硬式野球

【硬式野球】他大学インタビュー 慶応義塾大学野球部②~瀬戸西純選手、高橋佑樹選手、高橋亮吾選手~

2019年3月18日(月)
慶応義塾大学野球部下田グラウンド

4月27日に慶大戦を迎える法大野球部。着々と準備が進む中、対戦相手である慶大野球部にインタビューを敢行した。今回は、第1戦の先発が予想される高橋佑樹選手、先発、リリーフどちらでも起用が予想される高橋亮吾選手、守備力が魅力の瀬戸西純選手に話を伺った。

DSC 9890 2 R800
第一戦の先発が予想される高橋佑

選手インタビュー

瀬戸西 純 内野手

—昨季を振り返って
秋シーズンは最後まで勝ち点4を取って、早慶戦で勝ち点を取れば優勝というところまで行けたのは良かったんですけれど、春同様に早稲田に一戦目勝った後に2連敗という形で優勝を逃してしまったというのは一番悔しい思いもありますし、一番覚えているというか、早慶戦が一番思い出深い試合です。

その早慶戦で特に印象に残った場面は
3回戦の最後に岸本(朋也、平30年度卒=明治安田生命)選手が打ったセンター前の打球なんですけれど、僕がグローブに当てたんですけど、はじいてしまったのがそれが決勝点になってしまって。あそこでその打球を捕ってチェンジにしていればまだ延長で試合が続いたんですけど、届くところまで行って捕れなかった、捕りきれなかったというのは一番印象に残っているプレーです。

瀬戸西選手は守備でのプレーが注目されると思いますが何か心掛けていることは
守備で一番心掛けているのは、1歩目を早くするためにも打者の様子をうかがうじゃないですけれど、打者と投手の力関係だったり、スイングのタイミングであったりそういう観察をすることは大事にしています。

一方で打撃面では昨年通して不本意な結果に終わってしまいました
(六大学では)球速が速いピッチャーが多いと思うんですけれど、そうなるとまっすぐに力負けしてしまうことが多かったので、それを課題にこの冬過ごしてきたという感じです。

今年の法大の印象は
昨秋の野手のレギュラーメンバーは4年生が多かったと思うんですけれど、その人達が抜けたとしても、甲子園の経験メンバーが多かったり、外野手で言ったら、レフト、センター、ライトすべてが(甲子園)経験者でそろいますし、投手陣も残っているので、(4年生が)抜けたからといって油断はできないと思いますし、本当に手ごわい相手だなと思います。

法大の選手で警戒している選手は
怖い選手は宇草(孔基、営4)選手ですね。一番で、足も速いですし、打球も速いので怖いというのはあります。後は投手だったら石川達也(キャ3)、左投げの投手がいると思うんですけど、中学時代同じシニアで、今でもプライベートで仲良くしてもらっているので、それで対戦することも高校時代から何回かあって、毎回抑えられていて悔しいので石川達也と対戦して一本出したいなと思っています。

石川選手とは普段どのようなお話をしますか
どのような(笑)。まあ、普通に野球以外の話もしますし、野球で言ったら、あいつがけがをしていた時とかは、たまに「やべえ(笑)」とか急にLINEが来て、「頑張れよ」とか言ったりしてますね。試合後なんかも電話して、「また抑えたな」とか「またやられたわ」とかそんな感じで仲良くしています。

今でも頻繁に連絡は取っている
そうですね。最近はそんなにですけれど、年末年始とかは何かあったら連絡とか取ったりしていましたね。

ご自身の調子は
守備面ではオープン戦でも安定して守備ができていると思いますし、打撃面でも徐々に良くなってきているのかなとは思います。

今練習で取り組んでいることは
守備面なんですけれど、バッティング練習をしているときの守備で、打撃投手と打者の観察とかをバッティング練習の守備から実践してみたり、後はバッティングだったら、早い真っ直ぐを意識した中でそれに負けないようにスイングをしつつ、動く球とかはすぐに引っ掛けてしまわないようにというのを意識してやっています。

瀬戸西選手から見た、今年期待の新戦力は
2年の福井章吾、正木智也ですね。この2人は状態もいいですし、結果を出してくれるようであれば4年生に(リーグ戦)経験者も多いですし、勝ちに大きくつながるんじゃないかなと思っています。

今季の目標は
チームとしては勝ち点5の完全優勝をまだ成し遂げていないので、それを成し遂げること。個人としては、ベストナインを取れる活躍をすれば、チームも優勝に近づくと思うので、ベストナインを目標に頑張っていきたいと思います。

最後に一言お願いします
簡単に優勝できるわけでもないですし、法大をはじめ、強敵が多い六大学リーグなので、一戦一戦やれることをしっかりやって、1勝ずつ積み重ねていって、優勝できればいいなと思います。

(取材:加瀬航大)

