硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 対早大2回戦 痛恨の逆転満塁被弾 5点差守り切れず勝ち点落とす

東京六大学野球秋季リーグ戦 対早大2回戦
2014年9月14日(日)
神宮球場

初戦落とし、何としてもタイに持ち込みたい法大。第2戦に投手の軸として期待を寄せる玉熊をマウンドに送り出す。序盤まで早大を抑えると、前日沈黙した打撃 陣も奮起し5点のリードを奪う。このまま逃げ切りを図りたい法大だったが、六回に予想もできない悪夢が待っていた・・・

20140914 hardball 011
スタメン出場し、攻守で存在感を見せた吉澤

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 0 0 1 6 0 0 0 7 12 0
法 大 0 0 0 5 1 0 0 0 0 6 8 1

(法大)●玉熊(1敗)、鈴木貴、石田‐安本、中園
(早大)吉永、竹内、高梨、北濱、○柳澤‐土屋
[本塁打](早)土屋(6回=玉熊)

打撃成績

打順位置選手打率1234 56789
1 (4) 若林 4 1 0 .286 中飛 左飛   右前安   四球   空三振    
2 (5) 細川 3 1 0 .250 右前安   三ゴロ 四球   四球   中飛    
3 (9) 蔵桝 5 1 2 .143 二ゴロ   左飛 左前安②   遊飛     遊飛  
4 (8) 畔上 1 0 1 .200 死球   死球 死球   四球①     空三振  
5 (7) 齊藤秀 2 0 1 .000 中飛   見三振 死球①            
  H7 安慶名 2 0 0 .000           二ゴロ     一ゴロ  
6 (3) 金子 3 2 1 .500   左中間二   中飛 右前安①   四球      
  R 岡崎 0 0 0 ――                    
  3 森本 1 1 0 1.000                   右線二
  R 清水優 0 0 0 ――                    
7 (2) 安本 2 0 0 .000   投ゴロ   四球 空三振          
  H 松田 1 0 0 .000             空三振      
  2 中園 0 0 0 .000                   捕犠打
8 (6) 吉澤 5 1 0 .143   三ゴロ   右線安   二ゴロ 右飛     右飛
9 (1) 玉熊 1 1 1 1.000   四球   左前安①   四球        
  1 鈴木貴 0 0 0 .000                    
  H 田中 1 0 0 .000               見三振    
  1 石田 1 0 0 .000                   三ゴロ
    32 8 6 ――                    

 

投手成績

  球数 打者
玉熊 5 1/3 102 26 9 6 1 7
鈴木貴 1 2/3 22 6 1 3 1 0
石田 2 26 10 2 3 2 0
9 150 42 12 12 4 7

 

ベンチ入りメンバー

10 安慶名(経4=興南) 22 中園(法4=いなべ総合学園) 34 金藤大(キャ2=西武台千葉)
11 青木勇(法3=智辯和歌山) 27 森川(営2=桐蔭学園) 8 畔上(キャ3=日大三)
14 鈴木貴(人4=済美) 1 若林(営3=桐蔭学園) 23 松田(法4=三重)
16 玉熊(法2=北海) 3 杉本悠(営4=広島工) 25 蔵桝(営3=広陵)
17 藤森(法1=西武台千葉) 4 岡崎(法4=作新学院) 28 齊藤秀(文4=北海学園札幌)
18 三浦(法2=三重) 5 細川(文3=福井工大福井) 29 田中(法3=愛工大名電)
19 川名(営3=安房) 7 吉澤(文4=桐蔭学園) 31 清水優(文1=聖望学園)
21 石田(営4=広島工) 9 金子(キャ2=日大三)    
20 安本(営4=広島商) 24 森本(法4=中京大中京)    

