硬式野球
 
 

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 対立大1回戦 エースの好投&主砲の一打で今季初勝利!

東京六大学野球春季リーグ戦 対立大1回戦
2014年4月19日(土)
神宮球場

早大相手に2連敗を喫した今季。開幕ダッシュに失敗し、まずは1勝を挙げたい法大はエースの石田に先発を託す。一方打線では、4番から6番に降格された主砲・伊藤諒がついに目覚める。頼れる投打の主軸が今季初勝利をもたらした。

201404191
9回5安打1失点の好投を見せた石田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 0
法 大 0 1 0 0 0 0 1 1 X 3 4 0

(法大)○石田(1勝2敗)、玉熊‐安本、中園
(立大)●澤田圭、田村‐鈴木
[本塁打](立)平岩(7回=石田)

打撃成績

打順位置選手123456789
1 (8) 田中 3 0 0 空三振   空三振     投ゴロ   一野選  
  8 松田 0 0 0                  
2 (4) 細川 3 0 0 空三振   右飛     二ゴロ   一犠打  
3 (9) 蔵桝 3 0 0 死球     空三振   遊ゴロ   遊ゴロ  
  R9 若林 0 0 0                  
4 (7) 畔上 3 0 0 二ゴロ     一ゴロ     死球 空三振  
5 (3) 金子 1 1 0   四球   中前安     投犠打    
6 (5) 伊藤諒 2 1 1   投犠打   空三振     左越え二①    
7 (6) 佐藤竜 2 1 1   中前安①     空三振   四球    
8 (2) 安本 2 0 0   遊ゴロ     遊ゴロ        
  H 安慶名 1 0 0             二併    
  2 中園 0 0 0                  
9 (1) 石田 3 1 0     空三振   遊ゴロ     遊安  
  1 玉熊 0 0 0                  
    23 4 2                  

投手成績

  球数 打者
石田 8 2/3 122 32 5 6 2 1
玉熊 0 1/3 6 1 0 1 0 0
9 128 33 5 7 2 1

ベンチ入りメンバー

10 安慶名(経4=興南) 33 森川(営2=桐蔭学園) 26 水谷(営1=大阪桐蔭)
21 石田(営4=広島工) 3 伊藤諒(キャ4=神港学園) 23 松田(法4=三重)
14 鈴木貴(人4=済美) 4 岡崎(法4=作新学院) 8 畔上(キャ3=日大三)
18 浅野(法3=中京大中京) 7 吉澤(文4=桐蔭学園) 25 蔵桝(営3=広陵)
16 玉熊(法2=北海) 35 伊藤晃(社3=掛川西) 29 田中(法3=愛工大名電)
19 新井(人1=宇都宮商) 6 佐藤竜(法3=作新学院) 36 山下新(人3=済美)
17 藤森(法1=西武台千葉) 5 細川(文3=福井工大福井) 1 若林(営3=桐蔭学園)
22 中園(法4=いなべ総合学園) 2 皆川(キャ3=西武台千葉)    
20 安本(営4=広島商) 9 金子(キャ2=日大三)    

戦評

 今季初の白星を狙う法大と開幕を勝利で飾りたい立大の初戦。法大の先発はエースの石田健大(営4)。初回を三者凡退で抑え上々の立ち上がりを見せる。対する立大の先発は澤田圭佑。140キロ代の威力ある速球と120キロ代の変化球を投げ分ける巧みな投球で1番・田中彪(法3)、2番・細川雅生(文3)から二者連続三振を奪う。3番・蔵桝孝宏(営3)に死球を与えるも続く畔上翔(キャ3)を二塁ゴロに打ち取り、こちらもなかなかの立ち上がりとなる。

