硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦直前インタビュー 外野手編 ~舩曳海選手、毛利元哉選手、立花海都選手~

2019年3月19日(火)
法政大学野球部合宿所

4月13日に初戦を迎え、東大と対戦する法大野球部。今回は外野手を取り上げる。下級生のころから試合に出場し続けている4年生に加え、力をつけている下級生の存在もあり、今季もし烈なレギュラー争いが予想される外野手。今回は舩曳海(キャ4)、毛利元哉(法4)、立花海都(文3)の3選手にお話を伺った。

hunabiki800
外野手の要として期待がかかる舩曳

選手インタビュー

舩曳 海 外野手

—昨季を振り返って
あまり出場機会がなかったので、あっという間に終わったなという感じです。

リーグ戦優勝を果たしましたが、実感は
自分が(試合に)出ていなかったので、実感としてはあまりなかったです。チームが優勝できたうれしさはあったんですけど、実感という面ではなかったかなと思います。

今オフの取り組みは
とりあえず体力というか、体を大きくするのをメインにしつつ、課題がバッティングだと思ったので、とりあえず振りこみました。とりあえず振って振って、という感じでやりました。

その成果は
今までの中では、一番手応えはあるかなという感じです。オープン戦はそんな感じなので、普通にやればこのまま活躍できると思います、と言っておきます(笑)。

オープン戦の自己評価は
それは低めで、そんなに満足はしてないので、70点くらいです。まだまだ調整できますし、これからどんどん調子も上げていけると思うので、徐々に試合もリーグ戦モードにしていけたらいいなと思います。

まだ足りていない点は
全部なんですけど、打撃はとりあえず三振を減らすことを課題としていて、減ってきてはいるんですけど、やっぱりまだ僕の中では多いかなと思います。ツーストライクに追い込まれてからどうやって変化球を打ったりすればいいかという(点が課題です)。走塁はファーストランナーで出たら、全部盗塁するくらいの気持ちでいます。いけてないことはないですけど、走塁はまだ一番良い感じというか。満足はしてないですけど、まあまあな感じです。守備は、捕球はいいんですけど、投げる方はちょっと心配なので、そこはちゃんと投げられるようにしたいなと思います。

外野責任者として見た今季の外野手陣は
今までの外野と比べても全然負けてないというか、むしろ結構やってるほうじゃないかと(思います)。

負けてないとは
チームワークですかね。外野のチームワークは今までより(良いです)。

期待の外野手は
僕の両サイドを守っている2人ですね。宇草(孔基、営4)、毛利(元哉、法4)に期待してます。

ラストイヤーとなりますが、ここまでを振り返って
めっちゃ早いなと思います、シンプルに。(けがで)手術したことは大学に入って一番の出来事かなと思っていて、3年の時は何にもできてないんですけど、ある意味人間的にも成長できたと思いますし、思考も前とは変わったというか、マイナス思考をあんまりしなくなったので、そういう面では良かったかなと思います。

2年秋のシーズンは打撃が好調でしたが、その要因は
僕の中では、明治戦の3打席目の前に毛利に「もうちょっと右足を先に出して、早めに出して打ちにいった方がいい」と言われて、「じゃあやってみるわ」って。そこからめっちゃ打ち出したので、それかなと思います。

それは今も継続している
そうですね、結構継続してますね。この冬とかは違う打ち方というか、今までにない打ち方しようと思って取り組んできました。それも残しつつ、前の打ってた時のバッティングに戻しながらやってるという感じなんですけど、良い感じではきてると思います。

今季は先発出場が濃厚ですが、どんなシーズンにしたいか
多分上位(打線)を打たないといけないと思います。上位が打たないと点数も取れないと思いますし、僕とかが塁に出て、盗塁して、チャンスを作って、3番4番とかに回したら点も取れるかなと思うので、そういう出塁をメインにしつつ、長打がほしい時は長打も打っていきたいです。

今季の目標は
チームは、秋に優勝したので秋春連覇。春は日本一までしっかり1戦1戦やっていくというのと、個人はベストナイン1回も取ったことないので、そこは1つの目標というか、取れたら取りたいです。1戦1戦戦った結果、ベストナインに選んでもらえたらいいなというくらいな感じで、1戦1戦やって結果がついてくればいいかなと思います。

具体的な数字での目標は
トリプルスリーで(笑)。(打率)3割(本塁打)3本で、盗塁と打点は合わせて13でいきましょう、どうですか(笑)?

—最後にファンの方々へメッセージをお願いします
僕たちは一生懸命頑張るので、ぜひ神宮に足を運んでいただいて、応援してくれたらうれしいと思います。お願いします!

