硬式野球
 

【硬式野球】「秋季リーグ開幕直前特集~逆襲の秋へ」 第5回 期待の2年生

「秋季リーグ開幕直前特集~逆襲の秋へ」
取材日:2013年9月10日

春はあと一歩のところで優勝を逃した法大。あれから3ヶ月――。春は逃したリーグ優勝、日本一を目指し、厳しい練習を積んできた。「秋季リーグ開幕直前特集~逆襲の秋へ」第5回は期待の2年生。皆川晋選手、青木勇人選手、細川雅生選手、佐藤竜一郎選手です。

2013091411
春は全試合に出場した皆川

―秋季リーグ戦まで2週間を切りましたが今のお気持ちは
佐藤竜:僕は今、けがしているので、後半少しでもチャンスをものにしてベンチに入って、最終カードの明治を叩きたいと思っています。
細川:僕は今、調子が悪くてピンチなんですけど・・・
一同:(笑)
細川:来週もオープン戦あって、そのときにしっかりチャンスを掴んでベンチに入りたいと思います。
青木勇:ちょっとまだベンチに入るか分からないですけど、投げる機会あったらバチバチ抑えます!
佐藤竜:春、バチバチ打たれたからな。
青木勇:バチバチ打たれたから、バチバチ抑える。
皆川:俺のエラーで、バチバチ点取られたもんな。とりあえず、まだ秋のリーグ戦が始まるんだな、っていう感覚がなくて気持ちが浮きだっているんですけど、今からリーグ戦に向けて自分ができることを考えて実行していきたいと思います。

―春はどんなシーズンになりましたか
佐藤竜:あまり出てなかったんですけど、明治の最後の試合に出させてもらって、結果が出なかったのはやっぱり実力不足だと思いました。
細川:春は代打で出たんですけど、最後の明治戦で最終回1アウト1塁の場面で代打で出させてもらって、そのときにエンドランでフライを上げてしまったので、そういう大事なところでしっかり打てるようになりたいです。
青木勇:春は打たれて、結構点取られたので、秋は点取られないようにします。
皆川:抽象的だな(笑)僕は、周りの2年生と比べたら試合に出させてもらって、色々経験できた部分はあるんですけど、経験できた部分を最後の最後に生かせずに終わってしまったので、春の経験を生かして秋にどうつなげられるかっていうことを考えて、最初から最後まで結果を残し続ける選手を目指して頑張ります。

―春に見つかった収穫や課題はありますか
佐藤竜:一打席で集中して結果を残せる正確さがないところが課題です。
細川:大事なところで打てる選手が使ってもらえると思うので、大事なところで打てるように練習からやっていきたいです。
青木勇:春はピンチの場面での登板が多くて、それを抑えられなかったっていうのが課題と、収穫は春ではできなかったので、秋に収穫したいなと思います。
皆川:結局、課題の部分になってしまうんですけど、得点圏打率とかは自分全然知らないですけど、そういうチャンスの場面で打てる選手になりたいし、ピンチの場面でしっかり守る選手になるように、強いメンタル持つことが課題だなと思いました。

―2年生になってベンチ入りして心境の変化はありましたか
佐藤竜:スタンドから野球見るのも面白いですけど、やっぱグラウンドの中で野球する方が面白いと思いました。スタンドで見ていると、1年の頃は他人事みたいな感じも少しあったんですけど、2年になってベンチ入るとチームのために戦わなきゃいけないっていう気持ちが強くなりました。
細川:自分もベンチに入ったとき、チームのためにやらなきゃいけないなって思ったのが変わりました。
佐藤竜:何だよお前、格好つけんなよ。思ってないだろ!
一同:(笑)
青木勇:去年もベンチ入っていたんですけど、投げる機会なくてずっとブルペンでピッチングして終わったって感じだったので、今年になって試合に投げられるようになったんですけど、やっぱり・・・ブルペンとマウンドは違いますね(笑)
皆川:OK?
青木勇:OK!
佐藤竜:それ心境の変化か?
青木勇:心境の変化?(笑)
佐藤竜:お前、絶対変化してないだろ(笑)
青木勇:まあ、ないことはないですけど、僕は心境の変化とかどうでも良くて、とりあえずこの秋に抑えることがアレなんすよ(笑)大切なんですよ!
皆川:僕は、青木みたいに甲子園のスターじゃないので神宮球場に立てることが凄いことだと思っていて、1年生の頃は「先輩たち神宮で頑張っていて凄いな」みたいなそんな感じで、2年生になって神宮に立てることになって、凄いなって思って見ていたものが、現実になると苦しい環境に変わったというか、夢の舞台が苦しい環境だとは思ってなかったです。

