硬式野球
 

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 慶大戦展望

東京六大学野球秋季リーグ戦 対慶大戦
2013年9月28日(土)~
神宮球場

連敗スタートで開幕カードを落とした法大。次の相手は法大が苦戦を強いられた立大を破り勝ち点1の慶大だ。連敗を喫している法大にとっては優勝戦線へ残るために負けられない一戦となる。

201309281
第1戦の先発が予想されるエースの白村

展望

慶大は4年生エースの白村と1年生の加藤、速球派の二人の先発が予想される。白村は立大1回戦で先発し、3回途中で降板するも、続く2試合では中継ぎで登板し、立大打線を完ぺきに抑える。MAX150キロ超の直球に多彩な変化球を織り交ぜ、打者を翻弄(ほんろう)。さらに左打者に対しては沈むボールで三振を奪えるだけに厄介だ。第2戦の先発が予想される加藤は今春神宮デビューを果たすと、今季は先発を任されるまでに成長した。150キロの直球を武器に立大2回戦では6回0/3を投げ2失点。春の雪辱を晴らそうと法大打線の前に立ちはだかるだろう。打線は4番の谷田が勝負強さを発揮。山本泰、松本大の出塁が得点に絡んでいるだけに警戒が必要だ。さらに横尾、藤本知には長打もあるので要注意だ。

法大は開幕カードの2試合は立ち上がりを攻められ、終始主導権を握られる苦しい展開となった。しかし、連敗スタートも収穫はあった。先発が早い回で降ろされてしまうが、リリーフ陣が好投。リーグ戦初登板の玉熊将一(法1)は2試合とも中継ぎで登板し、計2回1/3を投げ3奪三振、無失点に抑え、安定した投球を見せている。さらに主戦としての活躍が期待される石田健大(営3)はオープン戦終盤で調子を落とすも、立大2回戦では九回に登板し、2奪三振の好投を見せ、先発復帰へ大きく前進した。エラー絡みの失点でマウンドを降りた船本一樹(営4)、納富秀平(文4)も慶大戦で挽回したいところだ。打線は2試合で1得点と持ち前の打撃力は鳴りをひそめた。「自分が塁に出ないと始まらない」と語るように先頭打者の大城戸匠理(法4)の出塁が得点の起爆剤になるだろう。連敗スタートもまだ優勝がなくなったわけではない。エラー絡みの失点やバントミスなど攻守においてミスから相手に流れを与えてしまった反省を生かし、次戦へ挑む。ここからの巻き返しに期待だ。(鷲尾 祐貴)

 

フォトギャラリー

  • 201309281第1戦の先発が予想されるエースの白村
  • 2013092824番の谷田

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み