(取材:渡辺詩織)

hunabiki
舩曳海(ふなびき・わたる)
キャリアデザイン学部4年 1998年1月13日生まれ
兵庫県出身・天理
183㎝83㎏・右投左打
昨年度成績:7試合 4打席 3打数 1安打 0本塁打 0打点 1四死球 1三振 打率.333
『昨季は代打や守備固めでの出場が主だったが、今季は先発での出場が見込まれる。走攻守すべてで勝利に貢献し、さらなる飛躍のシーズンへ。』

毛利 元哉 外野手

昨年を振り返って
チームは優勝したんですけど、自分としてはふがいない結果が多かったなという印象です。

秋は開幕戦先発出場でした
開幕スタメンで出て、その後の試合では、「何で使ってくれないんだろう」という気持ちもありましたけど、結果を残していないので、そうだろうなとは思いました。

2年次に2本のホームランを打っています
ビギナーズラックではないですけど、あんまり相手の投手のことを考えてなかったですし、初めてということもあったので、一つ一つが一生懸命で、それが結果につながっていたのかなと思います。

現在は4番候補となっています
最近のオープン戦では4番ではないのですが、クリーンナップを打てるようにはなりたいです。

打席の中で意識することは
とりあえずあまり考えないようにするのと、『脱力』です。力を抜くというのを考えています。

打席ではあまり考えないタイプ
そうですね。考えると良い方向に行かないタイプなので、無心で。

フォームについて
真っすぐに弱かったので、真っすぐに強くなれるような練習はしています。

具体的に変えた点は
下からスイングをしていたので、それを直すというか、ちゃんと叩くというのを意識しています。

福田主将の印象は
福田にはチームを引っ張ってもらっているので、その点では向山(基生、現NTT東日本)さんと同じかなと思っています。残ってたくさん自主練をしたりして、意外と真面目なので、そういうところからチームの士気を上げようとしているのかなと思います。

現在のチームの雰囲気は
基本、今の試合に出ている選手に同期が多くて、試合の雰囲気は良いのかなと思います。

個人としての課題は
走れるようになりたいです。今季は盗塁を意識したいですね。

バッティングが持ち味だと思います
打っているだけでは駄目だと思います。野球は打って、守って、走るスポーツだと思うので、走ることにも力を入れていきたいと思います。

打撃で「ここは負けない」というところは
広角に打てるところですね。やっぱり良いピッチャーも多くて、引っ張ってばかりだと打てなくなってしまうので、両方に飛ばせるバッターになりたいというのは意識しています。

ラストシーズンです
自分が法政に入ってから日本一は経験していないので、日本一を取りたいと思います。

今季の一押し選手は
宇草(孔基、営4)じゃないですかね。一番良い選手だと思います。足がめちゃくちゃ速いし、打撃もとても良いので。

今季の個人目標は
打率が3割五分、ホームランは3本以上。打点は10打点、盗塁は3〜5くらいできればと思います。

チーム目標は
チーム目標は日本一ですね。

最後に意気込みをお願いします
ラストの年なので、気持ちよく終われるように、とりあえず春、日本一になりたいと思います。

(取材:山﨑有馬)

mori
毛利元哉(もうり・もとや)
法学部4年 1997年5月27日生まれ
愛知県出身・愛工大名電
183㎝90㎏・右投左打
昨年度成績:12試合 24打席 22打数 4安打 0本塁打 1打点 2四死球 8三振 打率.182 
『今季の4番候補の一人。広角に強い打球を飛ばす打撃が最大の魅力であり、2年次には本塁打を2本記録している。ラストイヤーとなる今年、再び神宮でアーチを描く。』

立花 海都 外野手

昨年はリーグ戦初出場を果たしましたが、振り返って
あまり戦えない高いレベルのピッチャーと対戦して、その試合に出られたという自信にもなりましたし、1試合しか出てなかったですけど、今年はリーグ戦でスタメンで出られるように今、頑張っています。

今オフに取り組んだことは
オフは自分で室内で打ったり、自主練とかもやっています。成果は出てると思います。

オープン戦を通して手応えは感じるか
バッティングの調子が良いので、手応えはあります。

ご自身のアピールポイントは
バッティングがアピールポイントだと思っています。(具体的には)鋭い打球を右中間、左中間に打てるバッターだと思っています。

外野手争いがし烈ですが、どうアピールしたいか
自分の一個上(4年生)は右バッターが少ないので、対左ピッチャーの時に打てるようにしていきたいです。

リーグ戦開幕までに詰めていきたいことは
今日や、この前もあったんですけど、最終回のチャンス(の場面)で打てなくて、勝負強いバッティングができるようにこれからやっていきたいと思います。

他大学で対戦したい投手は
早稲田の早川(隆久)です。高校のとき甲子園で1回対戦して、ヒット1本は打ったんですけど、あんまり打てなかったので、大学でやってみたいと思っています。

今季の目標は
開幕スタメンで出ることです。

—最後にファンの方々へメッセージをお願いします
去年と引き続き、優勝できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

(取材:渡辺詩織)

tachibana
立花海都(たちばな・かいと)
文学部3年 1998年5月31日生まれ
広島県出身・岡山理大附
180㎝81㎏・右投右打
昨年度成績:1試合 2打席 2打数 0安打 0本塁打 0打点 0四死球 0三振 打率.000
『今季期待の成長株。持ち味の鋭い打撃でし烈な外野手争いを制す。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み