硬式野球
 
 

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 対立大2回戦 玉熊が投打で大活躍!2連勝で今季初の勝ち点奪取!

東京六大学野球春季リーグ戦 対立大2回戦
2014年4月20日(日)
神宮球場

1戦目に勝利した勢いそのまま勝ち点を奪いたい法大。2戦目は前日リリーフし、連投となった玉熊に先発が託された。先制される苦しい立ち上がりだったが、打線が奮起し安打を量産。チャンスで打線がつながり得点を挙げた。終いには玉熊が自らのバットでレフトスタンドに放り込んだ。

9回を完投し初勝利を挙げた玉熊

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 2 0 1 1 4 13 0
立 大 1 0 0 0 0 0 0 1 1 3 7 0

(法大)○玉熊(1勝)‐安本
(立大)●齋藤、大澤、田村、小林昌‐鈴木、浅田
[本塁打](法)玉熊1号ソロ(9回=小林昌)
    (立)寺田(8回=玉熊)

打撃成績

打順位置選手123456789
1 (8) 田中 5 2 0 左越え二 空三振     空三振   二ゴロ   右前安
2 (4) 細川 3 1 0 捕犠打   二ゴロ   二直   左前安   投ゴロ
3 (3) 金子 5 1 0 一ゴロ   二ゴロ     左越え二 空三振   空三振
4 (7) 畔上 4 1 0 中飛   遊ゴロ     二ゴロ   遊安  
  R7 松田 1 0 0                 投ゴロ
5 (5) 伊藤諒 4 2 1   右前安   空三振   右線二①   投ゴロ  
6 (9) 山下新 2 0 0   二直   遊ゴロ          
  H9 安慶名 1 0 0           二ゴロ      
  H9 若林 1 0 0               空三振  
7 (6) 佐藤竜 4 3 2   右飛   遊安   右前安①   中越三①  
8 (2) 安本 3 1 0   左前安   左飛   四球   空三振  
9 (1) 玉熊 4 2 1   空三振     右前安 空三振     左越え本①
    36 13 4                  

投手成績

  球数 打者
玉熊 9 106 35 7 6 2 3

ベンチ入りメンバー

10 安慶名(経4=興南) 20 安本(営4=広島商) 26 水谷(営1=大阪桐蔭)
21 石田(営4=広島工) 33 森川(営2=桐蔭学園) 23 松田(法4=三重)
14 鈴木貴(人4=済美) 3 伊藤諒(キャ4=神港学園) 8 畔上(キャ3=日大三)
18 浅野(法3=中京大中京) 4 岡崎(法4=作新学院) 25 蔵桝(営3=広陵)
16 玉熊(法2=北海) 35 伊藤晃(社3=掛川西) 29 田中(法3=中京大中京)
19 新井(人1=宇都宮商) 6 佐藤竜(法3=作新学院) 36 山下新(人3=済美)
13 熊谷(キャ1=平塚学園) 5 細川(文3=福井工大福井) 1 若林(営3=桐蔭学園)
17 藤森(法1=西武台千葉) 2 皆川(キャ3=西武台千葉)    
22 中園(法4=いなべ総合学園) 9 金子(キャ2=日大三)    

戦評

 是が非でも2連勝で勝ち点をとりたい法大は、先発に前日救援登板した玉熊将一(法2)を送る。試合は開始早々動きを見せる。法大先頭の田中彪(法3)が二塁打でチャンスを作ると、二死後、4番に座った畔上翔(キャ3)の放った打球は快音を残すもセンターのグラブに収まり、先制を逃す。直後の立大の攻撃、玉熊は2番・安田航をストレートの四球で出塁を許すと、大城滉二、岡部通織の連打で1点を失ってしまう。

 6回、試合は再び動きを見せる。先頭の金子凌也(キャ2)がレフトの頭を越える二塁打で出塁すると、畔上の進塁打を挟み、打席に入ったのは前日タイムリーを放った伊藤諒介(キャ4)。粘りに粘った立大先発・齋藤俊介の9球目を捉えると、強烈な打球はライト線を襲う同点タイムリー。連日のスタメン出場となった佐藤竜一郎(法3)も続き、法大が鮮やかに逆転に成功する。

