硬式野球
 
 

「春季リーグ開幕直前特集~古豪復活!いざ頂点へ」第2回・建部選手・岩澤選手

「春季リーグ開幕直前特集~古豪復活!いざ頂点へ」
取材日:3月12日

「春季リーグ開幕直前特集~古豪復活!いざ頂点へ」の第2回は建部選手と岩澤選手です。背中で引っ張る建部主将と心を鬼にして注意する岩澤副将。対照的な二人に主将・副将としての思いと今春への意気込みを聞きました。

IMG 1470 R-thumb-160x160-3163
応援してくれる人たちの存在を実感したという建部

建部選手

例年にないベンチワーク

―昨年度を振り返って

春のリーグ戦は個人的になかなか成長できたシーズンでした。でも自分のことばかり考えてやっていて、チームのことまでは気配りいってなかった気がします。

秋は、なかなか自分の思うような結果がでなくて、また春と同じことをやっていたらだめだと思いながら春よりもだめだったので、秋はすごい悔しいシーズンでした。

 ―具体的にどのような点が成長しましたか

春は二年生のときと比べたら打率も上がりましたし、ホームランも2本打って長打も多くなり、パワーがつきました。

―印象に残った試合、場面は

特にこれといった試合はないんですけど、同級生が主力で投げている立教の小室や慶應の竹内福谷、といった同級生とやるときは気合いが入ります。今でもどういう風に打ち取られたとか、どういう顔して戦ったとか覚えていますし、それをイメージしていま練習をやっています。

 ―主将になりましたが、背番号10の重圧はありますか

責任とプライドは持ってやっていこうと思っているんですけど、まわりの4年生が助けてくれているので、そんなに重いっていう感覚はないです。やりやすくやらせてもらっています。

―どんな主将になりたいですか

自分が言うってことが昔からあまりできなくて、キャプテンという立場になったことは初めてですし今までやってきたことでキャプテンになったので、何事にも言うんじゃなくて自分が動いたり、自分だけじゃなくて4年生で引っ張って、まず自分がやる、というキャプテンになりたいです。

―チームの雰囲気について

個人的にはすごくいい雰囲気だと思います。いまのオープン戦でも例年にないようなベンチワーク、という実感があります。

神宮で嬉し泣きしたい

―鴨川キャンプ・春季オープン戦で重点的に取り組んでいることは

個人的には怪我が多いので今年からトレーナーさん2人にお世話になってます。その人たちが入ったことでアップなどが違いますし、身体の使い方、怪我をしないようにと思ってやっています。技術面では簡単にアウトにならないバッターになろうと考えてやっています。チームとしては監督に去年まで言われてたのは、「こうしなきゃいけない」「こうしなきゃ無理」だと言われてきましたが、今年は「やっていこうよ」という意識をもって取り組ませてもらっています。

―建部選手から見て期待している選手

投手がここ何試合か0点に抑えてくれて、全体的に投手陣の試合での表情が向かっていっているという印象があります。なので投手陣はやってくれるんじゃないかなと思います。

―オフの過ごし方について

寝ていることが多いですね。

―趣味はありますか

ないですね…。

―好きな芸能人は

長谷川潤さんが好きですね。

―特に仲のいい選手は

4年生みんな仲いいです。

―打順のこだわりについて

とくにないですが、今まで自分が1番を打ってきたのでその役割を果たせば勝利につながるし、良い位置で自分がやっていかないとだめだと思ってます。

―アピールポイント

常に全力ってことです。

―手強いチームは

自分の中で意識しているチームは慶應、立教です。二人とも同級生なのでそこには絶対負けたくないし、良い投手なのでこの2チームにはしっかりやっていきたいです。

―法政を応援して下さる人たちにメッセージ

主将になってから応援して下さる人たちとの食事会などに出席する機会があって、OBやそれ以外の応援して下さる方々がこんなにいるんだ、ということを初めて実感しています。だからそういう方たちと最後、神宮で嬉し泣きしたいなと思って新チームが始まったので是非応援してもらって、最後勝って一緒に喜びましょうということを伝えたいですね。 

