硬式野球
 
 

立大戦直前特集~法大の前に立ちはだかる難敵、立教!

立大戦直前特集
取材日:3月26日

開幕2カード目は法大にとって難敵である立大。昨年、苦しめられた相手を倒し、2カード連続勝ち点奪取なるか!?今回の立大特集は大塚監督、松本主将、小室投手のインタビューとスポホウ野球班が予想する今春の立大戦の展望です。

IMG 0952 R-thumb-160x160-3367
昨年、躍進を見せるも謙虚に話す大塚監督

 大塚監督

岡崎、那賀の穴をどう埋めるかがポイント

―昨年を振り返って
今までずっとBクラスだったので、2季連続Aクラスに入れたのは良かったですね。成長した年ではありましたが、そこより上に行く力のなさも感じました。

―優勝には何が足りないと思いますか
まあ、いろいろな要素があるんですけど、投手陣の薄さが第一なんじゃないですかね。打線は頑張ったんですけど、ここというときの勝負弱さだったり、守備の乱れもありましたし、そういうところで力のなさが出てしまいました。

―ここまでのオープン戦を振り返って
まず、投手陣の質を上げなければと思います。打線は岡崎、那賀という主軸が抜けてしまったので、その穴をどう埋めるかですね。

―松本主将はどんな主将ですか
松本はみんなをよく引っ張ってますね。元々そういうものを持ってますし、ぐいぐいと引っ張っている感じがします。

今年も法大打線は一番怖いです

―今年の投手陣の印象は
とりあえず小室は去年くらいの活躍はしなければだめですね。それと岡部。岡部がどれだけ自覚を持って取り組めるか。体は恵まれているので伸びるとは思います。岡部がどれだけ投げれるかで変わってくる感じです。

―今年の打線の印象は
打線は弱くなってます。岡崎、那賀が4,5番にいてくれたので打線も組みやすかったんですけど、現時点では4番も決まってません。オープン戦では日替わりに4番を打たせているんですが、まだ決まらないですね。

―打のキーマンは
やっぱり松本はもっと打たなきゃいけないんでしょうね。あとは4年生の加藤、西藤、前田隆一。この辺は去年1年間フルに働いてたわけではないので、彼らに頑張ってもらいたいです。

―新入生の印象は
今年は70人入ってきたんですけど、まだ名前が分からないです(笑)戦力になりそうな1年生がいたら、使っていくと思います。でも、新人が出るということは緊急事態ということですね。

―今年の法政の印象は
法政は選手一人一人に力があるイメージです。昨年も怖いと思ったんですが、今年も法大打線は一番怖いです。投手陣にしても三嶋と石田は間違いないですよね。

―注意したい選手は
やはり4番を打つであろう多木。それと主将の建部くん。挙げだしたら切りがないですね(笑)そのくらいものすごい戦力だと思います。

―金光監督のイメージは
私なんかにも六大連盟で声をかけていただいて、よく話をさせていただくのですけど、常識のある監督という感じがします。

―最後に今年の意気込みを
優勝はしたい。そんなに力のあるチームではないんですけど、とにかく一戦一戦喰らいついていきたいです。昨年の法大戦では粘りを見せれたので、今年のチームも粘り強くいきたいです  

 

 松本主将

結果が出せず不甲斐ないシーズン

―昨年度をふり返って
春・秋ともにAクラスで、チームとして成績自体は良かったんですけど、優勝出来なかった悔しさが大きかったです。

―昨年度のご自身の調子は
ずっと使ってもらってはいたんですけど、なかなか結果が出せなかったので不甲斐ないシーズンでした。

―主将として意識していることは
主将だからってことではないですけど、自分が一番真剣に練習に取り組んで、その背中を見てついてきてくれたらなという思いで取り組んでいます。

―今年のチームはどんなチームですか
岡崎さん那賀さんという右の長打を打てる二人が抜けたのでそこが大きいとは思うんですけど、今年は足を使ったりバントやエンドランの細かい野球で、1点でも相手より多くとって接戦をものにしていくチームだと思います。

―投手陣の調子は
小室・岡部を中心に課題を持っていい調子できていると思います。今からもっと上げてきてくれればリーグ戦でもいい結果が出せるんじゃないかと思います。

―野手陣の調子は
宮崎キャンプでかなり練習をやりこんだことでみんなの調子も大分上がってきたので、チーム全体として上向きになってきています。あと、オープン戦で社会人のチームと多くやれたことによってその試合の中でいい勉強をさせてもらったと思います。

―注目の選手・鍵となりそうな選手は
自分たちの学年の4年生は下級生のころから神宮でプレーしている選手が多いので、ラストイヤーでどれだけ力を発揮できるかが大きな鍵になると思います。

―いま重点的に取り組んでいることは
リーグ戦がどんどん近付いてきているので冬からずっと身体を作って、そこから神宮で通用するプレーを気をつけています。神宮から線を引いて、練習のための練習にならないことを意識しています。

今年は本気で優勝を狙いにいきます!