―夏に行われた北海道キャンプで意識して取り組んだことは
佐藤竜:北海道は気温が低くて走れるので走り込みと、ご飯が美味しいので夏バテしないように体重増加を兼ねて美味しいものをたくさん食べました。
細川:そのときは、守備が悪くて基本から意識してやっていました。
青木勇:北海道の初日に、神長さんに「投げ込みが少ない」って怒られたのでキャンプから今日まで投げ込みを頑張っています!
皆川:僕も神長さんに「お前の打撃フォームじゃ打てない」って叱っていただいたので、打撃フォームの改造に取り組んでいました。
青木勇:今も取り組んでいるでしょ?
皆川:毎日取り組んでいるよ。

―では、キャンプから帰ってきてオープン戦での今の調子を教えてください
佐藤竜:自分はけがして出ていないので、しっかり治すことに専念しています。

―どこを、けがされたのですか
佐藤竜:脚です。
細川:今までのオープン戦で結構出させてもらっていて、そのチャンスのときに調子が悪くて打てなかったです。
青木勇:北海道からこっちに帰ってきて、調子悪かったんですけど、やっとここ最近になって球がキレてきたっていうか、球が走るようになってきたっていうか、伸びるようになってきたっていうか、そんな感じです(笑)調子良いです!
皆川:僕はオープン戦の調子が悪くて、守備は安定してきたんですけど、打撃改革を試みないとリーグ戦では春以上の結果は出ないかなと思っています。

―内野手3人の方にお伺いします。相手の凄いと思うところと、自分が負けていないと思うところはありますか
青木勇:僕もみんなの良いところ言いますよ!
佐藤竜:細川は、バッティングの内角のさばきとかがとても上手くて、気合入るとオーラが出るので、それは凄いなと思います。皆川さんは、自分はエンドランとかバントとかできないんですけど、そういう簡単に見えて難しいことを、普通に簡単にやるってところですかね。2人に負けてないところは・・・顔ですかね。顔は負けてないっしょ。余裕で。
一同:(笑)
細川:皆川は、春のリーグ戦でも見てて、バントが上手くて基本のところがしっかりできているなと思います。佐藤さんは、肩が強いところです。負けていないところは・・・・・バッティングです。
皆川:言うね~。(青木の方を見て)お前言わないの?
青木勇:俺言うの?
皆川:自分で言うって言ったじゃん(笑)
佐藤竜:言わんで良い、言わんで良い・・・
青木勇:えっと、竜(佐藤)は僕の中では俊足で長距離も打てるバッターだと思います。
佐藤竜:真逆だな~。真逆だな~。誰だ、俊足って。
青木勇:細川は2年の中で右の大砲っすね。皆川は、皆川の気迫溢れるプレー、真似したいです。
佐藤竜:もう良いって~
皆川:佐藤さんは、やっぱりバッティングセンスが良いので・・・
佐藤竜:今度、飯行くか?
皆川:おう(笑)あと、こいつのレフト前とかショートの頭の上を越える打球が好きで、見ていて良いねと思います。
青木勇:良いね!
佐藤竜:良いね!イイネスタンプ押した?
皆川:押した、押した(笑)細川は、特になくて・・・
佐藤竜:特にないのが良いとこなんだよ。
皆川:細川は、俺がレギュラー守るために打ってほしくないときに、打つのが嫌な人ですね(笑)
青木勇:ライバル、ライバル。
佐藤竜:勝負強いってことよ。
皆川:勝負強いときに打っちゃいますね。で、2人に負けていないところは、ケースバッティング(走者が2塁にいる場合、セカンドゴロを打って走者を進めたり、3塁にいる場合は外野フライを打つなど、状況に応じたバッティングのこと)は、自分の方が上手い自信あります。

―お互いアドバイスしあったりしていますか
佐藤竜:いや、しないっすね。やっぱみんな敵なんで。
皆川:でも、僕と細川は一緒にバッティングしているんで。竜はちょっと・・・。
佐藤竜:マジ?ハブやん俺。お前ら同盟結んでんじゃん(笑)