 8回に両チーム1点を追加し、迎えた9回。完投勝利を目指す玉熊が打席に入ると、放った打球はどよめきと共にレフトスタンドへ。誰もが予想だにしない自身初ホームランで駄目を押したかに思えた9回裏、二死から立大主将・我如古盛次が再び1点差に迫る執念のタイムリー。絶体絶命のピンチを迎えるも、玉熊は最後の打者を二ゴロに打ち取り、見事完投勝利。今季初の勝ち点をもぎ取った。

 ここまで課題だった打線も、終わってみれば3回を除く毎回の13安打。自身初勝利を収めた玉熊も、今後の先発定着に大きな期待を抱かせた。空き週を挟み、次戦相対するのは宿敵・明大。2連勝で勢いに乗った法大が、必ずや昨年のリベンジを果たしてくれるだろう。(遠藤礼也)

クローズアップ

玉熊 将一(先発として「三度目の正直」、リーグ戦初勝利を掴む)

 今季初の勝ち点を刻んだ今日の勝利をこの男の名前無しでは語れない。先発を務めた玉熊将一(法2)だ。140キロを超える力のある速球と今季に向けオフの期間中に磨いたというコントロールを武器に、立大打線を7安打3失点の完投でリーグ戦初勝利を収めた。

 昨秋の慶大戦で1年生ながら初先発デビューを飾るも1回1/3を4失点、先週の早大戦でも先発を務めるも5回1/3を2失点で降板した。今回の勝利は先発3度目にしてようやくつかんだ嬉しい初勝利だった。また、ピッチングだけではなく打撃に渡って大きな活躍をみせる。8回裏、立大先頭打者の7番寺田陽光にホームランを許し1点差に迫られるが、9回表、本人は「たまたまです」と語るも、立大4番手投手の小林昌樹の高めのまっすぐを捉えてレフトスタンドへ大きなホームランも放った。自身もチームも助ける貴重な追加点となった。

 今季初の勝ち点がかかった重要な試合に、「絶対に今日で決めよう」と自らを奮い立たせて臨んだ玉熊。厳しい冬のトレーニングを乗り越えてたくましく成長し、神宮のマウンドに立った玉熊の姿は未来のエースの姿を思わせた。優勝奪取へ、この男の力が必要なのは間違いないだろう。今春の神宮のマウンドに立つ玉熊から目が離せない。(望月千草)

試合後の監督・選手のコメント

神長 英一 監督

―今日の試合を振り返って
先制されたんですが、どこかで(齋藤投手を)捕まえられるかなという気がしていました。中盤ひっくり返して、その攻撃力は感じました。ただ安打数がありながらも得点に繋がらなかった苦しさはあったんですね。ヒット4本で3点の昨日とは逆ですね。途中まで7、8本打っていても1、2点取れずだったので、意外とそうゆうのは苦しいんですよね。いつか捕まえられるだろうということが、現実としてひっくり返せたので良かったです。ただ1点差というのは苦しいですが、うちが勝つとしたら1点差なんだろうなという予感はしていました。

―昨日リリーフした玉熊投手を先発として起用したことについて
石田に次ぐ投手は玉熊だと僕は思っていて、昨日(マウンドへ)上げた時からもう今日は玉熊と決めていましたし、良く期待に応えてくれたと。彼は初勝利なので、僕も嬉しいですね。

―いつ頃から完投をさせようと考えていましたか
完投というのは行けるところまでっていった中の結果で、ただ最終回も完投させようと思っていました。玉熊でひっくり返されたらしょうがないと思っていました。

―昨日から1年生をブルペンに入れましたが
(今日は)ピッチャーが7人中3人が1年生なんですけど、少し空気に慣れてもらおうと。次の土日で練習試合を入れてますから、そこで行かしてみようかなと思っています。

―どちらのチームと練習試合をされるのですか
社会人の日本製紙石巻さんときらやか銀行さんと次の土日に法政のグラウンドで組んでいます。

―六大学もボールが飛んでいる印象を受けますが
今日のホームランもそうなんですけど、割と風がバッターにとっていいですね。今日もセンターからレフトへホームラン、玉熊も寺田くんも完全に風に乗っていますね。だから風は右バッターにとってのホームラン風でしたね。