プロフィール

 建部賢登(たてべ・けんと)
経営学部経営学科3年
1990年10月5日生まれ
東京都出身・桐光学園高校
173cm、75kg・右投げ左打ち
ポジション・外野手

岩澤選手

自分がやるという責任感

-今の調子はどうですか

キャンプに入ってから、ヒットも出ていて結構調子も良かったんですが、インフルにかかってしまって…今は本調子ではないです。

-この冬に取り組んできたことはありますか

長距離走を。これまで長距離走が苦手で、妥協していた部分もあったんですけど、4年生に普段から自分を追い込める人がそろっていたので、やりました。

-その意図は

精神的な部分の強化と下半身の強化です。今まで精神面が弱かったので。下半身も結構がっちりしたので良かったと思います。

-副主将になった事で変わった点などはありますか

今回、建部があまり物を多く言う人ではなく、どっちかというとプレーで引っ張るやつなので、みんなしっかりやると思うんですけど、甘えが出てしまった時に自分が注意する立場になって、心を鬼にしていこうと思っています。高校の時も主将をやっていて、そのときだけは先生が何も言わない位怒っていたので怒る立場は4年ぶりです(笑)プレーでもやらなきゃいけないと思います。僕が1年の時は石川さんが主将であまり接点は無かったんですけど、偉大の一言でした。そこから大八木さん、難波さんと続いて、例年はキャプテンが言うんですが今年は例年とはちょっと違う感じかもしれないです。

-最終学年としてどんなプレーを心がけたいですか

2年の途中からですが試合に出して頂いて、結果が出ず、去年も試合に出た数は増えたかもしれないですけど結果はあまり良くなかった。これまでは先輩に頼っていた部分もあったんですけど今年は自分がやるという責任感を持ってプレーしたいです。自分は結構緊張しいな性格で監督にも弱気だと言われていたので一番上の代になって改めてどっしりと構えなきゃ、という感じです。

全員に勝って一番になりたい

-昨シーズンは初本塁打も放ち、打撃が良くなった印象なのですが

もともと飛ばす事には自信があったのであとはバットに当たってくれれば、という感じでした。あのときはたまたまボールに当たって本塁打になった、という感じですね。自分の課題はミート力なので磨いていきたいです。

-今、外野のポジション争いが熾烈ですが

そうですね、ベンチにも入れるかどうかわからないんですけど、やっぱり負けたくないしみんなライバルなので勝負していかなければならないと思います。全員に勝って一番になりたいです。

-尊敬している選手やお手本としている選手はいますか

打撃フォームで参考にしているのがソフトバンクの小久保選手で、トップがしっかりと決まっているのがいいと思います。ただ気持ちの中では西武の中村選手のようにホームランを量産したいという面もありますね。

-新しい1年生を加えた新チームの感じは

自分が1年の時を思い出すととても新鮮な気持ちになりますし、1年の時に優勝も経験できました。特に今年は母校から後輩も入ってきましたし、僕らが1年の時のようにいい思いをさせてやりたいですね。その為にも自分たちがいい雰囲気をつくって改めて引っ張って行かなきゃと思っています。

-オフはどう過ごされていますか

基本的に休みたいので何もせずだらだらしてます。連休があれば遊びにも行きたいんですけど…

-趣味は

音楽を聞くのが好きですね。

-好きな芸能人は

音楽とかそういう方面ならEXILEが大好きです。ライブにも無理やり行く位好きですね。

-最後に個人としての意気込みとチームの目標をお聞かせ下さい

チームではもう勝つだけなので。オープン戦も多いんですが負けていい試合は一つもないので全部勝つという気持ちでやっていきます。個人としては今までに規定打席に立ったことがないのでまずはそれを目標に。規定打席にいくには結果を残していないと無理だと思うので頑張りたいです。

プロフィール

岩澤寿和(いわさわ・としかず)
法学部法律学科3年
1990年4月28日生まれ
千葉県出身・安房高校
181cm、80kg・右投げ左打ち
ポジション・外野手

フォトギャラリー

  • IMG 1470 R-thumb-160x160-3163応援してくれる人たちの存在を実感したという建部
  • IMG 1518 R-thumb-160x160-3165副将として声とプレーでチームを引っ張る
  •  R-thumb-160x160-3166試合では1番打者としてチームを牽引する
  • IMG 7295 R-thumb-160x160-3167建部との主将・副将による1,2番コンビ誕生なるか
  • IMG 1500 R-thumb-160x160-3164悲願の日本一へ!チームを『結束』させる
  • IMG 1540 R-thumb-160x160-3168パンチ力のある打撃で自身初の規定打席到達を目指す
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み