―ポジションにこだわりはありますか
佐藤竜:みんなショート出身がサードをやっていると思うので、守りづらいところもあると思うんですけど、最終的にはみんなショートやりたいなって思っていると思います。
皆川:自分はセカンドやりたいです。
佐藤竜:マジ?
細:僕はショートです。

―皆川選手は六大学オールスターゲームに出場されましたが、そこで得たものはありましたか
皆川:秋のリーグ戦に向けて、どんなピッチャーか見るということももちろんあったけど、六大学野球という伝統のあるリーグに所属し、六大学オールスターのような舞台にも立たせていただいたことで、素晴らしい環境で野球をやらせてもらっているということを改めて肌で感じました。

―青木勇投手にお伺いします。刺激になっているピッチャーの方はいますか
青木勇:やっぱり納富(秀平)さんでしょ。理由はないですけど(笑)

―理想のピッチャー像は
青木勇:今は中継ぎとかで投げているんですけど、来年、再来年は先発できるピッチャーになりたいです。

―皆さんにお伺いします。尊敬している先輩はいますか
佐藤竜:吉澤(光隆)さんです。守備が上手くて良い選手なんですけど、謙虚でひたむきに努力していて調子乗らないっていうか、そういうところが凄いと思います。
細川:僕は西浦(直亨)さんです。理由は、ショートとして守備が良いのは当たり前なんですけど、バッティングも4番を打っていてしっかり両立出来ているので尊敬しています。
青木勇:僕は、納富さんと六信(信吾)さんです。黙々と練習しているんですよ。そういうのを見て、僕やらないタイプなんですけど、真似したいなと思います。
皆川:僕は鈴木翔さんで、スポーツ推薦組じゃない人たちの中で、翔さんが活躍してくれることで、僕の芽も摘んでもらえるようになったっていう思いがあるので、翔さんには感謝というか尊敬の目で見ています。

―自分たちの代の良さは何ですか
佐藤竜:一人一人の個性は強いんですけど、集まろうっていうときに一つに集まって、遊んだりする仲の良さもあって、フットワークの軽さっていうのが良いと思います。
青木勇:以下同文です。

―オフの過ごし方を教えてください
佐藤竜:自分はよく寝て、しっかり休んでいます。
青木勇:嘘つけ(笑)
細川:寝たり、買い物とかしています。
青木勇:オフの日は整体に行っています。
皆川:僕も基本、寝ています。・・・つまんなくね?(笑)
青木勇:もう一回やり直す?(笑)

―秋見てほしいところやアピールポイントを教えてください
佐藤竜:自分は試合に出られるか分からないですけど、シートノックのときに投げる送球を見てもらいたいです。
細川:代打で出たときのバッティングを見てほしいです。
青木勇:ピンチの場面で抑えるとこっす!
皆川:コツコツ打って、コツコツつないで4割打ちます!
青木勇:良いね~

―最後にチームと個人の秋の目標をお願いします
佐藤竜:チームの目標は全国制覇で、自分の目標は・・・完治することです。
一同:(笑)
細川:チームの目標は、やっぱり全国制覇で、個人の目標はできるだけ多く試合に出ることです。
青木勇:チームはリーグ優勝だと思うんですけど、個人はできるだけ多く登板して抑えることです。
皆川:とにかく目の前の一戦一戦に勝って優勝して、神宮大会も優勝して、個人の目標は4割打ちます(笑)

(取材:宮城 風子)

プロフィール

皆川晋(みながわ ひろし)
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科2年

1993年9月1日生まれ
千葉県出身・西武台千葉
176cm、74kg、右投げ両打ち

青木勇人(あおき ゆうと)
法学部法律学科2年
1993年5月5日生まれ
大阪府出身・智辯和歌山
180cm、70kg、左投げ左打ち

細川雅生(ほそかわ まさき)
文学部地理学科2年
1993年10月6日生まれ
福井県出身・福井工大福井
174cm、73kg、右投げ右打ち

佐藤竜一郎(さとう りゅういちろう)
法学部政治学科2年
1993年4月6日生まれ
栃木県出身・作新学院
180cm、73kg、右投げ左打ち

 

フォトギャラリー

  • 2013091411春は全試合に出場した皆川
  • 2013091422左腕の青木勇
  • 2013091433左から細川、佐藤竜
  • 2013091444結果を残し続けたいと語る皆川
  • 2013091455ピンチで抑えたいと意気込む青木勇
  • 2013091466大事なところで打ちたいと意気込む細川
  • 2013091477正確さが課題と語る佐藤竜

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み