硬式野球
 
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対慶大2回戦 3点差から逆転勝利を収める!宮崎は初登板初勝利!

東京六大学野球春季リーグ戦 第1週 VS慶 大 2回戦
4月16日(月)
会場:神宮球場

激闘の末、両行譲らず引き分けに終わった昨日の慶大戦。前日150球にも及ぶ熱投を見せたエース・三嶋の思いを胸に神宮のマウンドには公式戦初先発の大型サイドスロー・船本が上がった。 

IMG 3833 R-thumb-160x160-3311
今季初ホームランを放ち、飛び跳ねて喜ぶ土井

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 1
法 大 0 0 0 2 2 0 0 1 X 5 11 0

(法大)船本、○宮崎(1勝)、石田ー土井
(慶大)竹林、菊池、山形ー黒須、阿加多
[本塁打](慶)藤本1号2ラン(1回=船本)
    (法)西浦1号2ラン(5回=菊池)、土井1号ソロ(8回=山形)

戦評

 試合は1点を争う接戦であった第1戦とは打って変わり初回から動いた。1回表、船本は慶大の1番・辰巳に初球いきなり二塁打を許し得点圏に走者を背負うと、3番・山崎錬にも二塁打とあっさり先制を許してしまう。さらに続く4番・藤本には左越え2ランを浴び、立ち上がりいきなり3点を失ってしまう。

すぐさま反撃したい法大打線であったが慶大先発・竹林の前に得点圏に走者を進めるも要所を締められ3回まで無得点。一方、船本も2回以降は立ち直り4回まで追加点を許さない。

再び試合が動いたのは4回裏の法大の攻撃。1死から6番・高木悠が右前安打で出塁すると、7番・土井は遊ゴロ。併殺打かと思われたが二塁手の悪送球を誘い2死2塁、ここで8番・大城戸が右前にヒットを打ち1点を返す。続く9番・船本の打順で金光監督が打席へ送ったのは代打・伊藤諒。一気にたたみかけたいこの場面で伊藤諒はフルカウントから右越え適時二塁打を放ちさらに1点を追加と、見事監督の期待に応え法大はこの回2点を返す。

5回表、この回から船本に代わりマウンドに上がった宮崎は9番代打・松本大から始まる慶大打線をあっさり3人で打ち取りテンポのいい投球で攻撃への流れを作る。すると、その裏2死から4番・岩澤が中前安打で出塁すると続く5番・西浦直が神宮初アーチとなる1号2ランをレフトスタンドへと放ち法大はついに逆転に成功する。

その後、宮崎は8回途中まで慶大打線を無失点に抑え公式戦初登板となる舞台で躍動すると、8回2死からは先発陣の一角である石田を投入。さらに8回裏にはダメ押しとなる土井の1号ソロも飛び出し、法大は5点目を追加する。

最終回も任された石田は2四死球で得点圏に走者を背負うも自己最速の147㌔を計測するなど直球を中心に慶大打線を力でねじ伏せ、試合終了。逆転を呼び込む好投を見せた宮崎が公式戦初登板を見事初勝利で飾った。

3点ビハインドから5点を奪い逆転で勝利を飾ったこの試合。西浦直、宮崎と投打に新たな戦力が台頭し次戦への弾みをつける大きな一戦となった。(福田遥介)

  

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は立ち上がりでビハインド3点取られた後に船本が立ち直って、流れが完全に相手に行かないように踏ん張ったんで、それが打線の方にもつながったんだと思いますね。

―船本投手が第2戦の先発というのはいつ頃決まったのですか
昨日です。

―昨日の試合を受けてということですか
そうですね。昨日の引き分けを受けて考えました。

―今日は石田投手がリリーフでしたが、今後もリリーフとしての起用ですか
いや、3人には先発もあるし、リリーフもあるということを言ってあるので今日は石田には「後ろであるよ」ということを言っておきました。

―現時点で明日の先発というのは決まっていますか
まだ決まってないです。今年の戦いは誰が先発、リリーフというのは決めずにその状況で一番形を取ろうと思ってますので、当日までは本人たちには言わないようにしています。

―下位打線の調子がいいですが
下位打線がいいので割とつながってきているんでね。もっと上位が打ってくれればね、いい展開になると思うので、上位打線の奮起に期待したいと思います。

―多木選手がいまだノーヒットですが
ケガ等で出遅れたの分もあったので、まあ、いずれ打ってくれると思っています。

―明日の意気込みを
1戦1戦だと思っていますので、明日一気に勝ち点取りに行きたいと思っています。

土井選手(4打数1安打1打点1HR)

―今日の試合を振り返って
リーグ戦ってほんとしんどいなーと思いました。何点あっても気が抜けないのだと、改めてキャッチャーをやってて思いました。

―先日の社会人対抗戦に続いてのホームランです。今回はガッツポーズも印象的でした。いかがでしたか
ここまでやってきて、勝手にガッツポーズが出るのは初めてじゃなかいかってくらい気持ちが入っていました。