 2回表、攻める立大の先頭打者は昨季首位打者に輝いた岡部通織。2ストライクまで追い込むも左前安打を許す。続く5番・平岩拓路のセンター前に抜けそうな当たりをショートの佐藤竜一郎(法3)が好捕し一塁走者をアウトにする。6番・我如古盛次の打席で盗塁を試みた平岩をキャッチャー安本英正(営4)が刺し自慢の強肩を披露する。我如古に死球を与えるも続く寺田陽光の打席、応援席近くのフェンス際ギリギリの大飛球をレフトの畔上が好捕。随所に法大守備陣の好プレーが光った。好守備が続き、良い流れにのりたい法大は2回裏、先頭打者の5番・金子凌也(キャ2)が四球で出塁する。続く伊藤諒(キャ4)がきっちり送りバントを決める。得点圏にランナーが進み、打席に立ったのは今季初スタメンに抜てきされた佐藤竜。センター前に先制となる適時打を放ち、初のスタメンで初打点を記録。表の好守備に続き打撃でも魅せる。その後は緊迫した投手戦が続く。

 試合が再び動いたのは7回表、石田が警戒したバッターの1人であったという平岩に甘く入ってしまったという球をライトスタンドに運ばれ、同点に追いつかれ試合は振り出しへと戻ってしまう。その裏の法大の攻撃、先頭打者の畔上が死球で出塁し、続く金子が送りバントを決め、一死二塁と得点のチャンスを迎える。この得点の絶好のチャンスで打席に立つのは伊藤諒。澤田の2球目を捉え、レフトの頭上を越える適時二塁打を放つ。今季まだ結果が残せず眠っていた主砲がついに目を覚ました。後続が抑えられ、この回は1点止まりとなる。8回表、立大のピッチャーが澤田圭佑から田村伊知朗に変わる。この回相手守備の乱れから得点圏にランナーを進め、田村の暴投で1点を追加。貴重な追加点となった。9回表、石田は3番・大城に左前安打、5番・平岩に四球を与え、2死1、2塁のピンチを迎える。「体力的にもきつかった」と、石田は完投目前で惜しくも降板となった。代わった玉熊が6番・我如古を、見逃し三振に抑え試合終了。

  今日の試合で石田は、調子は良くなかったというが見事な力投をみせ通算勝利数を16とした。気がかりなのは法大打線。4安打では好調とはいえない。今日の試合で適時打を打った伊藤諒、佐藤竜、早大戦で活躍をみせた田中に次戦も期待がかかる。今季初白星を挙げた勢いのまま明日の2回戦でも勝利を目指し、勝ち点1を刻みたい。(望月千草)

クローズアップ

石田 健大(法大のエース、苦しみながらも今季初勝利)

 今季初勝利を収め、大学通算勝利数を16に伸した法大のエース・石田健大。今日の投球を「いい感じで粘れて、勝ちにつなげることができた」と振り返った。調子が悪いなりにも抑えていた石田だったが、あと1アウトで試合終了というところで降板。完投を逃した自分を「エースとしてはまだまだ」だという。「すっきりしない一勝、まだまだできる」。そう自身に厳しい言葉をかけており、エースとしての強い責任感を感じさせる。先週の早大戦、救援でマウンドに上るも2者連続のホームランを許し敗戦。「僕のせいで負けた」と口にし、自身のふがいないピッチングをバネに勝ち取った今日の勝利にも納得はしていない。法大のエースとしてまだまだ高みを目指している。「明日は僕が投げようと投げまいと連勝してチームが勝てるようにしたい」と勝利に燃えるエースが法大を優勝に導いてくれると期待したい。(望月千草)

試合後の監督・選手のコメント

神長 英一 監督

―今日の試合を振り返って
やっぱり石田の踏ん張りだと思います。2回裏の佐藤竜のヒット1本で先制点が大きかったですね。安打数は少ないんですけど、結果的には3点もぎ取った。良いところで伊藤諒介が打って、今日は4番から降格されて悔しかったと思うので、その怒りが良い方向に出たかなと思います。4番をずっと打ってて、6番に下がったわけですから。

―打順を先週から変えましたが
奮起を促したいというのもありましたし、良いところで6番の伊藤諒介に回ってきて、悔しさというのを試合にぶつけてもらえればと思ったので、良く打ってくれたなと思います。