―ボールが変わったということではないですよね
それは特別ないですね。打たれるべきして、飛ばせられるべきボールは飛んでいるというか、変な打ち方をしてホームランになったというのは無いですし、しっかり打った結果が飛んでいると。僕は違和感はないですね。

―打線は齋藤投手にどのような攻略策を講じましたか
特に右バッターの体に近い膝下のスライダーで去年の秋、うちは2安打で完封されているんですよ。だから「ストライクゾーンを上げよう」と言っているものの、やっぱりあそこにくるスライダーを振っていたという感がありました。良いピッチャーだなという感じはありましたね。ヒットの数と得点が比例しないというのは僕は良いピッチャーの特徴だと思うんですよ。初回も1アウト3塁を粘っていましたし、そうゆうのって相手にすごくストレスが溜まるというか、粘りというピッチングの真骨頂かなと。ランナーを出してもそこから抑えていましたので、正直嫌な空気はあったんですけど、得点を良く取ってくれたという感じはしますね。

―次戦は明大とですが、明大の印象はいかがですか
やっぱり昨年の王者ですからね。もう胸を借りるつもりで行きます。失うものは何もないというつもりで向かっていきます。

―特に警戒している選手などは
エースと呼ばれている山崎くんであり、やっぱり皆さん良いと思うんですよね。穴が無いチームだからみんなを警戒しなくちゃいけないですよね。キャッチャーの坂本くんはもうだいぶ試合経験を積んでいますし、みんな警戒しています。ただやはりエースの山崎くんという存在が大きいと思うので、そこにしっかり対処しないです。

―今季のリーグ戦の日程について。開幕から2週までの対戦など
5位になったツケですね。まったく今年の(チームの状況が)見られない相手と2度続けてやらなくてはいけないというのは。当然(先週の)早稲田はお互い様ですけど、立教というのは今週がスタートだから、うちのことを見ているけど、うちは立教のことは知らないので。そういった意味ではだいぶスタートが重いですけど、これは自分たちが成した結果でそうゆう組み合わせになっているということなのでしょうがないと思います。それが嫌であれば上位に全シーズン送り込まなくちゃいけない。5位になったツケだと思います。

―明治戦に向けての意気込みをお願いします
この連勝を生かすのはやっぱり明治戦からの勝ち点だと僕は思っていて、絶対に明治から勝ち点を取らなきゃいけないというつもりでいきます。それが取れなければ、この立教の2タテが無になるのかなという気がします。

安慶名 舜 主将(ベンチでは率先して声を出し、陰ながらチームを支える)

―今日の試合を振り返って
先制されましたが逆転できて、すごい接戦の中で勝ちきれたことが嬉しいですし、大きな収穫になったかなと思います。

―今季初の勝ち点を取りましたが
素直に嬉しいです。でも、まだまだこれからなのでしっかり明治戦に向けていきたいです。明治に勝って、この(立大から)勝ち点を取ったことが大きな意味になるので、そこをもう一回みんなで一つひとつ丁寧にやりながらやっていきたいです。

―6回チャンスの場面で代打に入りましたがその時の心境は
ここ数試合、チャンスで打席に立たせてもらって結果が出ていなかったので「ここは何とか打っていこう」と思いましたが、結果的には進塁打を意識してセカンドに打てたので、それで良いかなと思います。

―ここまでのバッティングの調子は
調子自体はだいぶ良くなってきているので、あと何かきっかけがあれば去年の秋のようなバッティングができる自信はあるので、一本何とか打ちたいですね。

―主将から見た玉熊投手のピッチングについて
本当に気持ちがこもっていて頼りになるピッチングをしてくれて、最後は自分自身でも打って、ここから波に乗っていけるのではないかと思います。

―同じ興南高校出身で立大の主将である我如古選手とは何か話されましたか
このカードが始まる前に「お互い頑張ろう」と連絡を取ったぐらいで、あとは試合に集中していました。整列の時に目を合わすぐらいですね。

―チームの雰囲気は
今までよりは勝ちにこだわって、勝ちにいく姿勢が全員から出ているので、それがすごくチームが一つにまとまる要因になっていると思います。

―空き週の期間に取り組みたいこと
一つのミスが点につながったり、最後はゲッツーを取れず失点してしまったり、細かいミスが多いので修正していきたいです。あと明治のデータを収集して、大一番になると思っている明治戦に向けて気持ちを入れ直したいきます。

