硬式野球
 
 

「新戦力特集~GOLDEN GENERATION」第2回・中園洋輔

新戦力特集~GOLDEN GENERATION
第2回(全8回)
取材日:2011年11月20日

 東京六大学秋季新人戦で見事に23季ぶりの優勝を果たし、今、最も勢いのある若き”暁の勇者”を取り上げる今回の新戦力特集!第2回は準決勝、決勝と大一番でスタメンマスクを被りチームの優勝に大きく貢献した1年生キャッチャー・中園洋輔選手です。

nakazono1IMG 8404 R-thumb-160x160-2803
新人戦では攻守にわたる活躍で優勝に大きく貢献

自分の数字よりもまず投手の防御率

ー今年一年を振り返って
捕手として先輩に教えていただくことや、学ぶことも多くて成長できた一年でした。

―この秋取り組んでいることは
ボールを捕る基礎ができていないので守備の基礎ですね。

―新人戦では準決勝、決勝と大事な試合でスタメンマスクを被りましたがプレッシャーはありましたか
そんなになかったです。

―タイムリーを打つ場面もありましたが打撃に自信はある方ですか
あんまりないですね(笑)

―盗塁を刺す場面が多くありましたが肩には自信はありますか
肩に自信はないですけど、取ってから早く投げるっていうことは意識してます。

―自身の持ち味は
フットワークですね。フットワークで肩とかを生かしていけるのかなって思います。

―自身の成績で一番意識している数字は
自分の数字よりもまず投手の防御率を下げることを考えてますね。

―高校と大学の野球の違いは感じましたか
やっぱりレベルが違いますね。個人のスキルもですし、チームにしても戦略面から違うなと。

日本一を体験したい

―新チームの雰囲気はいかがですか
キャプテンを中心にまとまっていて、皆いきいきとしてますね。

―チーム内で意識している選手は
キャッチャー陣は全員意識してますね。

―中園選手が捕手として見て投手陣はいかがですか
冬にかけて走りこんでいていい球を投げてますし、いいピッチャーが多いと思います。

 ―特に注目している投手は
やっぱり同級生の石田や鈴木貴ですかね。

―土井選手や木下選手らとレギュラー争いをする中でアピールポイントを挙げるとしたらどこですか
いや、自分なんてまだまだ全然です(笑)

―土井選手や木下選手とはアドバイスなどをし合っていますか
練習中や試合中にはアドバイスを頂いたことはありますね。

―六大学で注目している選手はいますか
自分はまだ試合とか出れてないので分からないですね。 

―チームで仲が良い選手は
同級生では森本や磯本が中学生の時に同じチームだったので仲が良いですね。あとピッチャーとも仲が良いです。

―休日は何をして過ごしてますか
ボウリングとかですかね(笑) 

―来季への課題は
バッティングをもっと良くしたいです。あと守備もですね。

―個人とチームの目標は
個人はまずはリーグ戦にでること。チームでは日本一を体験してみたいです。

(取材:福田 遥介)

プロフィール

中園洋輔(なかぞの・ようすけ)
法学部法律学科1年
1992年10月6日生まれ
三重県出身・いなべ総合学園
179cm、84kg・右投げ左打ち
ポジション・捕手
取材班メモ:自身の成績よりも投手陣の成績を考えていると答えてくれたように投手陣からの信頼も厚い中園選手。新人戦の活躍からも来季のリーグ戦デビューに期待大!

フォトギャラリー

  • nakazono1IMG 8404 R-thumb-160x160-2803新人戦では攻守にわたる活躍で優勝に大きく貢献
  • nakazono2IMG 8411 R-thumb-160x160-2804準決勝と決勝ではスタメンマスクを被り経験を積んだ
  • nakazono5IMG 9251 R-thumb-160x160-2802打線では5番打者として主軸を担った
  • nakazono4IMG 8646 R-thumb-160x160-2806準決勝では3刺殺を記録し持ち前の強肩で存在感を発揮
  • nakazono3IMG 8430 R-thumb-160x160-2805新人戦の活躍によりスタメン奪取にも期待がかかる。
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み