硬式野球
 
 

ついに六大学野球開幕!慶大特集!~山崎錬・福谷・竹内選手

慶大特集
取材日:4月2日

ついに春季六大学野球が開幕。法大はいきなり昨春の王者・慶大と激突する。慶大のキーマンとなるのはやはり山崎、竹内、福谷だろう。法大は毎回この3人に苦しめられている。今回は開幕前の3人にスポホウが迫った!

IMG 3839-thumb-160x160-3289
笑顔でインタビューに答える山崎主将

山崎錬主将

どこよりも練習量をこなしています

━2011年を振り返って

春はまだ、四年生が抜けて自分たちがどれだけ出来るかわからない状況で、挑戦者の気持ちを持って全員で一つになって臨めたシーズンだったと思っています。その結果優勝することが出来た。日本一にはなれなかったが、リーグ戦を最高の形で締めくくれました。そのぶん秋は、少しちょっと・・・挑戦者の気持ちが薄れたというか、練習などで甘さがでたというか、そういう部分が試合にもでて5位という結果に終わってしまいました。

━オフ、キャンプで取り組んでいる練習は

まずは守備にしても打撃にしても、どこよりも練習量をこなしています。とにかくスイングの量を増やしていて、一日(素振りを)1200本を課題にやっています。

━現在の調子は

バットはみんな振れていますね。

━今年はキャプテンに就任されたがどのようなチームを目指していますか

伊藤さんという大きな存在が抜けて、打撃面では「柱が抜けたな」とどこのチームからも思われているだろうけど、そのぶん1~9番まで、どこからでも点を奪えるチームを目指しています

