硬式野球
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対慶大1回戦 エース復活!引き分けに終わるも三嶋が12個の三振を奪う快投

東京六大学野球春季リーグ戦 第1週 VS慶 大 1回戦
4月15日(日)
会場:神宮球場

昨秋は明治に接戦で競り負け、勢いに乗れなかった法大。今年こそは開幕ダッシュを成功させ、優勝へ突き進みたい…そんな法大の開幕マウンドには抑えでの起用も示唆されていた三嶋が上がった。

IMG 7488 R-thumb-160x160-3295
10回を投げ、12奪三振の力投を見せた三嶋

試合結果

トータル試合結果

 

12345678910HE
法 大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 9 0
慶 大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 0

(法大) 三嶋ー土井
(慶大)竹内、山形、福谷ー黒須、阿加多、山中

戦評

法大のマウンドに立ったのは今年から最上級生になった三嶋。昨年は先発するも思うような結果が残せず、救援投手としての役割を任されるようになったが、再び先発として帰ってきた。その三嶋は4回まで毎回走者を出すも、後続を断ちきり無失点。その熱投に打線も応え、2回表に5番・西浦直が中前安打で出塁すると、6番・高木悠は凡退するも、7番・土井と8番・大城戸の連打で1点を先制した。打線は4回表にも2死満塁の好機を作ったが、得点には至らなかった。

三嶋は5回裏に9番からの3連打で1点を返され、なおも2死満塁のピンチを迎えた。しかし、崩れることなく4番・藤本を三振に切って取り、最少失点で危機を脱した。その後9回表まで両者共に得点もなく淡々と試合が進み、9回裏、三嶋は2度目のピンチを迎える。先頭打者に2塁打で出塁されると、1つのアウトを挟み2つの四球を与え、1死満塁のピンチを招いてしまう。しかし後続の打者を2者連続三振で抑え、熱い雄叫びと共に相手の攻撃をシャットアウトした。10回表も得点がなく、三嶋は10回裏のマウンドにも登り、3者連続で三振を奪い、連盟規定により引き分けでゲームセット。勝敗こそ決しなかったものの、三嶋が真の法政のエースとして目覚めた意義ある1戦となった。(山田翔太)

試合後の監督・選手のコメント 

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は開幕ゲームなので硬いところもあったんですが、三嶋が粘り強く投げてよく引き分けに持ち込んだゲームかなと思いますね。

―試合前に選手に何か声をかけましたか
もうリーグ戦始まったので自分たちの持っているものを思い切って出しなさいという事しか言いませんでした。

―第1戦目の投手は三嶋投手でしたが
まあ、4年生の最後のシーズンという思いを彼がどれくらい出せるかということで4年の投手責任者にかけてみました。

―捕手は土井選手がスタメンでしたが
やっぱり、これも4年生の今までやってきたことですね。それと配球とかトータルに見て土井の方が安定しているのかなと思いました。

―9回表に三嶋選手に打席が回りましたが、投手を代える考えはなかったのですか
まあ、ツーアウトでしたから、チャンスで三嶋だったら代打の可能性もあったんですがね。ツーアウトランナーなしですから、そのまま打たせて次のイニングにチャンスをもう1回と思いました。

―ノーアウト走者無しでの敬遠の意図とは
サヨナラのケースですから、やっぱり守りやすさということも含めて、バントしてきてもフォースアウトの場面ですからね、そういうことで1,2塁にさせました。

―9回裏の満塁のピンチの際には三嶋投手に何と声をかけましたか
最後は自分のボールを信じて、投げなさいということを言いました。

―竹内投手の印象は
ここぞという時のボールはキレがあるし、なかなか点を取らしてくれないなと思いました。

―明日の試合への意気込みを
今日の引き分けを良い方に考えて、明日もやっていきたいと思います。

土井選手(4打数2安打)

―今日の試合を振り返って
今日は負け試合やったかなと思ったんですけど、あの満塁の場面で…

―ではその9回裏の満塁のピンチの場面で、捕手としてはどう考えていましたか
そこは三嶋が落ち着くように、丁寧にリードするよう心掛けたので、なんとか乗り切れてよかったと思います。