戦評

 勝って3回戦に持ち込むかと思われたがあと一本が出なかった。

 勝ち点を取るためには絶対に負けられない2回戦。先発を任された玉熊将一(法2)は初回、2死から二塁打と四球でいきなりピンチを迎えるも5番・茂木を 球威のある直球で空振り三振に抑える。その裏、細川雅生(文3)が1死からヒットで出塁し、続く蔵桝孝宏(営3)の二ゴロの間に進塁。さらに死球で2死 1、2塁とチャンスをつくるがあと一本が出ず、この回は先生とはならない。

 二回裏、先頭打者の金子凌也(キャ2)がセンターオーバーの二塁打で無死のチャンスをつくるものの、続く安本英正(営4)の犠打が投手の正面に転がり三塁を刺されてしまいタッチアウト。チャンスを生かしきれない場面が続く。

 二回から四回まで早大打線を三者凡退に抑えている玉熊。その玉熊を援護すべく、何とかして先制点を奪取したい法大打線は4回裏に爆発する。7番・安本が 四球で出塁したのを皮切りに、2死3塁の場面をつくる。ここで9番・玉熊が追い込まれながらも芯で捉えた打球は左前安打となり、自らを助ける待望の先制点 をものにする。突き放したい打線は上位打線が右前安打と四球で満塁とすると、3番・蔵桝がショートの頭上を越す左前2点適時打を放つ。その後の連続死球が あり、押し出しで4点目。ここで早大は3番手として高梨にスイッチするも法大の勢いは止められず、6番・金子の右前安打で5点目。打者一巡の猛攻で大幅な リードを奪う。

 優位に試合を進めたい法大は五回、1死から7番・河原にヒットで出塁を許す。中飛で2死とするも、9番・高梨に2ストライクからセンターオーバーの適時 二塁打を放たれ1点を返される。その裏、法大は9番・玉熊から三者連続で四球を選び一死満塁とする。3番・蔵桝は遊飛に倒れるも続く4番・畔上が四球を選 び、押出しの追加点で点差を広げる。

 完全に法大の流れになったかと思われた六回。好投を続けていた玉熊が早大打線につかまってしまう。先頭の2番・重信に左前安打を放たれると、5者連続で 単打となり、たちまち2点を返される。迎えた一死満塁の場面で8番・土屋に投じた初球。ストレートが甘いコースに行き、高い放物線を描いた打球はそのまま スタンドに入ってしまう逆転の満塁本塁打を放たれる。この回まさかの6失点を喫し、早大に逆転を許してしまう。法大はここで玉熊から鈴木貴也(人4)にス イッチ。要所を締めるピッチングで追加点を与えず、法大の攻撃に望みを託す。しかしその裏の攻撃は三者凡退。打線が沈黙し、投手陣を援護できない場面が続 く。 

 何としてでも勝利を掴みたい法大は八回からエースの石田健大(営4)をリリーフとしてマウンドに上げる。反撃に出たい法大だったが1年生の柳澤の前にあ と一本が出ない。九回には先頭打者の森本隼平(法4)が二塁打でチャンスをつくり、犠打でランナーを三塁に送る。一打出れば同点となる二死三塁の場面。投 手の石田がそのまま打席に入るも三ゴロとなり、試合終了となった。

 最大で5点あったリードを守り切れず、後味の悪い試合となってしまった。「気持ちを切り替えて次の試合に全員で臨みたい」というエースの石田。優勝争いに残るためにも次の立大戦は全員で勝ち点をつかみ取りたいところだ。(高橋由希)

クローズアップ

石田健大(プロへ向け、思いは人一倍)

 前日の疲れはなかった。六回途中降板となった玉熊の無念が残るマウンドで、後輩の頑張りを無駄には出来ないと力投。連投となるが、絶対に点を与えられないという場面での登板は、石田への信頼の現れだ。

 ピッチングはもちろん、打撃での信頼も厚い。1点ビハインドで迎えた九回裏2死3 塁、石田の打席。投手ながら通算打率2割5分8厘のエースはそのまま打席に入る。「(残りの選手より)石田の方がバッティングが良いですから」と指揮官は 石田に全てを託す。なんとか同点へと期待がかかるがサードゴロに倒れ、惜しくも最後の打者となった。

