硬式野球
 
 

「春季リーグ開幕直前特集~古豪復活!いざ頂点へ」第7回 石田選手・伊藤諒介選手

「春季リーグ開幕直前特集~古豪復活!いざ頂点へ」
取材日:3月12日

「春季リーグ開幕直前特集~古豪復活!いざ頂点へ」第7回は次世代の投打の柱になるであろう石田選手と伊藤諒介選手です。昨秋のリーグ戦では明暗が分かれた二人に開幕前の心境を聞きました。

IMG 1551 R-thumb-160x160-3276
昨秋の3勝が自信になったという石田

石田選手

1戦目で投げたい気持ちはあります

ー今の調子はどうですか

今、オープン戦でも結構投げてますけど、まあ去年よりは自分の中ではいい感じだと思います。

ーJX-ENEOS戦で二段モーションを指摘されていましたが、その後修正などはされましたか

そうですね、あまり意識はしてないんですけど指摘されたので、その日の試合から直すようにして、スムーズに投げるフォームにしていこうかな、と思ってます。春までにはしっかり固めていきます。

ーその中でもオープン戦で好成績を残していますが

けど、監督やコーチからはフォームがおかしいとか言われているので、次の試合までに練習で直していこうとしています。

ーこの冬、重点的に取り組んだ事はありますか

主にランニングを中心に。ウエイトをしたりとかは特にないんですけど、小さい所の筋肉とか、必要な筋肉をつけるようにはしました。

ーそれは去年、一回も完投が無かった事とも関係がありますか

そうですね、前回のリーグ戦が終わってから、監督からも次は9回投げられる体力はは必要だと言われているので、今年の目標はそれだと思って練習をしてきました。

ー1戦目を投げる事も予想されますが、監督から言われている事などがあれば教えてください

監督からは1戦目を投げるとかは言われてないんですけど、それはオープン戦で投げている先発ピッチャーの調子にもよるので。ただ学年は関係ないと思うので、1戦目を投げられる力をつけたいと思っています。もちろん1戦目を投げたい気持ちはあります。

期待を裏切らないピッチングをしたい

ーそうなると他大のエース格とあたる事になりますが

相手投手もいいピッチャーなのでこっちがもし点を取られた場合、そんなに簡単に点が取れるピッチャーではないと思っているので、前回以上に、いつも以上に、気持ちを入れてやっていかないと、と思いますね。

ー六大学の中で意識している人はいますか

投手なら左ピッチャーには注意して見るようにしています。どの大学のピッチャーもいい人が多いので、自分のできていない事ができている人ばかりなのでそういう所は真似していけたらいいな、と思います。打者は前にも打たれている慶應の山崎さん、立教の松本さんですね。先輩もいいバッティングすると言っていたし、ジャパン候補にもなっているので。それに注目バッターを抑えてこそピンチもしのげると思うのでそういうバッターに対しては他のバッターよりも気持ちは入りますね。

ー投げているときに気をつけている事はありますか

基本的にはキャッチャーのサインに任せているのであまり自分で組み立てを考えたりはしないです。今はコントロールと言われているフォームを考えながら投げています。

ー正捕手の原田さんが抜けて変わった点などはありますか

リーグ戦ではずっと原田さんに投げていましたが、今回オープン戦で土井さんや原田さんに投げてみて、そんなに変わった印象もないし心配とかそういうのは全然ないです。ただ、キャッチャー一人一人配球とか攻め方とかはそれぞれ違うので僕はそれに応えて自分の一番いい球を投げるのが第一です。

ー今の持ち球は、また新しい球種を増やそうと思っていたら教えてください

ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップです。今は球種を増やすよりは一つ一つの球の質を上げる事を考えています。

ー自分の持ち味は

どんなバッターにもどんどんストレートで押していって、逃げないで自分から攻めていくピッチングが出来る事です。

ー今シーズンに向けて何か狙っている数字はありますか

去年から言っていたことなんですけど、投げる試合は全部勝つ、ってのと、防御率(のタイトル)が去年イニングが足りなくて取れなかったので、今年は体力で投げられなかったイニングを克服して完封できる力をつけて防御率のタイトルを取りたいです。

ーオフの過ごし方はどうなされていますか

最近外に出ていないんですよ…前まではボーリングばかり行っていました。

ーちなみにベストスコアは

288です。

ー趣味はなんですか

常にボーリングは趣味なんですけど(笑)そうですね…今は微妙ですね、あんまりないです。

ー好きな芸能人は

宮崎あおいです。

ー最後に今シーズンの個人の目標とチームの目標を聞かせてください

個人では去年投げて、3勝できた、というのは自信にもなるし、周りからもいいんじゃないかと言われているので、その期待を裏切らないように自分のベストのピッチングをしたいです。チームではやっぱり優勝、全国でも優勝できたらいいなと思います。

プロフィール 

石田健大(いしだ・けんた)
経営学部市場経営学科2年
1993年3月1日生まれ
広島県出身・広島工業高校
179cm、81kg・左投げ左打ち

 

伊藤諒介選手

全体的にあまりよくない1年だった

―オープン戦も始まりましたが、現在の調子は如何ですか?

