硬式野球
 
 

「新戦力特集~GOLDEN GENERATION」第4回・松田渉吾

新戦力特集~GOLDEN GENERATION
第4回(全8回)
取材日:2011年11月20日

 23季ぶりに新人戦優勝を果たした若き”暁の勇者たち”。法大の次世代を背負う彼らにスポホウ取材陣が迫った。第4回は1年生ながらリーグ戦出場を果たし、成長著しい松田渉吾選手です。

IMG 8476 R-thumb-160x160-2902
1年生ながらリーグ戦に出場し来季の活躍が期待される

リーグ戦に出れたことは強み

―今年を振り返って
今年は試合に出られないかと思っていましたが、試合に出ることが出来ました。1年で出場出来たことは大きいですね。

―秋季リーグでの初打席について
代打で結果は三振でした。チャンスだったので打ちたかったですが、力が出しきれませんでした。

―明治大・野村投手との対戦について
高校のときから有名で憧れで尊敬していたので、自分が神宮のこの舞台に立てていることに興奮しました。

―勝ち点のかかる試合での初スタメン出場について
先発で出ることは考えてなかったので発表されたときはとても驚いて、ずっと緊張していました。先輩方も声をかけて下さいました。結果打てなかったんですけど、野村さんと戦えたことはこれからにもつながってくると思います。

―新人戦は1・2年生主力でしたが
二年生も雰囲気が良い人ばかりで、リーグ戦とは少し違う感じでしたね。楽しんで気軽に、はつらつとできました。

―優勝しましたが、自分の持ち味は発揮できましたか
春の新人戦は代打でしか出れなくて悔しい思いをしたので、先発で出て、絶対打てやろうって気持ちがありました。自分は足が持ち味だと思っているので結果的に内野安打が打てて、チームの優勝に貢献できて良かったです。

―秋季リーグ戦や新人戦を通じて成長した部分や課題は
まだ神宮にほとんど立っていないので、やっぱり慣れてない部分はありますが、精神的な部分ではリーグ戦に出れたことは強みになったと思います。しかし、守備・バッティングともにもっともっとレベルアップしなきゃいけないと思いました。

神宮の舞台で活躍したい

―高校時代、印象深かったことは
甲子園のような大きな舞台で出れたことはいまの大学での野球にも
つながっていると思います。
中京大中京出身の河合完治さんとは姉妹校で、昔からすごい選手だと思っていて、高校のときにそういう目立った人と野球ができたというのはすごいことなんだなと思いました。

―高校と大学のレベルや練習内容の違いは
高校の場合だと毎日練習がありますが、大学では授業の都合で毎日みんなで練習することがなくなり、自主練が多くなりました。なので、自分の意識をしっかりもってやらなくてはいけないと思っています。大学にきてから走り込む量が増えました。レベルが上がるにつれて厳しい練習も増えてきました。

―大学生活や寮生活について
最初の2・3ヶ月はホームシックですごく家に帰りたい気持ちはありました。でも、1年生の中で仲良くなってだいぶ慣れたので楽しく生活できています。

―法政大学野球部はどんなチームか
野球に対する姿勢が真面目で一生懸命な人が多いので、見習わなければいけないと思っています。

―今の課題や具体的な練習について
守備というよりバッティングが課題ですね。回りと比べると身長も低いし力もないので小さい選手なりにもっとパワーをつけて他の選手に負けないようなバッティングをしていきたいです。

―アピールポイントは
足を使ったプレーですね。守備範囲でも、バッティングでは内野ゴロでもセーフになるところや盗塁でチームに貢献したいです。

―将来どういう選手になりたいですか
大学にきて、4年生の中尾さんをみて本当に足も早くて、レベルの違いを感じました。いままで内野ゴロを打って内野安打になろうと考えたことはあまりなかったですが、自分も足を使ってプレーをできるようにならなけれはならないと実感しました。

―趣味、リラックス方法は
オフの日は1年の石田と買い物にいくことが多いです。2人で買い物に行って、ご飯を食べて、1週間の中で一番リラックスしています。

―仲のいい先輩、同級生は
同期だと石田とか、森本も姉妹校同士で色々話をしたりとか学部も一緒なので一緒にいることが多いです。先輩だと2年生伊藤僚啓さんは東海地方出身なので仲良くさせてもらっています。三年生だと杉山さんにたくさん面倒を色々みてもらっています。

―スポホウ読んでいますか
多分読んだことはあるのですが、頻繁にというわけではないですね(笑)

―新チームについて
自分も次の新しい1年生が入ってきたら先輩になるのでしっかり意識をもって取り組み、三年生の方も野球に対する姿勢をしっかりみて成長していけるようにしたいです。

―来季に向けて
チャンスは少ないと思いますが、そのチャンスをものにして一回でも多く試合にでて神宮の舞台で活躍できるように頑張っていきたいです。

(取材:松原 早紀)

プロフィール

松田渉吾(まつだ・しょうご)
法学部法律学科1年
1992年10月30日生まれ
三重県出身・三重高校
169cm、65kg・右投げ左打ち
ポジション・外野手
取材班メモ:終始明るい表情で答えてくれた松田選手。自慢の快速で激しい外野争いに割って入る!

フォトギャラリー

  • IMG 8476 R-thumb-160x160-29021年生ながらリーグ戦に出場し来季の活躍が期待される
  • IMG 8487 R-thumb-160x160-2903新人戦決勝では2安打を放ち優勝に貢献
  • IMG 6403 R-thumb-160x160-2901明大・野村と対戦し六大のレベルを痛感した
  • IMG 9373 R-thumb-160x160-2904持ち味の俊足で激しいレギュラーを制す
  • IMG 8500 R-thumb-160x160-2905来季はダイヤモンドを駆け回りチームの勝利に貢献する!
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み