硬式野球
 

2011春『血の法明戦』特集・前編~明大主将・竹田育央

東京六大学野球春季リーグ戦・開幕前特集
※2011年4月3日取材

5月21日・22日、ついに『血の法明戦』がやってくる。過去5年間の春の法明戦では、3回胴上げが決まる試合が行われるなど、リーグ全体の中でも非常に重要なカードである。結果次第で早慶戦が消化試合と化すほど影響力が強い。今年は残念ながら両校共に優勝の可能性は絶たれているが、勝ち点を挙げたほうが3位に滑りこむことができる。決戦を迎えるにあたり、開幕前に行った明大野球部寮での主将・竹田育央の取材をぜひご覧頂きたい。

201105205
精悍な眼差しで思いを語る明大・竹田主将

今年はやってやるぞという気持ちは強いです

―昨年を振り返っていかがですか
昨年は全体を通して春夏ともに勝てなかったので…100周年だったのでそういった意味でも、勝てなくてメンバーもけっこう悔しい思いをしました。今年は学校創立130年ということもあるので、そういった意味も込めて、今年はやってやるぞという気持ちは強いです。

ご自身は高校時代にもキャプテンとして甲子園に出場されていますが、キャプテンとしてどのようにチームを引っ張っていきたいですか
言葉で言うのもやっぱり大切かなっていう風に思うんですけど、言葉よりも行動で示して、周りに行動力でついてきてもらうのがいいのかなと思います。

竹田主将はチームメイトから絶大な信頼を受けているという記述をよく見かけますが、その要因はどのような点だと思われますか
それはちょっとわからないですけど…まあ日頃とにかく周りのことを気遣いながら、人よりもとにかく練習量を増やしたり、練習の質っていう意識を高めたりっていうことは意識しています。

―1年春から主戦の野村投手の調子は
野村自身もトレーニングを重ねてきて、今はいい感じできていると思うので、やっぱり以前と変わらぬ信頼っていうのは大きいですね。

鍵となるのは1人じゃなくて全員

今季は上位から下位まで機動力のあるアベレージヒッターが多い印象を受けましたが、どのような攻撃策をお考えですか
監督にもいつも言われているんですけど、走塁…今年は走るぞということをモットーに掲げて、1番からピッチャーを除いた野手全員は、とにかく走る意識を高く持って次の塁を狙うように、試合では意識しています。

―鍵となる選手は
鍵となるのは1人じゃなくて、とにかく全員だと思っているので、やっぱり切れ目がないっていう意味でもとにかく先頭が出て、ノーヒットでも点が取れればいいと思っています。

―昨年のレギュラーが多く残っていますが、守備面は昨年と比較していかがですか
昨年は守備から崩れるっていうパターンがあったので、そういった意味でも今年はとにかく守備に重点を置いて練習してきたので、やってきたっていう自信はみんなあると思いますね。

―具体的にはどのような練習をされましたか
とにかく内野手だったら1つのポジションだけではなくて複数のポジションをこなしながら、あとは数を多く取るようにはしています。

最後まで諦めてこないっていうイメージが強いです

―法大の印象は
法政大学さんは、やっぱり最後まで諦めてこないっていうイメージが強いですね。1戦目勝っても2戦目簡単には勝たせてくれないっていうイメージが強いので、とにかく1戦目取って、2戦目は自分たちとしては1勝1敗にせずに、連勝で勝ち点を取りにいきたいと思っています。

―法大で警戒している選手は
ピッチャーが去年から投げているので、そういった意味でもとにかく点を取れないと勝てないので…ゲームには。そのためにもデータを多く取ったりっていうことはしていますね。

―打者では
バッターも同じく、去年から出ている選手が多いので、やっぱり経験がたくさんあると思うので、出ている選手出ていない選手というよりも、とにかく全員を警戒しながらという形ですね。

―最後に、チームとしての目標をお願いします
チームとしては、リーグ戦を制覇して日本一ということです。

 

竹田育央(たけだ・いくひろ)明治大学文学部文学科(演劇学専攻)4年
1989年4月28日生まれ

兵庫県出身・報徳学園

174cm、72kg・右投げ左打ち
ポジション・内野手

フォトギャラリー

    • 201105205精悍な眼差しで思いを語る明大・竹田主将
    • 2011052-6
201105207

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み