硬式野球
 
 

「新戦力特集~GOLDEN GENERATION」第6回・納富秀平

新戦力特集~GOLDEN GENERATION
第6回(全8回)
取材日:2011年11月20日

  東京六大学野球秋季新人戦で23季ぶりの優勝を果たした若き“暁の勇者”たち。新戦力特集第6回は、新人戦1回戦と決勝戦で好リリーフを見せた期待のサウスポー・納富秀平投手です。

nodomi1 R-thumb-160x160-2951
けがを乗り越えて心身ともにレベルアップした納富

 ”貴重な左”―その期待に応えられるように

―改めて新人戦優勝を振り返っていかがですか
だいぶ新人戦優勝してなかったので、久しぶりに優勝できてうれしく思います。

―春にタイブレークの末敗れた明治に勝っての優勝でした
自分は春はけがで出場できなかったんですけど、みんなの負けた姿を見てとても悔しい思いをしてたんだろうなと思ったんで、この秋は自分もチームの一員となって明治に勝ちたいと思いました。

―けがというのは
3月のオープン戦の時に腰を痛めてヘルニアっていうことで、4ヶ月間野球ができませんでした。

―その間はどのような取り組みを
前と一緒のことやってると成長はないと思ったので、肉体改造、体重を増やすことを考えて取り組みました。

―ピッチングにおいて一番大切にしていることは何ですか
コントロールよくすることと、テンポを意識していいリズムで投げることです。

―左投手ということで貴重な存在だと思いますが
4年生の吉越さんが抜けたので、なんとか自分が穴を埋められるようにって思って、貴重な左として期待してくれると思うので、その期待に応えられるように頑張ります。

―中継ぎでの登板が多いかと思いますが
最終的には先発で投げたいですけど、自分の能力とかチーム事情とかがあると思うので、与えられたところを責任持ってしっかり投げようと考えてます。

―ピンチでマウンドに上がる時の心境は
開き直ってます。自分が背負ったランナーじゃないので、点与えてもいいっていう気持ちで思い切って投げてます。

―高校時代も活躍されていましたが、大学に入って成長したところは
高校は先発やってて、今は短いイニングしか投げてないんですけど、途中から入る気持ちの切り替えが高校時代よりかはうまくなったかなと思います。

―アピールポイントは
コントロールです。

―現在の課題は
今の時期は体力づくり。今やってる肉体改造をもっとよりよいものにして、もっと力のある球投げれるようにしたいです。

―監督やコーチからはどんなアドバイスがありますか
春けがしてて、お前は4ヶ月ブランクがあるんだからっていうことで、人一倍こつこつとやっていかなけりゃだめだろというのは常々言われます。

―2年生は投手が多く、また1年生も石田投手などが出てきていますが、他の投手の存在は刺激になりますか
それはもちろん。いいピッチャーが多いので、自分のアピールポイントを伸ばして、欠点をなくしていかないと追い越せないと思うので、気は抜けないです。

―今年のリーグ戦は見ていてどのように感じましたか
自分がこの立場だったらどう投げるのかっていうのをずっと頭に入れて見てたんですけど、接戦が多いんで、気持ちを入れて一球一球投げないといけないなと思います。

 飽くなき探求心、向上心を持って努力する

―新チームがスタートしましたが
3年生が何人か試合に出てる人がいるので、その人たちを中心に引っ張っていってくれてるって感じです。

―投手責任者は三嶋選手で、同じ九州出身でもありますが、学ぶ点は
高校時代から憧れの人で、あまり大きなほうではないんですけど、体が。自分も小柄なので、体の使い方とか気持ちを入れるところがすごいなって感じます。

―来年は3年生になり、4年生と一緒にチームを引っ張っていく立場になるかと思いますが、意識的にはいかがですか
今年やっておかないと来年引っ張ろうとしても引っ張れないと思うので、責任者は三嶋さんですけどあまり負担にならないように、自分が下級生とかを引っ張っていけたらと思います。

―目標としている選手はいますか
ダルビッシュさんです。

―どういうところを
飽くなき探究心というか、常に向上心を持って取り組んでいるので。才能があるのにもかかわらず努力していて、あの人と比べたら自分の努力はまだまだだと思うので、とても参考になります。

―野球と離れますが、趣味は
趣味?(笑) お笑いのDVDを観ることです。

―好きな芸人さんはいるんですか
笑い飯さんが好きですね。

―M-1とか
M-1はもう高校の時からDVD集めてます。

―見に行ったりなどは
高校の時に1回だけ、甲子園の時になんばグランド花月に行って新喜劇見ました。いい思い出ですね。

―オフの日は何をしていますか
何も学校とかない時は、寮でダラダラしてますね、時間を気にせずっていう感じで。

―最後に来年のチームと個人の目標をお願いします
チームとしてはやっぱり天皇杯取る、日本一。個人としては今よりさらにレベルアップして、チームの勝利に貢献できるように頑張ります。
 

(取材:古川 綾菜)

プロフィール

納富秀平(のうどみ・しゅうへい)
文学部英文学科2年
1991年4月22日生まれ
福岡県出身・九州国際大付属高校
172cm、70kg・左投げ左打ち
ポジション・投手
取材班メモ:野球に対する真剣さとチームを想う真面目さを感じさせつつ、趣味のお笑いDVD収集に関しても自信を覗かせた納富選手。チームのムードメーカーとしても期待される!?

フォトギャラリー

  • nodomi1 R-thumb-160x160-2951けがを乗り越えて心身ともにレベルアップした納富
  • nodomi3 R-thumb-160x160-2952新チームでは「自分が下級生を引っ張っていく」と責任感も
  • nodomi6 R-thumb-160x160-2954新人戦では東大・明大を相手にリリーフ登板
  • nodomi5 R-thumb-160x160-2953コントロールに自信あり!
  • nodomi2 R-thumb-160x160-2956「リーグ戦で必ず投げて勝利に貢献したい」
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み