―昨日雨で流れて今日が開幕初戦となりましたが、どういった気持ちで臨みましたか
やっぱり一日開いて、時間もできたんで体を休めて、今日から開幕っていう気持ちに切り替えられたんで(試合が)流れての今日とかは自分では意識してなかったですね。

―三嶋投手が序盤制球を乱していましたが、そのときは捕手としてはどう乗り切ろうと考えていましたか
(球が高いので)自分もジェスチャーで低く低くという意識とミットを低くして意識させていました。それに(三嶋は)元々コントロールが良い方じゃないんで、真ん中に行くくらいなら、腕振ったほうがバッター高めの球振ってくれるんで、いつも三嶋に言ってるように言いました。

―土井選手自身の打撃の調子はどうでしたか
自分の中では結構良かったと思うんで、自分で自分を褒めてやりたいです。

―明日も試合がありますが、明日に向けて
0に抑えれば負けることはないしそこからのバッティングなんで、ピッチャーとバッテリーが研究してしっかり抑えていきたいと思います。

―バッテリーといえば、明日は石田投手が投げることが予想されますが
石田は自分でも信頼しているピッチャーなんで大丈夫だと思います。

 三嶋投手(10回被安打7奪三振12自責点1)

―今日の試合をふり返って
調子が悪くて最初どうなることかと思ったんですけど、中盤になって(土井)翔平がいいリードをしてくれたのでスライダー中心の配球に切り替えてなんとか抑えられたと思います。

―初戦の先発を任されたことについて
最上級生になって投手陣を引っ張っていかなきゃいけない立場になったので、この冬から第一戦は自分が投げることは自分の頭にありました。準備したんですけど立ち上がり悪かったので反省しています。

―立ち上がりをどう修正していきましたか
真っ直ぐの走りが悪かったので、スライダーを投球に混ぜてスライダーと真っ直ぐのコンビネーションで修正しました。(土井)翔平がいいリードをしてくれたので投げやすかったです。

―土井捕手と話し合ったことについて
真っ直ぐがいつもよりきてないってことはアイツも分かっていたので、スライダーがちょっとキレていたので今日はスライダー多めにいこうと話しました。

―守備に助けられた部分もありましたがチーム全体の調子は
負けたくないという良い雰囲気に4年生中心になっていました。勝つぞ、勝つぞという良い雰囲気でバックの守備が頼もしかったです。

―完投は意識していましたか
初戦を任された以上、一人で全部投げ抜くと最初からずっと思っていました。

―試合中、監督から言われたことは
「粘り強く粘り強く凌ぐんだぞ」と言われました。

―慶大打線の印象は
山崎錬を中心にして、アイツが打って勢いがつく打線だと去年から思っていたので左打者でもよく振ってくる印象があります。特に山崎を意識していました。

―9回満塁の場面をふり返って
昨年秋の立教戦を思い出して、負けたら悔しい思いをするんだろうな、というのはあったのでどうしても抑えようという気持ちで(土井)翔平を信じて投げました。

―投球内容を自己採点すると
40点くらいですかね。調子が悪かったし、バックに助けられたので感謝しています。

―今後の登板予定は
あると思うので、先発だろうが抑えだろうが任されたマウンドをしっかり抑えていきたいです。

―春リーグ戦への意気込みは
こういう形で引き分けになったんですけど、明日から初戦が始まるという気持ちを忘れずに、本当に気が抜けないのでみんなで勝てるように投手陣を引っ張ってしっかり投げていきたいと思います。

西浦(直)選手(5打数2安打)

―今日の試合を振り返って
チャンスでバッターが1本打てれば勝てる試合だったと思ったんですが、引き分けに持ち込めたので切り替えて明日も頑張りたいです。

―今日は5番での出場でしたが打順は意識しましたか
あまり気負うこともなく、5番を任されましたが自分のバッティングをすること、それだけを考えていました。

―第一打席のヒットは初球から振っていきましたが
そうですね、ストライクゾーンに来た球は全部振っていこうとは考えて意識していました。

―10回の打席では安打こそ打てませんでしたが粘りを見せました
やはり三嶋さんが頑張っていたので、何とかここでどんな形でも1点取れればと食らいついていったんですが…粘ってもやっぱり結果を出さないと駄目ですね。明日に繋げたいです。

