硬式野球
 

東京六大学連盟初の試み!少年野球教室を開催!

2011年8月30日
東京六大学野球少年野球教室
神宮球場

 東京六大学連盟初の試みとなる少年野球教室が8月30日、神宮球場で行われ、各大学から4年生を中心に主力選手が参加し、小学生約100人を指導した。法大からは金光監督や主将の難波(法4)を始め、三上朋(営4)、原田(人4)、長谷川(法4)、今村(法4)の5選手が参加した。

201108311
小学生と共に記念撮影

 軽くアップを行った後の大学生による打撃デモンストレーションでは長谷川が各大学の強打者の先陣を切って登場。惜しくも柵越えとはならなかったものの、フェンス際に大きな当たりを放ち、小学生たちの視線を集めた。その後伊藤隼(慶大)が豪快なホームランをライトスタンドに叩き込み小学生たちを虜にすると、投手代表の福谷(慶大)もなんと2球目でレフトスタンドに叩き込み、場内を暖かい雰囲気に包んだ。

 その後は三上朋が投球指導を、その他野手陣もそれぞれポジション別に別れ、他大の選手たちとともにトスバッティングやノック、走塁練習の指導が行われた。約3時間の練習の後には選手が小学生に記念品(ボールとバッジ)を贈呈し、記念写真を撮るなど終始和やかな雰囲気でイベントを終えた。

 今回、六大学のファン層拡大を目的に初めて行われた野球教室。指導を受けた子供たちはもちろん、選手たち自身にも貴重な経験になったに違いない。

(記事:福田遥介、編集:沼田心、カメラ:野球班)

 

フォトギャラリー

  • 201108311小学生と共に記念撮影
  • 201108312各大学の主力選手が一同に揃った
  • 201108313自慢の打撃を披露した長谷川
  • 201108314野村(明大)とともに小学生に投球指導をする三上朋
  • 201108315指導に熱が入る金光監督
  • 201108316暖かい眼差しで小学生と交流した原田
  • 201108317小学生の心をがっちりと掴んだ今村
  • 201108318岡崎(立大)と共に小学生と交流する三上朋

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み