―けが明けの蔵桝選手をいきなり3番として起用した理由は
元々ポテンシャルが高い選手なので、出したいなと思ってたんですね。けがが癒えたのですが、オープン戦に一試合も出てなくて実戦が少なかったというのは否めないですね。そこはもう我慢して使うか、どうするかということは、これから考えます。いくらポテンシャルが有っても、やっぱりそんな簡単じゃないんだなと思います。

―蔵桝選手のけがの状態は
太ももの肉離れだったんですけど大丈夫です。

―今日の石田投手のピッチングについて
正直、立ち上がりはそんなに良くないと思ったし、立ち上がりで言うと先週の早稲田戦の方が良かったですね。でも悪いなりに抑えていたので、もしかしたらそのまま中盤、終盤までいくかなと。長く野球をやっていると結構そういう勘があるんですね。一点取られそうで取られない、というのは石田の成長だと思います。今日はボールが高くて良くなかったので良くなかったですけど。しのいできていましたが(9回2死から)最後、四球を出したら代えようと思ってました。2死ランナー1塁からの四球のランナーですから、そこは彼の課題だと思います。要はスタミナだと思います。気持ちがあっても身体が言うことを聞いてくれなかったのだと思います。

―その後、リリーフとして玉熊投手を起用しましたが
玉熊は今日いこうと決めていましたので。最後は力のある真っすぐでいきたいなと思いましたから、良い用意をしてくれたと思います。

―立大先発の澤田投手が第1戦目と予想されていましたか
去年、1年生の時から土曜日は澤田くんだったので、新監督になっても立教のスタンスはそうなんだろうなという感はありました。明日は予想するに齋藤くんだと思います。

―明日の意気込みをお願いします
今日苦しみながら勝ったものを生かすには明日の1勝だと思いますので、明日一気に勝ちたいですね。勝とうというか、勝たなきゃ駄目だという話はしました。

石田 健大 副将(エースの働きを果たし、勝利を挙げる)

―今日のピッチング振り返って
良い感じで粘れて、勝ちにつなげられたと思うんですけど、やっぱり最後の一人で代えられてしまったので、そこはエースとしてまだまだかなと思います。

―今日は今季初勝利となりましたがお気持ちは
“一勝する重さ”というものを感じたので嬉しいんですけど、やっぱりすっきりしない一勝というか、まだまだできるだろうなという風に思います。

―今日のピッチングで意識したことは
立教打線は結構バンバン振ってくるバッターが多いので、初球の入りだったり低めに投げようということを意識しました。

―ご自身の調子の方はいかがでしたか
良いっていうほど良くはなかったんですけど、悪いなりに抑えられたので良かったかなって思います。

―序盤はコントロールが乱れ、ボール先行の場面がみられましたが
序盤は悪かった分、逆にさらに集中できたので、集中力でカバーできたのが良かったと思います。

―9回途中5安打1失点のピッチングをどう評価しますか
内容的には全然悪くないとは思うんですけど、1対0の状態で1対1にしてしまったっていうのはすごく駄目だったと思うので、そこは完璧にできれば良かったかなって思います。

―惜しくも完投目前で降板してしまいましたが、その時監督さんから伝えられたことはありますか
「体力的に厳しいか」みたいな言葉をかけられて、僕も正直しんどかったので、「しんどいです」と言って「そしたら変わるか」となったので、そういった話をしました。

―今日は味方守備陣の好プレーが多くみられましたが
そうゆう守りがあると僕も乗っていけて良いピッチングができますし、みんなで取った一勝かなって思います。

―立教打線の対戦するにあたって何か対策はしましたか
あまり早稲田戦と変わらないですけど、低めに投げることだったりそれくらいです。変わったことはしていないです。

―特に警戒したバッターは
大城、岡部、寺田とかそのあたりです。

―早稲田戦に続いてホームランを打たれてしまいましたがその原因をご自身でどう分析ますか
ボールが先行してしまって甘い球を打たれたのは早稲田戦と同じような感じだったので、そこは自分で反省点かなと思います