―慶大投手陣の印象は
やっぱり簡単には打てないな、と。特別すごいボールを投げているわけではないんですけど…。

―チームの雰囲気は
雰囲気は間違いなく良い雰囲気で野球が出来てます。それが結果に結び付くかどうかってことです。

―その雰囲気はやはり建部主将が作っているのですか
そうですね、建部さんはやっぱり自分たちがやって来たことを信じてやるだけだってことを常々強く仰っていましたね。

―次戦に向けて意気込みをお願いします
今日はピッチャーが頑張ってくれたので明日は野手が打撃で援護出来たらいいなと思います。

伊藤(慎)選手(5打数2安打)

―今日の試合を振り返って
苦しい試合だったので、明日は切り替えて臨みたいです。

―開幕戦の意気込みは
長い戦いの始まりなので、自分のできることを精一杯やろうと思いました。

2つのファインプレーについて
自分のところに打球が飛んできたら、絶対捕ると常に思っていたので、良いプレーに繋がったんだと思います。

―今日2安打の活躍について
積極的にいけたときに良い結果がついてきたと思います。

―1番バッターとして意識したことは
先頭としてチームに勢いをつけようと思いました。

―慶大投手陣の印象は
先発の竹内投手はコントロールがよく、コーナーに決まっていました。また明後日の試合で対戦すると思うので、次に向けて活かしたいです。

―次の試合に向けて
とにかく勝てるように頑張りたいと思います。

大城戸選手(3打数2安打)

―今日を振り返って
オープン戦から4年生を中心にしてチームがいい雰囲気でまとまっていたので、今日は相手に追い込まれた場面も何度かありましたが、強くしのげたと思います。

―神宮初ヒットの感触はどうでしたか
自分は一打席一打席が勝負なので、特別な感情はなかったんですが、若干力が入っていた気もします。

―オープン戦から好調で今日もマルチヒット。好調の秘訣は
自分自身昨シーズンに非常に悔しい思いをしたので、冬場に猛練習をしました。結果が出たので、やってきたことは間違いではなかったと思います。

―これから伸ばしていきたい点は
監督からお前の長所は打撃だと言われているので、1試合1本、いいところで打てるようにしていきたいです。

―今シーズンの目標
今まで自分たちを引っ張ってきてくれた賢登さんを胴上げすること以外ありません。

―最後に、明日の抱負を
今日は引き分けでしたが、よくしのげていたので、明日はいい勢いで臨めると思います。

展望 

法大の先発は2年生左腕・石田が有力。昨秋ブレイクした期待の新星で、「これからの法大を担っていく投手となる」と金光監督の期待も大きい。対する慶大は先発投手が予想が困難である。今日の試合完全に抑え込まれてしまった法大の上位打線が早い回で相手の先発投手を捉えることができるかどうかが勝敗の分かれ目になるだろう。

(山田翔太)

 

フォトギャラリー

  • IMG 7488 R-thumb-160x160-329510回を投げ、12奪三振の力投を見せた三嶋
  • IMG 6517 R-thumb-160x160-3297貴重な先制タイムリーを放った大城戸
  • IMG 6935 R-thumb-160x160-32982安打と打撃でもチームを引っ張る土井
  • IMG 7102 R-thumb-160x160-3299オープン戦の好調を維持している西浦
  • IMG 6681 R-thumb-160x160-3300ファインプレーでチームを救った伊藤慎悟
  • IMG 7348 R-thumb-160x160-33011番打者としての役割を果たした伊藤慎悟
  • IMG 7385 R-thumb-160x160-3302チャンスの場面で福谷のスローカーブに手が出ず、三振に倒れる多木
  • IMG 7302 R-thumb-160x160-3294満塁のピンチを2度切り抜けた三嶋
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み