―明大戦への意気込み
必ず勝つので応援お願いします。

伊藤 諒介 副将(6回に同点となる二塁打を放つ)

―今日の試合を振り返って
先制されて、苦しい展開だったんですけど、なんとか追いつくことが出来て、佐藤竜が三塁打を打ってくれたので、非常に良かったと思います。

―本日は二安打でしたが、打撃の調子は上がってきていますか
良いとは全然言えないんですけど、積極的に振っていった結果だと思います。

―同点タイムリーを打った打席を振り返って
犠牲フライで一点でもいいと思ったんですけど、なかなかいいボールが来なくて、簡単に追い込まれたので、何とか食らいついていってやろうという気持ちでやりました。

―初の勝ち点となりましたが、チームの雰囲気はいかがですか
今日も非常に良かったと思いますし、昨日も凄い良かったと思います。

―空き週に取り組みたいことは
もっとバッティングの精度をあげていきたいです。

―明治戦への意気込み
去年は目の前で二度も胴上げを見せつけられて、みんな凄い悔しい思いをしたと思うので、全力でぶつかっていくだけです。

安本 英正(自身初の1試合フル出場)

―今日の試合を振り返って
これは監督にも言われましたが、昨日勝って今日でもう終わろう、今日で絶対勝とうというのは皆で意識してやりました。

―玉熊投手の完投勝利について
最初はちょっと緊張して力が入っていて、四球とかもありましたが、回を追うごとに良い球がきて、最後も球威が全然落ちてなかったので、よく投げたなと言ってあげたいです。

―2回から中盤にかけて玉熊投手は危なげないピッチングでしたが、バッテリーで話し合って立て直した点などは
「緊張するのは当たり前だ」と。僕も毎試合、多少なりと緊張するので、「それは受け入れていつも通り投げれば大丈夫」、あとボールが少し高いから、低めに気を付けろとは言いました。(終盤追い上げられたときは)球は良い、良い球がきているというのと、こういう試合は絶対あるからここで抑えて早く試合を終わらせようとするなとは言いました。早く終わりたい終わりたいと思ったら甘いところに入ってくるので、そこはゆっくりいこうと言いました。

―ご自身はリーグ戦初ヒットも出ましたが
意外とオープン戦のときより、昨日からボールが見えていたので、調子が良いなと。ボールは見えているので、打てて良かったと思います。

―先週は中園選手がどちらの試合もスタメンでしたが、どのように試合を観ていましたか
いつかは自分の番が来るだろうなと、準備だけは怠らないようにしました。(今日は)後ろに2つ逸らしてしまいましたが、それは中園自身もそうだと思いますし、どちらがまだ(スタメンに)適しているか分からないのはあるので、その準備だけはしっかりしていました。

―ご自身にとって初めての、1試合フル出場となりました
最後とかは追い上げられて、緊張する場面はなかなか味わえないので、そういう意味ではすごく良い経験を詰めたと思います。

―立大先発の齋藤投手は昨年苦しめられた相手でしたが、チームとしてはどのような対策をされましたか
昨年の秋の対戦では(チームで)2安打だったので、そこはキャプテンを中心に皆でミーティングをしました。スライダーと真っ直ぐで組み立ててくるので、低めのスライダーを振らないように、右バッターは逆方向、左バッターはショートにというのを意識してやったので、打てたと思います。

―昨日から投手陣の踏ん張りが目立ちます
本当に良く皆頑張っていると思います。絶対抑えてやろうという意思が自分にも伝わってきますし、僕もピッチャーのためにストップとかを頑張ろうというように思います。

―2連勝というのはチームにとって大きいと思いますが
リーグ戦において2連敗するというのは一番痛いですが、先週早稲田に2連敗したのでここを取れたのは大きいと思います。

―次の試合に向けて
次は明治で昨年、春秋とやられているので、2連勝したら優勝も見えてくるので、しっかり昨年の借りを返して絶対2連勝したいです。

佐藤 竜一郎(6回の勝ち越し打を含む、3安打の大活躍)

―今日の試合の振り返りをお願いします
昨日勝ったんですけど今日決めるっていう気持ちでやってて、前半は追う展開だったんですけど、四年生の伊藤さんが同点に持ち込んでくれて、そこで一気に取り切りたいなというのがありました。勝ててよかったです。

