硬式野球

【硬式野球】他大学インタビュー 明治大学野球部①~善波達也監督、森下暢仁選手~

2019年3月29日(金)
明治大学野球部グラウンド

 5月25日に明大戦を迎える法大野球部。何としても2つ目の勝ち点を取りに行きたい法大に対し、明大にとっては優勝のかかる大一番となるカードだ。今回、弊会は対戦相手である明大の野球部にインタビューを敢行した。今回は、指揮を執る善波達也監督、絶対的エースでありドラフト候補の森下暢仁主将に話を伺った。

DSC 0627 R800
今季の明大の指揮を執る善波監督

監督・選手インタビュー

善波 達也 監督

—昨年を振り返って総括をお願いします
去年一年間通して、粘り弱いというか、競って勝てないシーズンでした

—昨年とレギュラー陣が一気に変わりました
野手は全員入れ替えという感じですね。それに関しては、今まで出ていなかった選手が神宮を経験するので、その部分としては楽しみです。ただ、経験していない分、各チームに対応できるかどうかという不安材料はあります。新しい選手が出るというのは、見る人にとってもそうだと思うのですが、学生野球にとっての楽しみの一つだと思うので、そこは楽しみにしています。

—投手陣は去年から経験を積んでいる選手が残っています
そうですね。残っているピッチャーの連中がチームを引っ張っていくような形になると良いなという風には感じていますね。

—オープン戦の調子は
ここのところ引き分けか負けしかないので、相変わらず競った展開に弱いのかなという印象はあります。

—チームの課題は
学生であるということや、野球選手として、当たり前にできること、当たり前の取り組みのレベルというのを上げようというのをよく言っています。

—当たり前のことというのは
野球以外の面でも、様々なことに対して取り組む基準を上げていこうというところですね。

—今年のチームスローガンは『猪突猛進』です
選手に決めさせました。選手が頑張れる合言葉になれば良いなと思っています。自分が決めているわけではないので、選手自身がこの言葉によってまとまることができればよいのかなと思います。

—今年の法大の印象は
今年のことはあまりわからないのですが、去年の秋の優勝チームで、毎年言っていることなのですが、法政が一番能力が高いと思っています。

—具体的に気になる選手は
三浦(銀二、キャ2)ですね。彼がやっぱりゲームをしっかり作っていくので、何とか崩していけたらなと思います。もちろん他にも能力ある選手はたくさんいますが、去年を見た中で感じたのは三浦君をどうにかしないとなということですね。

—明大のキーマンは
ピッチャーだと森下(暢仁)ですね。経験も豊富ですし、今年はキャプテンを任せているので。彼が力を発揮してくれないと始まらないかなと思います。バッターだと4番を打つ可能性のある和田(慎吾)ですね。この2人には期待しています。

—野手が総入れ替えということですが、新戦力で期待する選手は
新入生の岡本(伊織)ですね。伸びてきているので、初戦までにまたどんどんと力をつけていけば、春の戦力として十分考えられるのかなと思っています。

—最後に今年の目標をお願いします
春に何とか勝ちたいというのが第一目標です。それはもう、いろいろなところで言っているのですが、ここ何年か、春の大学野球選手権で優勝していないので、リーグ戦を勝って、そこへの挑戦権を得たいなという思いでいます。

(取材:山﨑有馬)

DSC 0627 R600
善波 達也(よしなみ・たつや)
1962年8月11日生まれ
神奈川県出身・桐蔭学園高校→明治大学→東京ガス 
『現役時代は捕手としてプレー。社会人でプレーした後、’04年に明大野球部のコーチに就任、’08年に監督とし指揮を執り始め、チームを8度の優勝に導いている。’15年、’17年には大学日本代表監督も務めた』

森下 暢仁 主将

—昨年を振り返って
去年は個人的にも良い成績を残せていないので、結果にもっと今年はこだわりたいなという思いと、チーム全体的にも勝ちに対する執着心じゃないですけど、勝つことに対してちょっと甘かったんじゃないかなというふうに思います。

打撃成績も良いですが、意識していることは
自分はピッチャーなので、ピッチャーには甘いボールがくるという勝手なイメージがあるので、その来た球を打とうという感じです。

ここまでのオープン戦を通して調子は
去年よりかは良いと思います。バッティングはいまいちですね。

ピッチングにおいて手応えを感じている部分は
全体的にも変化球もストレートも今まで以上に指にかかるというか、手応えがあります。

主将兼エースという立場ですが、ここまで活動してみて何か感じたことは
ここ最近はピッチャーとして自分のやりたいこともやれています。自分がもしチーム以外のことをやってても、周りが結構助けてくれていて、キャプテンとしては自分のことに集中もできつつ、チームも見て、ということができてるのでキャプテンをやって本当に良いんじゃないかなと思います。

主将目線で現在のチーム状態は(※取材日は3月29日)
最初よりかは疲れているというか。でも、去年に比べたら本当に4年生、3年生が良い雰囲気を作って、下もついてきてる感じはするので、本当に良い雰囲気でここまでこれたんじゃないかなと思います。

今年の明大の強みは
去年と違って結構ガラッとメンバーが変わっていて、そのメンバーが一人一人の役割をこなしてくれれば必ず結果につながってくると思うので、そこは強みかなと思っています。

法大打線の印象は
結構振ってくる印象があるので、そこに自分が打たれないように。甘い球を投げたら結構打たれるイメージあるので、厳しく投げないといけないなという印象です。

特に警戒する打者は
やっぱり宇草(孔基、営4)だったり、足が速い選手はあんまり好きじゃないので、そういう選手ですね。

今季の目標は
昨シーズンは全然思う通りな数字だったり結果を残すことができなかったので、今年はキャプテンとして最終学年として結果にもこだわって、数字にも勝ちにもこだわってやっていきたいなというふうに思います。

法大ファンへ
今まで以上に厳しい戦いになると思うんですけど、その中で自分も結果に勝ちにこだわりたいと思っているので、自分の投球を、昨年とは違うところを見てほしいです。

(取材:渡辺詩織)

DSC 0023 R600
森下暢仁(もりした・まさと) 
政治経済学部4年 1997年8月25日生まれ
大分県出身・大分商業
180㎝75㎏・右投右打
『大学ナンバーワンとの呼び声も高い六大学屈指の右腕。第6週終了時点での防御率は1.66、奪三振数は55と、どちらも他を圧倒する成績を残している。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

6スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み