硬式野球
 

【硬式野球】春季リーグ戦開幕直前特集 第5回 畔上、佐藤竜、皆川

2014年3月19日
法政大学野球部寮

昨年の雪辱を果たすべく、ひと冬越えて生まれ変わった法大ナイン。天皇杯“奪取”を目指す監督、選手たちの今季に懸ける思いを伺った。第5回は畔上翔選手、佐藤竜一郎選手、皆川普選手の3人。3年生ながらチームの中心選手として期待される彼らは、今季に向け何を語ったのだろうか。

201404087
優勝への思いを語る畔上

畔上 翔

―秋季リーグ戦が終わってから取り組んだことは
主にトレーニングをしながら体重を増やすというのを重点的にやっていました。

―秋季リーグ戦後に「この冬が勝負」と仰っていましたが、ご自身としては良い練習ができましたか
自分なりに結構追い込めたというのもあるし、結果はまだわからないですけど、自分的にはこの冬はしっかり自立したトレーニングができたかなと思います。

―現在の調子は
最近やっと上がってきました。

―沖縄キャンプはいかがでしたか
毎日メンバーに入れさせてもらっていろんな面で本当に充実していましたね。怪我とか風邪とか無しに10日間やれたことが1番大きかったと思います。

―この冬得られた収穫や課題
収穫としては体の力がついたことです。課題は日に日に違います。実践練習で結果が出せれば良いんですけど、結果が出せない時のどこが悪かったかというのが自分の課題という感じです。大きく言ったらボール球に手を出してしまうというところです。そこが一番の課題だと思います。

―ポジション争いが激しいと思いますが刺激になっている人は
本当に良い選手がそろっているので、みんな刺激になっています。かと言って自分も負けるわけにいかないです。でも試合とかでそのライバルである人達が打ったりした時に一言どういう言葉をかけられるかというのを今季は気を付けています。ライバルであるけど良いバッティングをしたなら褒めたりとか。チームで勝たなければいけないと思っているので、その打った人間の一打でチームが勝てば嬉しいし、そんな自分の結果だけを気にしている場合じゃないので、ライバルになる選手を見て学ぶこともあるんだということに今年は気付くことができました。

―注目している後輩は
金子(凌也=キャ2)と、柴田(圭輝=文2)と玉熊(将一=法2)、水谷(友生也=営1)です。

―ご自分の武器は
今年は打球の飛距離を見てほしいです。

―打順のこだわりは
何もないですね。

―クリーンナップを打ちたいとかは
ないです。本当に勝てれば良いという感じです。

―今年のチームカラーは
毎年良いですが、チームワークが良いと思います。

―昨年度の主力が抜けて経験値の差は感じますか
経験はあるに越したことはないですけど、それでも少しでも経験している選手は中にはいますし、監督や助監督からも「神宮ではこうだ」というような話は聞くので。そういうことを日頃からこの武蔵小杉のグラウンドでやれれば、神宮でもプレーに集中してできるんじゃないかなと思います。

―安慶名主将はどのような主将ですか
締めるところは締めるし、優しい時は優しい。僕はすごく可愛がってもらっているので、(優勝して)胴上げしたいです。

―今季の意気込みをお願いします
春は接戦で落として、秋は序盤からスタート遅れてと、昨年は悔しい形で終わっているので本当に優勝したいです。個人的にも打って勝てればそれが一番いいので、そこを極めていきたいと思います。

(取材:村上紗規)

佐藤 竜一郎

―けがの調子はいかがですか
あと一週間くらいで復帰して、リーグ戦には間に合うようにしたいです。今、一生懸命治療しています。

―秋季リーグ戦が終わってから取り組んできたことは
けがをしてしまったのでけがをしない強い体や、連戦でも耐えられる体力とかが自分には足りないと思ったので、そういうのをしっかり鍛えるために冬の間は走り込みとかを中心にやってきました。

―3年生になって意識の変化はありますか
上級生になって、下級生もベンチに入ってきますし、自分たちが引っ張っていかなければいけないという気持ちは強くなりました。

―ポジションへのこだわりは
ショートをやりたいので、ショートでレギュラーを取れるように今、頑張っています。

―ポジション争いも激しいですが
1年生も水谷とかいい内野手が入ってきているので、上級生もそうですけど下級生にも負けないように自分がアピールしていかないといけないなと思っています。

―アピールポイントは
バッティングです。大学に入ってからはまだあんまりアピールできてないんですけど、高校の時は勝負強いと思っていたので、そういう勝負強いところをもう一回アピールしていけたらいいなと思います。

―打順へのこだわりは
クリーンナップを打ちたいというのはあります。

―チーム内での自分の役割は何だと思われますか
私生活でも結構盛り上げたりするタイプなので、しっかり声を出したり周りに気遣って声をかけられたり、そういうのをやっていけたらいいと思っています。

―注目している後輩は
ピッチャーの宮本(幸治=営1)とかは甲子園でも活躍していましたし、良いピッチャーなので活躍してほしいなというのはすごくありますね。

―目標にしている選手は
この前引退された広島の前田(智徳)選手とかはすごいなと思っていて、よくYouTubeとかで見ています。

―これからの課題は
一球で仕留められるバッティングの正確性を上げていかなればと思っています。良いピッチャーだと2ストライクで追い込まれるとなかなか打てないので、積極的に一発で仕留められるようにするのが課題だと思います。