―船本投手の調子は
調子はいいのですが、神宮の舞台で先発は初めてだったので力んでいたみたいです。でも2回からはしっかり投げていて、このようにしっかり投げれるのなら(次回以降も)大丈夫だと思います。

―宮崎投手、石田投手の調子は
宮崎は本当にピッチャーとしての気持ちが強くて。ピンチでも「抑えてやろう」と。投手陣は全体的に調子いいですが、宮崎は今日も調子よく投げていました。石田は抑えで投げるのは初めてだったので緊張したんじゃないかと思います。一発打たれたら同点・逆転という場面も緊張したかと思いますが、いい球を投げてました。(抑えとしても)経験を積んでいってほしいですね。

―土井選手をはじめ下位打線が好調ですが
みんな調子はいいのですが多木だけ…多木が一本出たら、もうガンガンやってくれると思います。攻撃は線でやっているので。みんなでやっているので、いい調子が下位にも繋がっているということで。どこからでも攻めていけるというのは自分としてもいいなと思います。

―今日の慶大は印象としていかがでしたか
(点を取られたのは)1回だけですが打ち出したらトントンくるチームだと思います。何度やっても怖いな、と。長打の3・4番や控えにもいい選手がいっぱいいるので、気が抜けないです。

―土井選手はチームで非常に信頼されています。心がけていることは
自分はムードメーカーなのでチームが下を向かないように、アップでもロッカールームでも盛り上げています。自分が暗かったらみんなも暗くなるので明るく。でも、やるときはやる。メリハリを付けることも心がけています。

―明日の試合に向けての意気込みをお願いします
明日勝たないと意味がないので。リーグ戦は全勝するつもりです。次の立教戦に向けて意識することもありますが、まず先に慶應を倒すことに全力でいきます。

西浦(直)選手(4打数1安打1打点1HR)

―今日の試合を振り返って
序盤3点取られて苦しい展開だったんですけど、昨日は投手が頑張っていたので、今日は野手が援護したいなと思いました。

―リーグ戦初ホームランについては
チームの勝利につながるホームランで嬉しいです。

―慶応の竹林投手の印象は
新人戦で1回対戦していて、打てない投手ではないので、何とか喰らいついていこうと思いました。

―今日のチームの雰囲気は
昨日、引き分けに終わったので、みんなやってやろうという感じでした。

―明日の意気込みを
明日も苦しい試合になると思うんですけど、みんなで盛り上げて全員野球で勝ちたいです。

宮崎投手  (3回3分の1 被安打2奪三振2四死球1自責点0)

―今日の試合を振り返って
勝てたので良かったです。

―公式戦初登板でしたが緊張は
いや、緊張はしなかったです。

―その中で見事初登板初勝利を挙げました
そうですね、西浦が打ってくれたのと守りに助けられた点もありましたし、とにかく今日勝てたのはすごく大きいと思います。

―味方が逆転した後の守りはプレッシャーを感じましたか
いや、そんなには。とりあえず点を取られないようにということだけを考えて投げました。

―初安打も見事打ちましたが
そうですね、たまたまです(笑)

―バッティングはもともと得意なほうですか
高校の時は良かったんですけど、高校の最後の夏の大会以来ピッチャーの球は打ってないので…たまたま振ったところにボールが来たという感じです。

―オープン戦から好調ですが何か変えたことはあるのですか
変えたというわけではないですけどストレートの球威が上がったことがやっぱり一番の要因かなと思います。

―明日に向けて
チャンスがあればいつでも投げます。

大城戸選手(4打数2安打2打点)

―今日の試合を振り返って
船本が初先発で3点リードされても全員で粘り強く、昨日は打線が援護できなかったので今日はしっかりと。諦めない気持ちでいきました。

―昨日に続いてタイムリーを放つなど2安打。ご自身の調子は
調子はずっとオープン戦の時からもよくて、それを見てもらえて本来とは違うポジションでも使ってもらえています。1打席1打席が勝負ですが、期待に応えられているのかと思います。

―チームの調子や雰囲気はいかがですか
新チームが始まってから建部さん中心に3年4年、全員まとまって。いい状態のまま変わらずやっていると思います。

―4年生が多く出場されていて、その中で3年生の調子は
(西浦)直は一緒に出させてもらっていますが、冬場から一緒にやってきて、(西浦が)打ったら自分も打たなければと。お互いにいい刺激を受けながらリーグ戦に臨めています。

―今日の慶大の印象はいかがでしたか
昨日は同点だったので今日何としても一勝しようと。逆転した後も特に9回も、粘り強くいきました。どれだけ勝っていても相手に勢い付けないようにと意識しました。

―非常にチャンスに強い大城戸選手ですが、打席で心がけていることは
リーグ戦に出させてもらえるのは初めてですし、1打席ごと自分のスイング、バッティングをすることだけ考えています。特別な気持ちなく入ることを心がけています。

