感じでしたが、なんというか個々の意識が高まってきているので、良い雰囲気になってきていると思います。

―次に向けて
とりあえずもう勝つことだけです。

展望

立大に先勝して、3連勝中と波に乗る今季の法大。この勢いで立大から勝ち点をもぎ取り優勝街道を突き進んで欲しいところ。法大の先発は石田が濃厚。1年生だった昨秋にブレイクした左のエースは今季初先発の慶大戦でいきなり完投勝利を挙げる活躍をした。冬場のトレーニング効果で球速が大幅に上がるなど成長著しい左腕に期待が集まる。

対する立大は、小室と同様に立大投手陣を支える4年生の岡部が濃厚だ。1戦目では11安打を放つも2得点と、打線の繋がりに欠いた。接戦が続くなか、投手陣に負担をかけないためにも、いかに繋がる打線を作れるかに勝敗はかかっている。特にクリーンナップの多木、岩澤、西浦直によるチャンスでの”あと一本”に、そして法大打線の爆発に期待したい。(宝嶋 優太)

フォトギャラリー

  • IMG 5857 R-thumb-160x160-3370今季初白星で土井と笑顔でハイタッチする三嶋
  • IMG 5140 R-thumb-160x160-33712試合連続完投とエースの風格が出てきた三嶋
  • IMG 5219 R-thumb-160x160-33724安打の固め打ちで打撃でもチームに貢献した三嶋
  • IMG 5259 R-thumb-160x160-3373先制点のタイムリー三塁打を放つ主将・建部
  • IMG 5080 R-thumb-160x160-3374技ありのヒットをレフト前に放つ多木
  • IMG 5100 R-thumb-160x160-33753回出塁した”つなぐ4番”の岩澤
  • IMG 5403 R-thumb-160x160-3376決勝点は土井の第2号ソロホームラン!
  • IMG 5421 R-thumb-160x160-3377笑顔で土井を迎え入れる法大ベンチ
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み