硬式野球
 

【硬式野球】「秋季リーグ開幕直前特集~逆襲の秋へ」 最終回 期待のルーキー

「秋季リーグ開幕直前特集~逆襲の秋へ」
取材日:2013年9月10日

春はあと一歩のところで優勝を逃した法大。あれから3ヶ月――。春は逃したリーグ優勝、日本一を目指し、厳しい練習を積んできた。「秋季リーグ開幕直前特集~逆襲の秋へ」最終回は期待の1年生。金子凌也選手、玉熊将一選手、谷川宗選手、森川大樹選手です。

201309171
左から森川、金子

―大学生活には慣れましたか
玉熊:だいぶ慣れました。

―大学野球をやって感じた、高校野球との違いや驚いたことは
森川:歳も4つ離れている4年生とかを見ると、野球だけじゃなくて、色々な面で大人だなっていうのはすごく感じます。
金子:高校生と違って、大学生のピッチャーはレベルが高いと思います。質が違うなと思います。
谷川:大学生は、4年生とかを見ていると、ミスも少なく常に正確なプレーをしていて、違うなと思います。
玉熊:体つきが違うので、4年生みたいにもっと大きな体になりたいと思います。

―夏に重点的に取り組んだことと、その成果は
森川:新人戦で打てなかったので、バットをしっかり本数を多く振って力強いスイングが出来るように取り組んだので、今はだいぶ振れていると思います。
金子:自分は夏は何も取り組んで無いです。入院していたので…。特に何も出来なかったです。
谷川:自分も新人戦で結構打たれてしまったので、夏はしっかり投げ分けられるように、制球力を磨いてきました。
玉熊:自分は北海道からこっちに来て、夏はすごく暑かったので、まあ1年目はちょっと暑さに慣れることを…やってました(笑)
一同:(笑)

―ピッチャーのお二人は北海道遠征に参加されましたが、いかがでしたか
玉熊:1年生二人で、1年生の仕事が大変だったんですけど、それ以上に大きな経験を得ることが出来たので、その点ではすごく自分の財産になりました。
谷川:1年生二人っていうことで、行きたくても行けないメンバーから選ばれるので、そこに選ばれたってことは嬉しいことで。行って貴重な経験が出来て、これからに生かせるようにしていきます。

―オープン戦で見つかった課題、または手ごたえは
森川:僕はBの試合には出させてもらって、それなりには出来たかな、やりたいことは出来たなと思うんですけど、Aの試合は連れていってもらうだけの形で、試合に出る機会は無かったので、試合に出ている人との差は何かなって今考えてこの先に生かしていきたいと思っています。
金子:無いっす(笑)
谷川:北海道遠征から1イニングだけ任される登板が多くて、1イニング抑えるのも大変で、抑えることが出来たこともあるんですけど点を取られたりしたので…。任せられたイニングは、しっかり3人で終わらせられるようにというのが課題で見つかりました。
玉熊:自分は結構投げさせてもらったんですけど、どうしたら抑えられるかと、どうしたら打たれてしまうのかをAで経験することが出来たので、どうしたら打たれてしまうのかをこれから詰めていって、秋に向けて頑張っていきたいと思っています。

―今年の夏の高校野球で注目していた選手はいますか
森川:大阪桐蔭の森選手です。
金子:日大三高の森選手です。
谷川:明徳義塾の宋君とかです。
森川:渋いだろ(笑)
玉熊:北照高校ですね。誰っていうより 、北照高校。

―他大で意識している選手、または対戦してみたい選手は
森川:対戦したい投手、打ちたい投手は明治の柳投手です、高校の時からやっていたんで。明治はライバルになると思うので、大学でも打ちたいと思います。
金子:有原投手(早大)です。自分が一番最初に出た試合が有原投手だったんで。すごい球だったので、また打ちたいなと思います。
谷川:対戦したい選手というよりかは、新人戦で明治にかなり打たれたので、明治に投げて抑えてみたいなと思います。
玉熊:北海の同級生で、ピッチャーの西村っていうのが富士大にいるんですけど、1年生なんで、4年間の中で1回は法政と富士大があって、そこで自分と西村が投げれるようにしたいですね。

―野球部で特に尊敬している先輩や、憧れの先輩は
森川:木下さんです!(即答)
谷川:言うしかないやろ~(笑)
金子:河合さんです。
谷川:宮崎太郎さんです。
金子:全員部屋の(笑)
玉熊:船本さんです。

―オフの日の過ごし方は
森川:ゆっくりしたり・・・。今日なんかは、先輩にボーリングに連れて行ってもらったり。有意義な時間を過ごしています(笑)
金子:リフレッシュの為の遊びです。
谷川:自分は買い物が多いと思います。
玉熊:オフは、1年生全員でこの前キャンプに行ったり。

―1年生は全員仲が良いですか
玉熊:そうですね。
谷川:仲良いですね。

―好きな球団、野球選手は
森川:阪神タイガースです。好きな選手は新井良太選手です。
金子:西武ライオンズで、好きな選手は広島の前田(智徳)選手です。
谷川:阪神で、東浜投手(ソフトバンク)です。
玉熊:日ハムの鍵谷さんっていう北海の先輩です。

―これからどんなタイプの選手になりたいですか
森川:キャッチャーなんで、みんなに信頼される選手で、明るく元気でチームの中心、まとめられる選手になりたいです。
金子:自分は、チャンスとか、ここぞという時に絶対打てるバッターで、コイツならっていう頼れる選手になりたいと思っています。
谷川:たぶん短いイニングでの登板があると思うので、自分もコイツなら任せられる、みたいな選手になりたいです。
玉熊:そんなすごいボールを持っていないので、全部の球をコントロールよくコーナーに投げ分けられるようなピッチャーになりたいと思っています。

―最後に自分のアピールポイントと、秋季リーグへの意気込みをお願いします
森川:元気です。(笑)アピールポイントは元気、明るさとかそういう部分ですね。木下さんのプレーを見て、自分も次に生かせるようにしていきたいです。
金子:アピールポイントはバッティングです。秋は、今ちょっと野球出来てないんですけど、頑張って終盤に出られるような調整をしていきたいと思います。
谷川:アピールポイントはコントロールです。秋は、少しでもチームの力になれるように、何が出来るかを考えてやっていきます。
玉熊:自分もコントロールです。4年生が最後なので、4年生が笑って終われるように、自分も協力して頑張りたいと思います。

(菅野 響子)

プロフィール

金子凌也(かねこ りょうや)
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科1年
東京都出身・日大三高
1994年6月4日生まれ
180cm、80kg・右投げ左打ち

玉熊将一(たまくま しょういち)
法学部政治学科1年
北海道出身・北海
1994年6月17日生まれ
180cm、80kg・右投げ右打ち

谷川宗(たにかわ そう)
文学部日本史学科1年
香川県出身・高松商業
1994年7月27日生まれ
175cm、75kg・右投げ右打ち

森川大樹(もりかわ たいき)
経営学部市場経営学科1年
東京都出身・桐蔭学園
1994年4月24日生まれ
168cm、80kg・右投げ右打ち

編集後記

全8回にわたる連載をご覧いただきありがとうございました。またご協力してくださった野球部の方々ありがとうございました。秋季リーグ戦でも試合後の選手のコメントなどをアップしていきますのでよろしくお願いします。

 

フォトギャラリー

  • 201309171左から森川、金子
  • 201309172谷川(右)
  • 201309173玉熊(右)
  • 201309174春に鮮烈なデビューを飾った金子
  • 201309175先発の一角として期待される玉熊
  • 201309176コントロールが武器の谷川
  • 201309177元気がアピールポイントの森川

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み