―次の試合に向けての意気込みをお願いします
なんとしても優勝するために、負けない限りは優勝できるので。どんなピッチャー相手でも全員結束して、勝ち点を取りにいきたいと思います。

石田投手(3回3分の1 被安打0奪三振2四死球1自責点0 )

―今日の試合を振り返って
最初は負けてて嫌な流れだったんですけど、そこから宮崎さんがいいピッチングをしてくれて、打線も逆転してくれてこの頑張りを無駄にできないと思って投げました。

―今日先発ではなかったことについて
朝に先発じゃないと聞いて正直投げたかった気持ちはあったんですけどチームが勝つために監督がとった手段なので。その後に後ろの方で(登板が機会が)あるかもと聞いていて、序盤は準備して過ごしていたんですけど、その通りに来たんで、いいピッチングができて良かったと思います。

―中継ぎでの登板は
初めてです。高校では何回かあったんですけど、数える位なので…新鮮な感じでした。

―今の調子は
今日はいいピッチングができました。真っ直ぐも切れてて調子はよかったです。けど最後力みがでてしまってコントロールにバラつきが出たので修正していきます。

―147キロという自己ベストを更新するスピードについて
初球に出てびっくりしたんですけど、出てもおかしくない位(調子が)よかったので、素直に嬉しいです。

―寮取材の時おっしゃっていた新フォームは固まりつつありますか
あの後またコーチから注意されて、直していったんですけど、今結構いい感じで。だからこそあの球あの速さであり、抑えられたのだと思います。

―明日のことは
先発かどうかはまだ聞いていないので。先発でいきたいですけど、自分の中では三嶋さんだと思ってるので最初は三嶋さんに任せて、中継ぎで投げる機会があればしっかり抑えたいです。

―明日の意気込み
今1勝1分で有利になったので2連勝できるように持てる力を発揮していきたいです。

伊藤(諒)選手(1打数1安打1打点)

―今季初出場でしたが
純粋に出れて嬉しかったです。代打だったんですけど、今の実力ではスタメンはまだだと思っています。

―肩の怪我はいかがですか
良くなってきています。でも、守備ができるまではいかないので代打で出させてもらえればしっかり打ちたいです。

―今季初ヒットがタイムリーでした
打てて良かったです。オープン戦があまり良くなかったんですけど、最近はしっかりバットも振れてきて、ボールも見えてきているので良くなってきています。

―試合の流れを作るタイムリーでしたが
やっぱりいつも思ってるんですけど、自分が打ってこそだと思って打席に立っているので、あの場面も打てて良かったです。

―チームが一丸となっている雰囲気が感じられました
オープン戦から試合をひっくり返してこそ、力があるチームだとみんな思ってやっているので、今日は試合をひっくり返せてチームとして力があると思います。

―明日へ向けて
出るかわからないですけど、出たときはしっかりバットを振って勝ちに貢献したいと思います。

展望

華麗な逆転劇で1勝をもぎ取った法大。明日の先発は三嶋か。一昨日延長10回を投げ抜いた為疲労が心配されるが、三嶋本来の球威、球速は全盛期に戻りつつある。三嶋を楽に投げさせるためにも、今日本塁打を放った西浦直、土井、また開幕以降好調を維持している伊藤慎、大城戸にも大きな期待がかかる。序盤で先制点を取り、三嶋が投げられる所まで投げて、リードした状態で後ろのピッチャーに託すのが理想の形だ。また、今日リリーフで登板し、自己最速の147キロをマークし、流石の安定感を見せつけた石田も先発のチャンスはあるだろう。去年は長い回を投げられる事があまりできなかった為、石田が投げる際は石田がどれだけの回数を投げられるかにも注目したい。

対する慶大は中1日で竹内が登板する事が予想される。もともと左腕に弱い法大は昨日も竹内を結局捉えきる事ができなかった。苦手意識を払拭するため、左腕対策もやってきただけにこのまま黙っているわけにはいかない。明日、打線が爆発し竹内にリベンジ、2連勝で勝ち点奪取といきたいところだ。
(一戸亮佑)

フォトギャラリー

  • IMG 3833 R-thumb-160x160-3311今季初ホームランを放ち、飛び跳ねて喜ぶ土井
  • IMG 3084 R-thumb-160x160-3312初回にいきなり3点を失った船本
  • IMG 3400 R-thumb-160x160-33132試合連続タイムリーをマークした大城戸
  • IMG 3558 R-thumb-160x160-3314チームを勝利に導く逆転弾を放った西浦
  • IMG 3571 R-thumb-160x160-3315西浦の逆転2ランに湧く法大ベンチ
  • IMG 3675 R-thumb-160x160-3316リーグ戦初登板で初勝利を飾った宮崎
  • IMG 3882 R-thumb-160x160-3318140㌔後半を連発した石田
  • IMG 3830 R-thumb-160x160-3317トドメは土井の豪快な一発!
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み