―打撃好調の要因は
欲出さないでセンター中心に打つことですかね。

―今日は接戦でしたが、打席に入った時の気持ちは
打てたらラッキーくらいで、打たなきゃいけないというよりは打てたらいいなぁくらいのモチベーションで。楽な気持ちで楽しめました。

―齋藤投手の印象は
スライダーがやっぱり良くて、今日は多分あんまり真っ直ぐは走ってなかったと思うんですけど、打たれても点をやらずに踏ん張るところが良いピッチャーだなと思いました。

―立大に2連勝は大きいですか
大きいですね。でもやっぱり一週空いて明治が山場になると思います。モチベーションもみんな高いと思うので、空き週を上手く生かしてやっていけたらいいなと思います。

―空き週で具体的に取り組みたいことはありますか
今日も送球ミスというか、投内連携で最後ファーストショートピッチャーのゲッツー取れなかったところとかで一点入っちゃっているので、そういう守備の連携とかをしっかりやりたいなと思います。

―明大戦への意気込み
去年悔しい思いをしていて、良いチームなので、明治にはミスした方が負けると思うので、少ないチャンスをものにできるようにしっかり準備していきたいなと思います。

細川 雅生(スタメン定着後、ついに初安打をマーク)

―今日の試合を振り返って
今までの試合でヒットを打てておらず、今日こそは絶対打とうと思って打席に入りました。

―今シーズンスタメンに定着されていますが
レギュラー争いが激しかったのですが、そこでスタメンになれて、試合に出場できていることは嬉しいです。

―ご自身のアピールポイントは
思い切りのいいバッティングかと思います。

―相手ピッチャーの印象
スライダーのキレがよく、さらに直球も速かったです。

―今季初の勝ち点ですがチームの雰囲気は
とてもいいです。

―空き週に取り組みたいこと
まだバッティングが万全ではないのでその調子を上げるための練習をしたいと思います。

―明大戦への意気込み
絶対勝ち点を取ります。

玉熊 将一(投げては完投勝利、打っては本塁打を記録)

―今日のご自身の投球をどう評価しますか
初回ちょっと危ないかなって思って、でも切り替えて修正して終盤はそのままうまくいきました。

―早稲田戦に続いて第二試合の先発となりましたがどのようなことを意識しましたか
早稲田戦はボールが高めに入っていたのでそこを修正ポイントとして今日の試合に臨みました。

―昨日に引き続き連投となりましたが疲れはありましたか
昨日は少ししか投げなかったので全然疲れはなかったです。

―今日は初完投となりましたが9回までスタミナの方はもちましたか
今日は初めて9回まで投げたんですけど、あまり疲れはなかったです。

―9回裏には球速146キロも出ていましたが
自分はあんまり後半にスピードが出る方じゃないんですけど9回終盤に出て良かったなと思います。

―9回裏2アウト1、3塁でピンチを迎えたときの心境は
まだ1点リードしていたので絶対に抑える気持ちと同点になっても大丈夫なんで、そこを割り切って投げました。

―ホームランも打ちましたが
たまたまですね。

―打った球種は
まっすぐの高めでした。

―勝ち点がかかったこの試合でしたがどのような気持ちで試合には入りましたか
絶対に今日で決めるんだって試合に臨んで結果的に勝てたので本当に良かったです。

―立教打線の印象は
1番からピッチャーも含めて9番まで良いバッターが並んでいるので一人一人丁寧にって意識して投げました。

―今日の試合を迎えるに人当たり準備したことは
低めのコントロールをブルペンで練習していました。

―次の試合に向けて意気込みをお願いします
今日も何度か甘い球が痛打されることがあったのでそこをもう一回練習してまた良いピッチングができるようにしたいです。

フォトギャラリー

  • 2014042019回を完投し初勝利を挙げた玉熊
  • 201404202玉熊は追加点となる本塁打を放ち、投打で大活躍
  • 2014042032安打で1番打者の役目を果たした田中
  • 201404204今季初ヒットをマークした細川
  • 2014042053安打2打点の活躍で勝利に貢献
  • 2014042062安打を記録し、調子が上がってきた伊藤諒
  • 201404207玉熊を巧みにリードした安本
  • 201404208安慶名主将の安打が待たれる
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み