―今日の立教戦を迎えるにあたって調整したことは
一週間あったので投げる日は投げ込みしたり調整するとこは調整して、4年間やってきたいつもの同じ流れで調整しました

―明日への意気込みをお願いします
明日は誰が投げるかわからないですけど、明日は僕が投げようと投げまいと 、連勝して次のカードを迎えられるように、チームが勝てるようにしたいです

伊藤 諒介 副将(7回に勝ち越し打を放ち、勝利に貢献)

―今日の試合を振り返って
緊迫した試合でしたが、勝つことができてよかったです。

―先週の敗戦から何か特別な調整などはされたんですか
より意識して日々の練習に取り組みました。

―今日の試合前にチームで話し合ったことは
チーム一丸となって勝ちに行くということです。

―打順が4番から6番となりましたが、心境の変化は
特にありませんでした。

―第三打席で勝ち越しの二塁打を打ちましたが
大事な場面で1本打つことができてよかったです。

―明日への意気込み
明日も勝てるように頑張ります。

畔上 翔(大学野球生活初の4番での出場)

―今日の試合を振り返って
まず勝てたことが一番ですね。勝てて良かったです。

―4番での出場でしたが
特別な意識はなかったですけど、終わってみれば難しい打順かなと思いました。

―4番で出場と言われた時の心境は
普段通りで行こうと思っていましたけど、意識してしまったという感じです。

―7回の第3打席には死球がありましたが
絶対(塁に)出たかったので、どんな形であれ出れて良かったです。

―3回には守備ではフェンス際のフライを好捕したプレーがありましたが
勝ちたかったので、どうにかしたいという気持ちが、ああいうプレーになったかなと思います。

―対戦した澤田投手の印象は
2年生ですけど、間合いの持ち方だとかかなり良かったので、良いピッチャーだなという印象です。

―今季初勝利となりましたが、チームの雰囲気は
ここからどんどん上がっていくと思います。良い雰囲気でやれていると思います。

―明日の試合も4番で出場されたいという気持ちはありますか
いや、明日はとりあえず勝てれば良いなと思っています。

―明日の試合に向けての意気込みをお願いします
本当にリーグ戦は勝つしかないので、しっかりやっていきたいと思います。

蔵桝 孝宏(けがから復帰後、即スタメンを果たす)

今日の試合を振り返って
勝てたということが一番良かったと思っています。自分は久しぶりの実戦でチャンスをいただけたので、結果を残したかったですけど(安打が)出なかったので悔しいです。

―怪我から復帰し初スタメンとなりましたが
先週から試合に出る気はあって準備はできていたので、スタメンということに関して驚きとかはなかったです。

―実践練習を再開したのはいつ頃ですか
鴨川キャンプの紅白戦以降、実戦練習はしていなくて、バッティングピッチャーから打つことしかやっていなかったです。

―万全な状態でプレーできていますか
そうですね。あとは感覚を戻すだけです。

―怪我をしている期間、不安な気持ちはありましたか
リーグ戦に間に合うかどうかというのはありました。チャンスをいただきましたし、もう負けられないのでどんどん結果を出していきたいです。

―今季も外野手争いがし烈ですが、特に同学年の選手を意識されますか
自分のもっている力を出せば試合には出られると思うので、しっかり自分の力を出してチームに貢献したいと思います。

―澤田投手との対戦でしたが
何度も対戦したことがあって、打てないピッチャーではないと思っていたので一本は出したかったのですが打てなかったので、また次の機会があればリベンジしたいです。

―何か澤田投手の対策をしていましたか
外のストレートのボールをしっかりセンターに返すという練習をしてきました。

―どのようなバッティングをしたいですか
結果がほしいところですが、チームのためにベストを尽くしたいと思います。

―明日に向けて
もしチャンスをいただけるのであれば自分の力を出して、今日から準備して明日の試合に備えたいなと思います。

佐藤 竜一郎(先制のタイムリーでチームに流れを引き寄せる)