DSC 9915 2 R600
瀬戸西 純 (せとにし・じゅん)
法学部3年 1998年8月24日生まれ
神奈川県出身・慶応
177cm77kg・右投左打
『昨年から正遊撃手の座を手に入れ、華麗な守備で神宮を沸かす俊足好打の内野手。法大の石川とは中学時代に同じシニアで共にプレーし、頻繁に連絡を取り合う仲だ』

高橋 佑樹 投手

昨季を振り返って
去年のシーズンはシーズン通して安定した結果が残せたっていう1番自分の中では自身になるじゃないかなと思います。

防御率がリーグ3位でした
防御率が3番目でしたけど、防御率どうこうというよりはチームが勝つように投げることがピッチャーのやることだと思います。接戦のせっている時に点を取られない、そういうピッチングの方が大事だと思っているので防御率の数字にそこまでこだわるということはそこまでしてないです。

昨季見つかった課題点は
右バッターへの対策を練らなければいけないなという風に思っていました。

その課題を踏まえオフに重点的に練習したことは
基本的にはストレートの球を早くすることで、右バッター左バッター関係なくコントロール良く投げられるような練習をしました。

オフの練習を見て昨秋とは違う慶大のポイントは
メンバーは結構残っていて、見たことあるような選手を見ることがあると思うんですけど、その中で新しく入ってくる選手であったりとかもいて、数はそんなに多くないですけど新しく入ってくる選手が新しく、良い雰囲気を作ってくれるだろうなという風に思っています。

その新しい選手とは例えば誰でしょうか
正木です。バッティングが良いんで、ぜひ点とってもらうように頑張ってもらいたいなと思います。

他大にはない慶大投手陣の魅力は
そんなにガチガチに全部決められて動いてるわけではないので、自分の課題であったりやりたいことを見つけて自分で考えて練習するっていうのは良くやっているのではないかなと思いますね。

昨季は高橋亮吾選手との二枚看板でした
名前も髙橋ということでダブル髙橋でちょうど良いのではないかなと思いました。

良いライバル関係という感じでしょうか
そうですね。

—高橋亮吾選手の人柄は
すごい真面目です。練習中もずっと一生懸命やってますし。

法大の印象は
去年唯一うまくいかなかったのが法政戦で、法政は高校野球からのスターがそろって、タレントぞろいのチームなのでそこに力負けしてしまった感じです。名前負けしたつもりはないですけどそういったところもあったかなと思います。

法大にこの選手は絶対に撃ち取りたいと思う打者は
そんなにいないですけど、強いて言うなら宇草にめちゃくちゃ打たれた印象があるので抑えたいですね。

自分の持ち味や決め球などは
僕はすごい球があるピッチャーではないので、いろんな球を高い水準でずっと投げ続けることができるピッチャーというか、できないと抑えられないピッチャーかなと思います。それがうまくいけば抑えられます。

今のチームの雰囲気は
オープン戦がそんなに数やってないので、チームとしての形が見えてきてないんですけど、練習は去年よりもしてると思いますし、チームとしてリーグ戦に向けて「やってやろう」という気持ちはあると思います。

今季、慶大のキーマンとなってくる選手は
郡司、柳町ではないですかね。看板というか有名な2人が期待通りの活躍をしてくれたらチームが良い方向に行くんじゃないかなと思います。

髙橋佑樹選手のニックネームが『ボンバー』ということですがなぜそのような名前なのでしょうか
小学校の頃からなんですけど、小学校の頃の好きな歌からあだ名につきました。

『ボンバー』という名にあやかってどのような『爆発』的な活躍をしたいですか
今年もたくさん勝ち星をあげれるような、個人の成績も欲しいですけど、チームのことを第一に考えてたくさんイニング投げて他の人の負担を減らせるようにやりたいなと思います。

今年はラストイヤーとなりますが個人の目標としては
優勝ぐらいしかないです。

チームの目標は
「早稲田に2連勝して完全優勝」なので、早稲田に2連勝して完全優勝ってことは他のとこからも勝ち点を落とせないっていうことで、個人的に言うと法政が1番難しい相手だと思うので勝てるようにしたいです。

-最後に他の六大学の選手たちへ意気込みをお願いします
お手柔らかにお願いします(笑)。

(取材:須藤大樹)

DSC 9890 2 R600
髙橋 佑樹(たかはし・ゆうき)
環境情報学部3年 1997年10月9日生まれ
埼玉県出身・川越東
174㎝80kg・左投左打
『昨季はダブル高橋の1人として躍動。今季もニックネームの“ボンバー”にちなんだ爆発的な活躍を誓う』

高橋 亮吾 投手

昨季を振り返って
3連覇が掛かっていて、優勝みんなで目指していたんですけれど、結果それが叶わなかったので、それは残念だったかなと思います。個人的にもとてもいいシーズンではなかったですし、最初先発を任されて、東大戦で3ランを打たれて、そこから最後の早慶戦も、最後任されないで負けた、結局菊池(恭志郎、平30年度卒)さんが最終的に任されて負けてしまったので。やっぱり投げないで負けるというのは悔しいですし、(昨季を)振り返ってどうだったかと言われると、全くいいシーズンではなかったかなと思います。