―オフの過ごし方は
最近は治療ばっかりですけど、岩盤浴とかに行っています。

―最後に今季の目標をお願いします
全試合に出場して規定打数に達するのが個人の目標です。チームではやっぱり神宮大会に出て優勝するのを目標にやっていかないとだめだと思います。

(取材:村上紗規)

皆川 普

―昨年を振り返って
春は初めて試合に出させてもらったことがとても良い経験になって、秋は春と真逆で悔しいことを味わいましたが、振り返ったら良い一年だったと思います。

―神宮でプレーしてみてどうでしたか
神宮は“大学野球の甲子園”という感じなので、憧れの舞台で野球ができて幸せだなと思いました。

―昨春の好調の要因は何でしたか
春も秋も開幕スタメンでしたが、春は開幕戦で自分の仕事ができたことが一番大きくて、スタートダッシュを切れたことが良かったと思います。

―昨秋は不振に陥ってしまった原因は
夏のオープン戦からあまり調子が良くなくて、しっくりこない状況でリーグ戦を迎えました。スタートダッシュを切れば何とかなると思いましたが、春と違って守備や打席で自分の中で考えることが多すぎて、整理がつかないというか何をすべきかよく分からなかったのが原因かなと思います。

―印象に残った試合や打席は
春の明大4回戦の山崎(福也)さんと対戦した打席で、1点差の2死1塁で回ってきた場面です。絶対初球を振ろうと思っていてのですが最初のボール球に手を出して、自分のバッティングができませんでした。それから打つべき球と打ってはいけない球をしっかり区別しようと思いました。その打席が次のシーズンへの起点となりました。

―昨年の4年生内野手のレギュラー陣が抜け何か意識は変わりましたか
二遊間にあの先輩たち(二塁手:河合完治・遊撃手:西浦直亨)がいたのは心強かったです。今年は経験値が少ないメンバーが入ってきているので、このチームでは経験が多い自分がプレーや声を掛けることを心がけています。

―今季からセカンドに挑戦していますがきっかけは
サードを守れる人はたくさんいて、自分が試合に出ていくうえで一番出られるのはセカンドだと思ったからです。あと、二遊間は足を動かすことが多いので自分に合っていると思いました。

―実際にセカンドでプレーしてみてどうですか
サードはボールを捕ってから投げるまでに考える時間がありますが、セカンドは足を動かすだけなのでそこまで違和感なくこなせているかなという感じです。

―昨年は打順で2番を打つことが多かったですが意識したことは
2番はつなぐ打順で、去年の春は上手くいったのですが、秋は上手くいきませんでした。どういう2番が良いんだろうと考えたら、やはり1番が塁に出なかったときに出ることが2番の役割です。1番が出塁したときに送ることが2番ですし、走者を進めるバッティングをすることもあり、色々なことをしなくてはいけないと思います。結構難しい打順かなと思いますが、それをやりがいのあることだと思って頑張りたいです。

―自分の自信のある点は
バッティングは状況に応じた打撃で、守備はギリギリのクロスプレーをアウトにすることです。

―沖縄キャンプで取り組んだことは
けん制やサインなどを見つめ直して一体感を深めたことが一番の収穫で、チームがまとまったかなと思います。

―オープン戦での調子は
オープン戦は序盤良くなくて、後半調子を上げていきたいと思っているので、自分の思い通りのプレーをがむしゃらにやっていきたいです。

―実戦を積んでみて得たものは
ピッチャーの球を見られることと、実戦でしかできない走塁や定位置、ゲッツー態勢、中間守備とかがあるので学ぶことが多いです。

― 二遊間は同級生で組みたいという気持ちはありますか
来年もあるので下級生に任せてはいけないと思うので、そこは3年生でいきたいです。

―オフの過ごし方を教えてください
元気な日はボーリングに行っています。

―リラックス法はありますか
好きな音楽を聴いて血流を上げることです。back numberが好きです。

―どんな先輩になりたいですか
「皆川さんについていったら上手くなれる」と言われるような先輩になりたいです。取り組む姿勢などを見てもらいたいです。

―期待する新入生や後輩は
西武台千葉の後輩の藤森(祐太朗=法1)と富田(大貴=キャ1)には頑張ってもらいたいです。

―目標とする選手は
川崎宗則選手です。メジャーリーガーなのに、がめつくやっているところが凄いと思っていて、川崎選手のようになりたいです。

―ファンの人に見てほしいところは
助監督さんが来られて雰囲気も良くなって、去年の法政とは違うところが見せられるかなと思います。がつがついけるようにしたいです。

―リーグ戦でのチームと個人の目標をお願いします
個人的には、ノーエラーとベストナインです。チームとしては去年優勝できなかった分、優勝に対する思いは強いので、全員でひとつひとつ勝って何とか優勝できればと思います。

(取材:宮城風子)

プロフィール

畔上翔(あぜがみ しょう
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科3年
1993年5月20日生まれ
東京都出身・日大三
178cm、83kg・左投げ左打ち

佐藤竜一郎(さとう りゅういちろう
法学部政治学科3年
1993年4月6日生まれ
栃木県出身・作新学院
181cm、72kg・右投げ左打ち

皆川普(みながわ ひろし
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科3年
1993年9月1日生まれ
千葉県出身・西武台千葉
176cm、73kg・右投げ両打ち

 

フォトギャラリー

  • 201404087優勝への思いを語る畔上
  • 201404088今季の注目点は「打球の飛距離」・畔上翔
  • 201404089堅守で巧打の遊撃手・佐藤竜一郎
  • 2014040810今季から二塁手に挑戦・皆川普
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み