━山崎選手はとてもチャンスに強い印象があるが、打席に入る時はどんなことを考えていますか

打席の中で「どうやって打とう」とかは考えていないけど、ベンチやネクストバッターズサークルにいる時のイメージを大事にしています。

三冠王を目指しています

━法政の投手のイメージは

三嶋と石田を軸に戦ってくるんだろうなと。二人ともいいピッチャーだしあなどれない。

━チーム全体については

ノせたら怖いな、と。

━親善試合の時に、多木選手と談笑されていたが仲は良いのですか

普通に話す感じです。仲は悪くはないと思います。

━金光監督についてはどんな印象を持っていますか

野球に対して・・・こんな言い方があっているかわかりませんが、どんな場面でも全力プレーというか。(試合中に)点差が離れていても選手に声を掛ける方です。

ちなみに福谷選手は「お茶目な方」と言っていましたが、そういった部分は感じられましたか

僕は思ってないです(笑)。(代表メンバーから)外されちゃいます。

━プロへの意識はありますか

ありますね、やっぱり。

━プロで参考にしている選手はいますか

昔から高橋由伸選手が好きで。憧れというか、ただ好きなだけですね。映像を観て凄いなあ、と思っています

━最後に今年の個人の目標を教えてください

今年は勝負の年になると思う。三冠王を目指して頑張っていきたいです。

竹内投手  

基本に立ち返って練習しようと思っています

―昨年をふり返って

思ったような結果が残せなくてチームに迷惑かけた1年でした。

―1年間を通して見つけた課題は

シーズン終わって、1から身体作りをやらなきゃいけないと思ったので、基本の部分に立ちかえって練習しようと思っています。

―いまは具体的にどのようなことに取り組んでいるか

基本的な部分で、投げ込みと走り込みです。

―現在の調子は

今年になっていい感じで投げているので、手応えを感じています。

―大学時代、印象に残った試合は

やはり早慶優勝決定戦です。

―最上級生となりましたが

去年から投手陣はそんなに変わっていなくて、僕たちの代が1番上のような感じだったので変わりはないです。

―新チームの雰囲気について

なんだかんだ言って自分の代が1番上なのでやりやすいし、声も出てていいと思います。

―投手陣全体の調子は

最近あまりいいとは言えないんですけど、誰かが良くなかったら誰かがカバーしてなんとかやってこれているので大丈夫だと思っています。

―江藤監督はどのような方ですか

プロ出身ってこともあって求められるレベルが高いんですけど、それについていってやれば絶対勝てるだろうと思います。

プレッシャーを楽しむ余裕を持ちたい

―法大のイメージについて

個性が強いし、個々の能力が高いと思います。

―法大で警戒している打者は

ずっと対戦している多木とか、高校の後輩も何人かいるのでやりづらいといえばやりづらいです。

―プロ入り、日本代表入りは意識しますか

最終的に目標にはしたいですけど、まずは目の前のやれることを1つずつやることが大事かなと思っています。

―プロ入りされた前主将・伊藤選手には刺激を受けますか

今は二軍に落ちてしましたけど、開幕戦を見てて刺激になりますし頑張ろうと思います。

―春季リーグ戦に向けて、プレッシャーはありますか

プレッシャーは多少ありますけどそれを楽しめるくらい余裕を持ってやっていきたいと思います。

―個人的な数字での目標は

最低5勝は目標にしています。

―チーム目標とリーグ戦への意気込み

一昨年全日本でベスト4で、去年は準優勝だったので今年とりあえずリーグ戦3連覇と日本一はとりたいです。

福谷投手  

1年通して良くないシーズンだった

―昨年を振り返って

春は良かったんですけど、秋がイマイチだったので1年通して良くないシーズンだったのかなと思います。

―冬に行ったトレーニングは

力負けというものを特に秋に感じていたのでチーム全体として体を大きくというか力をつけるという意味でもう1回基礎からやりました。

―今年のチームの印象は

キャプテンの山崎を中心に元気のいいチームになっているとい思うのでそれが神宮でできればいいかなと思います。

―今年の投手陣は

下級生の頃から経験を積んでいるといっても、法政の三嶋とかには勝てないのでチーム全体でやっていこうかなと思っています。

―三嶋投手は意識しますか

個人的にも仲がいい友達なので、負けたら悔しいですけど、それでも嬉しいような気持になりますし、お互いいい意味で刺激しあったらいいなと思います。

―復興試合のとき何か話しましたか

普通に話しましたよ。三嶋も多木もそうですけど、「どうなの?」と。みんな調子よくないって言ってましたけど、お互い様ですね。

プロに行きたい気持ちは強い

―球速へのこだわりは

特にはないですけど、もちろん出て損はないですし、体強くしたかったという目標もあったので、その一つの資料として数字は球速しかないのでちょっとだけ気にしたらいいかなと思います。

―成績で意識している数字は

特にないですね。

―今年の法大打線の印象は

去年よりも厚みがあるような気がしますし、多木を中心に土井くんとか経験積んでいると思うので一筋縄ではいかないと思っていますし、こっちが何かうまいことしないと勝てないと思うので強い相手だと思います。

―特に注意する選手は

やはり投手では三嶋、打者では多木の二人に尽きると思うのでその二人に仕事させないように意識してやっていきたいですね。

―今年の世界大学野球選手権については

そこまでは頭回ってないですけど、春次第で行けるかどうか決まると思うので自分も行けるように挑戦していきたいです。

―金光監督の印象は

対戦相手から見るイメージと大差なくて真面目で厳格な方だなと思ったんですけど、プライベートでは意外とおちゃめな一面もあったので、そういう意味でも尊敬する人でもありますし、金光さんの前でもいいプレーができたらと思います。

―プロへの意識は

もちろんプロに行きたいという気持ちは強いですし、それ以外は考えてないので、気持ちは強いと思います。

―今季の目標は

去年の春優勝して日本一に届かなかったので、まず優勝してその後に六大学の代表として日本一を目指してやりたいと思います。個人的にはドラフトもあるので最終的にはいいゴールが迎えられるように1年間頑張っていきたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 3839-thumb-160x160-3289笑顔でインタビューに答える山崎主将
  • IMG 8112-thumb-160x160-3292勝負強い打撃は他大にとって脅威
  • IMG 3844-thumb-160x160-3293通算17勝を挙げている慶大のエース・竹内
  • IMG 8881-thumb-160x160-3290プロ注目の緩急自在の技巧派左腕
  • IMG 3825-thumb-160x160-3288質問に理路整然と答える福谷
  • IMG 9918-thumb-160x160-3291剛速球で打者をねじ伏せる
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み