昨年は春季リーグ戦と比べると、秋季は調子が上がらなかったように思えました
真っ直ぐの質が良くなかった、悪くなったかは分からないですけれど、元々(ボールの)回転数が多くないので、低めに投げてゴロを打たせて打ち取るタイプなんですけれど、ちょっと高めにいってしまってホームランを打たれ、結果的に昨秋合計で2ホーマーを打たれてしまったんですけれど、それが原因ですかね。

印象に残った試合は
法大戦の3戦目ですね。僕が最後に投げていましたし、劇的というか、印象に残っていますかね。

—高橋亮選手ご自身の調子は
比較的順調にというか、思ったよりというか、計画通りにはいってます。

その計画というのは
キャンプの投げこみとか、今だったら出力を上げてという感じですかね。どういう形で使われるかは分からないですけれど、球速が落ちてしまうと、僕の悪い時って大体球速が落ちてしまうんで、そこを保てているというのは良いことかなと思いますね。

特に今取り組んでいることは
細かい技術的な部分なんですけれど、投げるときに右腕が離れちゃうくせがあって、そうなると結構、ひじ(のけが)持ちなんですけれど、それの原因にもなってしまうので、よく腕だけで投げているとか、力だけで投げている感じに見えてしまうので、そこを下半身から連動してできるような腕の使い方を取り組んでいます。

今季の法大の印象は
宇草(孔基、営4)とか相馬(優人、営4)とかが仲いいですけれど、いい選手が残っていますし、中山(翔太、東京ヤクルトスワローズ)さんや、中村(浩人、東芝)さん、菅野(秀哉、東京ガス)さんなどがいないにしろ、大体いい選手がまた出てくるので、(法大には)実績があるというか、高校のスーパースターが集まっているじゃないですか(笑)。どうせまた、隠れたいい選手が出てくるんだろうなと考えています(笑)。

対戦したい打者は
舩曳(海、キャ4)ですかね。昨シーズンはあんまり勝負できなかったというか、舩曳もけがをしていたと思うので、仲がいいんですけれど、勝負できなかったと思うので、今シーズンがラストということもあって、勝負したいです。

大久保監督が今年のキーマンとして高橋亮吾選手をあげています
なんか毎年あげられているような気がすると思うんですけど(笑)。まあでも、監督の中でも僕が先発になるのか、中継ぎになるのか、後ろになるのかは分からないと思います。それは他のピッチャーの調子もあると思うので、とりあえず監督から見て、使いやすいというか、最初は先発じゃなくても後から先発として使うでもいいですし、最初先発で後から中継ぎでもいいですけれど、僕は先発、後ろどっちでもいいので、動きやすい、使いやすい、投げさせやすい、信頼されるピッチャーであればいいなと思います。

しいて言うのであれば先発、中継ぎ、どちらで投げたいですか
本当にどっちでもよくて(笑)。多分得意な方でいえば後ろの方が得意だと思うんですよ。2年の春に後ろでずっと投げていて調子が良くて、先発だとちょっと加減というか、試合を作っているつもりはないんですけれど、試合を作るとなると球速が落ちて、うまくまとめてしまうくせがあるので、そういう意味では後ろの方が得意なんですけれど、先発も華がありますよね。

今季の目標は
チームとしては、早稲田にずっと負けているので、早稲田に勝って優勝することですけれど、個人的なことだと、僕は何勝とかあまり興味がないので1シーズンちゃんと投げ切る、去年の秋とかも最初は投げていたんですけれど、最後投げていないですし、去年の春みたいな感じで、抑えでも最後ちゃんと任せられるような、先発だったら先発を任されるような体力というか、けがしないとかそういう所が最低目標です。

高橋亮選手から見た今年、慶大のキーマンとなる選手は
野手だったら郡司(裕也)ですかね。ずっと出ていますけど、主将になって負担とかも増えると思いますし、色々と考えることもあると思うので。やっぱり、郡司が打たないと、4番なので、打線が回らないというかどれだけ抑えても(野手が)打ってくれないと意味がないので、そういう意味で期待も込めて郡司ですね。

最後に一言お願いします
去年、けが人がかなり多くて、最後、高橋佑樹だけしか残らず、僕も含めてけが人が多かったので、自分だけじゃなく、同じピッチャー、チームの野手もけがとかそういう管理を気を配ってシーズンに臨めたらなと思います。

(取材:加瀬航大)

DSC 9892 2 R600
高橋 亮吾(たかはし・りょうご)
総合政策学部4年 1997年9月29日生まれ
神奈川県出身・慶応湘南藤沢
180㎝80㎏・右投右打
『145㌔を超える直球とスライダーを投じ、慶大投手陣を支えるダブル高橋の1人。昨季の悔しさを糧とし、与えられたポジションで2季ぶりの優勝を目指すチームの支柱となる。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み