 10月末にはドラフト会議が控えている。プロ志望の石田はもちろんドラフトへの意 識は強い。しかし「今はリーグ戦に意識を全部もっていっています」と来るドラフトに向け、目の前の一戦だけに集中している。リーグ戦で納得のいく結果を残 し、運命の日を迎えることが出来るか。チームのため、そして己の夢のため、石田の戦いはラストスパートを迎える。(菅野響子)

 

試合後の監督・選手のコメント

神長英一 監督

―今日の試合のご感想は
勝てた試合だったです。

―先発した玉熊投手の出来は
良かったと思います。六回を除けばですけどね。先発するピッチャーは五回投げ終わって、八回ならまだしも、六回というのは(試合の)真ん中ですからね。先発する以上は踏ん張ってもらいたいなという理想はあります。

―六回途中、連打を浴びた場面で玉熊投手を交代しなかった理由は
玉熊の方が後のピッチャーよりもまだ良いので。結果的には満塁ホームランを打たれ て、打たれればみなさんそういう質問を必ずしてくるんですけど、代えない理由が自分の中にあって代えなくて、ただ結果論で引っ張り過ぎたという形です。た だ僕は引っ張り過ぎたとは思っていないんですけど、結果的に点が入ると「引っ張り過ぎた」という表現になるんですね。鈴木(貴)よりも玉熊の方が良いとい う判断です。

―皆川選手がベンチ外でしたが
体調不良です。

―昨日けがした佐藤竜選手は来週の試合では出場できる状態ですか
わからないですね。今日は駄目だったです。

―六回裏の攻撃で、代打攻勢を仕掛けたことについて
(この回の表に)ひっくり返されたので、攻めなきゃいけないので使おうと思いました。今日は総力戦で、最終的に残っている野手は二人ぐらいしかいなかったですね。

―九回裏の攻撃で、石田投手に代打を出さなかったことについて
いないですし、石田の方が良いですね。それはもう計算していました。石田の方がバッティングが良いですから、あそこは石田ですね。

―来週は立教と戦いますが
立教は初戦になるし、うちは二つ目ですけど嫌な負け方をしているので、勝つには力が必要だなと思います。立教にとっては初戦の硬さと、うちの嫌な負け方をしたのと、どういう力関係になるのかなと思いますけど、とにかく一生懸命やります。

―来週の試合に向けて意気込みをお願いします
春もこのような出だしで、立教で連勝して少し(勝敗を)戻したという経緯があるので、今回もそういう風になりたいと思います。

 

安慶名舜 主将 外野手(チャンスで代打も一本が出ず)

―今日は代打での出場でしたが
打てれば良かったです。勝てた試合だったので責任を感じています。

―逆転を許す試合になってしまいましたが、チームの雰囲気は
雰囲気というよりは、一点でも多く得点していればズルズルいかなかったと思うので、取れるべきところで取ることが出来なかったことが敗因だと思います。

―試合を終えた上での早大の印象は
バッティングにはすごい繋がりがあって法大とは対照的なチームだと思いました。連打も多く、良いチームだと思います。

―春季とのチームや個人での違い
チームとしての質は高くありませんが、練習量は相当こなしてきたのでみんな自信を持って春よりは落ち着いて試合に挑めているのは確かです。

―立大戦への意気込み
残りの試合は全て勝つしかないので、対策を立てて練習を詰めていきたいと思います。

 

石田健大 副将 投手(連投するも、勝利を引き寄せられず)

