硬式野球
 
 

東京六大学野球春季新人戦1回戦 対明大 タイブレークの末に惜敗・・・

東京六大学野球春季新人戦1回戦 VS明 大
5月31日(火)
会場:神宮球場

リーグ戦と同じく新人戦でも最多優勝回数を誇る法大。しかし近年は優勝から遠ざかり、明大にその差は1回と迫られている。今季に久々の優勝を飾るべく、今日はリーグ戦経験のあるメンバーも多く投入する豪華布陣で臨んだ。

201105311
11三振を奪った先発の船本

試合結果

トータル試合結果

 1234567891011HE
明 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(明大)岡貴、○岡大、今岡‐石畑
(法大)船本、●渡辺(1敗)‐木下

試合は両者まったく譲らぬ投手戦となった。
先発の船本は8回までを投げ、許したヒットはわずか1本のみ。11奪三振の好投で、相手打線を封じた。
一方、明大先発の岡貴も安定した投球で、法大打線も7回までをヒット1本に抑えられる。得点が入る気配が見えないゲーム展開が続いたが、相手投手が岡大に代わった8回、ようやく法大に先制のチャンスがやってきた。6番代打・伊藤僚が四球を選ぶと、7番・木下が犠打で送る。すると8番・安慶名が内野安打を放ち、1死1、3塁。なんとか1点が欲しい法大だったが9番代打・松下は三振、1番代打・大城戸は中飛に打ち取られた。

9回裏を終えても両者無得点で決着が着かず、試合は無死1、2塁から攻撃を始めるタイブレークへ突入する。
法大の投手は9回からリリーフしていた渡辺。1死1、3塁から6番代打・米山に右前適時打を許し、1点を与える。しかし失点はこの1点だけに抑え、裏の攻撃へ。
するとその裏、5番・松田が犠打を決め1死2、3塁とし、次打者は三振に倒れるも7番・木下が適時内野安打で1点を返し、同点とする。しかし後続は続かず、サヨナラにはできなかった。
11回に入り、無死満塁から1番・野島に右前適時打を放たれ、1点を勝ち越される。しかし前回同様、明大にこれ以上の攻撃は許さず、落ち着いてスリーアウトに。
なんとしても1点は入れなければならない法大。相手は今岡がマウンドへ。しかし9番代打・中川拓が捕飛に倒れ、飛び出していた2塁走者も刺されてしまい2死1塁となる。1番・大城戸に望みを託すが空振り三振に倒れ、敗戦となった。

惜しくも接戦に敗れ、1回戦で姿を消すことになってしまった法大。しかし1、2年生だけの若いメンバーで競り合いのゲームができたことは、今後につながるに違いない。神宮での経験を今後の練習に活かし、秋にはリーグ戦で活躍する選手が増えることを期待したい。

(古川 綾菜)

選手・助監督のコメント

船本投手(先発・被安打1奪三振11の好投)

―今日の試合を振り返って
新人戦での登板は1年の時を含めて3回目でしたが、1、2回目はあまり良くなかったので…。3度目の正直という意味で、やってやろうという気持ちで投げました。

―今日は先発でしたが
先頭バッターを出さないように、気をつけました。

―11奪三振の好投でしたが
そんなに取ったんですか?(笑)意識はしていなかったですが、良かったです。

―打たれたヒットは1本のみでしたが
打たれた球は少し甘く入ったので、今後はしっかりコーナーを突いていきたいです。

―秋に向けて手応えや課題は見つかりましたか
課題は先発できるかどうかなので、オープン戦でもしっかり結果を出して、秋のリーグ戦では1枚目で投げられるようにしたいです。

―木下捕手との連携はいかがでしたか
日頃から仲が良くて、2年はみんな仲が良いんですけど、いつもと違ってやりやすかったです。

―来シーズンに向けて、意気込みをお願いします
先発して勝つのが目標なので、とりあえず投げる試合は勝ちに貢献できるようにしたいです。

渡辺投手(神宮初登板・好リリーフ)

―今日の試合を振り返って
大事なところで点を取られてしまったので悔しかったです。

―タイブレークで無死1、2塁からでしたがいかがでしたか
タイブレークは中学ぶりだったので、0点に抑えたかったけど点を取られてしまった。

―神宮初登板でしたがいかがでしたか
思ったより緊張せずにできました。楽しかったです。

―今日の投球の調子はいかがでしたか
球自体は良かったと思います。

―来シーズンに向けての課題や手応えは得られましたか
球速、コントロール、精神面を上げていきたいです。この場所で投げれたのはいい経験になったと思うので、次はもっといい投球がしたいですね。