―法大のイメージは
やっぱり投手に三嶋とか石田とかいい投手がいるので、いまはその投手をどう打つかを野手は考えています。打者は多木を中心にいい打者が多いので、練習のときからそこにどう勝つかを考えながらやっています。

―警戒する選手は
同じショートである多木です。全日本で一緒にやってきてライバルというかお互い刺激し合えているので、ラストイヤーで多木には負けないようにしたいです。

―日本代表について
特に日本代表ということはいまは頭にないんですけど、とにかくリーグ戦を、チームの優勝のためにどう貢献できるかを第一に考えています。そういう風に取り組んでいった結果、その先にそういうものがついてくるのではないかと思っています。そこを目指していくことは特にないですね。

―ドラフト、プロ入りについて
それもいま言った通りで、主将をやらしてもらって監督さんにも2年生のときから使ってもらっているので、まずはチームにどうやって恩返し・貢献できるかということが1番やらなきゃいけないことだと思います。1番やらなきゃいけないことをやっていってその結果が全日本やプロにつながっていくと思うので、そういうことが出来なければそこはないと思っています。

―個人の目標は
ラストイヤーになるので数字的なもの特にないんですけど、気持ちを全面に出してプレーすることが個人の目標ですね。

―最後にチーム目標をお願いします
今年は本気で優勝を狙いにいきます。

小室投手

 今年のテーマは1年間投げきること

―昨年をふり返って
春は調子良くて6勝できたので、久々の立教のAクラスに貢献できて良かったです。しかし秋は豆を潰して早稲田明治と勝たなければいけない試合で自分がまともなピッチングをできなかったので、秋は悔いの残るシーズンでした。

―昨年度、心境・技術面で成長したところは
技術的には3年になってチェンジアップを多投したことで投球の幅が広がったと思います。メンタル的なところでは、2年の秋に勝ち星は1つでしたが防御率2位でチームの主力として投げることで、1シーズンだけではなく次の1年間通して活躍しなければいけない責任を感じるようになりました。そういう変化があったので3年では成績が残せたと思います。

―その中で見つけた課題は
豆を潰したり、2年の秋には肩を少し怪我というか痛めてしまったのでそういうところでは1年間投げきる体力がないと感じたので、1年間投げきることを今年のテーマにやってきています。

―身体のケア、トレーニングについて
肩回りといった投げるのに必要な動作のインナーは昔より気を付けて慎重に数も多くやっています。肩とか豆とかくだらない怪我をしないようにしています。

―最上級生として変化したことは
リーグ戦経験者が自分と岡部だけと投手陣は少ないので、リーグ戦の中で自分と岡部で最上級生として引っ張っていかなければいけないと責任を感じます。投手陣全体を引っ張っていけるように努力してやっていきます。

―新チームの雰囲気は
自分たちの代は個性の強い人たちが多いのでそういうのを消さないように個性を生かしつつ明るくやっています。いま結構良い雰囲気できていると思います。

―投手陣をどう引っ張っていきたいですか
口で言うのがあまり好きではないので、投げ込み期間や決めたことは自分が率先して1番多く投げ込んだり、決められたメニューを率先して引っ張ろうと思います。

―春のリーグ戦で、鍵となりそうな投手は
新1年生・新2年のリーグ戦を経験してない若手投手も多く出てきているので、誰っていう個人的なのではなくて、チーム全体で継投でやっていける感じはあります。

優勝して立教の名を全国に

―日本代表、プロ入りについて
意識していないとはいえないですが意識してしまうとチームの目標である優勝が気持ち的に遠ざかってしまうので、今はチームの優勝に向けてシーズン通して投げきることを意識してやっています。

―法大打線のイメージは
自分が左投手なので、右を多く並べられるイメージがあります。そういう意味で、誰か怪我をしたとしても穴を埋める選手がいる選手層の厚いチームだと思います。

―法大戦に得意意識はありますか
得意っていう訳ではないですが、たまたま法政の試合のときが調子良くて上手くまとめられているのかな、と思います。次試合当たったときに自分の調子がどうなっているかわからないし、得意というイメージはあまり持っていないです。