―今日の投球を振り返って
玉熊が頑張って投げていたので、これ以上点取られちゃいけないと思って投げました。

―昨日の疲れはありましたか
いや、全然ありませんでした。

―昨日の結果から、今日修正して投げたところは
うじうじしていても仕方ないなって思って開き直って投げました。

―リリーフを準備したのはいつ頃ですか
五回、六回ごろからですかね。

―登板の際どのようなお話を監督さんからされましたか
こういう場面はこれから先の試合でも出てくるので、今後のためにも投げようと言う話をされました

―八回には二者連続で見逃し三振を奪う場面もありました
腕振った結果、あの結果につながったので良かったです。

―九回には満塁のピンチもありましたが
低めを意識して投げました。点を取られちゃいけないという気持ちで投げました。

―九回の攻撃では最後の打者となりました
打ったら同点の場面だったんですけど、ああいった結果になり悔しいです。

―ドラフトへの意識はありますか
ありますけど、今はリーグ戦に意識を全部もっていっています。

―次の試合に向けて
チームもこういう結果で終わりましたし、気持ち切り替えて次の試合に全員で臨みたいです。

 

齊藤秀之 外野手(5番レフトで今季初スタメン)

―今日の試合を振り返って
スタメンで使ってもらえて、チームのためにも、自分のためにも結果を出そうと思って試合に入りました。

―選手内では、どのようなことを話し合って試合に臨みましたか
具体的には甘い球は見逃さないとか、狙い球の確認だったり基本的なことを話し合って臨みました。

―今シーズン初スタメンでしたが
ようやく来たなと。ただ結果がでなくて残念です。

―相手の先発、吉永投手にはどのような印象を持ちましたか
ほとんどイメージ通りで、そこまで驚くことなく打席に入れたんですけど、ミスショットというか、決め球のコントロールが良かったなと思いました。

―自身のバッティングを振り返って
一打席目は狙っていた球が来て、それを逃さず振れたんですけど、ミスショットしてしまいました。二打席目は追い込まれて、最後はコースぎりぎりのボールが来て手がでなくて、完敗でした。

―次の試合に向けての抱負をお願いします
まだ始まったばかりなので、負けたのは残念ですけど切り替えて優勝目指して頑張りたいです。

 

鈴木貴也 投手(2番手として登板し、無失点の好投)

―今日の試合を振り返って
勝ち試合だったので、悔しいの一言です。

―昨日、今日と追う展開での登板でしたがとのようなお気持ちでしたか
一点もやらないと言う気持ちで臨みました。

―オープン戦から好調が続いている印象ですが、何か心がけていることはありますか
一球一球集中して投げることと、しっかり低めに投げることです。

―今シーズンの目標
特にはないのですが、しっかり抑えてチームに貢献することです。

―最後のシーズンに縣ける思い
連敗してしまいましたが、まだ終わりではないので残りの試合をしっかり勝てるように頑張りたいと思います。

―来週への意気込み
しっかりできることをして、勝ちに行きたいと思います。

 

安本英正 捕手(2試合連続でスタメンマスクを被る)

―今日の試合を振り返って
(早稲田には)春に負けて、秋に懸けてやっていたので、勝ち点を落としたのは残念です。今日の試合に関して言うと、勝っていたゲームでビックイニングをつくってしまったので、その流れをいかに断ち切るかがこれからの課題に繋がった試合だと思います。

―今日の法政のピッチャー陣について
玉熊と鈴木を受けましたが、2人とも球自体は良かったので頑張れたと思います。

―リードで心がけたことは
「インコースに構えたらまっすぐしかない」というデータを早稲田は取っていたと思うので、そこを変えてインコースでも変化球を要求したり、動いて(相手に)的を絞らせないように意識しました。

―早稲田の先発した吉永投手の印象は
リーグ戦の経験があるピッチャーですが、コントロールはそこまで良くないのではというデータを取っていました。相手の助けもあって四球とかで出塁はしましたが、もう1本が出なくて、捉えきれなかったですね。

―先発の玉熊投手について
玉熊は春も投げているし、今日は打たれてしまったですけど、そこは切り替えてこれからやってほしいと思います。

―ラストシーズンに懸ける思いは
いつもと変わらず、いつも優勝を目指してやっているので、今日は負けてしまったので、残りの4カードは全部取るという気持ちで最後まで諦めないでやりたいです。