―来シーズンに向けて一言お願いします
いい投手が多いので、まずはメンバー入り。メンバーに入れたらローテーション入りしたいです。

木下選手(スタメンマスク・1安打1打点)

―今日の試合を振り返って
ピッチャーはよく頑張ってくれたのですが、野手があまり…。チャンスを作ることができなかったのですが、なんとか1点を取って早くピッチャーを楽にしてやりたかったです。

―厳しい投手戦でしたが、どのようなリードをされましたか
ピッチャーは船本も渡辺も、受けてて調子が良かったです。ピッチャーのおかげで最小失点に抑えることができ、タイブレークに入ってからも良かったと思います。

―警戒していたバッターは
リーグ戦に出ていたバッターはいなかったと思うのですが、全員良いバッターだと思って、狙い球を絞らせないように気をつけました。

―明大打線の印象は
ピッチャーが良い所に投げてくれたので打たれる気はしなかったのですが、チャンスできっちりヒットを打つ積極性はすごいと思いました。

―タイブレークとなりましたが、リードで意識していたことは
最初からノーアウト1、2塁なので1点は仕方ないと思って、1点で抑えられるように意識しました。2イニング目は早いうちに1点取られて甘かったのですが、投手も野手も良く守ってくれたので、ディフェンスは良かったと思います。

―10回に懸命の走塁で内野安打、チーム唯一の打点となりましたが
リーグ戦でも全然結果が出ていなくて…最後のバッターになるか、打点を入れるかどちらかの、良い緊張感がありました。とにかく何でもヒットにしよう、ピッチャーが頑張っていたのでとにかく打とう、と思って打席に入りました。

―来シーズンに向けて、意気込みをお願いします
リーグ戦に出るためにやっているので、今日は良いアピールができたか分からないですが、オープン戦ではしっかりアピールして、秋はリーグ戦でマスクがかぶれるように頑張りたいです。

河合選手(新人戦キャプテン)

―今日の試合を振り返って
今日は一番は負けちゃったことが一番悔しいですね。

―新人戦は初めてだったと思いますが
リーグ戦と一緒くらいの緊張感てのはあったし、トーナメントだったんで、リーグ戦と違って。だからなんとしても勝ちたかったです。

―今日はリーグ戦に出場している選手も多かったですが
あんまりこうゆうメンバーで野球ってやったことなかったんで、うれしかったし同級生と同じグランドに立てて。だからやっぱり勝ちたかったです。

―今日はキャプテンでした
全然僕があれこれ言わずに動いてくれる奴らばっかなんで、キャプテンの仕事はなんもしてなかったです。

―1、2年生だけのチームというのは
一番は明るいかなと思います。

―タイブレークになりましたが
僕人生で初めてなんですけど、やっぱりプレッシャーかかるし、それは相手も一緒なんですけど。苦しかったですねタイブレークは。

―相手投手について
僕たちが3年生4年生になった時にたぶんあの左ピッチャーがエースとかになってると思うんで、あれ打たなかったらリーグ戦優勝もできないんでもっと練習が必要かなと思います。

―今後の目標は
まずは最初は秋のリーグ戦なんで、秋のリーグ戦にスタメンで出れるように頑張っていきたいなと思います。

田中助監督

―今日の試合を振り返って
投手はよく投げたと思います。勝負を決めるのはこういう微妙なところを突いてくるのだなと。そこらへんを今後につなげていきたいですね。一つのバント、一つの走塁、一つの送球、突き詰めてやってくことが大事です。

―リーグ戦にも出場している選手を多く起用したことについて
神長コーチも入って、今回久しく優勝していなかったので優勝を狙いに臨みました。

―今日の試合でよかった選手は
ピッチャーの渡辺がよかったですね。船本はリーグ戦で登板経験があるけど、渡辺はベンチには入ってたけれどなかなか使う機会が無くて、今日投げて非常にいい投球をしてくれたので、今後への成果ですね。

―今日見つかった課題は
精神的にも技術的にももう一歩二歩向上していかないと勝負強いチームにはならないと思うので、頑張りたいと思います。 

フォトギャラリー

  • 20110531111三振を奪った先発の船本
  • 201105312投手陣をリードした木下
  • 201105313木下の好送球で盗塁を阻止
  • 201105314内野安打でチャンスを作った安慶名
  • 201105315リリーフで好投を見せた渡辺
  • 201105316試合はタイブレークに
  • 201105317バッテリーの元へ駆け寄る神長コーチ
  • 201105318三振に倒れうなだれる大城戸
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み