―本日の試合を振り返って
今日は接戦でした。早稲田にも二連敗していて、どうしても勝ちたかったので、気持ちのこもったいい試合になったと思います。

―今シーズン初のスタメン出場でしたが
開幕スタメンを目標にしてきましたが、後輩にスタメンを譲ってしまったというのがあったので、絶対スタメンになったら結果を残してやるぞという気持ちでした。思い切ってやれたと思います。

―水谷選手とポジション争いがありますが、ライバル意識などはありますか
ライバル意識は無いです。守備も上手くて、尊敬というか、後輩だとか関係無く盗めるところは盗みたいなという思いがあります。自分はバッティングが特徴なので、バッティングでアピールしていきたいと思っています。

― 二回の先制タイムリーの打席を振り返って
2ストライクと追い込まれていて、何が来てもいいように対応して、長打とかは狙わずにピッチャーの足元を狙いました。イメージ通りに打てたので良かったです。

―打った球は何でしたか
スライダーです。

―澤田投手の印象は
コントロールが良くて、失投とかも無かったので、打ちづらかったです。良いピッチャーだなと思いました。

―明日への意気込みを
今日勝ちましたけど、明日も勝たなければ意味がないので、明日一敗してもいいやという気持ちじゃなくて、明日で決めるという気持ちで試合を勝ちにいきたいと思います。

金子 凌也(1安打1犠打1四球と得点圏を演出)

―今日の試合を振り返って
向こうも反撃ムードだったんですけど、そこをピッチャー陣が抑えてくれて、粘れて勝てたと思います。

―リーグ線が始まって三試合目でしたが、ご自身の調子はいかがですか
どんどん上がってきていると思います。

―同学年の澤田投手の印象は
コントロールが良くて、これからずっと4年生まで戦う良いライバルだと思います。

―守備では五回にナイスプレーもありました
先頭バッターだったので、どうしても出したくないので、そこは反応出来ました。

―ここ三試合、主軸を任されていますが
何番でも打てれば、自分の仕事をやるだけなので。しっかり出来ればいいです。

―主軸ということでプレッシャーなどはありますか
特に無いですね。

―次戦への意気込みをお願いします
今日はピッチャーが粘って勝てたので、次は野手がしっかり打って、勝っていきたいと思います。

玉熊将一(リリーフとして試合を締める)

―試合を振り返って
後半に出番があるかもしれないというのは言われていたので、いつくるかなと思っていたんですけど、いつも通りのピッチングをしようと思っていました。

―今季初勝利ですが
石田さんが9回途中まで素晴らしいピッチングをされていたので、自分が試合を崩さないようにということを心がけて投げました。

―中継ぎ待機が伝えられたのは
今日のアップの時間に(登板が)あるかもしれないと監督から伝えられました。

―準備はいつからされていましたか
5回あたりからですかね。

―緊迫した場面での登板でしたが
長打で同点、ホームランで逆転という状況だったので、緊張感はすごくあったんですけど、抑えることができてよかったです。

―登板の際に監督から伝えられたことは
あまり覚えていないです。

―自身の調子は
調子自体はいいのであとは最後の詰めの部分というか、しっかり低めに投げきるということを意識していきたいです。

―次戦に向けての意気込み
明日はどんな場面で投げるか分からないんですけど、投げる機会があれば0で抑えたいと思います。

フォトギャラリー

  • 2014041919回5安打1失点の好投を見せた石田
  • 201404192勝ち越しの二塁打を放った伊藤諒
  • 201404193初めての4番に座った畔上
  • 2014041942年生ながら中軸に起用され続けている金子
  • 201404195今季初スタメンで先制打を記録した佐藤竜
  • 2014041196けがから復帰し、早速スタメン起用された蔵桝
  • 2014041979回のピンチを好リリーフした玉熊
  • 201404198今季初勝利を多くのファンが見届けた
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み