―法大で警戒する打者は
多木ですね。

―法大・建部主将が小室投手について意識していると言っていましたが
そうですね、小学校のときから建部とは面識があるのでそういう面で自分も意識してしまうところはあると思います。でも試合しているプレーの中では誰々とか意識はしないようにしています。なので試合終わって建部との結果が気になったりはしますが、試合の中では気にしないようにしています。

―他チームは小室投手を徹底的に研究していると思われますが
自分はマークされていても去年と同じ投球をする訳ではないので、マークされて研究されたとしても自分の投球スタイルを貫き通して去年とは違う配給だとか新しい変化球、そういうものを使っていきます。

―個人の数字での目標は
個人的な目標はあまり立てたくはないです。言うとすれば防御率が3位、2位、2位と取れそうであと一歩で取れないことが多いので、自分が2位になっていることが原因で去年の春の慶應3回戦だとか惜しいところで勝てない試合がありました。本当に個人的な目標を挙げるとするならば防御率のタイトルをとることですね。

―チームの目標は
優勝して全国大会で立教の名前を広げることです。

―ラストイヤーに向けて
去年でいう野村さんだとかそういうずば抜けた投手や野手はいないと思いますが、六大学全員で盛り上げていきたいと思うので今年もよろしくお願いします。

立大戦展望 

 昨年六大学で唯一2季連続でAクラス入りを果たした立大。その安定感の原動力となっているのは、なんといっても春秋で計9勝を挙げたエース・小室の存在だろう。この六大学屈指の左腕は、昨年の法大戦でも2勝を挙げ、その高い実力を証明して見せた。小室を攻略せずして、法大の勝ち点奪取は見えてこないだろう。また、第2戦の先発が予想される岡部賢も一昨年計5勝した実力者であり、リリーフには高いポテンシャルを持つ川端翔らが控えている。安定した投手力は立大の大きな武器である。

 迎え撃つ法大の打撃陣の調子も決して悪くない。慶大との3試合で計5安打と絶好調の西浦直や下位打線での起用に答えている大城戸だけでなく、慶大との3回戦では主軸を担う多木や岩澤にも当たりが出始め、全体的に上がり調子で迎えられそうなのは大きい。これらの選手に加え立大戦では、慶大二回戦でホームランを打った土井や、三回戦で2安打を放った伊藤慎ら、貴重な右打者達の奮起にも期待したい。小室を中心にした立大投手陣を法大打線がどう打ち崩すか。このカードの最大の見どころと言える。

 一方、主軸であった岡崎や那賀が抜けた立大の打撃陣は、昨季に比べるとやや迫力不足な点は否めない。しかし、昨秋ベストナインに選ばれた加藤や年間で新主将の松本、昨秋法大相手にサヨナラタイムリーを放った山田等の好打者は未だ健在であり、今年も切れ目のない打線を形成してくるであろう。決して油断は出来ない。

 彼らを迎え撃つ法大の先発は、第1戦は三嶋、第2戦は石田が予想される。初戦の慶大戦では三嶋が10回1失点、石田が9回1失点と、ともに素晴らしい投球内容で完投しており、立大戦での活躍も大いに期待できる。この二本柱が安定した投球を見せることが出来れば、チームの勝利もぐっと近くなってくるはずだ。また、慶大との二回戦に先発し、まずまずの投球を見せた船本、そしてこの試合で公式戦初登板初勝利を成し遂げた宮崎らをどのような形で使ってくるのか。金光監督の投手起用にも注目して見ていきたいところだ。

立大にとっては法大戦がリーグ戦の初戦であり、1999年秋以来の優勝へ向けて、勝って勢いをつけたいはず。また、立大は昨年法大が六大学で唯一勝ち点を挙げることが出来なかったチームであり、今カードも苦戦は免れないだろう。だからといってみすみす勝ち点を譲るわけにはいかない。法大にとっては、ここで勝ち点を獲得出来れば、単独首位に躍り出ることが出来るだけでなく、今後の戦いを精神的に優位な状況で戦うことが出来るだろう。3年ぶりの春制覇へ、立大戦はその命運を握る重要な試合になるはずだ。(田中宏樹)

フォトギャラリー

  • IMG 0952 R-thumb-160x160-3367昨年、躍進を見せるも謙虚に話す大塚監督
  • IMG 0959 R-thumb-160x160-3369「監督、チームに恩返しを」と語る松本主将
  • IMG 0976 R-thumb-160x160-3368投手陣のリーダーとしてチームを引っ張る小室
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み