―今日と昨日の試合での収穫と課題は
チーム全体の収穫としては、負けてはいたけどベンチの声は出ていたし、みんな立って 前のめりだったので、雰囲気的には悪くはなかったと思います。個人の課題は、早稲田は足を使ってくる選手が多いので仕掛けてくるのはわかってはいたんです けど、普通に投げればアウトになるのを、焦って自分の形でなかったらワンバウンドになったりするので、いつでも同じリズムで投げられるようにするというの が課題です。

―来週の立教戦に向けての意気込み
春も早稲田に2連敗して、春はその後の立教には勝ったが、春とは違うところを見せたいのでまずは立教を必ず取って、次に繋げたいと思います。

 

吉澤光隆 内野手(スタメン出場し、1安打を記録)

―今日の試合を振り返って
中盤まで結構点差が開いたので、そのまま勝ちたかったんですけど、満塁ホームランもあって逆転されてしまって。でも逆転されてからも1点差だったので、全然追いつくことはできたんですけど、打てなくてそのまま負けてしまいました。

―今シーズン初ヒットということでしたが、ご自身の調子は
調子は悪くないです。バッティングの方も悪くないので、このままやっていきたいんですけど、いいところで打てなかったので、そこが悔しかったです。

―七回の重信選手の当たりを飛びついてキャッチした好プレーについて
あの打球はたまたまグローブに入ってくれたので、運がよかったです。守備で迷惑かけちゃいけないと思っているので、当たり前のプレーをしっかりできるようにしようといつも思っています。

―今日は勝てる試合だったと思うのですが、敗因は何だと思いますか
点差が開いて、油断したわけじゃないんですけど、少し余裕が出てしまったとは思います。何があるか分からないので、どういう試合展開になっても変わらずにしっかりした心構えでやらなければいけないなと思います。

―オープン戦好調でしたが、今の法政に何が一番足りないと思いますか
どこの大学も強くて実力が同じぐらいのチームが多いので、その中でも勝ち切るためには、やっぱり4年生中心に一丸となってやるしかないと思います。

―来週勝つためにこれからどんな練習をしていこうと考えていますか
早く切り替えて、一からしっかりやっていきたいと思います。

―立教戦への意気込み
チャンスの場面でしっかり仕事ができるようにしたいです。あと自分は守りでは迷惑かけちゃいけない選手だと思うので、確実に取れるアウトをきちんと取れるようにしっかりやっていきたいと思います。

 

畔上翔 外野手(4四死球は警戒されている証拠)

―今日の試合を振り返って
勝てる試合だったので落としたのは痛かったですね。

―吉永投手の印象は
春と比べて格段に良くなっていたという印象が強かったですね。

―柳沢投手の印象は
1年生なので思いきりの良さが出ていて、これから手強い相手になっていくんだろうなと感じました。

―バッティングの調子は
四死球4つではあったんですけど、正直あまり調子は良くないですね。走る量を増やして下半身をつくっていかなくてはならないなと感じています。

―その4つの四死球から感じたことは
インコースを責めてくる球が多いので恐らく警戒されているんだとプラスに考えました。そんな打ちにくい中で、難しいですけど、我慢を徹しています。

―チームの状況は
負けましたけど、今日はあっさりとした負けではなく、粘りのある意味のある負けだったと思います。しっかりと敗因を追及して、みんなで気持ちを切り替えてやっていくしかないですね。

―敗戦を受けて、早稲田大学野球部と比べて法政大学野球部に足りないものは
集中力ですかね。もちろんみんなここ一番では集中しているんですけど。

―次の試合に向けて
1週間しっかり練習して立大戦に臨みたいと思います。

 

蔵桝孝宏 外野手(3番で起用され、タイムリーを放つ)