全然ダメですね。まだまだですね。

―冬の練習ではどんなことを意識しましたか?

体全体を絞ることと、筋肉をつけることに取り組みました。

―2011年は伊藤選手にとってどんな1年でしたか?

春は神宮にデビューすることが出来て、個人的にはまあまあ成績も残せたのですが、秋は本当にダメで、全体的にあまりよくない1年でした。

―春の好スタートの要因は何だったと思いますか?

初めて六大学でプレイするので、挑戦者としての気持ちを忘れずに、思いきったプレイが出来たからだと思います。

―一方で秋の不振の原因は何だったと思いますか?

打席でのタイミングの取り方が上手くいかず、それが原因でバッティングの調子が悪くなってしまいました。

―その課題の克服は、今のところ出来ていますか?

いや、まだ全然出来ていないので、残り1ヶ月ですけど、なんとか開幕までに克服したいです。

―自分の持ち味は何だと考えていますか?

やっぱり長打力だと思います。

―ホームランに強いこだわりはありますか?

法政に入った当初はありましたけど、それでスイングが悪くなってしまったので、今は打率を残すことも意識してやってます。

―高校通算歴代最多本塁打記録保持者という輝かしい実績。入部当初、プレッシャーはありましたか?

プレッシャーは全くなかったです。むしろ、大学でプレイするのが楽しみで仕方なかったですね。

―実際にプレイして、高校と大学でどんなところに違いを感じましたか?

プレイ全体のスピード感が全然違いましたね。投手の球のスピード、キレとか。野球全体のスピードが全く違いました。

自分がチームを引っ張りたい

―秋は早い回から途中交代させられる場面もありましたが、何か監督から言われたりしましたか?

昨年の7月に肩を怪我してしまって、守備面にも不安があったので、打てないとすぐに代えられてしまいました。

―同期では昨年、左腕の石田選手が活躍しました。伊藤選手にとって、石田選手はどんな存在ですか?

秋は凄い良いピッチングをしてて、ゲームをしっかり作れて、凄い頼りがいのある良い投手だと思います。

―他校の中で、対戦して良い選手だと思った選手はいましたか?

同期なんですが、早稲田の高梨投手は、凄い良いボール投げてて、良いなって思いました。

―学年が1つ上がりましたが、意識されていることはありますか?

特にはないんですが、昨年は先輩方に引っ張っていってもらったので、今年は自分もそういうことが出来るようにしたいですね。

―1年生で個人的に注目してる選手や、全体の印象等はありますか?

よく試合に出てる若林とか佐藤、後はやっぱり畔上ですかね。印象はみんなデカイってことですね。

―オフの過ごし方は

たまに買い物に行ったり、怪我のリハビリとかして、後は休んでます。

―野球以外の趣味やマイブーム等はありますか?

昔から凄いゴルフとボウリングが好きで、こっちにゴルフ場がないのでゴルフはしてないですが、ボウリングはたまにしますね。

―好きな芸能人は

うーん…特にはいない感じですね。

―最後に今年のチームと個人の目標を教えて下さい

チームの目標はやっぱりリーグ優勝と日本一ですね。個人の目標は、全試合スタメンで出て、自分がチームを引っ張って行けたらいいなと思います。

プロフィール  

伊藤諒介(いとう・りょうすけ)
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科2年
1992年6月11日生まれ
兵庫県出身・神港学園
173cm、80kg・右投げ左打ち
ポジション・内野手

フォトギャラリー

  • IMG 1551 R-thumb-160x160-3276昨秋の3勝が自信になったという石田
  • -thumb-160x160-3278ストレートで押すピッチングが持ち味の石田
  • IMG 1580 R-thumb-160x160-3277衝撃デビューを飾るも、秋に苦しんだ伊藤
  • IMG 4117-thumb-160x160-3279潜在能力は抜群!復活に期待
  • IMG 1557 R-thumb-160x160-3280体力をつけ、防御率のタイトルを取る!
  • IMG 1598 R-thumb-160x160-3281本来の打撃を取り戻し、再び4番の座へ!
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み