―今日の試合を振り返って
やっと一本が出たなという感じです。しかし、そのあとの打席はミスショットが多く、自分のしたいバッティングが出来なかったので悔しいです。

―昨日と今日で打順が替わりましたが、意識の違いなどありましたか
状況に応じて自分のバッティングをするだけなので、特に(意識の違いなどは)ありませんでした。

―四回に先制タイムリーを打ちましたが
意地でも打ってやろうという気持ちで打席に入ったので、結果が出て良かったです。

―その打席、技術的な意識はありましたか
昨日から肩の開きが速くなっていたので、逆方向に打つ意識を強く持ちました。

―開幕カードを終え、今季の早稲田の印象は
どの打順から始まっても脅威がありました。法政もそういったチームになれればと思います。

―チームの雰囲気はいかがでしたか
勝ち点を落とした以上開き直るしかないので、残りの試合は全部勝つ気持ちでやるしかありません。

―今チームに足りないと思うものは
基本をしっかり出来ていれば今日は勝ち試合だったので、ミスをしないチームづくりをしていくことだと思います。

―次節の意気込みを
負けられないので、一つ一つ勝ちを重ねていきたいです。

 

細川雅生 内野手(2番サードで今季初スタメン)

―試合を振り返って
昨日と違って先制して大量点を取ることが出来たんですけど、その流れを相手に奪われてしまったままで最後追い込めなかったかなと。残念な試合でした。

―秋季リーグ戦初スタメンでした
皆川に熱があって急きょスタメンで出ることになったんですけど、全力でやることだけを考えていました。

二回には早大・中村奨吾選手の鋭い打球を好捕する場面がありましたが
先頭打者だったので後ろにはそらさずに前に落とすことを考えていて、止めにいったらグローブにうまく入ってくれたので良かったなと思います。

―早大投手陣の印象は
最初のピッチャー(早大先発は吉永投手)は制球に苦しんでいて結構やりやすかったんですけど、逆転されて終盤に出てきた投手は球も速くてなかなか捉えきれなかったです。

―中盤に崩れてしまった玉熊投手でしたが、サードから見ていて気付いたことは
五回終わりのグラウンド整備から六回に入っていくところで少し気が抜けてしまっていたように感じられて、そこを早大にやられてしまったと思います。

―早大に連敗となってしまいました
連敗はしましたけど、残りの試合は絶対全部勝つという気持ちでやっていきたいです。

―試合後のミーティングで伝えられたことは
同じことなんですけど、残りの試合を絶対全部勝つということだけですね。

―次週の立大戦に向けて
初戦から思い切りやっていきたいです。

 

金子凌也 内野手(2安打をマークするなど好調を維持)

―本日2安打で打撃好調の要因は
バットが非常によく振れていることが好調につながっている要因だと思っています。

―第一打席の左中間を破る二塁打について
自分の狙っていた球が来たので、迷わずに良い感触で打つことができました。

―第三打席の右前適時打について
相手の投手が代わったところで、絶対にタイムリーが欲しい場面での打席だったので打つことができてよかったです。

―早大投手陣の印象は
狙い球が絞り辛く、良いピッチャーが多かったです。その中で甘い球を逃さずに打つことができたことが良いバッティングにつながったのだと思います。

―立教戦への意気込み
まだ二敗しただけで、優勝の可能性は十分にあると思っているので、勝ちにこだわって一戦一戦戦っていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • 20140914 hardball 011スタメン出場し、攻守で存在感を見せた吉澤
  • 20140914 hardball 02今季初スタメンの細川
  • 20140914 hardball 034四死球と高い出塁率を記録した畔上
  • 20140914 hardball 04金子は2安打1打点の活躍
  • 20140914 hardball 053番の起用に応える適時打を放った蔵桝
  • 20140914 hardball 06先発した玉熊は、スタミナ面で課題が残った
  • 20140914 hardball 072番手登板した鈴木貴は悪い流れを断ち切った
  • 20140914 hardball 08石田は連投するも勝利を引き寄せることはできなかった

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み